JWSSNニュース(^з^)-☆

こちらはJWSSNニュースです。 情報提供お待ちしています。 我々JWSSNニュースは日本国内で起きたニュースはもちろん、世界で起きたニュースや小さいニュースなど180度様々な視点からお伝えします。 どうぞ、これからもJWSSNニュースを末永くよろしくお願いします。 ちなみに、JWSSNはジャワスンと読みます。 また、当ニュースの編集長は19歳の現役大学生ですのであしからず。

2017年03月

 一般会計総額が97兆4547億円と過去最大の2017年度予算が27日の参院本会議で、自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立した。

 第2次安倍政権以降では、3月20日に成立した14年度予算に次ぐスピード処理となった。

 安倍晋三首相は予算成立を受けて国会内で記者団に「予算の早期成立こそ最大の景気対策だ。経済の好循環を力強く回し、デフレからの脱出速度を上げていきたい」と強調。後半国会に関しては、子育て支援や農業改革などを挙げ、「重要法案の成立へ緊張感を持って丁寧な説明を心掛けていきたい」と語った。

 後半国会の焦点は、「共謀罪」の構成要件を改め、犯罪を計画・準備した段階で処罰可能にする「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案に移る。野党は拡大解釈や過剰捜査の恐れが拭えないとみて成立阻止に全力を挙げる方針で、学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地格安売却問題と併せ、政府への追及を強める構えだ。 


 一般会計総額が97兆4547億円と過去最大の2017年度予算は27日、参院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立した。予算の年度内成立は2年連続。野党は後半国会でも、大阪市の学校法人「森友学園」(籠池(かごいけ)泰典理事長)への国有地売却問題や、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊部隊の日報問題などを追及する方針で、与野党の対立が続く見通しだ。

【図解】「共謀罪」「テロ等準備罪」

 民進党会派の舟山康江氏は本会議での討論で「政治への信頼を根底から覆す問題が相次ぎ、多くの審議時間が割かれた。政府の不誠実な姿勢が疑惑を深めている。顔を洗って出直してほしい」と政府を批判した。

 27日の参院予算委員会で安倍晋三首相は「1億総活躍社会の実現に向け、保育士や介護人材などの処遇改善や給付型奨学金の創設などの取り組みを確実に行う。未来を開く予算であり、最大の経済対策は17年度予算の早期成立だ」と意義を強調した。

 国会では今後、共謀罪の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案や、天皇陛下の退位に関する特例法案などの審議が焦点になる。【光田宗義】


 政府が国会に提出した2017年度予算案が27日の参院本会議で、自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立した。一般会計の歳出規模は97兆4547億円で、保育士や介護職員の処遇改善や大学生向けの給付型奨学金の予算が盛り込まれたが、高齢化に伴う社会保障費の膨張や防衛費などの増大により、5年連続で過去最大を更新した。

【写真】参院本会議で新年度予算が可決、成立した=27日午後6時37分、国会、岩下毅撮影

 同日午前の参院予算委で安倍晋三首相は、「1億総活躍社会の実現や経済再生をはじめとした重要政策課題に(予算を)重点化した」と強調した。

 予算案成立で、後半国会の焦点重要法案の審議に移る。政府は、「共謀罪」新設法案や天皇陛下の退位に関する特例法案の成立をめざすが、野党は学校法人「森友学園」への国有地売却問題で追及を強めており、重要法案の審議に影響する可能性がある。


 政府は平成29年度予算を「最大の景気対策」と位置づけ、予算の総額は5年連続で過去最大を更新した。だが、税収が伸び悩む中、綱渡りの財政運営は変わらない。円安・株高の「トランプ相場」に陰りも見える中、補正予算編成を求める声も出かねず、財政再建の道は厳しさを増す。

 安倍晋三首相は27日夜、国会内で記者団に対し「今回の予算は未来を開く予算だ」と述べ、早期成立を歓迎した。

 歳出では、1億総活躍関連で保育士の処遇改善や返済不要の給付型奨学金の創設を盛り込み、特別会計を含め3兆円程度を計上した。社会保障費は高齢化で過去最大の32兆4735億円に上り、政権が重視する防衛費も5兆1251億円と初めて5兆円を突破した前年度当初から1.4%増えた。

 一方、歳入面では、安倍晋三政権下で伸びてきた税収のペースが落ち、29年度は前年度比約1千億円増の57兆7120億円にとどまる。このため、やりくりは無理を強いられた。

