JWSSNニュース(^з^)-☆

こちらはJWSSNニュースです。 情報提供お待ちしています。 我々JWSSNニュースは日本国内で起きたニュースはもちろん、世界で起きたニュースや小さいニュースなど180度様々な視点からお伝えします。 どうぞ、これからもJWSSNニュースを末永くよろしくお願いします。 ちなみに、JWSSNはジャワスンと読みます。 また、当ニュースの編集長は19歳の現役大学生ですのであしからず。

2015年07月

 この夏の大本命と目されている『ジュラシック・ワールド』が、2015年8月5日より日本でも公開となる。

【詳細画像または表】

 6月12日に全米をはじめ世界各国で封切られて大ヒットし、6月12、13、14日のオープニング週末3日間興行成績は全世界合計で5億2410万ドル(約630億円/1ドル120円換算)。これまでオープニング週末3日間で歴代トップだった『ハリー・ポッターと死の秘宝PART2』(2011年)を超え、堂々の1位を記録した。

 その後も勢いは衰えず、公開7週目を迎えた7月21日には世界興行収入が15億2200万ドル(1826億4000万円/1ドル120円換算)を突破し、『アベンジャーズ』に代わり、世界歴代興収3位に躍り出た。また全米興収も7月24、25、26日の週末3日間で6億5867万ドル(790億4040万円)に達し、全米の歴代3位にランクアップした。

 日本でも本シリーズは、1作目の『ジュラシック・パーク』(1993年)が配給収入83億円(推定興収141億円)を記録し、その年のNO.1ヒットとなっており、今夏も大ヒットとなることが確実視されている。

 本作の魅力に迫ってみよう。

●遺伝子工学によって蘇った恐竜が大暴れしてきた過去3作

 本シリーズはこれまでに、マイケル・クライトンの原作小説をもとにスティーヴン・スピルバーグ監督が映画化した1作目『ジュラシック・パーク』(1993年)、スピルバーグが監督を続投した2作目『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』(1997年)、監督が『ジュマンジ』『遠い空の向こうに』のジョー・ジョンストンにバトンタッチされた3作目『ジュラシック・パークIII』(2001年)の3本が製作されてきた。

 1作目は、太古の琥珀に閉じ込められたDNAから遺伝子工学によって恐竜を蘇らせ、孤島にテーマパークを開こうとするが、オープン前にトラブルに見舞われ、檻から恐竜が解き放たれてしまうという内容。その後、2作目、3作目でもテーマパークはオープンすることはなかった。


●安全なはずのテーマパークが一線を越えた研究がもとで大パニックに

 今回の『ジュラシック・ワールド』は、ついにテーマパーク「ジュラシック・ワールド」がオープンし、賑わっているところから始まる。

 子どもたちはおとなしいトリケラトプスの赤ちゃんに乗り、モササウルスが水中からジャンプしホホジロザメにかぶりつくなど、まるでイルカショーをスケールアップしたようなショーが行われている。家族連れが多い観光客たちは、安全な環境のもとそうした恐竜たちを眺め、楽しみ、感激しているのだ。

 一方、パーク内のすべてを監督する立場にある野心家のクレア(ブライス・ダラス・ハワード)のもと、パーク内の恐竜を蘇らせた遺伝子学者のヘンリー・ウー博士(B・D・ウォン)は、倫理上の一線を越え、遺伝子操作された恐竜の研究を続けていた。

 今、成長しているのはどう猛で狡猾な大型恐竜インドミナス・レックス。このインドミナス・レックスが、絶対破られるはずのなかった檻の中から外へと逃げ出してしまったことから、笑顔あふれるはずのパーク内が、大パニックになっていく。

●恐竜がリアルすぎて小さい子どもには刺激強すぎ!?

