JWSSNニュース(^з^)-☆

こちらはJWSSNニュースです。 情報提供お待ちしています。 我々JWSSNニュースは日本国内で起きたニュースはもちろん、世界で起きたニュースや小さいニュースなど180度様々な視点からお伝えします。 どうぞ、これからもJWSSNニュースを末永くよろしくお願いします。 ちなみに、JWSSNはジャワスンと読みます。 また、当ニュースの編集長は19歳の現役大学生ですのであしからず。

2012年11月

 三菱重工業は11月30日、名古屋航空宇宙システム製作所で宇宙関連の情報が入ったパソコン4台がウイルスに感染していたと発表した。

 同製作所ではロケットなどを生産しており、同社によると、これまで知られていないウイルスの感染が11月27日に判明。情報が流出した可能性があり、感染経路を調べている。同社では、昨年9月にサイバー攻撃を受けた事件が発覚、パソコン83台が感染、セキュリティー対策を強化したばかりだった。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)も11月30日、ウイルス感染によって開発中の小型ロケット「イプシロン」の技術情報が流出した可能性があることを公表した。


 三菱重工業は30日、名古屋航空宇宙システム製作所で宇宙関連の情報が入ったパソコン4台がウイルスに感染していたと発表した。

 同製作所ではロケットなどを生産しており、同社によると、11月27日に新種とみられるウイルスの感染が判明、情報が流出した可能性があり、感染経路について調べている。同社では、昨年9月にサイバー攻撃を受ける事件が発覚している。


 三菱重工業は30日、名古屋航空宇宙システム製作所(名古屋市)で使用するパソコン4台が新型ウイルスに感染していたと発表した。すでにウイルスは駆除済みだが、宇宙関連情報が外部に漏えいした可能性もあるとしている。
 ウイルス対策ソフトでパソコンを調べた結果、27日に感染が判明。同社は外部の民間調査機関と共同で、感染経路や情報漏えいの有無を調べる。また、宇宙航空研究開発機構(JAXA)も30日にパソコンのウイルス感染を発表しており、関連性も調べる方針だ。
 三菱重工では昨年、全国11カ所の拠点でサイバー攻撃を受ける事件があり、一部情報が外部に流出した可能性がある。 


 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11月30日、職員が利用していたPCがウイルスに感染し、開発中の「イプシロンロケット」に関する情報などが外部に漏洩した可能性があることを明らかにした。

 また三菱重工業も同日、同社名古屋航空宇宙システム製作所で、宇宙関連の業務に利用していたPC4台がウイルスに感染していたことを発表。外部の専門調査機関と共同で、感染経路や情報流出の有無を含めた被害状況を調査しているという。

 JAXAでウイルス感染による情報漏洩の可能性が判明したのは11月28日。まず11月21日にこの端末でウイルス感染を検知し、詳しく調査したところ、ウイルス感染に加え、そのウイルスによる情報収集の痕跡や外部との通信が確認されたという。JAXAでは引き続き情報漏洩の有無やその影響について調査するとともに、当該端末以外で感染がなかったかどうかも確認している。

 この感染で外部に流出した可能性があるのは、イプシロンロケットの仕様や運用に関わる情報のほか、その開発に関連するM-Vロケット、H-IIAロケット、H-IIBロケットの仕様や運用に関わる情報。

 一方三菱重工業でウイルス感染が判明したのは11月27日。同社によると、このウイルスは「これまでに知られていなかった種類のもの」で、情報流出の可能性もあることから、被害拡大防止策ならびに調査を進めているという。

 JAXAでは2011年7月から8月にかけても、職員のPCがウイルスに感染し、「こうのとり」に関連する情報などが流出する事故が起きていた。

 宇宙航空研究開発機構は30日、筑波宇宙センターの業務用パソコン(PC)1台がコンピューターウイルスに感染し、開発中の小型固体燃料ロケット「イプシロン」の仕様などに関する情報が外部に漏えいした可能性があると発表した。感染経路や時期、流出先などを詳しく調べる。
 機構によると、今月21日、社内ネットワークに接続された業務用PCでウイルスを検出。詳しく調べたところ、イプシロンロケットや、H2A、H2Bロケットなどの情報をウイルスが収集し、外部と通信した形跡が見つかった。
 ネットワークは一般業務用で、ロケットなどの運用に直接使われたり、高度な機密情報を取り扱ったりするものではないという。 