 低金利環境を生かして利払い費の算出金利を過去最低に設定して国債費を減らす一方、税外収入で外国為替資金特別会計の剰余金をすべて一般会計に繰り入れる「裏技」を駆使。結果として、新規国債発行額は34兆3698億円と、辛うじて前年度から減らした。

 政府は32年度に財政の健全性を示す基礎的財政収支の黒字化を目指すが、達成は困難になりつつある。(中村智隆)



 安倍晋三首相は27日夜、平成29年度予算が参院本会議で可決、成立したことを受け「予算の早期成立こそが最大の景気対策だと申しあげてきた。経済の好循環を力強く回し、デフレからの脱出速度を上げていきたい」と述べた。国会内で記者団に語った。

 首相は、後半国会で農政改革関連法案など重要法案の早期成立を目指すとの決意を表明。これまでの国会審議を振り返り、学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地払い下げ問題で紛糾したことに関して「残念ながら国会においては(重要法案の)議論があまりなされなかった」と語った。

 27日午前8時30分ごろ、栃木県那須町湯本の那須温泉ファミリースキー場で雪崩が起き、登山の講習会に参加していた栃木県内の高校生らが巻き込まれた。県警によると、男子生徒7人と男性教員1人の計8人が心肺停止状態で病院に搬送され、同日夜に8人の死亡が確認された。また、講習に参加した生徒と教員計40人が重軽傷を負った。県警は業務上過失致死傷容疑で捜査する方針。

【写真】雪崩事故現場の見取り図

 県教育委員会によると、講習会は県高校体育連盟が主催する「春山安全登山講習会」。25~27日の予定で、県内7校の山岳部の1、2年生と教員計62人が参加していた。

 記者会見した県教委の宇田貞夫教育長によると、27日は茶臼岳への往復登山を予定していたが、雪が激しく降る悪天候のため、午前6時に中止を決めた。

 しかし、午前7時半になって、雪をかき分けて進む「ラッセル訓練」をゲレンデ周辺で実施することを決定。生徒と教員計48人が参加することになり、午前8時から訓練を始めた。7高校が5班に分かれ、午前9時半までの予定で訓練をしていたが、その途中で雪崩に巻き込まれた。死亡した8人はいずれも県立大田原高校の生徒と教員で、同校の班が先頭で登っていたとみられる。

 県警那須塩原署の調べによると、雪崩はゲレンデから外れた林の中を登っていた生徒たちを襲ったとみられる。目撃情報によると、雪崩は長さ100~200メートルにわたったという。

 宇都宮地方気象台によると、スキー場のある那須町には、26日午前から雪崩注意報や大雪注意報が発令されていた。

 大田原高校は全国大会に連続出場する強豪。堀江幸雄教頭によると、講習会には生徒12人と教員2人が参加していたという。

 県教委の宇田教育長は記者会見で、「登山の中止を決めたのは正しかった。その後、なぜラッセル訓練を始めたのかはわからない」と述べた。

 現場の那須温泉ファミリースキー場は3月20日に今シーズンの営業を終えていた。地元の温泉旅館の女性従業員(62)によると、前日夜から雪が降り、20~30センチ積もったという。「スタッドレスタイヤでないと来られないくらい雪が積もっていた」と話した。

 講習会には大田原高校のほかに、那須清峰、矢板東、矢板中央、真岡、真岡女子、宇都宮の各校が参加していた。


 27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町湯本の那須温泉ファミリースキー場で雪崩が起きたと110番があった。県や消防によると、県内7高校から「春山登山」の研修に参加していたグループが雪崩に巻き込まれ、県立大田原高(大田原市)の男子生徒ら7人と引率教諭1人の計8人が死亡した。骨盤骨折などで自力で歩行できない生徒ら7人を含む計40人も負傷で治療を受けている。冬型の気圧配置の影響で現場一帯は前日から雪が降り続いており、古い雪面に積もった新雪が滑り落ちる「表層雪崩」の可能性がある。

【救助され、下山する高校生たち】

 同スキー場は20日に今季の営業を終え、新雪を固める圧雪作業は行われていなかった。雪崩はスキー場の上部に位置する第2ゲレンデ付近の標高約1200メートルの樹林の斜面で発生し、長さ200メートルから100メートル以上にわたって滑り落ちた。

