JWSSNニュース(^з^)-☆

こちらはJWSSNニュースです。 情報提供お待ちしています。 我々JWSSNニュースは日本国内で起きたニュースはもちろん、世界で起きたニュースや小さいニュースなど180度様々な視点からお伝えします。 どうぞ、これからもJWSSNニュースを末永くよろしくお願いします。 ちなみに、JWSSNはジャワスンと読みます。 また、当ニュースの編集長は19歳の現役大学生ですのであしからず。

2014年12月

未確認情報ですが、さきほど映画「妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」の最初の週末2日間の興収が16億円を超える記録的大ヒットスタートとなったことが分かりました。

2位にはディズニー最新作「ベイマックス」がランクイン。

日米のアニメ映画がワンツーフィニッシュとなりました。
続きを読む

 [映画.com ニュース]ちびっ子たちに大人気のゲーム、コミックをアニメ映画化した「映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」が12月20日、全国408スクリーンで初日を迎えた。ジバニャン役の小桜エツコとウィスパー役の関智一、ゲスト声優の志村けん、「AKB48」の島崎遥香が東京・TOHOシネマズ日本橋で舞台挨拶に立った。

【フォトギャラリー】「映画妖怪ウォッチ」舞台挨拶の模様

 2013年1月に「コロコロコミック」(小学館刊)で漫画の連載がスタートし、同年7月に発売されたニンテンドー3DSソフトは累計出荷135万本を突破。今年1月からはテレビアニメも放送され、おもちゃに使用する「妖怪メダル」は1億5000万枚の売り上げを誇る。映画の前売り券も劇場窓口だけで106万枚を超え、関係者によれば「すべて合わせれば200万枚は越えている。(興収68億7000万円の)『ONE PIECE FILM Z』をしのぐ勢い」という驚異的な数字をたたき出している。

 待望の映画公開に、クリエイティブプロデューサーの日野晃博氏は、「3年前に企画し、コツコツと作り上げてきたが、まさかこれほどの人気になるとは。スタッフ一同驚いているし、感慨深い」と神妙な面持ち。小桜もジバニャンの声で、「オレっちの活躍を見てくれてうれしいニャン。次はハリウッドからオファーがくるかもしれないニャン」とご機嫌だ。

 声優の後を受けた志村は、「皆、いろんな声があっていいなあ。私にはこれしかありません」と"アイーン"を披露。声優初挑戦の島崎は、「すごく難しくて、声優さんってすごいなあと思いました。小学生の弟が大ファンだけれど、(前売り特典の)メダルがゲットできなくて悔しがっていました」とやんわりとおねだりしていた。

 「映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」は、突然消えてしまった妖怪ウォッチを取り戻すため主人公のケータとジバニャンたちが60年前にタイムスリップする冒険を描く。既に映画第2弾が来年12月公開で決定しており、さらに日野氏が「欧米など世界中の子どもたちに見てもらえる展開のプランがある」と、海外でのテレビ放送も計画していることを明かした。

 配給の東宝によれば、小学校低学年の子どもたちを中心にした親子連れが客層の中心で、興収17億7000万円だった「劇場版イナズマイレブン 最強軍団オーガ襲来」(2010年12月公開)の300%という驚異的な出足。今後、冬休みに入りさらなる動員アップが見込めることから「興収50億円突破は確実。60億円も見据えられる」としている。


『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』が12月20日に全国408スクリーンで封切られた。配給の東宝によると、午前中の段階で『劇場版イナズマイレブン 最強軍団オーガ襲来』(2010年12月23日公開、興収17.7億円)対比300%の動員となっており、興行成績は50億円突破確実。さらには60億円突破も見据えた好調なスタートを見せたという。

『映画 妖怪ウォッチ』初日舞台挨拶その他の写真

数々のヒット作で知られるレベルファイブが昨年発表したゲームを原作に、コミックやアニメも含めたクロスメディア展開で、社会現象を巻き起こした『妖怪ウォッチ』の劇場版アニメ。劇場前売り券の売り上げ枚数が東宝史上最多となる106万枚突破し(12月14日時点)、すでに2015年12月公開の映画第2弾も決定している。

同日、東京・TOHOシネマズ日本橋では初日舞台あいさつが行われ、生みの親である日野晃博氏(レベルファイブ代表取締役社長/CEO)が登壇。「3年前に企画し、コツコツと丹念に作ってきた『妖怪ウォッチ』がまさかこんなに人気になるとは。スタッフ一同驚き、感慨深く思っている」と感無量の面持ちだった。