 【田中誠士】宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11月30日、技術職員が業務で使用していたパソコン1台がウイルスに感染したと発表した。パソコンには、初号機の打ち上げを来年に控えた国産新型ロケット「イプシロン」の仕様や運用にかかわる技術情報が保存されており、外部に送信された疑いがあるという。

 JAXAによると、パソコンは筑波宇宙センター(茨城県つくば市)に勤務する「イプシロン」の技術担当の男性が使用していた。ウイルス対策ソフトで21日に感染がわかった。ネットワークから切り離して調査したところ、ウイルスによってパソコン内の情報がまとめられ、外部と通信したことが28日までに確認されたという。

 パソコンにはイプシロンのほか、2006年に引退した固体燃料ロケット「M(ミュー)5」、基幹ロケット「H2A」「H2B」の仕様や運用に関わる情報、会議の議事録などが入っていた。

 感染経路は不明だが、設計図など特に重要な情報はパソコンには保存させないようにしていたという。今後、実際に漏れた情報の特定などを進める。


 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は30日、職員の端末1台がコンピュータウイルスに感染し、各種情報が外部に漏洩した可能性があることを発表した。11月28日に判明したもので、来年の打ち上げを目指して開発中の「イプシロンロケット」に関する情報も含まれているという。

【画像】JAXAによる発表など

 漏洩した可能性があるのは、イプシロンロケットの仕様や運用に関わる情報、イプシロンロケット開発に関連するM-Vロケット、H-IIAロケットおよびH-IIBロケットの仕様や運用に関わる情報となっている。「イプシロンロケット」は、2006年に廃止されたM-Vロケットの後継として開発されている固体ロケット。さまざまな新技術を導入することで、コストパフォーマンスを改良した機体として、2013年度に実証機「E-X」、2017年度以降に改良型「E-I」が打ち上げられる計画となっている。

 JAXAでは、11月21日に当該端末でウイルスを検知し、直ちにネットワークから切り離し調査したところ、11月26日に当該端末がウイルスに感染していることが確認された。さらに調査を進めたところ、11月28日にウイルスによる情報収集がなされていた痕跡、および外部との通信も確認されたとしている。現在、JAXAでは漏洩した可能性のある情報内容の特定および原因究明に取り組んでいるとのこと。


 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は30日、筑波宇宙センター(茨城県つくば市)の技術系職員が使用するパソコン1台がウイルスに感染し、開発中の新型固体燃料ロケット「イプシロン」などの情報が外部に流出した可能性があると発表した。

 JAXAによると、流出した可能性があるのはイプシロンの仕様や運用に関する情報のほか、同機の開発に関連するH2Aロケットなどの情報。ウイルスがパソコン内を情報収集した形跡があり、外部と通信していたことも確認された。流出の有無を調べている。

 ウイルス対策ソフトが21日に検知し、26日に専門業者の調査で感染が判明した。JAXAは感染原因を調査するとともに、他のパソコンの感染の有無についても調べている。

 イプシロンは科学衛星用などに開発中の小型ロケットで、来年夏に内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県肝付町)で初号機を打ち上げる予定。

 JAXAでは今年1月にも職員のパソコンがウイルスに感染し、米航空宇宙局(NASA)が保管する国際宇宙ステーション(ISS)関連の文書にアクセスできるパスワードや物資補給機「こうのとり」の情報などが外部に漏れた可能性が判明している。