 本作最大の見どころは、言うまでもなくVFX(特殊視覚効果)技術によってスクリーンに蘇った恐竜たちだ。『ジュラシック・パーク』でも驚いたが、あれから22年という歳月の間に、いかにVFX技術が進歩したかを実感させてくれるだろう。

 1作目と比べてしまう人もいるかもしれない。どっちが面白かったとは確かに言えない。だが、もし過去のシリーズ作を1作も見ていない人(子どもを含め)と足を運んだら、見終わったあとにきっと、初めて見た恐竜たちのリアルさに興奮し、感謝されるに違いない。実際、過去作を見たことがない人の反応は相当良いようだ。

 また、ブライス・ダラス・ハワード扮するクレアの甥っ子2人が、このテーマパークを訪ねてくる設定も興味深い。16歳のザック(ニック・ロビンソン)と11歳のグレイ(タイ・シンプキンス)がクレアのもとを訪れるも、2人の相手をしている時間がないクレアは、部下をお目付役に付け、2人にフリーパスを渡すのだが、付き添いをまいた2人は、自分たちだけで見学。その間に、恐竜が暴れ始めてしまうのだ。

 やがて恐竜に出くわしてしまった2人が繰り広げる冒険物語は、小学校の高学年から高校生くらいまでにとっては、そのまま自分たちの冒険物語にもなり、リアルな目線で楽しめるに違いない。ただし、スクリーンに現れる恐竜は思いのほか怖いので、小さい子どもはトラウマになる可能性もあるのでご注意を!

●すでに続編製作も決定!

 メガホンをとったのは、初の長編映画がサンダンス映画祭で高く評価された新人コリン・トレボロウ。見事、本作を歴史に残る大ヒット作へと仕上げたが、そのトレボロウ監督が映画化に当たって望んだのは、自分が初めて1作目を見たときの感動を観客に伝えること。「『ジュラシック・パーク』の公開日は学校が夏休みに入る前日だったから今でも鮮明に覚えている。映画館で1人、『ジュラシック・パーク』の世界にのめりこんだ時の気持ちが蘇ってくるよ」と話している。

 冒頭にも記した世界的大ヒットを受け、すでに続編製作も決定した本作。この夏日本でも、大ヒットは間違いないだろう。

 水泳の世界選手権は8月2日から競泳が始まる。日本勢は、五輪で実施される個人種目で金メダルを獲得すれば、2016年リオデジャネイロ五輪代表にいち早く内定する。男子背泳ぎ2種目に出場する入江陵介(イトマン東進)や、13年世界選手権男子400メートル個人メドレー金メダルの瀬戸大也(JSS毛呂山)らが金メダルに近い位置にいる。

 入江は大会直前を平地で調整し、万全の状態で現地入りした。平井伯昌ヘッドコーチも「入江は調子がよさそう」と太鼓判を押す。日本のエースながら、いまだ五輪・世界選手権で金メダルがない入江は「金を取って、リオ五輪の内定を取る」と強い決意。英国やオーストラリア勢がライバルになりそうだ。

 瀬戸は個人メドレー2種目に加え、200メートルバタフライにエントリーした。連覇がかかる400メートル個人メドレーに加え、200メートルバタフライでも有力。個人メドレーは混戦とみられ、バタフライはチャド・レクロー(南アフリカ)との一騎打ちになりそうだ。

 女子のエース、渡部香生子(JSS立石)は平泳ぎ2種目と200メートル個人メドレーに出る。本命は200メートル平泳ぎだが、個人メドレーも表彰台が期待できる。また12年ロンドン五輪女子200メートルバタフライ銅メダルの星奈津美(ミズノ)もメダル圏内だ。

 400メートルと800メートルのリレー、400メートルメドレーリレーは、予選12位までがリオ五輪の国・地域別出場枠を得られる。日本は男女全6種目の出場枠獲得を目指す。全体で「金を含む10個以上のメダル獲得」を目標にしている。【芳賀竜也】

 ◇水泳世界選手権競泳決勝の主な日程

(日本時間。決勝は連日午後11時半~翌日午前2時ごろ)

