JWSSNニュース(^з^)-☆

こちらはJWSSNニュースです。 情報提供お待ちしています。 我々JWSSNニュースは日本国内で起きたニュースはもちろん、世界で起きたニュースや小さいニュースなど180度様々な視点からお伝えします。 どうぞ、これからもJWSSNニュースを末永くよろしくお願いします。 ちなみに、JWSSNはジャワスンと読みます。 また、当ニュースの編集長は19歳の現役大学生ですのであしからず。

2015年05月

 競泳のジャパンオープンが東京辰巳国際水泳場で24日まで開催された。大会直前に行われたオーストラリア遠征の影響もあり、代表選手たちは本調子ではなかったが、3冠の瀬戸大也、2冠の渡部香生子ら早大勢の活躍が目立った。

 中でも今大会ひときわ目立つ存在だったのが、世界選手権(7月開幕、ロシア・カザン)でも自由形のリレー代表に入っている早大4年の中村克=かつみ(21)だ。

 2日目に行われた男子100メートル自由形決勝では48秒41の日本新記録で優勝を飾り、会場をどよめかせた。4月の日本選手権の同種目でも初優勝しており、好調をキープして自由形のエースに躍り出た。

 日本代表の平井伯昌ヘッドコーチは「中村克の日本新は価値のある記録」と絶賛。日本水泳連盟の鈴木大地会長も「一番うれしかったのは中村選手の日本新記録。まだまだ潜在能力が楽しみ」と期待を寄せた。

 身長183センチの筋肉質な体と端正な顔立ちが目を引くイケメンだが、趣味は「アロマやいい匂いの物を集めること」という"乙女"な一面も。日本新を出したことで「アロマ王子」とも称され、一気に注目される存在となった。「匂いフェチですね。特にダウニー(柔軟剤)が好きです」

 中村と大学の寮で同部屋という渡辺一平(1年)は、「(中村は)優しいし、面白い先輩です。部屋はいろんな匂いがしていますね」と明かす。自身も今大会、男子200メートル平泳ぎで2分9秒75の世界ジュニア新記録を出しただけに、「自分も頑張って『-王子』と呼ばれるようになりたい」と、3学年上の先輩に刺激を受けた。

 中村の実家は東京都足立区にある居酒屋で、競泳選手もたまに食事をしに来店するという。「自分も遠征前は食べに行きます。特に鍋や串焼きが好きですね」と"勝負メシ"を明かした。

 世界選手権での目標は「まずは決勝に進出」。そして来年のリオデジャネイロ五輪では、念願のメダルの匂いを嗅げるように-。アロマ王子は進化し続ける。(デイリースポーツ・藤川資野)


続きを読む

《しっかり者の僕より(笑)さらにしっかりしていて、これからの内田を支えてくれると信じてます》

 5月25日、サッカー日本代表で、ドイツ・ブンデスリーガで活躍する内田篤人選手(27才)は、所属事務所を通じてそう結婚を発表した。

 女性誌ではウッチーが表紙を飾ると売り上げが急増するといわれ、昨年のカレンダーは25万部超を売り上げ大きなニュースとなった。それだけに、インターネット上には女性たちの悲鳴が多数寄せられている。

「お相手は、地方のテレビ局に勤めていたAさんで、元シンクロ選手の青木愛さんや、少し大人っぽくした有村架純さんに似たきれいなかたですよ。小学校時代からの同級生で、以前、内田選手が出演したトーク番組に幼なじみとして登場したこともあります。ふたりは今から2年前に交際を始めたそうです」(サッカー関係者)

 同級生と結婚に発展するケースは多い。同じスポーツ界ではプロ野球の中田翔選手(26才)や元フィギュアの織田信成(28才)。芸能界でも藤井フミヤ(52才)や徳重聡(36才)…などが。

「結婚に向け、Aさんはテレビ局を退社しました。新シーズンが開幕する8月から、ドイツでふたりの生活をスタートさせるそうです」(前出・サッカー関係者)

※女性セブン2015年6月11日号

 飼っていた猫を水死させたとして、北海道警室蘭署は27日夜、動物愛護法違反の疑いで室蘭市水元町、無職岡田秀代容疑者(72)を逮捕した。容疑を認め、「たくさん子を産むので(金銭的に)養う能力がない」と供述しているという。

 逮捕容疑は4月末、自宅の庭で水を張ったバケツに猫を入れ、重しを載せてふたをし、水死させた疑い。


 岡田容疑者は猫を3匹飼っているが、「10年間で100匹くらい殺した」と話しているという。近所の住民などから情報提供があり、同署が自宅近くの空き地を掘って調べたところ、4匹の死骸が見つかった。 



