JWSSNニュース

こちらはJWSSNニュースです。 情報提供お待ちしています。 我々JWSSNニュースは日本国内で起きたニュースはもちろん、世界で起きたニュースや小さいニュースなど180度様々な視点からお伝えします。 どうぞ、これからもJWSSNニュースを末永くよろしくお願いします。 ちなみに、JWSSNはジャワスンと読みます。 また、当ニュースの編集長は19歳の現役大学生ですのであしからず。

2012年09月

 榮倉奈々(24)が主演するTBS系連続ドラマ「黒の女教師」(金曜後10・00)の最終回が21日に放送され、平均視聴率が8・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが24日、分かった。全10話の平均は9・9%だった。

 同局の「第1回 連ドラシナリオ大賞」の佳作に入ったシナリオのドラマ化。都立高校で進路指導を担当する生物教師・夕子(榮倉)、古典教師・すみれ(市川実日子・34)、美術教師・彩(小林聡美・47)の3人は一見普通の教師だが、実は真夜中に法外な金を要求しながら、手段を選ばず、学校内に蔓延するさまざなな難問を次々解決していく黒の女教師。毒を以って毒を制するという彼女たちの問題解決方法を通じて、人間の本質に迫る異色の学園ドラマ。主演の榮倉は初の教師役で、ダークヒロインを演じるのも初めて。

 そのほかの出演者は、3人と対立する新人現国教師・遥を演じる木村文乃(24)や、物語の舞台となる3年D組の生徒たちには、ジャニーズJr.の松村北斗(17)、千葉雄大(23)、大野いと(17)ら。

 最終回は、4年前に屋上から転落死した水野葵(上間美緒・19)の弟・トシオ(松村)が葵の担任だった夕子(榮倉)たちに復しゅうするために、転校してきたことが判明。そんな中、夕子たちの懲戒免職を狙ったトシオは彼女たちの“課外授業”を告発するレポートを校長の芹沢(南果歩・48)に渡すが、芹沢は懲戒免職にはせず、長期研修などの名目で夕子たちを学校から排除した。夕子とともに、学校を追われたすみれ(市川)と彩(小林)は瑞穂(中西美帆・23)と葵の関係を独自に調べ始める。3学期に入ったある日、トシオから“罪を償え”と迫られた瑞穂は学校の屋上に向かい…という展開だった。

 前クール(4〜6月)の同枠ドラマ「もう一度君に、プロポーズ」(竹野内豊主演)の全話平均は8・6%だった。

 「Kis―My―Ft2」の藤ケ谷太輔(25)が主演するTBS系連続ドラマ「ビギナーズ!」(木曜後9・00)の最終回が20日に放送され、平均視聴率が5・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが21日、分かった。全10話の平均は7・3%だった。

最終回の視聴率5.7%は自己最低視聴率。

 全寮制の警察学校が舞台に、落ちこぼれ軍団「Sクラス」の面々が「絶対服従、外出禁止」などの厳しい規律と鬼教官たちのシゴキに耐えながら、卒業までの10カ月間で成長していく姿を描く青春ストーリー。主人公の志村徹平を演じる藤ケ谷は連続ドラマ初の単独主演となる。ヒロインを演じる剛力彩芽(19)は7期連続の連続ドラマ出演となり、ゴールデンで初のヒロイン。共演には、同じSクラスの面々として北山宏光(27)、小柳友(24)、柄本時生(22)らが出演するほか、教官役には石田ひかり(40)、杉本哲太(47)ら。

 最終回は、父親の恭一郎(国広富之・59)は高村校長(鹿賀丈史・61)の策略で、陥れられたことを知り、警察に不信感を抱いた徹平(藤ケ谷)に、県警陸上部からスカウトの声がかかる。入部の条件はマラソン大会での入賞。葛藤の中、徹平は県警陸上部で長距離ランナーの道に進む決意をし、練習を始める。黙々と練習を続ける徹平を前に、Sクラスの面々は動揺する。団司(北山)と比呂(剛力)は徹平に思いをぶつけるが、徹平は本当のことを語ろうとはしなかった。そして、マラソン大会当日、ラジオからは徹平が先頭集団にいるというアナウンスがあり…という展開だった。

