JWSSNニュース(^з^)-☆

こちらはJWSSNニュースです。 情報提供お待ちしています。 我々JWSSNニュースは日本国内で起きたニュースはもちろん、世界で起きたニュースや小さいニュースなど180度様々な視点からお伝えします。 どうぞ、これからもJWSSNニュースを末永くよろしくお願いします。 ちなみに、JWSSNはジャワスンと読みます。 また、当ニュースの編集長は19歳の現役大学生ですのであしからず。

2015年02月

 川崎市川崎区の多摩川河川敷で同区の中学1年、上村(うえむら)遼太さん(13)が遺体で見つかった事件で、殺人容疑で逮捕された少年3人のうち、17歳の少年の1人が「18歳の少年が上村さんを刺した」と供述していることが28日、捜査関係者への取材で分かった。18歳の少年は「今は話さない」と供述している。神奈川県警川崎署捜査本部は3人の供述を突き合わせ、慎重に裏付けを進めている。

 捜査関係者によると、3人は否認している。無職の17歳の少年は「現場で上村さんが血を流して倒れているのを見た」と説明している。職業不詳の17歳の少年は「現場近くにいたが、現場に向かったのは(逮捕された)18歳と17歳の少年、上村さんの3人で、何があったか俺は知らない」と供述しているという。

 一方、18歳の少年が事件前、酒に酔って「人を殺したい」などと周囲に話していたことが、上村さんや少年らを知る友人女性の証言で分かった。

 別の友人男性による証言では、上村さんが1月、18歳の少年から「生意気だ」と因縁を付けられ、正座で激しい暴行を受けていたことも判明。上村さんはこれを機に、18歳の少年がリーダー格のグループから「抜けたい」と漏らすようになり、別の先輩らに相談、18歳の少年が上村さんを恨み始めたという。捜査本部は少年が怒りを募らせていた可能性があるとみている。

 捜査本部は28日、3人を送検し、それぞれの自宅を家宅捜索した。スマートフォンなどを押収しており、今後は無料通信アプリ「LINE(ライン)」でのやり取りなどを詳しく分析する方針。


 商店街に沿うように古くからの住宅が立ち並び、それを取り囲むように新しいマンションも広がる。殺害された川崎市の市立中学1年の上村(うえむら)遼太さん(13)はそんな街にある築30年ほどの中規模マンションに、母親やきょうだいたちと暮らしていた。一昨年の夏、島根県の離島・西ノ島から川崎市内に引っ越してきた。

 マンションの完成当時から住む女性(71)は一家について「住んでいたことも知らなかった」。昔は、引っ越して来たら全ての世帯にあいさつして回ったが、そんな習慣もなくなった。

 それまで暮らしていた島の人口は約3千人。島民は上村さんについて、「人気者でムードメーカーだった」「いつも笑顔で元気だった」と口をそろえる。

 当時を知る人たちによると、上村さんの両親は数年前に離婚。母親が子ども5人を引き取り、島内で働きながら生活を支えていた。近所に住んでいた女性は、きょうだいの面倒をみていた次男の上村さんが、おむつ姿で外に出てしまった弟に「危ないけん、おうちに入ろう」と声をかけ、優しく手を引いていたのを覚えているという。

 小学6年の1学期が終わると、一家は島を出て、母親の実家がある人口約146万人の川崎市で暮らし始めた。近所の人らによると、上村さんの母親は医療・福祉関係の仕事をしていて、上村さんの妹の通う小学校の授業参観やPTA活動では見かけたことがないという。

 昨年の春に中学校に入った上村さんは、部活動のバスケットボールに打ち込んでいたが、秋以降は別の中学や高校の生徒らとつきあい始め、今年1月からは学校に行かなくなった。

 上村さんと小学校で同級だった女子生徒(13)は1月、近所の公園で家族といたとき、上村さんと偶然出会った。年上とみられる4、5人と一緒だった。「僕と知り合いじゃないふりをして」。上村さんは仲間の目を盗んでこう告げ、輪に戻った。生徒は母親から「川崎で有名なヤンキーだよ」と聞かされたという。

