JWSSNニュース(^з^)-☆

こちらはJWSSNニュースです。 情報提供お待ちしています。 我々JWSSNニュースは日本国内で起きたニュースはもちろん、世界で起きたニュースや小さいニュースなど180度様々な視点からお伝えします。 どうぞ、これからもJWSSNニュースを末永くよろしくお願いします。 ちなみに、JWSSNはジャワスンと読みます。 また、当ニュースの編集長は19歳の現役大学生ですのであしからず。

2012年10月

 テレビ朝日のイケメン、板倉朋希アナウンサー(27)が結婚したことが26日、分かった。今年1月に都内の区役所に婚姻届を提出し、9月に都内で挙式した。

 お相手は学習院大経済学部の同級生で公務員。板倉アナは「結婚後の2人の姿がイメージできた」と人生の選択をした理由を話している。

 4年目の板倉アナは仕事面でも期待のホープ。ニュース取材を担当する夕方のニュース「スーパーJチャンネル」(月〜金曜後4・53)では、事件や被災地での取材のほか、裸祭りにふんどし姿で参加するなどの体当たり取材も行うなど幅広く活躍。また、「ポータル ANNニュース&スポーツ」スポーツコーナーも担当している。

 伴侶を得て責任感も増し、「“この番組の顔として任せたい”そう言われるアナウンサーになりたい」と誓っている。
続きを読む

ジャスティン・ビーバーが、恋人セレナ・ゴメスの生みの父親から、クレジット詐欺で訴えられていたことがわかった。

【写真を見る】セレナ・ゴメスの生みの父親から、クレジット詐欺で訴えられていたジャスティン・ビーバー

セレナの実親だというミシガン在住の匿名希望の男性の訴状として、TMZ.COMが報じたところによれば、「ビーバーは、私のクレジットカードから426.78ドルを盗んだまま、返金していません。彼は、私のベッドルームのカナダ産のクマのラグの上で娘のセレナを妊娠させ、そして堕胎のためにそのお金を使ったのです。彼はセレナに梅毒を移しただけではなく、私から盗んだアメリカンエクスプレスのクレジットカードのお金を使って、ペニス拡張手術までしています」。

「そして、ビーバーの尊敬するアッシャーは、今年7月4日のインディペンデント・デイに私の家を訪れ、私はケイティ・ペリーの音楽が流れる花火を見ながら、アナルセックスを強要された」と訴えているという。

元舞台女優の母親が16歳の時に生まれたセレナは、5歳の時に両親が離婚しており、その後、母親は再婚している。セレナの生みの父親はこの男性になるのだが、訴えを起こした男性が、その男性なのかは明らかになっていない。

さらにこの男性は、「ビーバーは、リアーナやペネロペ・クルスと浮気をしてセレナを欺いた」と主張しているそうだが、スーパーリッチなジャスティンが、この程度の小額のお金を盗むことは考え難く、「ジャスティンからお金を巻き上げるための訴訟ではないか」という声もあるようだ。【NY在住/JUNKO】

画像1

イケメンのジャスティン・ビーバー(18)

 人気グループ「SMAP」の中居正広(40)の主演で今年4月期に放送され、高視聴率を獲得したTBS系連続ドラマ「ATARU」が来年初めに「お正月スペシャル」として放送されることになった。

 サヴァン症候群(自閉症などの障害を持つ人のうち、特殊な才能を持つ症状)の主人公の青年・チョコザイ(別名・アタル)が、卓越した記憶力で事件を解決するミステリー。中居は「『またできるんだ!』という喜びと、あの“チョコザイ”君をもう一度演じることができるのかという不安が入り交じった感じ」とコメントした。

 スペシャルドラマでは、新たなキャラクターとして、アタルの弟・介(たすく)が登場。連ドラ版の最終回で米ニューヨークに渡ったアタルが、ある殺人事件の容疑者として浮上した弟を助けるため、日本に帰国する―という設定で、北村一輝(43)、栗山千明(28)らのキャストも健在だ。警官役で出演していた光宗は今回は出演しないという。





 今年4月クールにTBS系で放送されたSMAP・中居正広主演の連続ドラマ『ATARU』が、正月のスペシャルドラマとして復活することがわかった(放送日時未定)。同作でサヴァン症候群という特殊な能力を持った謎の男・チョコザイ(アタル)を演じた中居は、「またできるんだ!という喜びと、あの“チョコザイ”君をもう一度演じる事ができるのかという不安が入り混じったそんな感じです」とコメント。撮影に向けては「またみんなと楽しく撮影ができたらいいなと思っています。北村(一輝)さん、顔薄くなったかな(笑)」と期待をふくらませている。

