今春卒業した大学生の就職率(4月1日現在)は98.0%で、前年同期より0.4ポイント増えて調査を始めた1997年卒以来、過去最高となった。厚生労働省と文部科学省が18日発表した。上昇は7年連続で、過去最高は3年連続の更新だ。厚労省は、景気回復や人手不足で企業の採用意欲が高まった影響だとみている。


 調査は国公立24大学、私立38大学の4770人を対象とした。文系は同0.9ポイント増の98.2%、理系は同1.5ポイント減の97.2%で、調査開始から初めて文系が理系を上回った。


 厚労省によると、理系には国家資格を取得した上で就職を目指す学生が多い。こうした学生のうち資格試験に不合格だった人が、学生に有利な「売り手市場」が続くなかで就職活動を1年先延ばししても希望の就職先に入れると考え、今春の就職を見送った影響とみられるという。


 一方、文科省によると、今春卒業した高校生の就職率(3月31日現在)は前年同期より0.1ポイント増の98.1%だった。上昇は8年連続で、91年卒以来27年ぶりの高水準だった。やはり企業の採用意欲の高まりが影響したという。(村上晃一)




 今年3月に卒業した大学生の就職率(4月1日時点)は98・0%(前年同期比0・4ポイント増)で、7年連続で上昇したことが、18日に公表された厚生労働省と文部科学省の調査で分かった。平成9年の統計開始以降、過去最高で、3年連続の記録更新。文系の就職率が理系を初めて上回った。


 就職を希望する高校生の就職率も3月末現在で98・1%(同0・1ポイント増)と8年連続の上昇。厚労省若年者雇用支援の担当者は「景気の回復基調に伴い、企業の採用意欲の改善傾向が引き続いている。過去の求人と比べても選択肢がたくさんある」と説明した。


 大学生の調査は全国の国公立大24校と私立大学38校を抽出して実施した。推計では、就職希望者約42万7500人のうち、約41万9300人が就職した。


 男女別では、男子が97・5%(同0・6ポイント増)、女子が98・6%(同0・2ポイント増)。文系・理系別では、文系が98・2%(0・9ポイント増)と上がったものの、理系が97・2%(1・5ポイント減)と下がった。厚労省の担当者は「理系の希望の企業で資格取得などが条件となっている場合、もう1年かけても入ろうとする学生が増えたのではないか」と分析している。


 大学以外では、短大(女子のみ)99・1%(同2・1ポイント増)で、高等専門学校(男子のみ)は前年と同様に100%。地域別で、最も高いのは中部の99・5%。関東98・5%と続いた。最も低かったのは北海道・東北の97・0%で、近畿は97・4%だった。


 一方で、高校生は各学校を通じ全生徒を対象に調査。約106万1千人のうち、約18万8千人が就職を希望した。最も高かったのは昨年に続き富山県で99・9%(昨年は100%)。最も低かったのは沖縄県で93・7%だったが、昨年比で4・2ポイント改善した。




 今春に大学を卒業し、就職を希望した人の就職率は四月一日時点で98・0%で、統計を始めた一九九七年春卒以降、過去最高を更新した。前年同期比0・4ポイント増で、七年連続の上昇となった。厚生労働省と文部科学省が十八日発表した。

 売り手市場を背景に大学生の就職希望者も75・3%と過去最高を更新。厚労省の担当者は「景気が回復基調にあることや企業の採用意欲が改善したことで、学生の希望に合う機会が増えた。各大学の就職支援強化も背景にあるのではないか」としている。

 就職を希望する高校生の就職率(三月三十一日現在)は、文科省の調査で98・1%(前年同期比0・1ポイント増)、八年連続の上昇となった。林芳正文科相は閣議後記者会見で「大学や高校とハローワークの連携が進んだことや、キャリア教育の推進も要因と考えている」と述べた。

 大学生の男女別では男子が97・5%、女子が98・6%だった。また、文系は98・2%で0・9ポイント増となった一方、理系は1・5ポイント減の97・2%。統計開始後初めて文系が理系を上回った。理系が下がった理由について厚労省担当者は「第一希望の企業で資格取得などが条件となっている場合、もう一年かかってでも入ろうとする学生が増えたのではないか」と分析している。

続きを読む