3日 男子100メートル平泳ぎ、女子200メートル個人メドレー

4日 男子100メートル背泳ぎ、女子100メートル平泳ぎ

5日 男子200メートルバタフライ

6日 男子200メートル個人メドレー、女子200メートルバタフライ

7日 男子200メートル背泳ぎ、女子200メートル平泳ぎ、男子200メートル平泳ぎ

9日 男子400メートル個人メドレー、男女400メートルメドレーリレー
続きを読む

 7月からスタートした今期 (7~9月期)の連続テレビドラマが、軒並み絶不調だ。プライム帯で1話から全話2ケタの視聴率(ビデオリサーチ調べ/関東地区。以下同)を維持しているのは、『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系) だけ。初回13.1%と好発進だった『ど根性ガエル』(日本テレビ系)は、3話で半減以下の6.4%に落ち込んだ。

 なぜ、これほどまでに連ドラの視聴率が獲れなくなっているのだろうか。テレビ局関係者が話す。

「何年も同じようなキャスティングで、同じようなドラマを見せられては、飽きがきて当然でしょう。特にフジテレビでその傾向が顕著ですが、連ドラのキャスティングは局上層部が決めて、トップダウンで降りてくるため、製作サイドは口を挟めません。大手芸能事務所との関係を優先させるので、役者ありきのドラマになってしまう。本来は物語あってこその配役ですが、順番が逆になってしまっている。この体質は変わりそうにありません。ここ最近は特に、視聴者の"連ドラ離れ"の深刻さを身にしみて感じています」

 今期はフジの"月9"『恋仲』が、初めて1話目で1ケタを記録するという大惨敗に。2話も9.9%に終わった。亀山千広社長肝いりの原作なしのオリジナルラブストーリーで、"月9"復活を期待されたが、思わぬ苦戦を強いられている。

「ずっと原作に頼ってきたツケが今になって現れている。はなからオリジナルをつくる意志のない製作者もいましたからね。今期、フジのプライム帯連ドラは4作中3作がオリジナルですが、その3作すべてが7月時点では視聴率1ケタに終わっている。かつてドラマ製作のトップを走ってきたフジの凋落がわかりやすいかたちで数字に出ています。"連ドラのフジ"終焉が決定的となりました」(同)

 こうした現状を受け、出版関係者からはこんな声も聞こえてくる。

「これまでは、『連ドラになれば、宣伝になって書籍も売れる』という理由で、出版社はテレビ局に無料で原作の利用を認めるケースも多かった。しかし、そんな時代ももう終わるのではないでしょうか。これからはしっかりと利用料を取るべきだという声が、業界内でも広がっています」 

 連ドラで使われて視聴率不振となれば、原作自体の価値が下がってしまう。

「前期の『戦う! 書店ガール』(フジ系)は視聴率3%台まで落ち込み、原作書籍の売り上げがまったく伸びなかった。つまらないというイメージだけが残ってしまい、今後の続編の売れ行きにも影響が出かねません。そのため業界内では、できるだけ連ドラに原作を使われないよう拒否する姿勢を強める出版社も出始めています」(同)

 それでもテレビ局側には、いまだに特権意識の強いスタッフも多いという。

「『宣伝してやっている』という意識を持つ者が少なくないですね。他人のふんどしを借りないと相撲を取れないのに、タダで借りて汚して返す。そして何度も同じことを繰り返し、世間からバッシングされても他人事だと思っている局員が大半ですね。この体質から目を覚まさせるためにも、出版社は原作使用料を徴収すべきです」(同)

 連ドラ不振が、思いがけない余波を生んでいるようだ。
(文=編集部)

ドラマ「表参道高校合唱部!」(毎週金曜10:00-10:54TBS系)の出演者にリレー形式でインタビューをするSmartザテレビジョンオリジナル連載企画。

【写真を見る】"いじめっ子"の優里亞(吉本実憂)だが、実は複雑な問題を抱えている…

第3回の後編では、転校生の真琴(芳根京子)のことが気に入らない、クラスの支配者・谷優里亞を演じる吉本実憂に7月31日(金)放送の第3話の見どころなどを語ってもらった。

――今後の展開として、快人(志尊淳)と優里亞と真琴の関係性も気になりますね。

快人が真琴に興味を持っていることが真琴をいじめる原因の一つだと思うんです。第1話で優里亞は、快人に思いを断られてしまうシーンがあるけど、真琴と快人はこれからどうなっていくのかっていう雰囲気ですよね。

まだその関係がどうなるのか描かれていないので、私も演じる側として楽しみにしています!

