JWSSNニュース

こちらはJWSSNニュースです。 情報提供お待ちしています。 我々JWSSNニュースは日本国内で起きたニュースはもちろん、世界で起きたニュースや小さいニュースなど180度様々な視点からお伝えします。 どうぞ、これからもJWSSNニュースを末永くよろしくお願いします。 ちなみに、JWSSNはジャワスンと読みます。 また、当ニュースの編集長は19歳の現役大学生ですのであしからず。

2019年02月

今週のUKチャートは、2週連続で、アリアナ・グランデがシングル/アルバム両チャートの1位に輝いた。

◆アリアナ・グランデ画像

ただ、シングル・チャートの1位は先週と変わり、「7 rings」が2位からトップに返り咲き、代わって、先週首位に初登場した「break up with your girlfriend, i'm bored」が2位に後退した。曲の入れ替わりはあったが、アリアナがシングル・チャートのトップ2を独占したのも2週連続となった。

3位は変わらず、ルイス・キャパルディの「Someone You Loved」がキープ。今週のシングル・トップ10圏内には、ロンドンを拠点とするヒップホップ・グループNSGの「Options」が新たに9位に入った。

アルバム・チャートはトップ2に動きはなく、アリアナの『thank u, next』が1位、映画『グレイテスト・ショーマン』が2位をキープし、レディー・ガガ&ブラッドリー・クーパー主演の映画『アリー/ スター誕生』のサウンドトラックが6位から3位へ再浮上した。

今週新たにトップ10入りしたのは2枚あり、ロンドン出身のラッパーYoung AdzとDirtbike LBから成るD-Block Europeの『Home Alone』が6位、アヴリル・ラヴィーンの5年半ぶりの新作『Head Above Water』が10位をマークしている。アヴリルのスタジオ・アルバムが全英チャートのトップ10に入るのは、ファースト『Let Go』(2002年 1位)、セカンド『Under My Skin』(2004年 1位)、サード『The Best Damn Thing』(2007年 1位)、4枚目『Goodbye Lullaby』(2011年 9位)に次ぐ5枚目となった。

今週のUKアルバム・チャートは、アリアナ・グランデの5枚目のスタジオ・アルバム『thank u, next』が初登場で1位に輝いた。サード『Dangerous Woman』(2016年)、4枚目『Sweetener』(2018年)と3枚連続の全英No.1アルバムとなった。

◆『thank u, next』画像

今週は、シングル・チャートもアリアナがトップを飾った。新曲「Break Up With Your Girlfriend I’m Bored」が同じく初登場で1位を獲得し、今週の全英アルバム/シングル・チャートを制覇した。また、先週まで3週連続で首位をキープしていた「7 rings」は2位に後退したが、アリアナはシングル・チャートのトップ2を独占したことになる。

アルバム・チャートの2位には、映画『グレイテスト・ショーマン』のサウンドトラックが先週の3位から再浮上。ヒュー・ジャックマンが来週(2月20日)開かれる<Brit Awards>でパフォーマンスすることが決まり、『グレイテスト・ショーマン』の人気は当分続きそう。

3位には、ロンドン出身のラッパー/グライム・アーティストAJ Traceyのセルフ・タイトルのデビュー・アルバムが初登場。今週はこのほか、英国のカントリー・ポップ・デュオ(姉妹)Ward Thomasのサード『Restless Minds』が8位にチャート・インした。

シングル・チャートの3位は、スコットランド出身のシンガー・ソングライター、ルイス・キャパルディの「Someone You Loved」が先週の9位から6ランク上昇し、チャート・イン後6週目にしてトップ3をマークした。また、アリアナの「Needy」が8位に初登場しており、アリアナの曲は今週3曲がトップ10入りしている。

今週のUKアルバム・チャートは、アリアナ・グランデの5枚目のスタジオ・アルバム『thank u, next』が初登場で1位に輝いた。サード『Dangerous Woman』(2016年)、4枚目『Sweetener』(2018年)と3枚連続の全英No.1アルバムとなった。

◆『thank u, next』画像

今週は、シングル・チャートもアリアナがトップを飾った。新曲「Break Up With Your Girlfriend I’m Bored」が同じく初登場で1位を獲得し、今週の全英アルバム/シングル・チャートを制覇した。また、先週まで3週連続で首位をキープしていた「7 rings」は2位に後退したが、アリアナはシングル・チャートのトップ2を独占したことになる。