 数日後、近所のコンビニで再び上村さんに会った。「あんな人たちとつるむのやめなよ」「抜けられない。(僕と)知り合いだと分かると目をつけられるよ。お前、いじめられやすいから」。正義感が強かった小学生時代の上村さんを思い出し、生徒は背中を見送ったという。


 川崎市川崎区の玉川河川敷で中学1年の上村(うえむら)遼太君(13)の遺体が見つかった事件は、発生から1週間が経ち、未成年の少年3人が逮捕された。

 集団でよってたかって暴行し、複数の刃物で首を切りつける──イスラム教スンニ派過激組織「ISIL」が公開した処刑映像をも想起させる残忍な手口に社会は大きな衝撃を受けた。

 ショッキングな事件の全容を伝えようと、事件が起きた東京湾岸の街には連日、マスコミが大挙して押し寄せている。

「上村君に手をかけた疑いが持たれている犯行グループは、地元の高校生や中学生の集まり。犯罪の残忍さに加えて少年犯罪の可能性が濃厚なだけに、世間の関心が集まっている」(取材に訪れた全国紙社会部記者)

地元では有名な自殺スポット

 フライデー3月13日号(講談社)も、「緊急特集」と銘打ち、事件を詳報した。

 同誌によれば、神奈川県警が事件との関連が疑われる集団について注視しているのは「8人の不良グループ」。そのリーダー格とされる高校生は、

「オヤジを鉄パイプでボコボコにしてやった」

 などと周囲に吹聴するワルだったという。

 凶暴な不良少年たちによる暴走。マスコミの報道からは、そんな構図が浮かび上がってくるが、古くから住む地元住民は事件について意外な反応を示した。

「正直、それほどの驚きはないですよ。少年同士のトラブルから起きたリンチ殺人。ここら辺りでは、そんな血生臭い事件も珍しい話じゃない」

 関東有数の工業地帯として知られる川崎。

 近年は、都内のオフィス街へと通うビジネスマンのベッドタウンとしての機能も持つようになって久しい。だが、現場周辺を歩くと、普段は見ることのない街の裏の〝顔〟が次々と露わになってきた。

「上村君の遺体が見つかった多摩川河川敷は、今でこそ開発が進んで大きな高層マンションが立ち並ぶようになっていますが、かつては簡素なバラック小屋やホームレスの住処に占拠されていた。上村君の衣服が燃やされたトイレがある公園周辺には、在日外国人の集落やヤクザの事務所も点在していた。お世辞にも治安がいいとは呼べないような環境だ」(先の住民)

 上村君が事件との関連が取り沙汰されている不良グループと接点を持つキッカケを作った公園も、不穏な空気に包まれていた。

 公園で犬の散歩中だった男性は、

「ここらへんの悪い連中のたまり場になっていた。それに地元では自殺スポットとしても知られていた。僕自身も、早朝に公園を歩いていたら、金網にロープをかけて首を吊っている遺体を発見したことがある」

 と明かした。

 現場からほど近い京急八丁畷駅付近には、「日進町」という簡易宿泊所が建ち並ぶ「ドヤ街」もある。狭い区画の中で、素性のはっきりしない者たちが集い、肩寄せ合ってか細い営みを続けているのだ。

 オウム事件の「最後の指名手配犯」だった高橋克也が17年にわたって潜伏生活を続けたのも、この川崎だった。

 未来ある少年の命が奪われた今回の事件も、街の裏面史に深く刻み込まれることだろう。

(取材・文/浅間三蔵)



神奈川・川崎市の多摩川河川敷で、中学1年の男子生徒が殺害された事件で、逮捕された主犯格の18歳の少年が、上村遼太さん(13)と事件前日の夜に会った際、上村さんのスマートフォンを取り上げていたことが、17歳の少年の供述から明らかになった。


殺人の疑いで逮捕された主犯格の18歳の少年ら3人は、20日未明、川崎市の多摩川河川敷で、上村遼太さんを殺害した疑いが持たれていて、28日に送検された。


事件以降、上村さんが使っていたスマホは、現場付近や自宅などから発見されていないが、その後の捜査関係者への取材で、18歳の少年が、事件前日の夜に上村さんと会った際、上村さんのスマホを取り上げていたと、17歳の少年が話していることが新たにわかった。