また、「開発当初、ジバニャンのしっぽは3本あったが、紆余曲折あって今の(しっぽが2本の)ジバニャンに行きついた」と秘話を語り、「これからはゲームの発売やアニメの放送など、世界中の子どもたちが熱狂できる仕掛けを作っていきたい」と世界展開の強化に積極的な姿勢を打ち出した。

主人公のケータが、仲間の妖怪ウィスパーやジバニャン、新たに出会ったフユニャンとともに60年前の世界にタイムスリップし、突然消えてしまった妖怪ウォッチの行方を追う。この日は"ジバニャン"の声優を務める小桜エツコ、知ったかぶりで自称妖怪執事"ウィスパー"を演じる関智一、ゲスト声優の志村けんと島崎遥香(AKB48)が駆けつけた。志村は神秘のエネルギー"ホース"を使いこなす伝説の猫老師で最強とうたわれる妖怪マスターニャーダ、島崎は主人公ケータのおばあちゃんの若かりし頃の姿ユキッペを演じている。

『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』
公開中


 社会現象にもなっている人気アニメの初劇場版「映画妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」が20日、全国408スクリーンで公開された。各地の劇場で全席完売が相次ぐ盛況ぶりだった。

 劇場前売り券が100万枚以上売れただけに、初日から親子連れらで大にぎわい。中学生以下の入場者に配られる、劇場限定の「妖怪メダル」を目当てにした子供も多く、満席で入場できず残念そうに劇場を後にする家族の姿も見られた。

 午前中の動員から、配給の東宝は「興行収入50億円突破は確実」と予測している。人気アニメの映画1作目の興収では、2000年の「ONE PIECE」が21億6000万円。これを上回るのは確実で、72億4000万円を記録した98年の「ポケットモンスター」に迫る勢いだ。

 "妖怪ブーム"生みの親であるゲームソフト開発会社「レベルファイブ」の日野晃博社長はこの日、都内で行われた初日舞台あいさつに、ゲスト声優の志村けん(64)、AKB48島崎遥香(20)らと登壇。「これから欧米など世界中で放送する。世界の子供たちが熱狂できるよう仕掛けていく」と、世界進出を宣言した。人気キャラクター妖怪ジバニャン役の声優小桜エツコも「いろんな国の言葉を勉強していきます」と意欲的に語った。

 日本製アニメは各国で爆発的人気。「妖怪ウォッチ」もすでに韓国で放送が始まっており、今後、アジアから欧米まで幅広い展開となりそう。世界中に「ゲラゲラポー」の掛け声がとどろく日も近そうだ。
続きを読む

【12月19日 AFP】米サウスカロライナ(South Carolina)州地裁は17日、70年前に白人少女2人を殺害した罪で処刑された黒人少年について、死刑判決を破棄した。

 ジョージ・スティニーさんは、20世紀の米国で最年少となる14歳で死刑執行された。スティニーさんは体重わずか43キロで身長も低かったため、電気椅子に座らせる際には椅子に本を載せて高さを調整したと言われている。

 サウスカロライナ州地裁のカルメン・テビス・ミュレン判事は、29ページに及ぶ判決文で、スティニーさんの裁判で「法の適正手続きにおける根本的な憲法違反」が存在したと述べ、「憲法で保障された権利の侵害を上回る不当行為を私は知らない。この事件では、証拠の量によりそれが明らかだった」とした。

■弁護をほとんどしなかった弁護人

 スティニーさんは、ベティー・ジューン・ビニッカーちゃん(11)とメアリー・エマ・テムズちゃん(7)の撲殺遺体が発見された後、逮捕された。木材工場のある隔絶された小さな町で、少女2人は自転車に乗っていて行方不明となった。

 わずか1日で終わった当時の裁判の中で、法執行当局者はスティニーさんが殺害を自白したと主張した──だが裁判記録には自白を記した供述書は存在しなかった。

 また、スティニーさんの弁護人を務めた白人弁護士はほとんど証人を召喚せず、反対尋問もほぼ行わず、管轄裁判所の変更も求めなかった。「弁護士はスティニーさんの弁護をほとんどあるいは全く行わなかったように思われる」とミュレン判事は述べた。

 全員白人の陪審団はわずか数分でスティニーさんに有罪の評決を言い渡し、弁護士は上訴しなかった。また裁判記録には、殺害に使用されたとみられる大くぎまたは鉄の棒が証拠品として提出された記録もなかった。

