JWSSNニュース(^з^)-☆

こちらはJWSSNニュースです。 情報提供お待ちしています。 我々JWSSNニュースは日本国内で起きたニュースはもちろん、世界で起きたニュースや小さいニュースなど180度様々な視点からお伝えします。 どうぞ、これからもJWSSNニュースを末永くよろしくお願いします。 ちなみに、JWSSNはジャワスンと読みます。 また、当ニュースの編集長は19歳の現役大学生ですのであしからず。

2014年09月

上戸彩、吉瀬美智子出演の連続ドラマ『昼顔』(フジテレビ系、木曜22時〜)の最終話が16.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)を獲得。全11話の平均視聴率13.9%で、今クールの民放地上波連続ドラマでは『HERO』に次ぐ2番目の成績を残しました。ストーリー展開の巧みさなど様々な理由が考えられるなか、当コラムでは"木曜22時台"という観点からヒットの理由を分析します。

まず、過去2年(2012年10月〜12月期から今期まで)の同枠を振り返ると、『昼顔』を含めた8作品のうち、実に6作品が13%超えのスタートを切っており、初回平均視聴率は13.08%に上ります。

初回の視聴率は、期待率とも言い換えられます。「とりあえず初回は観る。面白ければ2回目も」という視聴者は多く、その枠自体のパワーや続編であれば作品 の残してきた実績が反映されるのです。言い換えれば、フジの木曜22時枠には、13%の視聴者が期待していると言えます。

なぜ、このような安定した数字になるのでしょうか。

過去2年の連ドラのタイトルを見れば、一つの傾向を発見できます。

『結婚しない』『最高の離婚』『ラスト・シンデレラ』『Oh, My Dad!!』『独身貴族』『医龍4』『続・最後から二番目の恋』『昼顔』

結婚、離婚、独身…完全に30代〜40代の女性を狙ったラインナップになっています。『昼顔』も開始前から、不倫をテーマにしたドラマだと大々的に宣伝されていました。

フジテレビは、ターゲットを30代〜40代女性に完全に絞り込み、「フジの木曜22時台は私たちのためのドラマ」と思わせる枠に成長させているのです。

こ のなかで、違和感のあるタイトルは『Oh, My Dad!!』でしょう。内容は、父親役の織田裕二がシングルファーザーとして奮闘する姿を描いており、明らかに木曜22時枠に適合しないドラマでした。事 実、視聴率は2回目で1ケタに落ち込み、2ケタを記録したのは初回と10話の2度だけ。全11話の平均視聴率も9.3%で、過去2年の木曜22時枠で唯一 の1ケタ台を記録しています。

『結婚しない』『最高の離婚』『ラスト・シンデレラ』と続いていた良い流れを完全に断ち切ってしまいました。この結果は、キャスト陣に非はなく、この枠に父親中心のドラマを持ってきたことに無理があるのです。

この出来事を教訓とし、次のクール以降は30代〜40代女性ターゲットに回帰します。すると、平均視聴率は2ケタに回復。その流れに、今回の『昼顔』も乗ったという見方ができます。

もちろん、それだけではありません。

今クールの『昼顔』は初回13.3%で発進後、上下動を繰り返し、6話では10.9%まで落ち込んでしまいます。しかし、7話で13.8%と持ち直すと、8話で15.6%と大台を超え、ラスト2話となった10話で16.7%と同ドラマ最高を記録。

回を追うごとに話題となった最近では珍しい連続ドラマと言えます。

なぜ、『昼顔』は盛り返せたのでしょうか。

これまた、30代〜40代の女性をターゲットにしている"木曜22時台"に、秘密があると思われます。

女 性は、職場などでドラマの話を共有しがちです。職場で話題になれば、「我関せず」という態度を取ることは難しく、途中から観た女性視聴者も多かったはず です。そして何より、翌日の職場で話題になるのであれば、22時台のドラマを録画して観るというわけにもいきません。
必然的に、リアルタイム視聴をするこ とになります。おそらく、タイムシフト録画の数は、さほど伸びていないと思われます。

過去2年を振り返っても、"木曜22時台"は『ラスト・シンデレラ』や『続・最後から二番目の恋』のように、後半になって視聴率の上がるドラマを生みやすい枠なのです。

通常、"期待率"である初回と全話平均視聴率のあいだには、大きな格差が生まれがちです。実は、今期の連続ドラマ(22時台の時間帯まで)で、全話平均視聴率が初回を上回ったのは、『昼顔』だけです。