主犯格の少年が、上村さんが亡くなっていることを隠す意図で操作した可能性もあり、警察は今後、慎重に話を聴く方針。


また、17歳の少年は、警察の調べに対し、「18歳の少年が刃物で首を切ったのを見た」と話していて、遺体が見つかった翌日、無料通話アプリ「LINE」に、「俺のせいだよ!!」、「本当にごめんな(泣)」などと書き込んでいたことがわかった。



神奈川・川崎市の多摩川河川敷で、中学1年生の上村遼太さん(13)が殺害され、少年3人が逮捕された事件で、主犯格の少年を含む、少年3人は、依然として容疑を否認している。


事件以降、現場付近や、上村さんの自宅などから発見されていない上村さんのスマートフォンについて、その後の捜査関係者への取材で、主犯格の18歳の少年が、事件前日の夜に上村さんと会った際、上村さんのスマホを取り上げていたことが新たにわかった。


上村さんのスマホから、小学校時代の同級生に対し、上村さんが死亡した時刻の前後に、LINEの友達申請をするメッセージが送られるなどしていたが、これは、容疑者の少年が、上村さんが亡くなっていることを隠す意図で操作した可能性もあり、警察は今後、主犯格の少年から、慎重に話を聴く方針。


捜査関係者によると、少年3人は、上村さんと合流する直前、17歳の少年宅などで、酒を飲んでいたとみていて、警察は、どの程度の量を飲んだのか、事件に、どの程度影響したかなどについて調べている。

続きを読む

 28日午前7時5分ごろ、埼玉県さいたま市大宮区天沼町2丁目の県道(産業道路)の交差点で、大宮区大原6丁目、都内の私立高校1年小川祐哉さん(16)の自転車が軽トラックにはねられた。小川さんは頭を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。

 大宮署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、軽トラックの同市西区清河寺、運送業新藤正之容疑者(47)を現行犯逮捕。容疑を過失致死に切り替えて調べる。

 同署によると、軽トラックが産業道路を上尾から川口方面に向かっていたところ、交差点を横断しようとした自転車をはねた。現場は信号機のある交差点で、見通しの良い直線道路。新藤容疑者が119番した。小川さんは学校に行くために、自宅から駅に向かっていた。新藤容疑者は「気付いた時には男の子がぶつかった」と供述しているという。

■事故「よく起きる」

 現場は、JRさいたま新都心駅から東へ約1キロの場所。近所の60代男性は事故後に、男子生徒がストレッチャーに横たわる姿を見て心配していたという。「5、6人が集まって囲んでいた。この交差点は直線だけど、以前からよく事故が起きる場所。事故を起こした車は、フロントガラスにバリバリにヒビが入っていた」と語った。

続きを読む

 フジテレビ系で木曜深夜0時50分に放送されるアニメ枠「ノイタミナ」が4月、10周年を迎える。作画や音楽など高いクオリティーに加え、挑戦的な作品作りが評判を呼び、多くの視聴者に「深夜アニメ」の魅力を伝えてきた。フジの松崎容子アニメ開発部長は「アニメファンだけではなく、一般の視聴者が見ても面白いと思ってもらえるアニメ枠をつくることができた」と話している。(本間英士)

■アニメ枠の"ブランド"づくり

 ノイタミナは、アニメーション(Animation)を逆さにローマ字読みした造語。「アニメの常識をひっくり返す」との意味を込め、平成17年4月にスタートした。

 松崎部長によると、当時の制作陣は「何か新しいことをやらないと、アニメはいわゆる『オタク』向けの作品と、ジブリの2分野に留まってしまう」という危機感を持っていたといい、「アニメという表現方法で新しい挑戦ができ、かつ『月9(げつく)』(月曜夜9時のフジの人気ドラマ枠)のような定着した放送枠をつくりたかった」と振り返る。