 前クール(4~6月)の同枠ドラマ「パパドル!」(錦戸亮主演)の全話平均は8・2%だった。

耽美なイメージで一部ファンから熱狂的支持を受けるアーティスト・GACKTの周辺が揺れに揺れている。8月末、東京国税局査察部(通称マルサ)がGACKTの所有するマンションに強制捜査に入ったことが引き金となり、これまで謎に包まれていたGACKTの私生活が徐々に明らかにされているのだ。そしてついに火の粉は他のタレントにも及び始めた。9月6日発売号から毎週にわたってGACKTの脱税疑惑や生い立ち、度重なる美容整形、女性関係などを暴いてきた「週刊文春」(文藝春秋)が、彼と釈由美子が長年にわたって"愛人関係"を続けていると伝えたのである。

 これまで「文春」は、GACKTが元ワンギャル女性との間に隠し子を持ち、彼女を海外に住まわせて生活費の援助をしていることや、今もセックスフレンドを多数擁して派手な女性関係を築いていることを書き立ててきた。そのセフレの中には別の元ワンギャルSや元モーニング娘。のAなど有名タレントもおり、もっとも長く続いているのがその「S」だということだった。この「S」が釈由美子だったというわけだが、この二人、10年もの長い期間を共に過ごしているものの「あくまでもカラダの関係のみ」だという。

「よっぽど相性がいいのでしょう。大量のアダルトグッズを完備した自宅地下の"プレイルーム"に、頻繁に出入りしていたとか。釈はこれまでにも何人か恋人の存在を公表し、結婚にも前向きな姿勢を示してきましたが、ことごとく破局。34歳になった今も独身です」(芸能記者)


 同誌では事務所関係者が彼らの愛欲生活を明かしているが、GACKTが運転手つきの愛車に釈を乗せ、首都高速道路をグルグル走らせながら後部座席で口淫に耽っていたとも証言している。

「どちらかといえば釈の方がGACKTに夢中。イメージ通りのオレ様ドSキャラに、ハマッてしまっているのでは。お互いに割り切ったカラダだけの関係ならいいですけど、好きという気持ちもあればどうしても独占欲が出てくる。それでも自分は何人もいるセフレの一人に過ぎない。そんな生活を何年も続けていたら、やっぱり他の素敵な男性を見つけて結婚したほうがいい、と考えますよね。でも『文春』いわく、釈が別の男性と交際宣言をするたびに、GACKTが彼女を呼び出して結局元サヤ……というパターンだそう。これがホントなら、残酷ですよね。彼の真珠入りのペニスがスゴくて離れられないだけかもしれませんが」(前同)

 釈といえば著書でうつ病や摂食障害に悩まされていた過去を告白したことがある。元々の顔やスタイルへのコンプレックスと強い強迫観念から、無理なダイエットを繰り返していたことが原因だったというが、それだけでなく、GACKTとの愛欲生活を送る中で心を病むこともあったのかもしれない。

 また、今回、釈との関係が大々的に報じられたことで、焦っている人物がいるという。元モーニング娘。のAとその周辺関係者だ。

「"元ワンギャルのS"が釈なら、"元モー娘。のA"は、アノ人しかいない。たまに熱愛報道があるものの、30歳を過ぎた今も未婚のアノ子です。最近は露出度の高い写真集を出すなどしてセクシー路線を解禁していますが、熱心なファンは今でも清純派のアイドル女優としてAを応援している。ただでさえ卒業後はパッとしないのに、ダークなイメージのこびりついたGACKTとセフレだったことが広まったら、致命的です」(前同)

 すでにGACKTの手を離れた元側近や事務所関係者は、まだいくらでもGACKTを取り巻いていた女性たちの情報を隠し持っていると思われ、Aのみならず、過去に彼と関係を結んだことのある女性タレントたちは戦々恐々としていることだろう。

