JWSSNニュース(^з^)-☆

こちらはJWSSNニュースです。 情報提供お待ちしています。 我々JWSSNニュースは日本国内で起きたニュースはもちろん、世界で起きたニュースや小さいニュースなど180度様々な視点からお伝えします。 どうぞ、これからもJWSSNニュースを末永くよろしくお願いします。 ちなみに、JWSSNはジャワスンと読みます。 また、当ニュースの編集長は19歳の現役大学生ですのであしからず。

2013年07月

 大阪市此花区のパチンコ店で2009年に5人が死亡し、10人が重軽傷を負った放火殺人事件で、殺人などの罪に問われた無職高見素直(すなお)被告(45)の控訴審判決が31日、大阪高裁であった。中谷雄二郎裁判長は求刑通り死刑とした一審・大阪地裁判決を支持し、高見被告の控訴を棄却した。

 11年10月の一審判決によると、高見被告は09年7月5日、自宅近くのパチンコ店にガソリンをまいて火をつけ、客4人と従業員1人を殺害し、10人に重軽傷を負わせた。弁護側は一、二審で「被告は妄想の影響を受けており、責任能力は限定的だった」と指摘。さらに絞首刑は残虐な刑罰を禁じた憲法に反すると主張していた。




 大阪市此花区で2009年、パチンコ店に放火して5人を殺害、10人を負傷させたとして殺人と現住建造物等放火罪などに問われた無職高見素直被告(45)の控訴審判決で、大阪高裁は31日、求刑通り死刑とした1審・大阪地裁の裁判員裁判の判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。

 中谷雄二郎裁判長は「極めて残虐で身勝手な犯行」と述べた。弁護側は上告する方針。

 控訴審では、1審同様、被告の責任能力と、絞首刑による死刑が憲法で禁じる残虐な刑罰に当たるかどうかが争点となった。

 中谷裁判長は、犯行当時の被告の精神状態について「妄想はあったが、物事の善悪を判断し、それに従って行動する能力が著しく低下していたとは言えない」と認定。「精神疾患で妄想に大きく影響され、心神耗弱状態だった」とする弁護側の主張を退けた。




 大阪市此花区のパチンコ店で2009年、5人が死亡した放火殺人事件で、殺人などの罪に問われた高見素直被告(45)の控訴審判決が31日、大阪高裁であった。中谷雄二郎裁判長は、求刑通り死刑とした1審・大阪地裁判決を支持し、弁護側の控訴を棄却した。




 大阪市此花区で平成21年7月、5人が死亡したパチンコ店放火殺人事件で、殺人や現住建造物等放火などの罪に問われた無職、高見素直被告(45)の控訴審判決公判が31日、大阪高裁で開かれた。中谷雄二郎裁判長は、求刑通り死刑を言い渡した1審大阪地裁判決を支持、被告側の控訴を棄却した。

 控訴審で弁護側は「被告が犯行に及んだのは妄想に侵されたためで、刑事責任能力の有無と程度に重大な疑いがある」などと改めて主張。犯行の端緒を精神疾患としながら完全責任能力を認めた1審判決を批判していた。

 また弁護側は「絞首刑は残虐な刑罰。時代と環境に照らして判断してほしい」として、1審同様に死刑の違憲性を訴えていた。

 1審判決によると、高見被告は21年7月5日夕、此花区のパチンコ店でガソリンを床にまいて放火し、客や従業員ら5人を殺害、10人に重軽傷を負わせた。




 大阪市此花区で平成21年に5人が死亡したパチンコ店放火殺人事件で、殺人や現住建造物等放火罪などに問われた無職、高見素直被告(45)の控訴審判決公判が31日、大阪高裁で開かれた。中谷雄二郎裁判長は求刑通り死刑を宣告した1審大阪地裁判決を支持、弁護側の控訴を棄却した。弁護側は上告する方針。

 控訴審で弁護側は「被告の刑事責任能力に重大な疑いがある」などと改めて訴えたが、中谷裁判長は判決理由で「犯行時やその前後を通じて特に異常な言動はなく、周囲の状況を正しく認識しながら合理的な行動を取っていた」と指摘。「妄想はあったが、物事の是非善悪を判断し行動する能力は著しく減退していなかった」と述べた。