 最初の作品は、人気少女漫画を原作にした「ハチミツとクローバー」。その後も、「Paradise Kiss」や「のだめカンタービレ」など、一般の視聴者層にも好まれる漫画をアニメ化した。アニメーション研究家の氷川竜介さんは「それまで、あまり深夜アニメを見ていなかった若い女性も楽しめ、話題にできるアニメを放送してきた。新たな視聴者層を開拓したことに加え、放送枠により、定期的な『視聴習慣』をつくった意義は大きい」と指摘する。

■オリジナル「あの花」社会現象に

 ノイタミナの"転機"となった作品は、21年に放送された「東のエデン」だという。原作がなく、ノイタミナのために書き下ろされた初のオリジナル作品で、後に劇場版が前後編で公開されるなど人気を博した。松崎部長は「オリジナル作品でもやれる、という自信がついた」と振り返る。

 オリジナル作品の中には、アニメファン以外にも広く認知された作品もある。幼なじみの死を引きずる高校生たちの恋や友情、成長を扱った作品「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(通称「あの花」)は、話の展開や演出の巧みさが人気を集めた。舞台となった埼玉・秩父には「聖地巡礼」するファンが集まり、街ぐるみのイベントも開催されるなど社会現象にもなった。

■絵、音楽…視聴者の心に「爪痕」を

 これまでノイタミナで放送されたアニメは50作品。挑戦的な映像作りで話題となった作品も多い。「化猫」など古典ホラーを独自解釈で映像化した「怪 ~ayakashi~」は、独特の雰囲気と映像美が話題になった。「空中ブランコ」ではアニメと実写を組み合わせ、「放浪息子」では原作漫画の淡い色調や線画をアニメで再現した。

 音楽に対するこだわりも特徴だ。「ハチミツとクローバー」ではアニメソングではなく、スピッツやスガシカオら人気アーティストの楽曲を使用。ジャズが題材の「坂道のアポロン」では、実際にミュージシャンが「一発録り」で収録を行い、作品で使われた。「のだめカンタービレ」「四月は君の嘘」などクラシック音楽を扱った作品も演奏シーンのクオリティーの高さが作品に厚みを加えた。

 ノイタミナ編集長を務める森彬俊(あきとし)プロデューサーは「チャンネルをザッピングする際、絵や音楽にぐっときて、チャンネルを合わせてくれるとすごくうれしい。見た視聴者の心に"爪痕"を残せるような作品をこれからも作っていきたい」と話している。

■映画にも注力 4月から1枠に

 ノイタミナでは4月から、放送するアニメを従来の2枠から1枠に減らす。狙いについて、森プロデューサーは「劇場版にも力を入れるため。1枠にすることで、アニメ自体のクオリティーも上げたい」と説明する。

 映画は、過去に2度、ノイタミナでアニメが放送され、その続編となる「劇場版 PSYCHO-PASS(サイコパス)」(公開中)が56万人超(22日現在)の動員を記録するなど好調。今後は、長井龍雪(たつゆき)監督ら「あの花」の制作陣が再集結した「心が叫びたがってるんだ。」などが劇場公開される。

 ノイタミナの今後のラインアップは、小室哲哉さんが音楽を手掛ける「パンチライン」や、江戸川乱歩の小説を原案にした「乱歩奇譚」、昨年ドラマ化された「すべてがFになる」などが予定されている。

神奈川・川崎市の多摩川河川敷で、中学1年生の上村遼太さん(13)が殺害され、少年3人が逮捕された事件。主犯格の少年を含む、少年3人は、依然として容疑を否認している。

事件以降、現場付近や、上村さんの自宅などから発見されていない上村さんのスマートフォンについて、その後の捜査関係者への取材で、主犯格の18歳の少年が、事件前日の夜に上村さんと会った際、上村さんのスマホを取り上げていたことが新たにわかった。

上村さんのスマホから、小学校時代の同級生に対し、上村さんが死亡した時刻の前後に、LINEの友達申請をするメッセージが送られるなどしていたが、これは、容疑者の少年が、上村さんが亡くなっていることを隠す意図で操作した可能性もあり、警察は今後、主犯格の少年から、慎重に話を聴く方針。

捜査関係者によると、少年3人は、上村さんと合流する直前、17歳の少年宅などで、酒を飲んでいたとみていて、警察は、どの程度の量を飲んだのか、事件にどの程度影響したかなどについて調べている。