 当事者のGACKTは、10月スタートの連続ドラマ『悪夢ちゃん』(日本テレビ系)の撮影中。降板説もささやかれたが、予定通り出演していくようだ。一方で「文春」では「国税に押収されたパソコン」のHDに、「18歳未満の少女とハメ撮りした動画」があり、本人はそこを指摘されるのをもっとも恐れているという。「人生始まって以来、最大に病んで」いるというのだが、現状ではあくまでも強気の姿勢を崩していない。ユーモア溢れる発言で人気だったTwitterの更新を9月2日以降ストップしているものの、自身のブログでは一連の報道について「正直、『なんだこれ??』と思うことが天こ盛りだ」「笑えてしまうほど、悪意も感じる」と触れ、メルマガでも「みんなには心配かけてしまってるけど、僕自身はその件に関しては何ら心配してない」と努めて冷静に振る舞っている。

 しかし「他の週刊誌もGACKT周辺を洗っているし、『文春』もまだ追及の手を緩めそうにない。いつまで強気でいられるかわかりませんよ」(前同)というだけあって、今後の展開次第では窮地に立たされることになりかねない。脱税疑惑に端を発した騒動は多くの人を巻き添えにして拡大しつつある。


元モー娘。のaとは、安倍なつみとみられる。 続きを読む

 武井咲(18)が主演するフジテレビ系連続ドラマ「息もできない夏」(火曜後9・00)の最終回が18日に放送され、平均視聴率が8・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが19日、分かった。全11話の平均は9・8%だった。

 未来へ希望を膨らませる天真爛漫(らんまん)な18歳の少女がある日突然、自分が「無国籍」であることを知らされ、絶望する中で、贖罪(しょくざい)を背負った42歳の元新聞記者と出会い、次第にひかれ合い、親子ほど年の離れた2人が許されない愛を育んでいく社会派ラブストーリー。武井にとって同局で連続ドラマの主演を務めるのは今回が初めて。相手役となる元新聞記者を演じるのは江口洋介(44)。昨年11月に武井の妹キャラクターを選ぶ「ガールズオーディション2011」で優勝した小芝風花(15)が実際に武井の妹役で女優デビューを飾ることでも話題となっている。そのほかの共演は、木村佳乃(36)、濱田マリ(43)、浅田美代子(56)、原幹恵(25)、北大路欣也(69)ら。

 最終回は、DNA鑑定で99.99%の確率で鮎川(要潤・31)と親子関係にあると判明した玲(武井)は大きなショックを受け、家を飛び出した。そんな中、樹山(江口)が現れ、入院中の鮎川がが危篤だと伝える。死の淵をさまよう鮎川が玲の名前を呼んでいるという。樹山と病院へ向かった玲だったが、鮎川を前にして「死ぬならひとりで死ねばいいでしょ」と叫び、飛び出してしまう。一方、葉子からDNA鑑定の結果を知らされた周作(北大路)は葉子に亡き妻からの手紙を見せる。そんな折、"鮎川玲"と書かれた玲の「戸籍」は区役所に届いて…という展開だった。

 前クール(4~6月)の同枠ドラマ「リーガル・ハイ」(堺雅人主演)の全話平均は12・5%だった。


 【エピソード】未来へ希望を膨らませる天真爛漫(らんまん)な18歳だが、実は「無国籍」という少女(武井)と、贖罪(しょくざい)を背負った42歳の元新聞記者との恋愛模様などを描く社会派ラブ&ファミリー・ストーリー。武井にとっては同局初主演となる。また、相手役となる江口とは映画「るろうに剣心」(8月25日公開)でも共演している。 武井の妹キャラクターを選ぶコンテストで優勝した小芝風花(15)が本作で、実際に武井の妹役で女優デビューを飾った。初回は12・1%、第2話は10・2%、第3話は11・0%、第4話は9・3%、第5話は10・1%、第6話は8・1%、第7話は10・6%、第8話は8・2%、第9話は11・0%、第10話は7・8%、最終回は8・6%。 全11話の平均は9・8%。

AKB48の4作目のアルバム『1830m』(8月15日発売)の累積売上枚数が、9/24付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:9/10〜9/16)にて100.2万枚(週間売上0.9万枚、10位)に達し、登場5週目で100万枚を突破した。シングルでは女性アーティスト(ソロを含む)歴代最多となる計9作でミリオンを記録しているAKB48だが、アルバムでの突破は2006年のデビュー以来7年目で初となった。

オリジナルアルバムのミリオンは今年初で、2010/10/18付の嵐『僕の見ている風景』(2010年8月発売)以来1年11ヵ月ぶり。女性グループとしては、2003/10/13付の女子十二楽坊『女子十二楽坊〜Beautiful Energy〜』(2003年7月発売)以来8年11ヵ月ぶりの快挙。

