JWSSNニュース

こちらはJWSSNニュースです。 情報提供お待ちしています。 我々JWSSNニュースは日本国内で起きたニュースはもちろん、世界で起きたニュースや小さいニュースなど180度様々な視点からお伝えします。 どうぞ、これからもJWSSNニュースを末永くよろしくお願いします。 ちなみに、JWSSNはジャワスンと読みます。 また、当ニュースの編集長は19歳の現役大学生ですのであしからず。

2018年09月

今週のUKアルバム・チャートは、エミネムの『Kamikaze』が4週連続で1位に輝いた。2位には、映画『グレイテスト・ショーマン』のサウンドトラックが先週の3位から再浮上。フランス人のシンガー・ソングライターHeloise LetissierによるプロジェクトChristine & The Queensのセカンド『Chris』が3位に初登場した。

◆エミネム画像

今週は同作をはじめ、5作が新たにトップ10入りした。スラッシュ ft. マイルス・ケネディ&ザ・コンスピレーターズの4年ぶりのスタジオ・アルバム『Living The Dream』が4位、スウェードの8枚目『The Blue Hour』が5位、アメリカのシンガー・ソングライター、ジョシュ・グローバンの3年半ぶりの新作『Bridges』が6位、ギタリスト、ジョー・ボナマッサの13枚目『Redemption』が7位に初登場している。

シングル・チャートも変わらず、カルヴィン・ハリスサム・スミスの「Promises」が4週連続で1位を獲得。トップ3も3週連続動きはなく、ベニー・ブランコの「Eastside」が2位、カニエ・ウェスト&Lil Pumpの「I Love It」が3位をキープした。

今週新たにトップ10入りしたのは2曲で、ジェス・グリンの「All I Am」が先週の11位から9位へ浮上し、Lil Peep & XXXTentacionの「Falling Down」が10位に初登場している。「Falling Down」はもともと、Lil PeepとiLoveMakonnenが2017年に行なったセッションで「Sunlight On Your Skin」としてレコーディングされたもの。これを昨秋Lil Peepが亡くなった後耳にしたXXXTentacionが、iLoveMakonnenに連絡を取り、Lil Peepを追悼し自身のヴァースを加えたという。XXXTentacionも今年6月に亡くなり、彼にとって死後リリースされる初のシングルとなってしまった。

今週のUKアルバム・チャートは、エミネムの『Kamikaze』が3週連続で1位をキープした。週半ばの集計では優勢だったポール・ウェラーの新作『True Meanings』は、後半でエミネムが追い上げ、2位にチャート・イン。映画『グレイテスト・ショーマン』のサウンドトラックが先週の2位から3位へ後退した。

◆エミネム画像

今週はウェラーほかUK出身のインディ・ロック・バンド、ペール・ウェーヴスのデビュー・アルバム『My Mind Makes Noises』が8位、デヴィッド・ゲッタの4年ぶりの新作、7枚目のスタジオ・アルバム『7』が9位、ロンドンを拠点とするモダン・ソウル・グループ、ジャングルのセカンド『For Ever』が10位に初登場している。

シングル・チャートも首位は変わらず、カルヴィン・ハリス&サム・スミスの「Promises」が3週連続で1位を獲得した。2~4位も変動がなく、ベニー・ブランコの「Eastside」(2位)、カニエ・ウェスト&Lil Pumpの「I Love It」(3位)、BrandoをフィーチャーしたLoud Luxuryの「Body」(4位)がキープした。

今週新たにトップ10入りしたのは2曲。Dynoro & Gigi D’agostinoの「In My Mind」が先週の14位から8位へ、デュア・リパをフィーチャーしたマーク・ロンソン&ディプロのプロジェクト、シルク・シティの「Electricity」が15位から10位へ上昇した。