――優里亞を取り巻く生徒の環境も変化するのでしょうか?

里奈(森川葵)だけでなく幼なじみの快人もどんどん真琴に引き寄せられていくので、きっと優里亞の立場的には腹が立ちますよね。第2話で「私のことをみんな完璧だと思っているんだよ」って快人に話すシーンがあるのですが、本当にその言葉の通りなんです。彼女は、自分自身で「優里亞様」を作り上げていますからね。

(ドラマの中の優里亞は)「私はこんなに頑張っているのに、何でさらけだしている真琴に負けなきゃいけないの?」っていう感情を顔に出し過ぎると周りにもばれてしまうし、その感情が周りに気付かれることで"優里亞像"が崩れるのも嫌なんです。

でも私は、お芝居として見てくださっている視聴者の方には、「優里亞の気持ちを伝えたい」っていう思いもあるので表現が難しいですね。

――このドラマで挑戦したいことを教えてください。

視聴者の方が自分の演技を、たとえワンシーンでも「つまらない」って思われないような演技がしたいです。特に「表参道高校合唱部!」を見てくださる方がもし悩みを抱えていたら、少しでもその悩みが和らげられる作品にしたいなって思っています。毎週楽しいって思っていただける作品に仕上げていきたいです!

――次に合唱部部長・廉太郎を演じる泉澤祐希さんが登場します。この連載がリレー形式のインタビューなので泉澤さんにメッセージをお願いします。

まだ、お芝居の中では会話をするシーンがなくて、泉澤部長とはお話しできていないんですよ。優里亞は、基本的に合唱部や真琴を攻撃する役柄なので、泉澤君は合唱部の部長・廉太郎として、きっと(優里亞のことを)許せない気持ちがあるんですよね。この前休憩中に、私が使う紙コップに"優里亞"って書いたんです。そしたら泉澤君が"優里亞"の文字の上に"女王"って書くんですよ(笑)。

あと、私が「早く合唱部に入りたいなぁ」て話し掛けると「いやいや、入部させないよ!」って断られるので、次は快く笑顔で合唱部に受け入れてくれたらうれしいなって思っています!

――最後に、第3話の見どころをお願いします。

第3話はクラスメートの桜庭大輔(堀井新太)が所属する、野球部の人たちがたくさん出てきます。大輔も野球部内で悩みを抱えているっていう役どころなんですけど、すごく熱いストーリーが展開されます。

多分、"熱い"っていうイメージだと、第3話がこのドラマの中で一番ですね! 野球部の試合中、合唱部が歌で応援するシーンが出てくるので、この季節にぴったりなお話だと思います。

優里亞としては、家庭環境での悩みを抱えていたりと、私自身も演じていて心苦しくなることがありますね。そんな優里亞の状況に誰が気付いてあげられるのかということも今後の見どころだと思っています。

これまでは真琴が転校してきたことで、優里亞にとっては悪い方に進んでしまったと思うのですが、誰かに助けられて良い方向に進んでくれたら良いなって思っています。これからはどういう変化が起きるかにも注目していただけたらなと思います!

