JWSSNニュース

こちらはJWSSNニュースです。 情報提供お待ちしています。 我々JWSSNニュースは日本国内で起きたニュースはもちろん、世界で起きたニュースや小さいニュースなど180度様々な視点からお伝えします。 どうぞ、これからもJWSSNニュースを末永くよろしくお願いします。 ちなみに、JWSSNはジャワスンと読みます。 また、当ニュースの編集長は19歳の現役大学生ですのであしからず。

2019年06月

株式会社エクシング(本社:名古屋市瑞穂区桃園町3番8号、 代表取締役社長:水谷 靖)は、 6月29日(土)、 業界最多となる30万曲(※1)もの曲数を誇る業務用通信カラオケ「JOYSOUND」シリーズ、 および「UGA」シリーズにて歌唱された楽曲の回数に基づき集計した令和初の「2019年JOYSOUNDカラオケ上半期ランキング」(※2)を発表します。 

▽2019年 JOYSOUND カラオケ上半期ランキング 特集ページ: 
https://www.joysound.com/web/s/karaoke/contents/ranking/2019 
▽2019年発売曲 JOYSOUND カラオケ上半期ランキング 特集ページ: 
https://www.joysound.com/web/s/karaoke/contents/ranking/2019-02 

(※1)2019年5月末時点、 「JOYSOUND MAX」シリーズの配信曲数に基づく
(※2)集計期間:2019年1月1日~6月20日。 
※選曲番号別ではなく、 楽曲別として、 “本人映像”や“アニメカラオケ”等のオリジナルコンテンツも合算したランキングです。 

《楽曲ランキング(総合)》
■トップは2018年首位の米津玄師!あいみょんは、 昨年圏外から3曲がランクインと大躍進! 
 

米津玄師「Lemon」が昨年からの人気を堅持して首位を独走中。 作詞作曲を手掛けた関連曲を含めると、 こどもたちを中心に人気を集める「パプリカ」をはじめ、 上位30曲に7曲がランクインと存在感を示しました。 一方、 昨年は圏外だったあいみょんが、 2位の「マリーゴールド」を筆頭に、 14位、 16位を獲得する躍進ぶり。 昨年の紅白歌合戦でも披露された「マリーゴールド」は、 10代~50代の全年代で10位内にランクインしており、 女性ボーカルの楽曲でありながら男性からの人気も高いのも特徴です。 また、 今年リリースされた「まちがいさがし」でも注目を集める菅田将暉の「さよならエレジー」は昨年の5位からさらに順位を上げて4位に。 このほか、 Uru「プロローグ」、 back number「HAPPY BIRTHDAY」、 King&Prince「シンデレラガール」など、 ドラマ主題歌となった楽曲も人気が高く、 昨年映画化された中島美嘉「雪の華」も大きく順位を上げ、 23位にランクインしました。 

《アーティストランキング(総合)》
■楽曲ランキングでも首位の米津玄師が、 見事2冠を達成!
 
「Lemon」を筆頭に数多くのヒット曲を連発する米津玄師が1位、 あいみょんも前年圏外から2位に急浮上しました。 Mr.Childrenや、 サザンオールスターズなど、 カラオケ定番曲を多数輩出するアーティストが上位を占める中、 若者を中心に人気を誇るバルーンが11位に、 俳優としての知名度も高い菅田将暉が20位にランクイン。


《2019年発売曲ランキング》
■back number「HAPPY BIRTHDAY」をはじめ、 ドラマ主題歌が上位に! 
 
総合ランキングでも21位に入ったback number「HAPPY BIRTHDAY」が断トツの首位に。 初のランクインを果たした2位のKing Gnuなど、 今年話題になったドラマ主題歌が上位に入りました。 DECO*27「乙女解剖」はカラオケ配信から約2カ月で8位を獲得と、 爆発的な人気を誇っています。 
 
《ジャンル別ランキング》
■映画公開とともに、 TM NETWORK(TMN)やQUEENなど往年の名曲に再注目!VOCALOID™ではカンザキイオリ、 韓国曲ではIZ*ONEなど、 若手注目アーティストの台頭も!
 

▽演歌/歌謡曲ランキング 
石川さゆり「天城越え」「津軽海峡・冬景色」が上位を独占する一方、 2019年にリリースされた楽曲として、 市川由紀乃「雪恋華」、 椎名佐千子「漁火街道」、 丘みどり「紙の鶴」の3曲がランクイン!

▽アニメ/特撮/ゲームランキング 
2018年に続き、 高橋洋子「残酷な天使のテーゼ」が1位を獲得。 20年の時を経て新作が公開された映画『シティーハンター』の主題歌、 TM NETWORK(TMN)「Get Wild」は圏外から急上昇!
 