つまり、『昼顔』は期待値を超えた面白さがあったと言えます。

過去2年の"木曜22時台"を見ると、8作品中3作品、全話平均視聴率が初回を上回っています。同じ尺度で"月曜21時台"を見ると、8作品中1作品のみです。もちろん、月9がそれだけ高い期待を持たれている証拠とも言い換えられます。

いずれにしても、"木曜22時台"というフジの作り上げた"時間帯ブランド"に、『昼顔』というドラマの内容がピタリとハマったため、高視聴率を獲得できたのです。

今後、月9枠に続き、"木10枠"にもスポットが当たりそうな勢いです。

 若く美しい女性セレブたちのヌード写真ハッキング流出騒ぎが続く中、今をときめくワン・ダイレクション(以下、1D)のメンバー、リアム・ペインの"ヌード&若い男性からフェラチオを受けている写真"がインターネット上を駆け巡り、大きな波紋を呼んでいる。ファンからは「絶対にリアムなんかじゃない!」という悲痛な声が上がり、「女好きだと思っていたのに偽装交際だったのか!?」と騒がれ始めているのだが、本人はヌード写真もホモ疑惑も全力で否定。「100%ゲイじゃない」と断言した。

 ジェニファー・ローレンスやケイト・アプトンら、旬の人気ハリウッド女優たちの自撮りヌード写真がハッキング流出させられたのを皮切りに、次から次へと大物女性セレブたちのプライベートなヌード写真や動画が流出。FBI(連邦捜査局)が捜査に乗り出す騒ぎにまで発展しているが、ハッカーたちは動じることなく流出させ続け、ここ数日の間に新たにリアーナやアヴリル・ラヴィーン、ジェニー・マッカーシーのヌード写真がネット掲示板に投稿された。

 米大手ゴシップ芸能サイト「TMZ」によると、ハリウッドの若手男性セレブスターたちは、「次は男性セレブのヌードやセックス動画が大量にハッキング&流出する」と恐れおののいているとのこと。毎週、ネット上のデータクラウド「iCloud」のパスワードを変え、ハメ撮りやエロ写真を一緒に撮影した元カノやセフレに、「フィッシング詐欺やハッキングに気をつけろ!」と連絡しまくるなど、パニック状態に陥っていると報じている。

 そんな中、世界的人気を誇るイギリスのボーイズグループ・1Dの中でも「甘いマスク」と「キュートなユーモアセンス」で若い女性たちのハートを虜にしているリアム・ペインのヌード写真が流出。全裸姿に野球帽をかぶったリアムが、ベッドの上にひざまずき、若くピチピチした男性のイチモツをガン見しているショット、そして男性からフェラチオを受けているショットという衝撃的な写真で、ネット上は大騒ぎとなった。

 リアムといえば、グループを結成した2010年当初から美女ダンサーでモデルのダニエル・ピートと交際していると公言。昨年5月に彼女と別れた後も、すぐにモデルのソフィア・スミスと付き合いだし、嫉妬しまくったファンがソフィアをバッシングしまくるという騒ぎを起こした。ソフィアとは別れたりくっついたりを繰り返しているが、基本的にはラブラブで、2人は深く愛し合っていると伝えられている。

 そんなリアムが、若い男性と全裸でベッドに佇み、フェラチオをしてくれている男性の尻をわしづかみにしてアナルに指を入れるという、この上なくエロティックな写真がインターネット上に出回ったのである。もともと、リアムのこういった同性愛コラ写真は大量に作成されているため、今回もその手のものかと思いきや、セレブの流出写真騒動のタイミングだけに、「本物に違いない」とネットは騒然。ソフィアを攻撃していたファンも、まさかのゲイ疑惑に「ウソでしょ!?」「彼じゃないわよ!」と大困惑した。


 この騒ぎを受けて、リアムはTwitterで、「ちょっ! ネットに出回ってるあの妙な写真が、本当にオレのものだって信じる人がいるわけ(爆)?」「自分でフルチン写真を撮ってここに掲載した方が、よっぽどマシだぜ」とツイート。「オレは100%ホモ嫌いじゃない。でも、100%ゲイじゃない。だから、ゲイだろって言われたら違うと答えるけど、ホモに対して嫌悪感を持っているわけじゃないから」と説明し、流出している写真は自分ではないと全力で否定。