 事件は地元住民の怒りを買い、大きな注目を集めたことから、報復を恐れたスティニーさんの家族は町から逃げ出した。現在70代と80代になるスティニーさんのきょうだいが長年、弁護士チームの支援のもと、再審理を求める運動を続けていた。(c)AFP

 フジテレビの夕方の顔「スーパーニュース」(月~金曜・後4時50分)MC安藤優子 キャスター(56)が、来年3月いっぱいで同番組を卒業。俳優の高橋克実(53)と平日午後2時から2時間の情報番組(タイトル未定)のMCを務めることが16日、分かった。

 安藤キャスターは87年10月に「スーパー―」の前身の「FNNスーパータイム」のMCで同局デビュー。94年4月から深夜の「ニュースJAPAN」に移籍するが、2000年4月からは再び「スーパー―」で夕方に。来年3月まで27年半もの間、報道局のニュース番組に携わったことになる。

 新番組は情報局制作で、「知りたいことを!知りたいように!知りたいだけ!」をコンセプトに、ジャンルにとらわれずに掘り下げて追求。高橋との異色コンビで、同時間帯で独壇場となっている日テレ系「情報ライブ ミヤネ屋」(後1時55分)に切り込む。

 安藤キャスターは「あらゆる情報を伝える番組をやってみたいと思っていました。そんな新たな場が得られたことにワクワク。高橋さんとご一緒にチャレンジできることが楽しみ」と意気込みを見せている。



 フジテレビが来春、約1年半ぶりに平日午後の大型情報番組を復活させることが16日、分かった。午後2時からの2時間枠で、メーンMCには俳優の高橋克実(53)と安藤優子キャスター(56)を起用。安藤キャスターは新番組に伴い、同局系「スーパーニュース」を卒業する。同時間帯は現在、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜後1・55)が"ひとり勝ち"状態。強力タッグで牙城を崩す!


 "打倒!! ミヤネ屋"へフジが勝負に出た。

 来春に、あらゆるジャンルを網羅する平日午後帯の大型情報番組(タイトル未定)をスタート。

 幅広い層に支持される「ミヤネ屋」の司会、宮根誠司(51)の対抗馬としてフジの午後の顔に抜てきされたのが、主婦層に人気の高橋とフジ系「スーパーニュース」(月~金曜後4・50)のメーンキャスターを務める"報道のエース"安藤キャスターだ。

 生放送の情報番組MCに初挑戦する高橋は、「50代半ばで新たな分野に挑戦できる幸運に感謝しつつ、まずは自分の好奇心に忠実に向き合っていこうと思っています」と意気込んだ。

 "相棒"の安藤キャスターは、「スーパータイム」(1987~94年)時代から「ニュースJAPAN」(94~2000年)、「スーパーニュース」(00年~)と、約27年もフジの報道番組を牽引してきた大ベテラン。14日には宮根と同局の選挙特番で共演したばかりだが、今度はライバルに。「以前からニュースはもとより生活に関わるあらゆる情報をお伝えする番組をやってみたいと思っていました」と新境地開拓に気合十分だ。


来春、フジテレビの大型新情報番組でメーンMCを務める高橋克実【拡大】

 新番組に伴い、「スーパーニュース」は卒業予定(後任は未定)。看板キャスターを投入するところに、フジの"本気度"もうかがえる。

 これまで、同局の午後帯情報番組では、12年4月~翌年3月に「知りたがり!」、昨年4~9月に「アゲるテレビ」を放送したが、「ミヤネ屋」に"完敗"。同局の亀山千広社長(58)は定例会見で「午後の事件が、ある局の総取りになってしまっている。ここで打って出なくては」と宣言していた。

 新番組のキーワードは、「知りたいことを!知りたいように! 知りたいだけ!」。穏やかな人のよい亭主と、何でもテキパキこなす姉さん女房のようなコンビが、午後に新風を吹き込む。

★「知りたい!」を追求

 新番組では、政治、経済、事件、事故から、流行、芸能、健康、グルメまで、あらゆるジャンルから視聴者が「知りたい!」と思うことをトコトン追求。司会の2人が本音をぶつけあうことで、高橋からは頑固で社会派な一面、安藤キャスターからは、ちょっとミーハーでちゃめっ気たっぷりな一面など意外な素顔も見えてきそうだ