▽韓国曲ランキング 
韓国と日本合同のグローバル女性アイドルグループとして話題のIZ*ONEが初登場で1位を獲得!TWICEは20位内に5曲がランクインと2018年から引き続き高い人気を示しました。 

▽洋楽ランキング 
2018年11月に公開された映画『ボヘミアン・ラプソディ』の反響を受け、 QUEENがTOP10位内に5曲がランクイン!QUEEN世代と言われる40代・50代の男性層だけでなく、 若者世代からも支持を受け、 劇中で歌唱された楽曲に人気が集まりました。 

今週のUKシングル・チャートは、先週と変わらず、エド・シーランジャスティン・ビーバーのコラボ「I Don’t Care」が首位をキープした。5月10日にリリースされ初登場で1位に輝いて以降、7週連続となる。

◆エド・シーラン画像

来月、コラボレーションを集めた『No.6 Collaborations Project』を発表するシーランは、チャンス・ザ・ラッパー&PnBロックと共作した「Cross Me」も4位に入っている。

2位には、ショーン・メンデスとカミラ・カベロのデュエット「Senorita」が初登場した。ストームジーの「Vossi Bop」が2位から3位へ後退したが、新たに彼のニュー・シングル「Crown」が5位にチャート・インしている。

アルバム・チャートは、スコットランド出身のシンガー・ソングライター、ルイス・キャパルディの『Divinely Uninspired To A Hellish Extent』が1位に返り咲いた。同作は4週連続で1位をキープした後、先週、ブルース・スプリングスティーンとマドンナの新作が登場したことにより3位に後退していた。

2位にはウィル・ヤングの7枚目のスタジオ・アルバム『Lexicon』が初登場。先週トップだったブルース・スプリングスティーンの『Western Stars』は3位に後退した。

今週は、ヤングほか、マーク・ロンソンの5枚目『Late Night Feelings』が4位、北アイルランド出身のインディ・ロック・バンド、トゥー・ドア・シネマ・クラブの4枚目『False Alarm』が5位、ザ・ラカンターズの11年ぶりの新作『Help Us Stranger』が8位にチャート・インしている。

 花王『アタックZERO』のテレビCM「#洗濯愛してる会」では松坂桃李や菅田将暉らとともに爽やかな印象を残している俳優・杉野遥亮(23)。30日スタートのMBS/TBSドラマイズム枠で放送されるドラマ『スカム』ではその真っ白なイメージが黒く染まるようなダークな役柄に主演として挑戦する。テーマは、『振り込め詐欺』。笑いも交えた物語の根底にあるのは現代社会に生きる若者の苦しみ。インタビューでは台本を読み「自分も学生時代になにかに縛られている感覚、窮屈に思っていた時期もあった」と主人公に共感を示す彼が、いかにその閉塞感から脱却したのか語ってくれた。 

【写真】この記事の写真を見る(全4枚)


 同作はルポライター・鈴木大介氏が巨大犯罪・振り込め詐欺に従事する若者たちの実態を取材した『老人喰い』が原案。社会から見放され、絶望的な状況に追い込まれた若者たちが、振り込め詐欺に手を染めていく様を描いた社会派詐欺エンターテインメント。 主人公の草野誠実(杉野)は順風満帆な勝ち組人生から一転し、新卒切りによって無職となり時を同じくして発覚した難病の父の治療費を稼ぐため、振り込め詐欺に手を染めることとなる…。 

 「社会への閉塞感やうっぷんが原因だったり、世代間格差だったり…。自分にもわかるし、自分も学生時代、なにかに縛られている感覚、窮屈に思っていた時期もあったのでベースの部分で共感できたことが大きかった」と理解を示す。 

 そして社会から見捨てられた誠実ら若者たちが“詐欺”という道で活路を開き、皮肉にも輝き出していく様を生き生きと熱演した。「誠実は苦悩しながら詐欺をやっているときにはキラキラしてみえる。それは、自分が自分らしく生きていく、やりがいや希望の光をみつけていくから。そこで起こった誠実の表情の変化が表現できていればいいな」。 

■迷いながら過ごした学生時代 芸能界入りは「自分なりには正解だった」

 そんな誠実のように、杉野自身も閉塞感を抜け出した経験を持つ。「中学の頃からひたすら勉強、スポーツもやりそのなかでひたすら上を目指す…。すごく志高くやっていたんです。高校受験に成功した後に、今は目の前のことを精一杯やっているけど長い目で見た時に自分はなにに向かっているんだろうと、そう思った時から窮屈に感じ始めた。授業を受けていてもそれが実際に自分にどう糧になっていくんだろう、と考え始めると学校もサボっちゃったりすることもありました」と“優等生”である自分に迷いが生まれた。 