 県教委によると、訓練は県高校体育連盟が25~27日の2泊3日の日程で主催した春山登山研修で、大田原▽矢板中央(矢板市)▽矢板東(同市)▽宇都宮(宇都宮市)▽真岡(真岡市)▽真岡女子(同市)▽那須清峰(那須塩原市)--の1、2年生や引率教諭ら計62人(生徒51人、教員11人)が参加。生徒はいずれも各校の山岳部やワンダーフォーゲル部などに所属している。

 訓練最終日となった27日は悪天候のため、教諭らが予定されていた茶臼岳(1915メートル)登山の中止を決定。急きょ、深雪をかき分けて進む「ラッセル」と呼ばれる雪中歩行の訓練を同スキー場で行うことにし、生徒ら48人が5班に分かれて参加していた。雪崩は訓練開始から約30分後の午前8時半ごろに起きたとみられ、心肺停止で見つかった生徒はラッセルの先頭にいた大田原高に集中しており、雪崩は同校生徒らの「1班」を直撃したらしい。

 消防や自衛隊などの救助活動は深雪に阻まれて難航したが、27日夜までに終了。県警は28日以降、現場の状況を調べる方針だ。

 宇都宮地方気象台などによると、栃木県北部では26日から降雪が続き、27日午前10時に那須高原で34センチの積雪を観測。同スキー場のある県北部に26日午前10時から雪崩注意報を発令していた。【田中友梨、金秀蓮】


 栃木県那須町のスキー場で起きた雪崩で、救助にあたっている山岳救助隊の隊長が、救助の状況について語りました。

 「(別の人が)こっちから行って、どこだどこだと騒いで、探しているうちに『おー』という雪の中から声が聞こえた。『おー』という声が聞こえた。助けてではなく『おー」と聞こえた。場所を知らせる声が聞こえた。ちょっとかいたら人の姿が見えた。新雪だから、軽い雪だったから、聞こえたんだと思います」(那須山岳救助隊 大高登隊長)

 救助にあたった那須山岳救助隊の隊長は、27日午後6時ごろ、報道陣を前にこのように語りました。

 自力で歩くことができる高校生は既に下山していて、今後、病院で診察を受けるということです。(27日18:57)

 27日午前、栃木県那須町のスキー場で雪崩が発生し、登山の講習会に参加していた高校生が巻き込まれました。少なくとも生徒8人が心肺停止の状態で、ほか4人が行方不明になっているということです。現場からの報告です。

 雪崩に巻き込まれた高校生ら32人が下山を始めました。リフトでおりてきています。

 27日午前9時20分ごろ、那須町の那須温泉ファミリースキー場で、「雪崩が発生して生徒が巻き込まれ、連絡が取れない」と引率している男性教諭から警察に通報がありました。

 警察などによりますと、雪崩が発生したのはスキー場の第2ゲレンデで、10人以上の高校生が巻き込まれ、少なくとも8人が心肺停止の状態、8人がけがをしていて、4人の行方がわかっていないということです。消防によりますと、けが人8人は自力で歩行できない状態だということです。

 県の教育委員会によりますと、心肺停止の8人は全員、栃木県大田原高校の生徒で、行方不明の4人も大田原高校の生徒3人と教諭1人だということです。

 警察によりますと、スキー場では県内の高校生が参加する「春山安全登山講習会」が行われていて、高校生52人、教諭11人のあわせて63人が参加していたということです。

 参加者は7つのグループに分かれて歩いていたところ、雪崩に巻き込まれたとみられていて、自衛隊およそ200人、消防73人などで救助にむかっています。(27日13:57)

 春休みシーズンに突入した昨今だが、この時期に公開される映画はスタートダッシュを決めて話題になれば、ゴールデンウィークまで客足を引っ張れるといった思惑もあり、例年注目作が続々と公開される。

 そんな中、近年の観客動員や興行収入の上位ランキングを見てみると、アニメや人気小説、コミックの実写化、特に若い世代向けの恋愛映画の存在が目立つ。

 今年も3月下旬だけでも、女子高生の"初恋のバイブル"と呼ばれているやまもり三香の人気コミックを実写映画化した『ひるなかの流星』や、三次マキ原作の人気コミックを実写化した『PとJK』、4月には『ReLIFE リライフ』の公開も控えている。

