20日に放送されたTBS系連続ドラマ「JIN-仁-」の最終回の平均視聴率が関東地区で25・3%(関西地区は18・3%)をマークしたことが21日、ビデオリサーチから発表された。今年の民放ドラマで最高、4月以降に限れば全ドラマで最高の数字だ。瞬間最高視聴率は29・8%。最終回の終わり方が意味深だったこともあり、劇場版が製作される可能性も高そうだ。

 「JIN-仁-」は10月11日の初回放送で16・5%(関東地区)をマーク。11月18日に20・3%を記録し、初めて20%を超えた。医療、歴史、SFをミックスした内容が、幅広い世代の支持を集めた。20日の最終回は、関東地区で25・3%。この視聴率は、本年度の民放ドラマの中で最高。さらに、最終回で、仁が花魁(おいらん)野風の乳がんの手術を終え、現代の恋人の写真を取り出すシーンは29・8%の瞬間最高を記録した。

 石丸彰彦プロデューサーは「多くの方に最終話を見ていただき、感極まる思いです。いつの時代でも懸命に生きることの大切さ、人が人を思う気持ちの美しさ、そして人の笑顔の輝きを伝えられたのではないかと思います」と話した。

 同氏は昨年、ドラマ「ROOKIES」を手掛け、今年5月に公開された映画「ROOKIES-卒業-」を興収85億円のNO.1に押し上げた敏腕プロデューサー。「JIN」最終回を演出した平川雄一朗監督は、映画「ROOKIES」で監督を務めた。

 20日放送の最終回のラストシーンでは、仁が再び転落しそうになったところで終わった。再びのタイムスリップを予感させていることで、同局には映画化や続編放送への問い合わせが多数寄せられたという。

 同局宣伝部は「これから検討する。まだ、何も決まっていない」。映画「ROOKIES」を配給した東宝では「公開するなら300館規模が考えられるが、来年のラインアップを発表したばかりで、再来年初めまでは予定が決まっている。だが、話題作なので、どの配給会社も欲しいコンテンツ」と話した。映画からドラマ、ドラマから映画は最近のヒット作のパターンであり、「JIN-仁-」の映画化も濃厚といえそうだ。




 大沢たかおが主演を務める人気ドラマ『JIN-仁-』最終回(20日放送 TBS系)の視聴率が、ビデオリサーチの調べで25.3%(関東地区・番組平均)と、現時点で今期連ドラでの最高視聴率を記録したことが21日、わかった。11月8日の第5話では、20.3%と今期連続ドラマとしては初の20%越えを達成。さらに同月29日の8話では22.3%と、常に高視聴率をキープしていたが、最終回を全話通し、最高の視聴率という形で締めくくるという、文字通りの有終の美を飾った。

 同ドラマの魅力は、何といっても主人公・仁が、少ない医療器具のなかで、知恵を絞り病気の人を助けようと奮闘する姿と、なぜ江戸時代にタイムスリップしてしまったかという謎解きだ。主演の大沢の姿に、テレビの前で毎回涙する視聴者も多く、最終話でも乳がんの治療を終えた仁と別れを告げる江戸の花魁・野風(中谷美紀)の雪が降りしきる中での別れのシーンは屈指の名シーンとして語り継がれていきそうだ。さらに"続編"を示唆するようなエンディングで締めくくられた事から、シリーズ化を望むファンからの期待も高まっている。

 『JIN-仁-』は、漫画誌『スーパージャンプ』(集英社)連載中の漫画家・村上もとか氏の同名タイトルをドラマ化。大沢演じる主人公・南方仁がひょんなことから江戸時代にタイムスリップしてしまい、さまざまな歴史上の人物との交流を交えながら、歴史とかかわりを持っていくうちに、現在に残した恋人・未来(中谷美紀)の運命に変化が訪れるという物語。

 最終話では、江戸の花魁・野風の2役を演じる中谷美紀などが脇を固める。そのほかにも武田鉄矢、小日向文世などベテラン陣も交差し、主人公・仁を軸に、さまざまな人間模様が展開され、各々の迫真の演技力で物語をさらに重厚なものとしている。

Twitterボタン