 そんななか2015年に『第12回FINEBOYS専属モデルオーディション』でグランプリを獲得し芸能界入り。「大学時代に自分のやりたいことってどういうことなのかな、目標って本当にこれなのかなと思っていくなかで、この世界に入ったきっかけでもありますが、一歩なにか踏み込んでみる、自分を探してみる…じゃないですけど元々オーデションに応募したことも含めて、自分なりには正解だったと思います」。 

 もし、不条理な目に遭ったとしたら「流されちゃうタイプ」だからこそ、誠実に共感できた、という杉野。だが「今この世界のなかだと立ち向かうことができるな、と思います。自分が楽しんでやっていけているし、自分らしく表現できている」と自信を持っている。 

 「その時(学生時代)とは別の意味で先が見えないというのは、正解。日々、疑問を持つことが減りました。今、目の前にあることは明確な希望となって、いつか現れるはずだ、山に登れるんだという感覚があります」と確かな手応えを覚えた。 

■デビューから4年で掴んだ連ドラ初主演「向上心につながる出会いだった」

 今作でデビューから4年での連ドラ初主演。順調なステップを踏んでいるが「早いとかやっと、というのはなく、今はすごくワクワクしている」と昂揚感は抑えられない。当初は『座長』と呼ばれることも慣れず恥ずかしがったが…。「慣れないです。僕に対しての『座長』って茶化している感じ(笑)。なので『やめてくださいよ!(笑)』みたいな反応しかできず…」と初々しさをみせる場面も。 

 「ただ、いざ、クランクインすると“小林組”のなかに入れてもらったという感覚で、各セクションがプロの仕事をしつつ、いいものを求めていく空気が自然とありました。自分も誠実をより魅力的に演じようと常も模索し続けることができました。撮影が終わった後、スタッフもキャストも続編ありきのような話になったりしたので、うれしい気持ちになりました」と達成感をにじませた。 

 “主演”を背負うことに関しては「プレッシャーはそんなになかった」。「“主演”の肩書よりも出演している皆さんのお芝居を見られるし会話できる、長く現場にいることができるので監督やスタッフさんと濃密に時間を過ごせることがラッキーでした。全体でいろいろなシーンを見ているから俯瞰(ふかん)でどんなイメージをもって、どうお芝居するか違った面からアプローチできる」と糧にする。 

 小林勇貴監督や前野朋哉山本舞香和田正人ら芸達者たちとの芝居には「めちゃくちゃ刺激を受けました。今後、いろんな作品をやるにしろ、向上心につながる出会いだった。今は現場に戻りたいという気持ち。“ロス”なんですかね。それだけ自分のなかで芽生えた瞬間はいっぱいあった。燃え尽きた、というより、早くなにかをしたい、現場に入りたい、また続編をやりたい。前向きな気持ちです」とこれからの出会いに胸を膨らませる。今回は役柄で言えば“黒”。何色にも染まれる可能性を秘め、今後もさまざまな作品で活躍をみせてくれそうだ。 

 30日から毎週日曜深夜0時50分よりMBSにて、7月2日から毎週火曜深夜1時28分よりTBSで放送スタート。※MBSでの初回放送は深夜1時50分から放送 

 企業や個人間で商品を共有するシェアリングサービスの利用者が増えている。車、ファッション、スペースと対象は広がり、2018年度の市場規模は過去最高に。現代人が抱えるスマホの電池切れへの恐怖が、モバイルバッテリーのシェアを後押しする。依存度が高い商材を見つければ、インフラ化が狙える好例だ。

 「現代の消費者は充電中も手元にスマートフォンがないと、“禁断症状”にでもなったかのように落ち着かない」――。

 そう話すのは、スマートフォン向けのモバイルバッテリーのシェアサービス「ChargeSPOT」を展開するINFORICH代表取締役の秋山広宣氏だ。同社は15年創業で、企業のSNSマーケティング支援事業を手掛けているが、17年に香港でモバイルバッテリーのシェアリングサービス事業を買収。18年4月から日本に逆上陸する形でサービスを始めた。

 同社が国内でバッテリーを貸し出すスポットは、19年6月時点で4500カ所にもなっている。既に国内47都道府県全てにスポットを設置した。設置場所は飲食店やコンビニエンスストア、駅、公共施設にまで広がっている。代理店なども活用し、スポットを19年中に1万5000カ所まで増やすことを目指している。