 リアムの言葉にホッとしたファンは、彼が今年6月、ケンタッキーフライドチキンのカーネル・サンダースの絵に、「オレはゲイじゃないかもしれないけど……この男を愛している」というメッセージを添えて、おふざけツイートしたことを引き合いにし、「KFCのことは愛してるんでしょ~」とリツイート。リアムも、「あぁ。でも彼とはチキンだけの関係なんだ」と余裕で返し、騒動は鎮火しつつあると報じるメディアも出ている。

 しかし、「いやいや、これは本物なんじゃないか」という声も根強い。リアムは今年5月にバンド仲間がマリファナを吸っている映像が流出した際、「我々はまだ20代。この年頃というのは、あらゆる愚かなことをしてしまうものだ」と弁解しており、今回、男性とセクシュアルな関係を結んだのも、「若さゆえの愚かな行為」だと捉える者が少なくないのである。

 また、リアムは昨年2月、イギリスの芸能界において"ご意見番"的存在となっているボーイ・ジョージとレッドカーペットで揉めたことが原因で、Twitter上でディスり合いをしたことがある。そして、そのボーイは過去に「1Dの中にゲイがいる!」と断言し世間を驚かせたことがあるのだ。ボーイは、昨年8月に英大手タブロイド紙「The Daily Star」のインタビューで、「1Dの1人はゲイよ。間違いない」「誰だって潜在的にはバイセクシュアルなの。だから1Dもみんなバイセクなのよ。ロックスターなんだし、そういうもんでしょ。もし違うっていうなら、アタシ、ものすごくがっかりだわ」と発言。

 1Dのメンバーはとても仲良しなので、ふざけてパンツを下げたり、ボディタッチをしたりすることがあり、デビュー当初からBL好きな女子をときめかせてきた。ハリー・スタイルズとルイ・トムリンソンが「実は極秘ゲイ交際している!」というウワサが流れたこともある。しかし、今回のリアムのキワドイ写真流出を受け、ボーイの予言めいた「1Dの中にゲイがいる」は、「100%ゲイじゃない」と断言するリアムのことなんじゃないかという声も上がっているのだ。

 今回流出した写真がウソであれ本物であれ、リアムが被害者であるということは変わらない。彼が男性セレブのエロ写真ハッキング流出第一号である可能性は低そうだが、男性セレブをターゲットにした類似の写真流出騒動は今後、たくさん起こりそうだ。人気者である証しともいえるのだろうが、なんとも気の毒な話である。

続きを読む

竹内まりやのオリジナルアルバム「TRAD」が週間4.9万枚を売り上げ2週連続1位をキープした。59歳6ヶ月でのV2達成は史上最年長記録。

また、累積売上は16.7万枚となり15万枚の大台を突破した。このペースで行けば累積20万枚突破も確実だろう。

女性ソロ歌手のオリジナルアルバム2週連続1位は、安室奈美恵「Uncontrolled」が3週連続首位(2012年7/9付~7/23付)を記録して以来2年2ヶ月ぶり。竹内にとっては、前作「Denim」(07年6/4付~6/11付)以来のV2達成となった。 


