人気アイドルグループ・AKB48の4thアルバム『1830m』(15日発売)が9/3付週間アルバムランキングで2週連続首位を獲得した。AKBのV2達成は、シングル・アルバムを通じ、デビュー7年目で初。27日に卒業した前田敦子が、AKB最後のアルバムで有終の美を飾った。

 女性グループによるアルバム2週連続首位は、女子十二楽坊のインストゥルメンタルアルバム『女子十二楽坊~Beautiful Energy~』(2003年7月発売・同年8/25~9/1付=発売4~5週目で達成)以来9年ぶり。初登場からの2週連続となると、SPEED『RISE』(1998年4月発売・同年5/11~18付)以来14年4ヶ月ぶりの快挙となった。

 累積売上は今週付の6.4万枚を加え、2週目で93.5万枚。女性アーティストのオリジナルアルバムが発売2週以内に90万枚を突破したのは、浜崎あゆみ『RAINBOW』(2002年12月発売)以来9年8ヶ月ぶりと記録づくめとなり、前田の卒業に華を添えた。

 本作には、AKB初の東京ドーム公演3days公演でも披露され、感動を呼んだ、インディーズデビュー曲「桜の花びらたち」(2006年2月発売)の前田ソロバージョン「桜の花びら」、高橋みなみと前田のデュエット曲「思い出のほとんど」など全34曲を収録した。




AKB48の4枚目のアルバムで、グループを卒業した前田敦子(21歳)が参加した最後のアルバム「1830m」(8月15日発売)が、9月3日付けオリコン週間アルバムランキング(集計期間:8月20日~26日)で、先週8月27日付けに続き首位を獲得したことがわかった。AKB48にとって2週連続首位はシングル、アルバムを通じ初。累積売上は今週付けの売上6.4万枚を加え、2週目で93.5万枚となり、デビュー以来初のアルバムミリオンまで6.5万枚とした。

女性グループによるアルバムの2週連続首位は、2003年8月25日付け(登場4週目)と、9月1日付け(同5週目)において、インストゥルメンタルアルバム「女子十二楽坊~Beautiful Energy~」(2003年7月発売)で女子十二楽坊が達成して以来9年ぶりの快挙。初登場からの連続では、1998年5月11日付け、5月18日付けにおいて、「RISE」(1998年4月発売)で達成したSPEED以来14年4か月ぶりとなる。

さらに、女性アーティストによるオリジナルアルバムが発売2週以内に90万枚を突破したのは、浜崎あゆみ(33歳)の「RAINBOW」(2002年12月発売)以来9年8か月ぶりと記録づくめに。前田の卒業に華を添える形となった。

「1830m」には、「桜の木になろう」(昨年2月発売)から「GIVE ME FIVE!」(今年2月発売)までのミリオンシングル6作のほか、前田の「桜の花びら~前田敦子solo ver.~」、篠田麻里子(26歳)の「プラスティックの唇」、高橋みなみ(21歳)・前田の「思い出のほとんど」など、ユニット曲・ソロ曲など全34曲を2枚組で収録。アルバムタイトルはグループの本拠地・AKB48劇場(東京・秋葉原)から、メジャーデビュー当初からの悲願だった東京ドーム(水道橋)までの距離から命名された。