 INFORICHの自社調査では、国内のモバイルバッテリーの貸出機設置数で同社のシェアは95%にもなる。強みは買収した香港の事業者がモバイルバッテリーを自社で開発・製造していたため、日本向けの機材の開発・製造を迅速に実施できたことが挙げられる。

 父親が香港出身の秋山氏は、中国語(広東語)が話せる。モバイルバッテリーのシェアサービス発祥の地である中国本土の動向をずっと追っていたのが速やかな事業展開に生かせた。急成長を狙うスタートアップ企業らしく当然、上場を目指している。既にサービス開始の地、香港と日本に加えて、台湾やタイにも進出済みだ。

●渋谷区や小田急が導入する意外な理由

 ChargeSPOTでは、スマホの電池残量がゼロになってからでも利用に必要なアプリの導入から貸し出しの手続きまでができるように、バッテリーの貸出機には小型のタイプを除き、スマホの電源の1%までは無料で充電できる機能が付いている。こうした配慮は「中国のモバイルバッテリーのシェアリングサービスにはない点」(秋山氏)で、日本の消費者のこまやかなニーズに応えたものだ。これも自社で機材を開発・生産しているという強みがあってのことだ。

 バッテリーの利用料金は1時間以内なら150円(税別、以下同)。さらに48時間以内ならプラス150円で利用可能だ。ただし、48時間を過ぎると返却不要になる代わりに2280円を支払って買い取る形になる。コンビニではモバイル向けのバッテリーを販売しているが、ローソンでは都内の一部店舗でChargeSPOTを導入している。すみ分けが可能で、集客効果も期待できるからだ。「十分に充電された充電器が借りられることにお客様は価値を感じている」(秋山氏)。

 渋谷区、神戸市、福岡市といった自治体や鉄道会社なら小田急電鉄などが導入を進めている。原則として、一定の震度の地震が発生したときは無料でモバイルバッテリーを貸し出すので、公共施設から緊急時のインフラとしての役割が期待されているのも、この事業の強みだ。

 利用方法としてはまず、ChargeSPOTのアプリをダウンロードし、クレジットカード情報などを登録。アプリ内の地図でバッテリーの貸し出しスポットが探せる。バッテリーの貸出機にはQRコードがついているので、それをスキャンすると、機器のスロットからバッテリーが出てくる。返却時はアプリで機器の置き場所を探して、空いているスロットに差し込むだけで済む。「基本、1分で1%端末の電池を充電できるので、1時間以内の使用で返す方もかなりいる」(秋山氏)。

●スペース提供側に収益は支払われない

 モバイルバッテリーの貸出機を設置するためにスペースを提供するのは飲食店やコンビニ、駅、公共施設などだ。ただし、スペースの提供側に、家賃やバッテリーの貸し出し収入に応じた収益は支払われない。スペースを無料で貸し出して、さらにバッテリーの貸出機に電力も提供する。それでも設置が相次ぐのは、設置者側の狙いが集客力の強化にあるためだ。その点は前回の傘のシェアリングサービス「アイカサ」(関連記事「傘シェアリングのすごい可能性 JR東やローソンも導入」)とよく似ている。「バッテリーを借りる人は、基本的にほかの何かを購入して、店でお金を落としてくれる」(秋山氏)。

 今の消費者は、飲食店などでスマホのために電源を借りるにしてもカウンターに置いておくのではなく手元で充電したいというニーズが強い。スマホは個人情報の塊で、今の消費者は充電中も手元に置いておかないと、落ち着かない。店の電源自体も1~2人なら貸せるかもしれないが、それ以上の人数への対応を考えたら、モバイルバッテリーを貸し出したほうが便利だ。さらに、飲食店なら電子タバコを充電したいというお客のニーズも強い。モバイルバッテリーがあれば顧客満足度を高められ、安心して過ごせる場所になる。

 集客効果以外にもモバイルバッテリーの貸出機には、デジタルサイネージ広告の表示機能があり、その表示時間の3分の1を設置者の流したい広告に使える。残りの時間は広告の配信でINFORICHが収益を得ている。

 やや古い調査になるが、ソフトバンクが13年(当時の社名はソフトバンクBB)に実施した調査「スマートフォンユーザーの電池の持ち・充電に関する意識・実態調査」によれば、20歳~59歳までのスマートフォンユーザーは「4割以上が1時間以上の電池切れを我慢できない」。「約8割が電池切れに恐怖感を持っている」と答えている。こうした傾向はスマホ全盛の今、加速することはあっても低下することないだろう。現代人のスマホの電池切れへの恐怖が、モバイルバッテリーのシェアリングという新しいサービスの普及を強力に後押ししている。