アルバム・チャートの2位には、映画『グレイテスト・ショーマン』のサウンドトラックが先週の3位から再浮上。ヒュー・ジャックマンが来週(2月20日)開かれる<Brit Awards>でパフォーマンスすることが決まり、『グレイテスト・ショーマン』の人気は当分続きそう。

3位には、ロンドン出身のラッパー/グライム・アーティストAJ Traceyのセルフ・タイトルのデビュー・アルバムが初登場。今週はこのほか、英国のカントリー・ポップ・デュオ(姉妹)Ward Thomasのサード『Restless Minds』が8位にチャート・インした。

シングル・チャートの3位は、スコットランド出身のシンガー・ソングライター、ルイス・キャパルディの「Someone You Loved」が先週の9位から6ランク上昇し、チャート・イン後6週目にしてトップ3をマークした。また、アリアナの「Needy」が8位に初登場しており、アリアナの曲は今週3曲がトップ10入りしている。

今週のUKアルバム・チャートは、今年デビュー40周年を迎えるザ・スペシャルズの新作『Encore』が初登場で1位に輝いた。彼らにとってスタジオ・アルバムでは初の全英No.1となる。シングルでは80年代に「Too Much Too Young」(1980年)、「Ghost Town」(1981年)が1位を獲得していた。

◆全英チャート 関連画像、動画

2位には、バステッドの4枚目のスタジオ・アルバム『Half Way There』が初登場。映画『グレイテスト・ショーマン』のサウンドトラックが2位から3位へ後退した。

今週は計5枚が新たにトップ10入りしており、トップ2ほか、イアン・ブラウンの7枚目のソロ・アルバム『Ripples』が4位、英国人のラッパーFredoのデビュー作『Third Avenue』が5位、ポップ・グループ、ステップスのメンバー、クレア・リチャーズのソロ・デビュー・アルバム『My Wildest Dreams』が9位にチャート・インしている。

シングル・チャートはトップ4までが先週と変わらず、アリアナ・グランデの「7 rings」が3週連続で1位、エイヴァ・マックスの「Sweet But Psycho」が2位、サム・スミス&ノーマニの「Dancing With A Stranger」が3位、カルヴィン・ハリスとラグンボーン・マンの「Giant」が4位をキープした。

今週新たにトップ10入りしたのは、来月1stアルバムを発表するアメリカ人の17歳のシンガー・ソングライター、ビリー・アイリッシュの「Bury A Friend」(7位)のみだった。

今週のUKアルバム・チャートは、英国シェフィールド出身のロック・バンド、ブリング・ミー・ザ・ホライズンの新作『amo』が初登場で1位を獲得した。4枚目のスタジオ・アルバム『Sempiternal』(2013年)の最高位は3位、5枚目『That’s The Spirit』(2015年)は2位、そして6枚目の同作で初めて全英No.1に輝いた。

◆ブリング・ミー・ザ・ホライズン画像、動画

先週トップだった映画『グレイテスト・ショーマン』のサウンドトラックは2位に後退。クイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』のサウンドトラックも2位から3位へ1ランク・ダウンした。

今週のトップ10には、1位のブリング・ミー・ザ・ホライズンほか、ルディメンタルのサード『Toast To Our Differences』が5位、バックストリート・ボーイズの5年半ぶりの新作『DNA』が7位に初登場している。バックストリート・ボーイズのスタジオ・アルバムが全英トップ10に入るのはサード『Millennium』(1999年)以来20年ぶりだった(ベスト盤を含むと2001年リリースの『The Hits - Chapter One』以来)。

シングル・チャートは、先週と変わらず、アリアナ・グランデの「7 rings」が2週目の1位を獲得。トップ3まで動きはなく、エイヴァ・マックスの「Sweet But Psycho」が2位、サム・スミス&ノーマニの「Dancing With A Stranger」が3位をキープした。

新たにトップ10入りしたのは3曲あり、今月開催されるブリット・アワーズで新人賞(ブレイクスルー・アクト)にノミネートされているMabelの「Don’t Call Me Up」が先週の11位から7位へ浮上し、J・コールの「Middle Child」が9位に初登場。スコットランド出身のシンガー・ソングライター、ルイス・キャパルディの「Someone You Loved」が10位をマークした。

↑このページのトップヘ