画像1

開発中のイプシンロケット

 「今太閤」と呼ばれた父、田中角栄元首相の威光で、過去の選挙は圧勝だった田中真紀子文科相。今回、落選の黄信号が点滅している。
 自民党の情勢調査や報道機関の世論調査で、自民党の長島忠美前衆院議員に頭1つ、リードを許している。真紀子氏も逆風を自覚しており、選挙最優先の日程を組んでいる。
 「前回の選挙で、推薦返上までした連合新潟に、真紀子氏が自ら頭を下げて、推薦を願い出たことでも苦しいのは歴然だ」(県議会関係者)
 しかし、頼みの「連合」も推薦を見送り、支持のみ。また、真紀子氏当選の原動力となってきた無党派層離れも著しい。
 「今まで、真紀子氏は『凡人、軍人、変人』など、歯にきぬ着せぬ発言で笑いを取り、聴衆をひき付けたが、3・11以降、空気は変わった。真紀子氏の他人を傷つける発言に、有権者は笑えなくなっている」(同)
 さらに足を引っ張ったのが夫、直紀氏の防衛相就任だ。
 安全保障や防衛政策の基礎も理解しておらず、秘書官同席で国会答弁を行い、「腹話術をやめろ」と批判された。委員長の了解なく予算委員会室から抜け出し、議員食堂でコーヒーを飲んでいて、「もうコーヒーは飲まない」と釈明するなど、無能ぶりを露呈。問責決議を可決された。
 その後、真紀子氏が文科相に就任したが、来春開校予定の3大学の設置申請を不認可として、大混乱を引き起こした。夫婦揃い踏みの「ハク付け大臣就任」が逆効果になったのだ。苦しい真紀子氏は今回、16年ぶりに比例と重複立候補の布石を打っている。
 一方、自民党の長島氏は、新潟県中越地震の際、山古志村長として住民避難や生活再建に取り組み、知名度や人気が高い。後援会長には、角栄元首相の最強後援会「越山会」の元青年部長という星野伊佐夫県議が座る。
 「星野氏は選挙の裏の裏まで熟知している。早い段階から動き、真紀子氏の支援者をオセロゲームのようにひっくり返している。長島氏の母校、長岡高校同窓生が奔走しているのも強い」(長岡市議)
 前職2人の激突に割って入ったのが、地元出身の医師兼弁護士で、「日本維新の会(維新)」の米山隆一氏だ。過去2度の選挙は、自民党から出馬して、真紀子氏をギリギリまで追い詰めた。
 「長島氏と二人三脚でやってきた米山氏が対立候補となった。長島氏と支持者が重なるが、維新は無党派層に強いため、真紀子氏の票を食う可能性もある。正直読めない」(自民党県連幹部)
 三つどもえのデスマッチか。(ジャーナリスト・田村建雄) 
【新潟5区(長岡市など)主な立候補予定者】
▲田中真紀子68 民主前
△長島 忠美61 自民前
 服部 耕一43 共産新
▲米山 隆一45 維新新
(記号は夕刊フジの分析。△=やや優勢、▲=やや苦戦)


画像1

田中眞紀子文科相(民主党)

画像2

長島忠美衆院議員(自民党)

画像3

服部耕一(日本共産党)

画像4

米山隆一(日本維新の会)

画像5

田中直紀元防衛相(民主党)

画像6

田中角栄元首相(自民党【当時】)

画像1

橋下徹代表代行率いる「日本維新の会(維新)」は、大阪での大躍進は間違いなさそうだ。序盤情勢では、大阪1-10区のうち、自民党と大接戦になっている大阪4区と、公明党との選挙協力で擁立を見送った3選挙区を除いて全勝する勢い。あおりを受け、民主党は7区の藤村修官房長官と、10区の辻元清美元国交副大臣が劣勢を強いられている。

 「地元での橋下人気は爆発的だ。さらに大阪の各選挙区には公明票が約3万票あり、これが維新に上乗せされるため、圧倒的に強い。民主党には3年半の失政が直撃し、基本的には『維新vs自民党』の争いだ」

 在阪ジャーナリストは大阪の情勢をこう語った。当落予測は別表の通り。小沢一郎代表率いる「国民の生活が第一」が丸ごと合流する「日本未来の党(未来)」の候補も苦しい。

 最激戦区は10区だ。自民党から維新にくら替えした松浪健太前衆院議員と、民主党の辻元氏、自民党新人で早稲田大学創始者の大隈重信の玄孫にあたる外科医の大隈和英氏が三つどもえの戦いを展開している。

 道州制が持論の松浪氏は、橋下氏との連携を強調。辻元氏は維新の石原慎太郎代表を「日本の核保有が持論だ」などと批判し、リベラル票を掘り起こす戦略。大隈陣営は「松浪氏は長年自民党に支えられながら、後ろ足で砂をかけて出ていった」(府議)と、「打倒・松浪」で燃えている。

 在阪ジャーナリストは「アンチ松浪、アンチ辻元も相当数いる。全員にチャンスがありそうだ」と分析した。

 7区では、藤村氏に、維新新人の上西小百合氏が挑む。「福娘」「愛染娘」などのキャンペーンガールを務め“浪速のエリカ様”の異名を持つ。

 府政関係者は「吹田市や摂津市がある7区には、橋下氏と激しく対立する大阪市職員組合員が多く住んでいる。藤村氏は組合に支えられているうえ、野田佳彦内閣の要である官房長官。橋下氏は重点選挙区として力を入れている」と話した。

