人気グループ・嵐の大野智がフジテレビの連続ドラマ初出演で初主演する“月9”ドラマ『鍵のかかった部屋』の初回が16日に放送され、平均視聴率が18.3%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だったことが17日、わかった。

 同作は『黒い家』『青の炎』などで知られる人気ミステリー作家・貴志祐介氏の同名小説が原作。すべてのエピソードを密室事件のトリックを解いていく、これまでの恋愛ドラマの“月9”のイメージを刷新する方向性を打ち出し、注目を集めていた。前作の嵐・松本潤主演の“月9”ドラマ『ラッキーセブン』の初回は16.3%だった。

 大野が演じるのは、セキュリティを知り尽くした奇才の防犯オタクの榎本径。共演は戸田恵梨香と佐藤浩市で、どちらも大手法律事務所に所属する弁護士。戸田は純粋かつ前向きで、本能的に行動してしまう真っ直ぐな性格の若手弁護士の青砥純子を演じる。佐藤は「Time is money.=金にならない刑事事件は受けない」が信条のプライドの高いエリート弁護士・芹沢豪。ドラマとしては今回が初共演の3人が、時にコミカルに、時にシリアスに推理していくやりとりをテンポ良く描いていく。
画像1