 少年らは依然として容疑を否認しています。川崎市で中学1年の男子生徒が殺害された事件で、逮捕された少年らの供述の内容が少しずつ明らかになってきました。リーダー格とされる18歳の少年は「事件の時間帯、自分は家にいた」「当時のことは今は言えない」としています。そして、17歳の少年は「近くにいただけ」「上村遼太君(13)が血を流して倒れているのを見た」、もう1人の少年は「現場に向かったのは他の2人と上村君の3人で、何があったかは知らない」と供述しています。しかし、逮捕前には17歳の少年のいずれかが「18歳の少年が刺すのを見た」と話していたことが分かっています。


 川崎市で中学1年の男子生徒が殺害され、少年3人が逮捕された事件。捜査本部が置かれている川崎警察署から、捜査の状況についての報告です。

 逮捕された3人のうち17歳の少年2人が、取り調べに対し「衣服を燃やした」などと供述していることが、捜査関係者への取材で新たに分かりました。

 上村遼太くん(13)が殺害された今月20日未明には、現場からおよそ700メートル離れた公園のトイレで、上村くんのものとみられる衣服や靴が燃やされているのが見つかっていて、警察は、逮捕された少年3人が証拠隠滅を図った可能性があるとみて裏付けを進めています。

 <今後の捜査の見通しはどうなるのでしょうか?>

 警察は28日、18歳の少年の自宅などを捜索し、少年のものとみられる自転車やスマートフォンなどを押収しました。現場付近の防犯カメラには、事件の直前に上村くんを含むとみられる4人の少年が自転車を押すなどした姿が映っていたということで、警察は押収した自転車などを詳しく調べています。

 一方で、少年3人はいずれも容疑を否認しています。犯行には複数の刃物が使われたとみられていますが、カッターナイフの刃以外の凶器が見つかっていないなど、犯行と少年らを結びつける物証が少ない状況で、警察は慎重に裏付け捜査を進めています。(28日16:30)


 神奈川・川崎市で起きた男子中学生殺害事件で、逮捕された少年3人のうちの2人が18歳の少年が男子生徒を刺したと話していることがわかった。

 逮捕された18歳と17歳の少年3人は20日、川崎市の河川敷で中学1年生の上村遼太さん(13)を殺害した疑いで28日朝、送検された。

 警察のこれまでの調べで、リーダー格の18歳の少年は「事件の時間帯は自宅にいた」「当時のことは今は話さない」と話しているということだが、その後の捜査関係者への取材で、17歳の少年が「河川敷に着いて18歳の少年からどこかに行ってろと言われた。戻ってくると18歳の少年が上村さんを刺し、上村さんは首から血を流していた」と話し、もう1人の17歳の少年も「自分は近くにいただけで殺していない。やったのは18歳の少年だ」と話しているという。

 また事件後、現場から少し離れた公園で衣類などが焼ける火事があったことについて、少年の1人は「自転車のカゴに上村さんの服を入れて移動し、公園で燃やした」と話しているという。捜査関係者によると公園の近くのコンビニの防犯カメラには、逮捕された少年とみられる人物がライターオイルを2本買う姿が映っていたという。

 警察は28日、3人の自宅の家宅捜索を行い、携帯電話や自転車などを押収して詳しく調べている。


 川崎市川崎区の多摩川河川敷で中学1年上村遼太さん(13)の他殺体が見つかった事件で、現場周辺の複数の防犯カメラに、少年とみられる集団が自転車を押すなどしている姿が写っていたことが28日、捜査関係者への取材で分かった。神奈川県警捜査1課と川崎署は同日、殺人容疑で逮捕した少年宅を家宅捜索し、自転車を押収。映像との照合を進める。

 捜査関係者によると、事件があった20日未明の時間帯に、4人の人物が河川敷に向けて歩く姿が付近の防犯カメラに写っていた。その後、引き返す際は3人になっていた。県警は、映像の4人は逮捕した少年と上村さんとみているが、この集団の一部は自転車を押したり乗ったりしていたという。

 県警は同区内にあるリーダー格の少年(18)宅から、段ボール箱1箱分の資料と、玄関前に止めてあった自転車を押収した。防犯カメラの映像を詳しく解析し、この自転車と特徴が一致するかどうかなどを調べるとみられる。