 実際、橋下氏は「太陽の党」との合流後、初の街頭演説を吹田市で行った。内閣の大番頭が、落選の憂き目にあうのか。

 旋風を巻き起こしている維新だが不安もある。太陽と合流した際、「企業・団体献金禁止」などの重要政策が一時、変遷したうえ、公認候補の実力が未知数で「玉石混交」「橋下ベイビーズ」などのレッテルを貼られつつある。資金難から公認を辞退する候補者も出た。

 在阪ジャーナリストは「候補者を隠し、橋下、石原両氏の二枚看板で風を起こす戦略は、限界がくるのではないか。2、9区では、自民党が維新を逆転する可能性もある」と話す。

 維新は本拠地で守りの選挙になっていないか。

画像2

藤村修官房長官(民主党)

画像3

辻元清美元国交副大臣(民主党)

画像4

小沢一郎元民主党、国民の生活が第一代表(日本未来の党)

画像5

松浪健太衆院議員(日本維新の会)

画像6

大隈和英(自民党)

画像7

大隈重信元首相

画像8

上西小百合(日本維新の会)続きを読む

 天下分け目の次期衆院選(12月4日公示、同16日投開票)は、民主党が3年半の失政批判にさらされ、自民、公明両党が政権奪還を狙い、日本維新の会(維新)や、みんなの党、日本未来の党(未来)などが猛追する構図になっている。最近の衆院選では、東京など都市部での獲得議席がそのまま選挙全体の傾向となっているが、今回はどう転びそうか。東京(25選挙区)と、大阪(19選挙区)計44選挙区の序盤情勢を2回にわたって徹底分析する。
 まずは1300万都市・東京。無党派層が多く、当選者がオセロゲームのように変わる小選挙区制の特徴が強く出る。民主党と自民党の直接対決で見ると、2005年郵政選挙では、民主党で小選挙区で勝ったのは菅直人前首相(18区)だけ。09年政権交代選挙では、自民党で平沢勝栄前衆院議員(17区)だけが当選した。
 政治ジャーナリストの角谷浩一氏による東京1-12区の当落予測は別表の通り。民主党2、自民党9、公明党1だ。
 角谷氏は「民主党は他党の批判ばかりしているが、逆効果だ。有権者には『あんたたち、できなかったじゃないか』と思われるだけで、どんどん票が逃げていく。消去法で自民党が浮上しやすい環境だ」と話す。
 閣僚級や党幹部を務めた民主党候補は、明暗が分かれた。海江田万里元経産相(1区)と、長妻昭元厚労相(7区)は「やや優勢」。角谷氏は「1区は、自民党が同区に地盤を持つ与謝野馨元財務相の復党を認めなかったため動きが鈍い。長妻氏は知名度が高く、党内野党的な立場が長かったため、有権者の反発が強くない」と話した。
 一方、松原仁元国家公安委員長(3区)と、野田佳彦首相側近の手塚仁雄前首相補佐官(5区)、小宮山洋子前厚労相(6区)は「やや劣勢」だ。
 松原氏の自民党対抗馬は、維新の石原慎太郎代表の三男・宏高氏で、維新は候補者を立てていない。長男の伸晃・自民党前幹事長の9区も同様。第3極の参入がなく、民主党への批判票が自民党に流れる「親子のステルス選挙協力」(角谷氏)が効いているようだ。
 また、手塚、小宮山両氏の世田谷区は、昨年の区議選で民主党議員が11人から4人に激減した。ある区議は「小宮山氏は厚労相として『社会保障と税の一体改革』の名のもと、マニフェストにない消費税増税を決めたことが不評だ。情勢調査でも下降線」と語る。
 維新とみんなは、1、2、4、5、6区の5選挙区で競合する。角谷氏の分析では、共倒れに終わる公算が大きい。
 角谷氏は「大阪発の維新に都民はなびかない。政策が共通するみんなと競合するなど、戦略として大失敗。石原氏は息子たちの当選を優先させているのでは」と話す。
 未来は埋没気味で、元祖・小沢ガールズの青木愛前衆院議員(12区)も「大苦戦」だ。
 投開票までに、流れは変わるか。

画像1

青木愛衆院議員(日本未来の党)

画像2

海江田万里元経産相(民主党)

画像3

長妻昭元厚労相(民主党)

画像4

菅直人前首相(民主党)

画像5

平沢勝栄衆院議員(自民党)

画像6

松原仁元国家公安委員長(民主党)

画像7

手塚仁雄前首相補佐官

画像8

小宮山洋子前厚労相(民主党)

画像9

石原宏高衆院議員(自民党)

画像10

石原伸晃元国交相(自民党)

このページのトップヘ