 弁護側は「絞首刑は残虐な刑罰」として死刑の違憲性も主張。中谷裁判長は、絞首刑について「140年前に定められたものが、新たに法整備されず放置されているのは立法政策として望ましくない」と言及したが、「残虐といえるほど不必要な苦痛を与えるとはいえない」と退けた。

 判決によると、21年7月5日夕、パチンコ店でガソリンを床にまいて放火し、客や従業員ら5人を殺害、10人に重軽傷を負わせた。

 死亡した延原(のぶはら)麻衣さん=当時(20)=の母、晋子(くにこ)さん(53)は判決後に記者会見し、「判決は当然の結果。1、2審を傍聴してきたが、なぜ娘が亡くなったのかは分からないまま。絞首刑の違憲性をこの事件の裁判で争うのはやめてほしい」と話した。




 大阪市此花区のパチンコ店で2009年に5人が死亡した放火殺人事件で、殺人などの罪に問われた無職、高見素直被告(45)の控訴審判決が31日、大阪高裁であった。中谷雄二郎裁判長は「極めて残虐な犯行で、社会に与えた衝撃は大きい」と述べ、求刑通り死刑とした1審・大阪地裁判決を支持、被告側の控訴を棄却した。被告側は上告する方針。

 弁護側は犯行時、心神耗弱状態だったとして死刑の回避を求めたが、判決は「妄想が直接影響を与えたとまでは言えない」と指摘、1審同様に完全な刑事責任能力を認めた。

 弁護側が主張した、絞首刑の残虐性を理由にした死刑の違憲性については「絞首刑で苦痛を感じる時間は短時間にとどまり、残虐とまで評価できない」として合憲と判断した。

 ただ、執行方法が1873(明治6)年の太政官(だじょうかん)布告で決められたことに触れ、「現行の執行方法は実際には布告と食い違っている。新たな法整備をしないまま放置し続けていることは、立法政策として決して望ましくない」と言及した。

 判決によると、高見被告は09年7月、生活への不満から無差別殺人を計画。此花区のパチンコ店にガソリンをまいてマッチで放火し、客や従業員の男女5人を殺害、10人に重軽傷を負わせた。

 アルバイト中に亡くなった延原麻衣さん(当時20歳)の母晋子(くにこ)さんは大阪市内で記者会見し、「判決は当然。ただ、公判をすべて傍聴してきたが、どうしてこんな事件を起こしたのか分からないままだった」と話した。居間にある麻衣さんの遺影に判決を報告するという。【渋江千春】



 大阪市此花区のパチンコ店で2009年に5人が死亡した放火殺人事件で、殺人などの罪に問われた無職、高見素直被告(45)の控訴審判決が31日、大阪高裁であった。中谷雄二郎裁判長は「極めて残虐な犯行で、社会に与えた衝撃は大きい」と述べ、求刑通り死刑とした1審・大阪地裁判決を支持、被告側の控訴を棄却した。

 判決は絞首刑の合憲性を認めた一方で、絞首刑が1873(明治6)年の太政官布告で決められたことに触れ、「140年も法整備をせず放置し続けるのは、立法政策として決して望ましくない」と異例の言及をした。国民的合意を得るよう、死刑の執行方法について国会などに議論を促したものとみられる。

 絞首刑について残虐でないとした判決だが、「現行の執行方法は細部とはいえ、布告の規定と数多くの点で食い違いが生じている」とも指摘した。

 絞首刑は死刑囚が乗った踏み板が開き、落下して首にかかった縄が絞まる方式。布告を根拠とするが、弁護側によると、踏み板から下の階の床までの距離や縄の長さなど、複数が変更されている。

 龍谷大法科大学院の石塚伸一教授(刑事法)は判決について「布告当時は絞首刑は公開を前提にしており、現代とは意味合いが違う。現状を放置すれば絞首刑自体が違法になる可能性があると指摘したものだ」と評価した。

 1審で弁護側証人として絞首刑の残虐性を訴えた元最高検検事の土本武司・筑波大名誉教授(刑事法)は「死刑の執行方法を議論してこなかった立法府の怠慢を、高裁が明らかにしたことになり、大きな意義がある」と話した。【渋江千春、内田幸一】



