衆院選大阪1区から自民公認で出馬し落選した大西宏幸氏(45)陣営の運動員らが不正な文書を配布したとして、大阪府警捜査2課は21日、運動員の男性ら4人を公職選挙法違反(脱法文書頒布や同ほう助)の疑いで書類送検した。

 送検容疑は昨年12月4日の公示後、大西氏の氏名などを記載した文書を有権者数十人に配布したとしている。大西氏は元大阪市議で、衆院選では日本維新の会公認候補に敗れた。【松井聡、後藤豪】




 昨年12月の衆院選で大阪1区から立候補し、落選した自民党公認の大西宏幸氏(45)への支持を訴える違法な文書を配ったとして、大阪府警捜査2課は21日、公選法違反(脱法文書の頒布)などの容疑で、運動員の男4人を書類送検した。

 送検容疑は同月4日の公示後、大西氏が選挙戦で有利になるような内容を記載したミニコミ紙を証紙を貼らずに数十人の有権者に配るなどしたとしている。