民主党のDNAが色濃く残る選挙公約

 立憲民主党は6月24日、次期参議院選挙の選挙公約である「立憲ビジョン2019」を発表した。配布された冊子の表紙には、立党以来のキャッチフレーズである「まっとうな政治」に加えて「♯令和デモクラシー」を新たに採用。躍進が伝えられている山本太郎参議院議員が率いる「れいわ新選組」への対抗かもしれない。


 立憲民主党とれいわ新選組の政策は、微妙に競合する。「コンクリートも人も」「消費税廃止」「政府補償による最低賃金1500円」「公務員増員」などを主張する山本氏に対し、枝野幸男代表が率いる立憲民主党は「消費税増税凍結」「最低賃金1300円」「年金の最低保障機能強化」「待機児童解消と保育の質向上を優先」、さらにはLGBT差別解消法や同性婚、議会におけるパリテ(男女同数)なども主張。いずれも民主党のDNAが伺えるものだ。


 外交安保について手薄感が否めないのも、民主党の影響が残っているゆえだろう。実際に「立憲ビジョン2019」には「竹島問題」や「尖閣問題」などの文言がない。

政権批判のために北方4島だけ主張する

 唯一の差は「我が国固有の領土である北方四島の帰属の問題の解決を図ります」と、北方領土問題を強調している点だ。「竹島問題」を記載しなかった理由として枝野氏は、「全てのわが党が考えている政策をここに載っけようと思うなら、100ページくらいになると思う」と述べるとともに、北方領土問題については「『我が国固有の領土である』という言い方を政府がしなくなっているというとんでもない状況の中で、国民のみなさんの関心も深く、様々な動きがあるのでここで取り上げている」と言及。要するに国民への「領土を守る」というアピール以上に政府批判の要素が強くした意図を明かした。


 なお自民党の2019年政策パンフレットである「日本の明日を切り開く。」には「竹島」と「尖閣」の文字はないが、「領土・主権問題や歴史認識等に関する問題について、毅然とした外交態度を貫くとともに、戦略的対外発信を強化し、わが国の国益と名誉を守ります」と宣言しており、この中に尖閣問題、竹島問題、北方領土問題が入ることは明らかだ。


 もっとも「参議院選は政権選択の選挙ではない」と言われている。しかしいつか政権を狙おうとするなら、野党は政府批判にとどまらずもっと踏み込んだ方がいいだろう。というのも「逃亡犯条例改正案」を巡る香港の大規模デモや朝鮮半島のめまぐるしい情勢変化、北方領土交渉を巡るロシアの頑なな態度など国民にとって不安事項は山積しており、いまこそ存在をアピールする格好のチャンスになっているからだ。

領土問題のアピールが、自民党が政権奪還の鍵となった

 実際に2012年12月の衆議院選では安倍晋三総裁が率いる自民党は、北方領土と竹島を同列に扱って「交渉を再活性化し、わが国の強い意志を示す」とした。また尖閣諸島については「実効支配強化」と「安定的な維持管理」を強調。折しも李明博大統領が韓国大統領として初めて竹島に上陸し、尖閣諸島の国有化問題で中国からの干渉が続いていた。当時の国民は民主党政権に不安を抱いていたため、これが格好のアピールになり自民党を勝利に導いたという事実がある。


 平均点を上げたいと思うなら、苦手な科目の点数を上げばよい。それと同じで、もし立憲民主党が野党の雄として政権を狙うなら、次期衆議院選挙の前哨戦である参議院選挙で、自民党支持層の核心に手を突っ込むことも厭うべきではないだろう。


 外交安保政策を厚くすることは、れいわ新選組に差を付けることにもなる。れいわ新選組は山本氏ひとりで運営されており、外交安保に関しては沖縄基地問題しか言及していない。もっとも山本氏は国会議員になる前に「竹島は韓国にあげたらいい」と発言し、物議を呼んだことがある。後に「政府にはっぱをかけるつもりだった」と述べたが、言い訳に過ぎないだろう。実際に外交安保の面では当時から、山本氏は考え方も知識の量もさほど変わっていないようにも見える。

政権交代を目指すなら

 それは枝野氏も同じかもしれないが、枝野氏は野党第一党の党首としての責任がある。国民民主党の小沢一郎衆議院議員は文藝春秋7月号で、野党がひとつになってそのトップに枝野氏を据えることを提唱した。だがそれだけでは足りない。多数の国民が支持する政策を掲げなければ、意味がない。


 それでは多数の国民が支持する政策とは何か。それは経済的に豊かになり、安全・安心の生活をおくるための政策だ。


 外交安保政策はその鍵となる。それをみすみす捨てていては、政権は手に入らない。

↑このページのトップヘ