■初週売上枚数 いきものがかり…45.7万枚 AKB48…29.5万枚

 人気ユニット・いきものがかりの初のベストアルバム『いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~』(3日発売)が、11/15付週間アルバムランキング首位に初登場した。初週売上は、前作『ハジマリノウタ』(初週20.0万枚/累積56.0万枚)の2倍以上となる45.7万枚を記録。女性ボーカルのアルバムとしては、AKB48のベストアルバム『神曲たち』(4月発売)の初週29.5万枚を上回り、今年最高の好スタートを切った。

 1999年11月3日にボーカルの吉岡聖恵が加入し、現在の3人となった記念日に発売された今作は、メジャーデビューから4年半のヒット曲を網羅。女性ボーカル作品としては今年最高、男性を含めても、嵐のオリジナルアルバム『僕の見ている風景』の73.1万枚(8月発売)に次ぐ今年2番目の初週売上を記録した。同ユニットのアルバム首位は、オリジナルアルバム『My song Your song』(2008年12月発売)から3作連続3作目。男女ユニットの3作連続首位は、2006年4/24付にHYが記録して以来、4年7ヶ月ぶりとなる。

 メンバーは「デビュー5年目にしてリリースできたベストアルバムが、たくさんの方に聴いていただけているということは最高に嬉しいこと。いきものがかりの音楽は、聴いてくれる方が気持ちを重ねてくれてこそ生きてくる音楽。みなさんの思いに寄り添えたら本望です」と喜びのコメントを寄せた。

 今年、NHK連続テレビ小説 『ゲゲゲの女房』の主題歌を担当したいきものがかりは、オリコン刊行の『オリ★スタ』調査による『2万人が選んだ! 好きなアーティストランキング2010』(9月発表)で嵐に次いで総合2位に食い込むなど、人気・知名度ともに飛躍的に上昇している。
画像1