 猫を虐待して殺したとして、北海道警室蘭署は27日、北海道室蘭市水元町、無職の女(72)を動物愛護法違反容疑で逮捕した。

 発表によると、容疑者は4月27日頃、自宅敷地内で、水を張ったバケツに猫を入れ、上からフタをして水死させた疑い。容疑者は自宅で猫数匹を飼っており、「生まれた猫の処分に困って殺した」などと話しているという。

 同署は4月、容疑者が自宅で猫を虐待死させているとの住民などからの通報を受け、自宅敷地内を調べたところ、猫の死骸4匹を発見。このうち、1匹を北海道大で解剖したところ、死因が水死と判明した。

 容疑者は調べに対し、「この10年で100匹ほどを処分した」などと話しているという。




 飼い猫を水死させたとして、北海道警室蘭署は27日、室蘭市水元町、無職、岡田秀代容疑者(72)を動物愛護法違反の疑いで逮捕した。同署によると、岡田容疑者は自宅で猫3匹を飼っており、「子をたくさん産み、処分に困った」「10年以上前から100匹以上を殺した」などと供述しているという。

 容疑は4月27日ごろ、自宅敷地内で、子猫1匹を水の入ったバケツに沈め、重しとなる石を載せて出られないようにしたまま2日ほど放置し、水死させたとしている。

 同署によると、岡田容疑者の自宅近くの空き地に猫の死骸が埋められているとの情報が市を通じて寄せられ、掘り起こしたところ、計4匹の猫の死骸が見つかったという。

 同署は、殺した猫を空き地に捨てた疑いがあるとみて、廃棄物処理法違反(不法投棄)容疑でも調べている。【横尾誠治】



 【室蘭】室蘭署は27日、動物愛護法違反(虐待)の疑いで北海道室蘭市内の無職の女(72)を逮捕した。

 逮捕容疑は、飼い猫1匹を4月下旬、自宅の庭で水を張ったバケツに沈め、ふたをして重しを置いて放置し、溺死させた疑い。猫の死骸を埋めているとの情報提供を市から受け、署員が掘り返して4匹分の死骸を見つけた。解剖で1匹の死因が分かり、虐待を裏付けられたため逮捕した。

 同署によると、女は猫を3匹飼っており、「妊娠して子猫が増えるため飼育に困り、10年間で100匹ほど殺して埋めた」と供述しているという。同署はさらに埋められた死骸がないか、調べを進める。

 小型犬のトイプードルを蹴ったり踏みつけたりしたとして、神奈川県警は27日、動物愛護法違反容疑で、横浜市の高校2年の男子生徒(16)と無職の少年(17)、東京都の男性会社員(21)の3人を書類送検した。

 書類送検容疑は、共謀して今年2月6日、男性会社員の自宅で飼い犬のトイプードルの顔を蹴ったり、顔を踏みつけたりした疑い。3人とも容疑を認めており、生徒と少年は「(会社員が)困る様子を見たかった」などと話している。犬にけがはなかった。

 県警生活経済課によると、会社員は昨秋ごろ知人の紹介で入った無料通信アプリ「LINE」のグループで、女性のふりをして参加していた男子生徒と少年と知り合った。その後、メッセージを交換している中で会社員は相手を女性と思い込み、気に入られようと何でも言うことを聞くようになり、「上下関係」ができたという。

 その中で、男子生徒と少年が、会社員をいじって遊んでみようと「飼い犬を虐待している映像が見たい。撮影して、送ってほしい」と持ちかけた。2人は、お礼としてわいせつな画像を送る約束などをしたという。会社員はそれを真に受け、飼い犬を虐待。送った映像は、生徒が投稿サイトで公開した。

 さらに、生徒と少年は、友人2人とともに動物愛護団体をかたって犬虐待の罰金名目でこの会社員から4万円をだまし取ろうと画策。詐欺未遂容疑でも書類送検された。実際には、ネット上で動画に批判が相次いで騒動となったため、発覚をおそれた生徒らが会社員との連絡を絶ったことから未遂で終わった。

 動画を見た人から「早く捜査しろ」「犬は元気か」などの問い合わせが寄せられ、県警が捜査。会社員が特定され、その送信記録などから生徒らの存在が浮上した。会社員は、最後まで2人が女性だと信じていたという。