 同作は、目にしたものをすべて記憶してしまう能力を持ったチョコザイが、北村一輝、栗山千明が演じる刑事とともに難事件を解決していく異色の刑事ドラマ。4月15日に放送された初回平均視聴率は19.9%、最高視聴率21.7%と高視聴率を獲得(ビデオリサーチ調べ・関東地区)。「はい、アップデートしました」「Mission accepted」「ねぇねぇ」といったセリフも話題を集めた。

 最終回で米ニューヨークに戻ってしまったチョコザイだったが、今回のスペシャルドラマでは、連続ドラマで登場しなかったチョコザイの弟・介(たすく)が連続殺人事件の容疑者として浮上。1997年に全米を震撼させた「十字架殺人事件」と酷似した犯行の真相を解き、弟を救うため、チョコザイがニューヨークから日本へと向かう。捜査一課の沢刑事(北村)、捨てヤマ探偵となった舞子(栗山)と再びトリオを組み事件に挑むのだが、かつて共にTBIの訓練を受けたアタルと同じ特殊能力を持つ最大の敵が立ちはだかる。

 植田博樹プロデューサーは「スペシャルドラマのテーマは家族や仲間の絆です。家族の絆って何だろう。仲間だからこそ出来ることって何だろう。新年のスタートに当たって今の日本に必要な熱いエネルギーと温かいメッセージを伝えられたら」と意気込みを語っていた。

 俳優の生田斗真が主演するフジテレビ系連続ドラマ『遅咲きのひまわり』(毎週火曜 後9:00)が23日にスタートし、初回平均視聴率が13.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが24日、わかった。最後の清流と呼ばれる高知県・四万十川を舞台に20代後半の男女7人が繰り広げる群像劇。

 生田が演じる主人公・小平丈太郎は、いわゆる就職氷河期世代の現代日本のどこにでもいるような若者。東京の私大を卒業後、派遣社員として働き始め、地道な仕事ぶりや人柄が認められて正社員採用となるはずだったが、目前で不意の“派遣切り”にあい、さらにはそれをキッカケに7年間付き合った彼女にも振られてしまう。

 疎遠になっていた実家にも自分の居場所はなく、途方に暮れていたところ、たまたまネットで見つけた「地域おこし協力隊」募集のページを見つけて、全く縁もゆかりもない高知県四万十市に飛び込むことから物語はスタート。ほかに、真木よう子、桐谷健太、香椎由宇、柄本佑、木村文乃、国仲涼子らが自らの夢や希望、痛みや秘密などと向き合っていく若者を演じる。

 脚本は、草彅剛主演の『僕』シリーズや二宮和也主演の『フリーター、家を買う』などを手がけた橋部敦子氏が、登場人物たちの気持ちの揺れや本音から日本の「今」を浮かび上がらせる。

 初回では、丈太郎の弟役で生田の実弟で同局の生田竜聖アナウンサーが特別出演した。

 21日にスタートした「SMAP」の香取慎吾(35)と山下智久(27)が主演するTBS系連続ドラマ「MONSTERS」(日曜後9・00)の初回平均視聴率が13・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが22日、分かった。初回は2時間スペシャルで放送された。

 嫌われ者だが洞察力に優れた腕利きの変人(香取)とセレブの御曹司で正義感にあふれた新人(山下)の凸凹刑事コンビが難事件を解決していく痛快ミステリー。香取と山下は本作がドラマ初共演となる。2人が新ユニット"The MONSTERS"として共同で作詞作曲した楽曲「MONSTERS」で主題歌を担当することも話題。共演は山下演じる西園寺の彼女・恵美を演じる柳原可奈子(26)のほか、大竹まこと(63)、遠藤憲一(51)ら。

 初回は、警視庁捜査一課に所属し、警視庁イチの変わり者で周囲に嫌われている刑事・平八(香取)はたった一人の班「平塚班」として行動しながら、なぜか次々と難事件を解決してしまう。捜査一課の面々は平八の活躍に疑問を抱き、なんらかの不正をしているのではと疑っている。そんな中、一課に仮採用された新米刑事の西園寺(山下)は、課長の剣持(大竹まこと・63)と先輩刑事の金田(遠藤憲一・51)からの指示で、平八の部下となり、平八を24時間監視し、その行動を逐一報告するように言われる。平八の部下となった西園寺の最初に事件は有名企業グループの会長の殺人事件だった。凶器に目をつけた平八は、犯人にあるワナを仕掛けて…という展開だった。

 前クール(7~9月)の同枠ドラマ「サマーレスキュー~天空の診療所~」(向井理主演)の初回は14・7%だった。 

このページのトップヘ