第4回(8月7日(金)配信)では、合唱部部長・相葉廉太郎役の泉澤祐希を直撃!
続きを読む

ドラマ「表参道高校合唱部!」(毎週金曜10:00-10:54TBS系)の出演者にリレー形式でインタビューをするSmartザテレビジョンオリジナル連載企画。

【写真を見る】優里亞(吉本実憂)は学業と芸能活動を両立している

第3回の前編では、転校生の真琴(芳根京子)のことが気に入らず、取り巻きの生徒と邪魔ばかりするクラスの支配者・谷優里亞を演じる吉本実憂を直撃!「見ている方が思う悪女を超えていきたい!」と宣言する吉本に、役どころなどを語ってもらった。

――演じる優里亞の役どころについて教えてください。

優里亞は、"スクールカースト制"の中で1軍の位置にいる女の子で、芸能活動もしています。(自分で)「谷優里亞」を完璧に作り上げていて、完成された優里亞にクラスメートは寄ってくるんです。

でも、真琴は何にも自分を作り上げていなくて、全てをさらけだしているのに周りが集まってくることをすごくうらやましいと思っています。そのうらやましさからイライラしてしまい、(真琴を)いじめてしまうんですよね(笑)。本当に悪い女の子です。

――優里亞には、学園ドラマに必ずいる「悪女」のイメージがあります。

私もこれまで見てきた学園ドラマを思い返してみて、(優里亞のようなキャラクターは)必ずいるなって思っていました。きっと視聴者の方もそう感じると思います。

第1話から、里奈(森川葵)をビンタしてしまうし(笑)。悪いことばかりしているので、いっそのこと視聴者の方が思う「悪い役」を超えたいです!

――実際に"いじめっ子"の優里亞を演じてみていかがでしょうか?

優里亞を演じることは、自分との戦いだなと思います。最初は気付かなかったのですが、優里亞はすごく意地悪だけど、悩みも抱えているんです。優里亞を演じてみて、誰にだって悩みがあるんだなと、気付かされましたね。

――優里亞を演じるに当たって心掛けていることはありますか?

優里亞は、目と口が違う表情をしているという部分を伝えたいと思っています。例えば、口では笑っているけど、目は笑っていない部分や逆に目では笑っているけど、口は笑っていないというふうに演じてみたいとスタッフさんに相談をしました。

――撮影が始まって1カ月ほどたちましたが、現場の雰囲気はいかがでしょうか?

これまで同世代の方と一緒にお芝居する機会がなかったんです。もちろん学園ドラマに出演するのも初めてで。

今までベテランの方が多い中、先輩方のお芝居を身近で見て学ばせていただいていました。

同世代の方が多いと、休憩中に「次のシーンではこうしてみたいなぁ」といったお芝居の話やくだらない話も出るし、今までとは違った経験ができていますね。

――撮影現場で印象に残るエピソードがあれば教えてください。

優里亞は1軍に所属していて、さらに意地悪な性格だからか、みんなから「優里亞様」って呼ばれているんです! 言われ始めたころは、「本当にすみません!」って謝ることが多かったのですけど、最近では「優里亞様どうぞ~」って言われると「ありがとうございます」っていうふうに受け入れるようにしていますね。そこまで悪い気はしていないので(笑)。

あと合唱練習では、音程を気にし過ぎてしまうことがあるんです。みんなで音程を合わせることをメーンに練習をしている時に、その様子を見ていた城田(優)さんが「音程も大事だけど、歌詞の意味を考えている?」ってアドバイスをしてくれました。

そのころ、制作発表会で披露した「翼をください」の練習をしていて、歌詞の中にある「翼がほしい」っていうフレーズに対して、城田さんが(私たちに)「何が欲しい?」って言い続けてくれたんです。そのおかげで、本番の時はそのフレーズが頭に残っていて、「私は翼が欲しいんだ!」っていう気持ちを乗せて歌うことができて助かりました。本当に先生のようです!

――制作発表で披露した合唱から皆さんのチームワークの良さを感じました。

リハーサルの時は、私たちの目の前にスタッフさんがたくさんいらっしゃって、それだけでも緊張していましたが、本番になるともっと多くの方が見に来てくださって…。すごく緊張はしたんですけど、気持ちが良かったですね。

【オモ高訪問】吉本実憂「悩みが和らぐ作品にしたい」に続く
続きを読む

このページのトップヘ