 小型犬のトイプードルを虐待したとして、県警生活経済課と横浜水上署は27日、動物愛護法違反の疑いで、横浜市の高校2年の男子生徒(16)と無職の少年(17)、東京都の男性会社員(21)を書類送検した。男子生徒と少年は女性を装い、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で会社員に「飼い犬を虐待している動画が見たい」と持ち掛け、送られてきた映像を動画共有サイトに投稿していた。

 書類送検容疑は、共謀し、2月6日、会社員が自宅で飼っているトイプードルの顔などを蹴ったり、腹部付近を踏みつけたりした、としている。犬にけがはなかった。当時、男子生徒と少年は同じ私立高校に通う同級生だった。

 また、県警は27日、この男子生徒と少年のほか、いずれも16歳で高校2年の男子生徒2人の計4人を、この会社員から現金をだまし取ろうとしたとして、詐欺未遂の疑いで書類送検した。

 書類送検容疑は、2月10~11日までの間、架空の動物愛護団体の職員を装って会社員に「動画を見た。犬を保護されたくなかったら罰金4万円を支払え」などと電話し、現金をだまし取ろうとした、としている。動画がインターネット上で騒ぎになったため断念したという。



 小型犬のトイプードルを虐待したとして、神奈川県警生活経済課は27日、動物愛護管理法違反の疑いで、東京都内の会社員の男(21)と横浜市内の16~17歳の少年2人の計3人を書類送検した。犬に外傷はなかったという。虐待の様子を撮影した動画は動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿され、インターネット上で話題になっていた。

 送検容疑は、3人で共謀の上、今年2月6日、男が飼っていた雌のトイプードルの顔などを蹴ったり、腹部付近を踏みつけたりしたとしている。3人とも容疑を認めている。

 同課によると、3人は昨年秋に無料通信アプリ「LINE(ライン)」で知り合った。ライン上で女性を装った私立高校2年の少年(16)が男に「犬の虐待動画を見たい」と要求。男は虐待動画を撮影した上で送信し、高校2年の少年を通じて動画を受け取った無職少年(17)がユーチューブに投稿して発覚した。

 また、同課は27日、この動画をもとに架空の動物愛護団体を名乗り、罰金名目で男から現金4万円をだまし取ろうとしたとして、詐欺未遂容疑で、この少年2人と、同じ神奈川県内の私立高校2年の少年2人=いずれも(16)=の計4少年を書類送検した。いずれも容疑を認めている。


 無料通信アプリ「LINE」で知り合った東京都内の会社員の男(21)にペットのトイプードルを虐待させた後、動物愛護団体を名乗って罰金名目で金をだまし取ろうとしたとして、県警は27日、いずれも16歳の県内の男子高校2年生3人と元同級生の無職少年(17)を詐欺未遂の疑いで書類送検した。またこのうち少年2人と会社員の男を動物愛護法違反の疑いで書類送検した。

 生活経済課と横浜水上署によると、17歳の少年ら2人は2月6日、女性を装って、「犬を虐待しているところが見たい。動画を送って」と会社員にメッセージで要求。会社員は飼い犬の顔を蹴ったり、腹を踏みつけたりした約5分間の動画を撮影し、少年2人に送った疑いがある。

 少年2人は動画共有サイトに映像を投稿。別の少年2人が2月10日から翌日にかけ、「動画を見た。犬を保護する。保護されたくなかったら罰金4万円を支払え」などと会社員に何度も電話をかけ、金をだまし取ろうとした疑いがある。

 LINEでのやり取りは昨秋からで、会社員は「要求を断って嫌われたくなかった。男とは知らなかった」、少年4人は「頼めば何でもやってくれたから」と話しているという。


 ペットのトイプードルを虐待したとして、神奈川県警生活経済課と横浜水上署は27日、動物愛護法違反の疑いで、東京都内の男性会社員(21)と横浜市の16、17歳の少年2人を書類送検した。また、この2人と他の16歳の少年2人の計4人を、会社員から現金をだまし取ろうとした詐欺未遂容疑で書類送検した。5人はいずれも容疑を認めているという。

 会社員と少年2人の送検容疑は2月6日、会社員が自宅で飼っているトイプードルを蹴ったり踏み付けたりして虐待した疑い。

 少年2人は女性を装い、無料通信アプリ「LINE」で会社員に対し「犬を虐待している動画が見たい」と要求。会社員は「嫌われたくないからやった」と供述しているという。会社員と少年らに面識はなかった。