 サッカー、野球といったスポーツの日韓戦といえば高視聴率が取れテレビ局にとってドル箱のはずなのだが、2013年7月28日に放送したサッカー東アジア杯は日本の初優勝がかかっていたにも拘らず、裏番組のTBSドラマ「半沢直樹」に視聴率で5ポイントの大差をつけられ「敗退」してしまった。

 「半沢直樹」は現在放送中のドラマの中で最も勢いがあり人気が高い強力番組だが、サッカー日韓戦を上回る視聴率が取れたのには他にも原因があると専門家が分析している。

■「やられたらやり返す。倍返しだ!」が流行語に

 「半沢直樹」は13年7月7日から放送が始まり、バブル期に「東京中央銀行」に入行した半沢直樹を堺雅人さん(39)が演じている。半沢は相手が上司だろうと正しいことは正しいを貫く融資課長で、ある日、支店長が犯した失敗の責任を擦り付けられ融資金5億円の回収が困難な事態に追い込まれてしまう。そこから半沢の逆襲が始まるが、「やられたらやり返す。倍返しだ!」「クソ上司め覚えてやがれ!」などのセリフが有名になっている。

 視聴率は1話目がビデオリサーチ調べで関東地区は19.9%、2話目が同21.8%だった。13年7月28日放送の3話目は裏番組が日本の初優勝がかかったサッカー東アジア杯の日韓戦だったため落とすのではないかと思われていたが結果は同22.9%で、今年放送されたドラマでは最高を記録した。サッカーの視聴率は同17.8%だから5ポイントも上回ったのだ。

 今までならサッカーの日韓戦はダントツの高視聴率をマークしてきた。例えばテレビ朝日が11年1月25日に放送したサッカーアジア杯の韓国戦は同35.1%、11年8月10日にTBSの「キリン・チャレンジカップ2011 日本×韓国」同22.2%で瞬間最高視聴率は32.1%だった。

 これだけ人気だったサッカー日韓戦が「半沢直樹」に敗れた理由は何なのだろうか。もちろん今度の日本代表が国内組で構成され、盛り上がりに欠けたという一面もあるが、芸能評論家の肥留間正明さんによれば、「半沢直樹」の人気の高さだけでは片付けられない問題があるのだという。それは放送したフジテレビの姿勢だ。まず、サッカーの試合前にコメンテーターとして映し出されたのは人気お笑いコンビ「ピース」の綾部祐二さんと又吉直樹さんだった。熱心なサッカーファンほどこれを見て見る気がうせてチャンネルを変えたのではないか、と推測している。



視聴者は本物が見たいしわくわくしながら楽しみたい

  「大事な試合だからこそサッカーに精通した評論家や記者を用意すべきだったのに、出てきたのはお笑いコンビ。フジとしては女性や子供の視聴が増えると考えたのでしょうが全くの失敗で、いまフジが凋落している原因を全く理解していない。そりゃあサッカーファンは呆れて逃げていきますよ」

 視聴者やサッカーファンをなめているからこうしたコメンテーターを用意する。さらに試合が始まると煽って盛り上げることに一生懸命で、試合内容を適切に説明、表現する姿勢が不十分で、フジの放送には見切りを付けたという視聴者が出ていた、と分析している。

 視聴者は本物が見たいし、そしてわくわくしながら楽しみたい。それを実現しているのが「半沢直樹」なのだという。俳優として油の乗っている堺さんを主役に起用しそして当たり役として定着しつつあるし、脇を固めているのが香川照之さん、北大路欣也さんといった名優。何といっても台本がしっかりしている。これはフジテレビのやり方と真逆で、

  「フジはサッカーに芸人を出して視聴者に媚を売っているが、半沢は大人の鑑賞に耐えうる『本物』を目指している。実は、大人の鑑賞に堪えうるものは子供も、ドラマにあまり興味のない人たちも引き込んでしまうのです。それが今回の視聴率の差でしょう」

と肥留間さんは分析している。

 今年6月に結婚した俳優の要潤が、7月下旬に挙式・披露宴を行っていたことが7月31日、わかった。所属事務所によると、出席者は親族と親しい友人のみを招いたといい、同席したタレント・相沢まきのブログでは、俳優の大泉洋ら役者仲間も参加したと振り返っている。