 そのほかにも、恋愛一辺倒ではないが、『ハルチカ』、『きょうのキラ君』、『一週間フレンズ』なども最近公開されている。

リスクの低さがウリ!? "製作委員会方式"の影響も

 人気コミックの実写映画化は近年のトレンドとなっているが、中でも若い世代に向けた恋愛ストーリーを題材にした原作を実写化した作品が非常に多い。

 その要因を映画雑誌の編集者は語る。

 「一言でいえば"打率"が良いということに尽きますね。そもそも、人気コミックや小説の実写化は、オリジナルより知名度という点でスタートラインが違う。原作ファンの間で賛否両論はありますが、最近だと『ジョジョの奇妙な冒険』なんかを見ても、実写化というだけであれだけ話題になるわけです」

 さらにこう続ける。

「『ジョジョの奇妙な冒険』や『進撃の巨人』のように世界観が非日常的で、製作に予算がかかりそうな少年コミック系よりは、日常の恋愛などを描いた少女コミックを題材にした方がコストも安く、リスクも低い。日本映画の主流になっている、いわゆる"製作委員会方式"では、ハイリスクハイリターンの作品よりも、しっかりと回収できる題材に食指が動くというわけです」

はじめにお金になるイケメンありき!?

 こうした側面もあり、製作サイドも題材として取り上げやすい少女漫画の実写化。その一方で、中高生など若い世代向けの青春恋愛ストーリーでは、同じ俳優、女優がキャスティングされるケースも多い。

 「少女漫画や、それに類似するコミックの実写映画というのは、基本的にターゲットとしているのは若い女性たちです。つまり、男性キャストは非常に重要で、単にイケメンというだけではなく、お金を払って観に来てくれるファンをどれだけ持っているかが、キャスティングするうえでカギとなる。その意味では、ジャニーズタレントは昔から強いですし、最近だと山崎賢人さん、福士蒼汰さん、LDH所属の『三代目 J Soul Brothers』や『GENERATIONS』のメンバーなどは熱狂的なファンが多く、観客動員の面で期待できます。ファンの中には何度も劇場に足を運び、お金を落としてくれる人もいますからね」(映画プロデューサー)

 確かに、上記の俳優たちは、いわゆる少女コミック系の実写化作品への出演は多い。

 とくに山崎は、2014~2017年の間に、『L・DK』、『ヒロイン失格』、『orange』、『オオカミ少女と黒王子』、『四月は君の嘘』、『一週間フレンズ』と立て続けに少女コミックや、それに類似するコミック(※『四月は君の嘘』は月刊少年マガジン掲載、『一週間フレンズ』は月刊ガンガンJOKER掲載)への出演が続いた。

ヒロインには清潔感と親しみやすさ重視

 またそんな男性キャストの相手役となるヒロインにも特徴があるという。

「ターゲットが女性であるため、色気がある小悪魔タイプよりも、清潔感と親しみやすさが重視されます。代表的なのが土屋太鳳さんでしょう。彼女はデビュー当初こそ、やや癖のある役柄で存在感を発揮していましたが、朝ドラの『まれ』に出演以降、自身が体育会系ということもあり、爽やかで健気というイメージが定着しつつある。少女漫画のヒロインとしては打ってつけなのではないでしょうか」(同映画プロデューサー)

 実際、土屋は15年公開の『orange』、16年公開の『青空エール』、今年3月公開の『PとJK』、今秋公開予定の『兄に愛されすぎて困ってます』と少女漫画が原作の実写映画に引っ張りだこの状況だ。

 邦画のヒットの目安として、興行収入10億円というラインが設けられているが、福士が主演を務めた『好きっていいなよ。』(約11億)、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(約18億)、『ストロボ・エッジ』(約23億)、山崎が出演している『オオカミ少女と黒王子』(約12億)、『ヒロイン失格』(約24億)、『orange』(約32億)、『四月は君の嘘』(約14億)、「三代目 JSB」の岩田剛典が主演を務めた『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』(約22億)と、軒並み大ヒットを記録している。

 似たような俳優による似たようなストーリーという"既視感"が叫ばれる少女漫画を原作にした実写映画だが、これまでの作品の興行収入、そして"理にかなった製作過程"を鑑みると、こうした傾向は今後もしばらく続きそうだ。

(文責/JAPAN芸能カルチャー研究所)

※山崎賢人さんの「崎」はつくりが「立」ですが、システム環境により「崎」で表示されています。

このページのトップヘ