 また、この少年と17歳の少年の1人の自宅から、それぞれスマートフォンも押収した。上村さんはスマホの無料通話アプリ「LINE(ライン)」を利用しており、県警は事件直前のやりとりを分析。上村さんとリーダー格の少年は昨年末に知り合ったとされ、LINEの通信記録を手掛かりに、関係の変化をたどっている。 


川崎市で男子中学生が殺害され少年3人が逮捕された事件で、18歳の少年が1月に中学生に暴行したことに、別のグループが反発し、事件が起きる8日前、少年に謝罪を求めていたことが警察や知人らへの取材で分かりました。

警察はこのトラブルをきっかけに、少年が中学生を逆恨みするようになった可能性があるとみて、いきさつを詳しく調べています。

川崎市の中学1年生、上村遼太さん(13)は2月20日、多摩川の河川敷で首を刃物で刺されて殺害され、警察は知り合いのグループの18歳と17歳の少年、合わせて3人を殺人の疑いで逮捕し、28日身柄を検察庁に送りました。

警察や知人らへの取材で、事件が起きるまでの1か月余りの間に、上村さんとリーダー格の18歳の少年らとの関係が急速に悪化したことが分かってきました。

それによりますと、上村さんは1月中旬、18歳の少年から「生意気だ」と言われ、正座させられたうえで、顔にあざができるほど殴られていました。

複数の知人によりますと、上村さんは少年から万引きを指示されたほか、「学校に行くな」と言われ、グループを抜けたがっていたということで、これを聞きつけた少年がさらに暴力を振るうようになったといいます。

上村さんは仲間に相談していて、事件の8日前の2月12日、上村さんと親しい別のグループのメンバーが18歳の少年の家に押しかけ、少年に説明や謝罪を求めたということです。

このとき、少年の家族からの通報で、警察官が駆けつける騒ぎになりました。

その2日後の14日、上村さんはインターネットの「LINE」で、「殺されるかもしれない」などと身に危険が及ぶ可能性を訴えていました。

上村さんは去年の秋以降、18歳の少年らと一緒に遊んでいましたが、警察はこのトラブルをきっかけに関係が急速に悪化し、18歳の少年が上村さんを逆恨みするようになった可能性があるとみて、この1か月余りのいきさつを詳しく調べています。

警察によりますと、18歳の少年は事件について、「当時のことは今は話さない」と答えているということです。

 DeNAの無料通話アプリ「comm(コム)」が4月21日午後3時をもってサービスを終了することになった。公式サイトで発表された。

【写真】2013年1月、commのサービス発表会に出席した(左から)美輪明宏、吉高由里子ら

 2012年10月に提供開始。「LINE」や「Skype」と差別化し、実名登録制&クローズドコミュニケーションを特徴とした。13年5月には複数人によるゲーム(大富豪・麻雀・ポーカー)機能「トークゲーム」が追加された。

 配信開始直後には10億円規模のプロモーションが展開され、CMには吉高由里子(26)美輪明宏(79)が起用された。

 13年1月、ユーザー数は目標の半分500万に留まり、苦戦していた。13年6月には事業縮小の報道があった。


 DeNAの無料通話アプリ「comm(コム)」が4月21日午後3時をもってサービスを終了すると公式サイトで公表された。

 2012年10月に提供開始した「comm」は、「LINE」や「Skype」と同じような機能を要しながら、無料通話の音質を追求した実名での利用を前提にした点が特徴。

 サービス開始直後、会員規約に関して誤解を招く表現があったとして、一部規約の変更を行っているほか、無料通話の着信を友だちからのみに限定したり、退会手続きを簡易化を実施。PC版の提供やゲーム機能の追加など機能拡充を行ったが、目標としていたユーザー数を下回っていた。

 お知らせでサービス終了を知ったユーザーからは「LINEよりこっちの方が良かったのに」と惜しむ声もあったが、「ちょっと切ないものが」「あっけない幕切れ」と短いサービス期間に驚く声も見受けられた。
続きを読む

このページのトップヘ