【今週のチャートTOP10】
1位、竹内まりや「TRAD」・・週間4.9万枚、累積16.7万枚
2週連続で首位をキープ。59歳6ヶ月でのV2は史上最年長記録。

2位、YUKI「FLY」・・初動4.5万枚
3年ぶりとなるオリジナルアルバム。惜しくもオリジナルアルバム6作連続首位とはならず。

3位、CNBLUE「Wave」・・初動3.5万枚
オリジナルアルバム3作連続でTOP3入りを記録。

4位、くるり「THE PIER・・初動2.0万枚
2年ぶりのオリジナルアルバム。TOP10入りは通算13作目。

5位、NMB48「世界の中心は大阪や~なんば自治区~・・週間1.9万枚、累積37.2万枚
4週ぶりのTOP10入り。

6位、ゴスペラーズ「The Gospellers Now・・初動1.6万枚
TOP10入りは通算14作目。

7位、SiM「i AGAINST i・・初動1.6万枚
人気上昇中のSiMのミニアルバム。

8位、アリアナ・グランデ「My Everything・・週間1.3万枚、累積6.3万枚
4週連続TOP10入り。

9位、Free!ドラマCD「岩鳶・鮫柄水泳部 合同活動日誌1・・初動1.1万枚
人気アニメ「Free!-Eternal Summer-」のドラマCD。

10位、マルーン5「V」・・週間0.8万枚、累積3.7万枚
2週ぶりのTOP10返り咲き。

【注目チャート】
13位、SMAP「Mr.S」・・週間0.7万枚、累積20.9万枚

17位、EXILE TRIBE「EXILE TRIBE REVOLUTION」・・週間0.5万枚、累積31.0万枚


【筆者の独り言】
筆者はてっきりYUKI「FLY」が週間1位を獲得すると思っていたが、まさかの竹内まりや「TRAD」が史上最年長でV2を達成した。

なぜこのような誤算が起きたのかはすでに分かっている。

デイリー売上が公表される3位圏内の売上合計は、竹内まりやが4万830枚、YUKIが4万4316枚。そう、YUKIが圧勝しているのだ。しかし、竹内まりやがTOP3に入れなかった日が1日だけある。それは、新譜が登場した9/16付チャートで竹内まりやは6位だった。そのため、筆者は竹内まりやの売上を低く予想してしまったが、実際にはその日だけで0.8万枚近い売り上げを記録していた可能性がある。

チャート予想者としては非常に悔しいミスではあるが、初心者ということでそこはご愛嬌を。笑

某雑誌に歴代アーティスト別シングル+アルバム総売上ランキングTOP20が掲載されていたのでまとめてみた。


1位、B'z・・8151.8万枚

2位、Mr.Children・・5844.4万枚

3位、浜崎あゆみ・・5040.7万枚

4位、サザンオールスターズ・・4826.6万枚

5位、DREAMS COME TRUE・・4338.3万枚

6位、松任谷由実・・3936.2万枚

7位、GLAY・・3828.7万枚

8位、ZARD・・3745.9万枚

9位、宇多田ヒカル・・3621.7万枚

10位、SMAP・・3460.0万枚

11位、AKB48・・3267.5万枚

12位、安室奈美恵・・3169.4万枚

13位、CHAGE and ASKA・・3141.1万枚

14位、松田聖子・・2966.4万枚

15位、L'Arc〜en〜Ciel・・2920.8万枚

16位、globe・・2893.8万枚

17位、・・2798.6万枚

18位、KinKi Kids・・2573.0万枚

19位、中森明菜・・2538.3万枚

20位、TUBE・・2455.6万枚


このランキングは、1968年1月4日付〜2014年6月2日付までのオリコン調べ。 

このTOP20にランクインしているアーティストで6月2日付以降にシングルかアルバムをリリースしたのは以下の10組。 

中森明菜
L'Arc〜en〜Ciel
安室奈美恵
AKB48
SMAP
GLAY
DREAMS COME TRUE
サザンオールスターズ
浜崎あゆみ

TOP20中、10組がランキング発表から3ヶ月の間にシングルもしくはアルバムを発売しており、未だに第一線を突っ走っている。

特にSMAPはこの3ヶ月間にシングル・アルバム両方発売しており、活動の活発さが分かる。

ランキングの解説等は後ほど更新します。

1996年と2014年の「学園祭に呼びたいアーティストTOP10」を比較した。

()内は代表曲。


【1996年】
1位、シャ乱Q(ズルい女)

2位、SMILE(夢見たものは・・・)

3位、RAZZ MA TAZZ(あじさい)

4位、GLAY(BELOVED)

5位、黒夢(ピストル)

6位、THE YELLOW MONKEY(SPARK)

7位、SOPHIA(街)

8位、BLUE BOY(言葉にできなくて)

9位、ウルフルズ(ガッツだぜ!!)

10位、JUDY AND MARY(クラシック)


【2014年】
1位、ゴールデンボンバー(女々しくて)

2位、AKB48(恋するフォーチュンクッキー)

3位、きゃりーぱみゅぱみゅ(にんじゃりばんばん)

4位、miwa(ヒカリへ)

5位、SEKAI NO OWARI(眠り姫)

6位、いきものがかり(笑ってたいんだ)

7位、三代目 J Soul Brothers(FIGHTERS)

8位、ももいろクローバーZ(行くぜっ!怪盗少女)

9位、back number(わたがし)

10位、KANA-BOON(フルドライブ)

出典=CDTV

まず、筆者は2014年のTOP10を見て知らないアーティストは1組もいない。

だが、1996年のTOP10を見ると6組ほどしか知らない。約20年で現在も第一線を突っ走っているアーティストはこの中にはいないだろう。

2014年のTOP10に入っているアーティスト達も20年後には第一線からいなくなっているのがほとんどなのだろうか?

このページのトップヘ