今週のUKアルバム・チャートは、エミネムの『Kamikaze』が2週連続で1位をキープした。

◆エミネム画像

2位には映画『グレイテスト・ショーマン』のサウンドトラックが先週の3位から再浮上。これで1月から36週連続でトップ3に留まりつづけることになる。

3位には、ポール・マッカートニーの18枚目のソロ・アルバム『Egypt Station』が初登場した。マッカートニーにとって、ソロ(スタジオ・アルバム)としては15枚目の全英トップ10ヒットとなった。

今週はこのほか、T・レックスのボックス・セット『Gold』が8位、ポール・サイモンの14枚目のソロ・アルバム、彼のお気に入りの過去の作品を再レコーディングした『In The Blue Light』が10位にチャート・インしている。

シングル・チャートも首位は変わらず、カルヴィン・ハリスとサム・スミスのコラボ「Promises」が2週連続で1位に輝いた。2位も同じく、ベニー・ブランコの「Eastside」がキープ。3位に、カニエ・ウェストとLil Pumpのコラボ、ミュージック・ビデオが話題となった「I Love It」が初登場した。

今週はこのほか、バスティルをフィーチャーしたMarshmelloの「Happier」が先週の15位から6位に上昇し、新たにトップ10入りしている。

今週のUKアルバム・チャートは、エミネムがサプライズ・リリースした『Kamikaze』が初登場で1位を獲得した。エミネムにとって、スタジオ・アルバムではサード『The Marshall Mathers LP』(2000年)以降連続8枚目、ベスト・アルバム『Curtain Call: The Hits』(2005年)を含むと9枚目の全英No.1となった。

◆エミネム画像

先週トップに返り咲いた映画『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』のサウンドトラックは2位に、『グレイテスト・ショーマン』のサウンドトラックが2位から3位に後退した。

今週はエミネムのほか、英国ブリストル出身のロック・バンド、IDLESのセカンド『Joy As An Act Of Resistance』が5位、英国人のシンガー・ソングライター、パッセンジャーの9枚目のスタジオ・アルバム『Runaway』が6位、ザ・クークスの5枚目『Let’s Go Sunshine』が9位、トロイ・シヴァンのセカンド『Bloom』が10位に初登場している。

シングル・チャートは、カルヴィン・ハリスサム・スミスの「Promises」が先週の2位から1ランク・アップし、チャート・イン後3週目にして1位を獲得した。代わって、先週トップだったベニー・ブランコの「Eastside」は2位に後退。ジョージ・エズラの「Shotgun」が3位キープした。

今週は、3曲が新たにトップ10入りし、全てがエミネムのトラックだった。『Kamikaze』から「The Ringer」(4位)、「Lucky You」(6位)、「Fall」(9位)がチャート・インしている。

今週のUKアルバム・チャートは、映画『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』のサウンドトラックが先週の2位から再浮上し、非連続5週目の1位に輝いた。

◆『Mamma Mia! Here We Go Again』ジャケット画像

アリアナ・グランデの4枚目『Sweetener』は、ストリーミングでは先週に続いて首位を獲得したものの、総合アルバム・チャートでは3位にランク・ダウン。先週3位だった『グレイテスト・ショーマン』のサウンドトラックが2位に上昇した。

このほか、今週はインターポールの4年ぶり6枚目となるニュー・アルバム『Marauder』が6位にチャート・イン。アリス・イン・チェインズの5年ぶりの新作『Rainier Fog』が9位に登場し、オリジナル・アルバムとしては自身初のトップ10入りを果たした。また、先週13位だったポスト・マローンの『Beerbongs & Bentleys』が、8月末の<レディング/リーズ・フェスティバル>出演を受けて10位に浮上している。

シングル・チャートでは、52位で初登場してから上昇を続けてきたベニー・ブランコの「Eastside」が、7週目にして1位を獲得。カルヴィン・ハリスサム・スミスの「Promises」が4位から2位へ2ランク・アップし、先週1位だったジョージ・エズラの「Shotgun」は3位に後退した。Juice WRLDは先週11位だった「Lucid Dreams」が1ランク上昇し、自身初のトップ10入りを果たしている。

このページのトップヘ