 打倒「ミヤネ屋」の最終兵器は、お台場の女帝だった。

 日刊ゲンダイが16日に報じた「フジテレビ昼の新番組 高橋克実MC内定情報」。その高橋とコンビを組むMCに安藤優子(56)の起用が明らかになった。

 新番組のタイトルは未定だが、来年4月からスタートする平日午後2時からの2時間枠。宮根誠司(51)が司会の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)の真裏である。「知りたいことを! 知りたいように! 知りたいだけ!」を掲げ、政治、経済、事件、事故、流行、芸能、健康、グルメ……と、あらゆるジャンルを生放送で取り上げ、ゴッタ煮の情報番組をつくるという。

 あくまで報道キャスターにこだわり続けた安藤だが、古巣の「スーパーニュース」を来年3月末で降板。前々身の「スーパータイム」から27年間、同局の報道番組でニュースを読んできた。さらにさかのぼれば、80年のテレビデビューから報道一筋という大御所が、大きな転身を図ることになる。


「数年前から彼女の『スーパーニュース』卒業は懸案事項でした。しかし、視聴率もそこそこだし、瑕疵もないのに降板させる理由がない。今回の打倒・宮根という役回りは、"女帝"のプライドを満足させた上で番組を卒業させるにはウルトラC級の妙案です。宮根の対抗馬に安藤なら話題性も十分だし、いい勝負になる。フジにとってはまさに一石二鳥の人事です」(テレビ関係者)

 安藤にとっては先日、ライバルとなる宮根とコンビを組んだ総選挙特番が報道キャスターとして最後の花道だった。どうりで2人の会話がギクシャクしていたわけである。

 俳優の高橋と報道の安藤という凸凹コンビ。上智大教授(メディア論)の碓井広義氏は、「近年のフジの昼の情報番組では久々に見る気にさせる企画」とこう続ける。

「MCの2人とも50代でそれぞれのキャリアを持つ方。用意された台本を読むだけでなく、持論を織り交ぜ、これまでのフジにはなかった良質な昼の情報番組を提供してくれるのでは。視聴者の多くが主婦という時間帯です。バリバリ外で働いてきた安藤さんが手放しで受け入れられるとは思いませんが、夕方のニュース番組でも同じような経験はしてきたでしょう。その辺の手練手管は心得ているはず。長い間"店を任されてきたママ"の手腕も込みで、新番組が楽しみです」

 番組が始まる来年4月1日に54歳の誕生日を迎える高橋。MC2人の年齢を足すと110歳。テレビ界の「今太閤」と呼ばれる宮根も、女帝と中年ビリケンのコンビには戦々恐々だろう。

続きを読む

 男性ならではの日々の悩み「ちんポジ」問題。パンツのなかで、ムスコが右へ左へ。厚着になる冬は特に厄介な問題だが、このたびこの永遠に続くとも思われた問題を解決する男性用下着「TOOT」が登場した。そして、その性能を証明する動画が公開されたのだが、これがなかなか振り切った"おバカ"動画に仕上がっていると話題になっている。

⇒動画はコチラ http://youtu.be/VOqL8k4WNi4

「ベスポジ耐久実験」動画では、TOOTのみを付けた男性モデルが、「反復横跳び」や「縄跳び」「ロデオマシーン」、「ジャイアントスイング」など、いかにもズレそうなシチュエーションに挑む。実験を終えるたびに、白衣を着た男性スタッフらが真剣な表情でポジションをチェック、判定する姿がシュールだ。

 TOOTは、あらゆるシーンで、ベストな「ちんポジ」に導くため、独自の立体裁断が施された下着。デザインボクサーパンツのパイオニアである同社が、約13年の経験から試行錯誤の上、改良に改良を重ねた製品がTOOTだという。フロントの膨らみと、股下からの持ち上げ感、肌触りのよい高密度の縫製、心地よいフィット感のある生地が人気だ。

 そんな良質な製品にもかかわらず、なぜここまで振り切った動画を公開したのだろうか?

 実験は、上記オーソドックスな内容だけでは終わらない。直接的に股間への衝撃を与える、「人間ベース」、「扇風機」、「ししおどし」、美女からのキスやボディタッチなど、計99種類に及ぶ実験が展開されたそうだ。

 さすがにこれはズレそうだという厳しい実験にも耐えるTOOT。一見、"おバカ"動画に見えるが、同製品の性能の高さをアピールするためには、ここまでの振り切りが必要だったのかもしれない。

 日々の生活で「ししおどし」が股間に命中するシーンはあまりないだろう。しかし、ちんポジ問題を抱えているという人は、試してみる価値がありそうだ。 <文/日刊SPA!取材班>

●ベスポジ耐久実験 TOOT 特設サイト

http://www.toot.jp/besposi/
続きを読む

このページのトップヘ