要潤、理想の“胸”は…

 夫人の友人として参加した相沢は、31日付の自身のブログで「松藤あつこちゃんの挙式、披露宴に行ってきました」とまさかの暴露。

これまで一般女性としか報じられていなかった夫人が元タレントの松藤だったことも暴露した。

夫人とは「10年前に番組で共演して以来の仲ですが、本当に誰にでも優しくて気遣い屋さんで大好きなお友達です」と紹介している。

 「披露宴の初っぱなからコントが繰り広げられ、ショッカーがたくさん登場したりと笑いが絶えない式でした」と式の内容にも触れ、「VTRがあり得ない程豪華で、更に新郎様の役者仲間チームの大トリの大泉洋さんのスピーチが会場中大爆笑のトークで、一瞬でファンになってしまいました」とその様子を綴った。

 6月の入籍報告時に要は「待ち望んだ家族という新たな力をプラスして、今まで以上に仕事に集中し、邁進していければと思います」と事務所を通じて喜びのコメントを寄せていた。続きを読む

 茨城県龍ケ崎市の路上で7月14日に小学5年の女児(10)が男に殴られた事件で、県警竜ケ崎署は31日、意識不明の重体だった女児の意識が回復したと発表した。会話ができる程度に回復しており、すでに東京都内の病院から茨城県内の病院に転院したという。

 一方、水戸地検土浦支部は同日、事件で逮捕・送検された同県牛久市田宮、無職、野口裕美容疑者(30)について、刑事責任能力を調べるための鑑定留置を水戸地裁土浦支部に請求し、認められたと発表した。決定は30日付。【安味伸一】続きを読む

女優のチェ・ジウが2年ぶりにブラウン管にカムバックをする。

チェ・ジウは9月に放送予定のSBS(ソウル放送)の新しい月火ドラマ『怪しい家政婦』(仮題)の女主人公パク・ポンニョ役で出演する。

『怪しい家政婦』は、崩壊直前の家庭にミステリアスな雰囲気の漂う家政婦パク・ポンニョがやってきたことから起きるエピソードを描いた作品。昨年下半期まで日本テレビで放送されて40%を越える視聴率を記録した『家政婦のミタ』が原作だ。父親の不倫が原因で母親が自殺した家庭に家政婦がやってくる設定や父親と4兄弟姉妹という家族構成はそのまま受け継ぐが、入試競争や就職競争など韓国的な背景を加えた。

今回の作品はチェ・ジウが2011年のドラマ『負けてたまるか』以来、約2年ぶりのお茶の間カムバックになり、放映前から話題を集めている。




 女優チェ・ジウが今年9月末に放送予定のドラマ『怪しい家政婦』(SBS)の主人公にキャスティングされた。チェ・ジウのドラマ出演は、2011年の『負けたくない!』以来2年ぶり。

 『怪しい家政婦』は、ベールに包まれたミステリアスな家政婦の話を描いた作品で、原作は日本で11年に放送され40%の高視聴率を記録した『家政婦のミタ』。

 チェ・ジウは「原作のストーリーの感動的ヒューマニズム、主人公のキャラクターの独特な魅力、キム・ヒョンシク監督に対する信頼から、迷うことなく出演を決めた。女優チェ・ジウの新たな挑戦になるだろう」と意気込みを語った。

 これまで映画やドラマで純情可憐型のヒロインや、やり手のキャリアウーマンを演じてきたチェ・ジウが今回「特異な」キャラクターをどのように表現するのか、注目が高まっている。



【ソウル聯合ニュース】韓国の女優チェ・ジウがSBSの新ドラマ「怪しい家政婦」(原題)に主演する。SBSが31日、明らかにした。

チェ・ジウのプロフィールと写真


 同作はベールに包まれた家政婦を描いた作品で、2011年に日本テレビで放送され最終回視聴率40%を記録した「家政婦のミタ」が原作。
 
絶対に笑顔を見せない謎の家政婦の登場で、傷ついた家族が癒されていくストーリーだ。
 
チェ・ジウは2011年のMBC「負けたくない! 」以来、2年ぶりのドラマ出演となる。
 
同作への出演についてチェ・ジウは「原作が感動的で家政婦に独特な魅力があり、迷わず出演を決めた。新たな演技に挑戦することになる」とコメントを寄せた。
 
9月23日に初回放送予定。



続きを読む

このページのトップヘ