 少年の1人は動画共有サイトに虐待動画を投稿。さらに少年4人で2月10~11日、動物愛護団体の職員を名乗って会社員に複数回電話し、「動画を見た。犬を保護されたくなかったら罰金4万円を払え」と現金をだまし取ろうとしたという。

 動画がインターネット上で騒ぎとなり、4人は詐欺を断念したという。 



この事件は、動画共有サイトに投稿されたことで動物愛好家などが犯人探しを開始し大きな騒動となった。また、大きな騒動となったことでフジテレビ系「とくダネ!」が報道しさらに大きな騒動となっていた。

トイプードルの「メルちゃん」の虐待動画を記者も実際に見たが、あまりにも酷すぎてかわいそうだった。

書類送検などという甘い対処ではなく懲役刑など厳罰化してほしいと切に願う。

 公開中の映画『名探偵コナン 業火の向日葵(ひまわり)』(原作:青山剛昌)が、4月18日の封切りから37日目の今月24日までに、331万9050人を動員、興行収入は41億4838万9300円となり、シリーズ史上最高興収記録を更新していたことが26日、わかった。

【動画】『名探偵コナン 業火の向日葵』予告編

 一昨年に公開された『絶海の探偵』が最終興収36.3億円で当時最高記録を更新し、昨年公開の『異次元の狙撃手』で41.1億円に伸ばし、今作では早くも前作超え。シリーズアニメ作品としては異例の3年連続史上最高記録を更新し、その人気は加速している。

 1997年に劇場版第1作が公開されて以来、毎年ゴールデンウィーク映画として親しまれている劇場版『名探偵コナン』シリーズ。シリーズ19作目となる今作は、ゴッホの名画「ひまわり」を巡り、コナンと仲間たち、そして「ひまわり」を護るために召集された7人のスペシャリストたちが、不可解な行動をとる怪盗キッドと激しい攻防を繰り広げる。

 来年は記念すべきシリーズ20作目。『業火の向日葵』本編の最後に、"黒ずくめの組織"の登場を匂わせる予告映像も流れ、多くのファンが期待に胸を膨らませている。劇場版『名探偵コナン』の快進撃はまだまだ続きそうだ。

■公式サイト
http://www.conan-movie.jp/story.html



 劇場版『コナン』シリーズ18作目の映画『名探偵コナン 業火の向日葵(ごうかのひまわり)』(4月18日公開)の累計興行収入が、5月24日までの37日間で41億4,838万9,300円を記録し、シリーズ最高興収記録を更新したことがわかった。(数字は配給調べ)

キッド様大活躍!映画『名探偵コナン 業火の向日葵(ごうかのひまわり)』フォトギャラリー

 同シリーズは『名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)』(2013年公開・累計興収36億3,000万円)、『名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)』(2014年公開・累計興収41億1,000万円)でもシリーズ最高記録を打ち立てており、シリーズアニメ映画としては異例の3年連続のシリーズ最高記録更新となった。

 『名探偵コナン 業火の向日葵(ごうかのひまわり)』は名画「ひまわり」をめぐり、コナンたちと怪盗キッドが激しい攻防を繰り広げるアートミステリー。榮倉奈々がゲスト声優を務め、ポルノグラフィティが同作のために主題歌を書き下ろした。また本編終了後に流れる映像で、来年公開の記念すべき20作目にコナンの宿敵である"黒ずくめの組織"が登場することをにおわせていることも、ファンの間で話題となっている。(編集部・井本早紀)

映画『名探偵コナン 業火の向日葵(ごうかのひまわり)』は全国公開中



 4月18日に公開された人気アニメ「名探偵コナン」の劇場版アニメ最新作「名探偵コナン 業火の向日葵」(静野孔文監督)が、公開37日間(4月18日~5月24日)でシリーズで過去最高の興行収入を記録したことが26日、明らかになった。

【写真特集】劇場版アニメ「名探偵コナン 業火の向日葵」の場面カット

 同最新作の興行収入は、2013年当時、最高記録だった「名探偵コナン 絶海の探偵」(約36億3000万円)、14年の「名探偵コナン 異次元の狙撃手」(約41億1000万円)を抜き、約41億4800万円で動員数約331万9000人となり、3年連続で最高記録を更新。

 物語は、ゴッホの名画「ひまわり」をめぐる謎にコナンが挑むシリーズ初の"アートミステリー"で、コナンと怪盗キッドが激しい攻防を繰り広げる。ゲスト声優として絵画鑑定士・宮台なつみ役で女優の榮倉奈々さんが出演。主題歌は、2人組ロックバンド「ポルノグラフィティ」が担当している

続きを読む

このページのトップヘ