さらに同一年にシングル・アルバムミリオンは2002年にシングル「independent(「H(independent,July 1st,HANABI)』(3曲A面))」(2002年7月発売)とアルバム『I am...』(2002年1月発売)で達成の浜崎あゆみ以来10年ぶりと、記録づくめの突破となった。

本作『1830m』は、前田敦子がAKB48の一員として参加した最後のアルバムで、「桜の木になろう」(昨年2月発売)から「GIVE ME FIVE!」(今年2月発売)までのミリオンシングル6作のほか、前田敦子の「桜の花びら〜前田敦子solo ver.〜」、高橋みなみ・前田敦子の「思い出のほとんど」など、ユニット曲・ソロ曲など計34曲を収録。

アルバムタイトルはグループの本拠地・AKB48劇場(東京・秋葉原)から、メジャーデビュー当初からの悲願だった東京ドーム(水道橋)までの距離から命名。初週売上は87.1万枚(8/27付)で、オリジナルアルバムとしてはケツメイシ『ケツノポリス4』(2005年6月発売)以来7年1ヵ月ぶりの初週80万枚突破を果たすなど、好調なセールスを記録していた。




 「AKB48」4枚目のアルバム「1830m」の累積売上枚数が24日付オリコン週間アルバムランキングで100・2万枚に到達、登場5週目で100万枚を突破した。アルバムでのミリオン突破は06年のデビュー以来初だ。

 オリジナルアルバムのミリオンは今年初で、10年に発売された嵐の「僕の見ている風景」以来1年11か月ぶり。女性グループとしては03年の女子十二楽坊「女子十二楽坊~BeautifulEnergy~」以来8年11か月ぶりとなった。

 また、同一年にシングル、アルバムが共にミリオンに到達したのは、02年にシングル「independent」とアルバム「Iam...」で達成した浜崎あゆみ以来、10年ぶりの快挙となった。




■女性グループでは約9年ぶりの快挙
 人気アイドルグループ・AKB48の4thアルバム『1830m』(8月15日発売)が9/24付週間ランキングで累積売上100.2万枚(週間売上9299枚、10位)に達し、発売5週目でミリオンを突破した。AKBは女性アーティスト歴代最多のシングル9作でミリオンを記録しているが、アルバムでは2006年10月のメジャーデビュー以来7年目で初となった。

 オリジナルアルバムのミリオンセラーは、2010年10/18付の嵐『僕の見ている風景』(10年8月発売・累積売上113.1万枚)以来1年11ヶ月ぶりで、今年初。女性グループとしては、03年10/13付の女子十二楽坊『女子十二楽坊~Beautiful Energy~』(03年7月発売・同166.1万枚)以来8年11ヶ月ぶりとなった。

 AKBは今年に入って、「GIVE ME FIVE!」(2月発売・同143.7万枚)、「真夏のSounds good !」(5月発売・同181.7万枚)、最新曲「ギンガムチェック」(8月発売・同125.6万枚)のシングル3作もミリオンを突破。同一年にシングル・アルバム双方でミリオンを達成したのは、02年にシングル「independent(「H(independent,July 1st,HANABI)』(3曲A面))」(02年7月発売・同101.3万枚)とアルバム『I am...』(02年1月発売・同230.8万枚)で記録した浜崎あゆみ以来10年ぶりの快挙となった。

 本作『1830m』は、先月27日にグループを卒業した前田敦子が参加した最後のアルバム。インディーズデビュー曲「桜の花びらたち」(2006年2月発売)を前田がソロで歌った「桜の花びら ~前田敦子 solo ver.~」など初収録22曲を含む全34曲を収録した。

■ミリオンを突破したオリジナルアルバム(最近5例)
2012年9/24付(5週目):AKB48『1830m』(12年8月15日発売)…累積売上100.2万枚
2010年10/18付(10週目):嵐『僕の見ている風景』(10年8月4日発売)…同113.1万枚
2010年1/4付(4週目):EXILE『愛すべき未来へ』(09年12月2日発売)…同129.9万枚
2009年12/21付(27週目):GReeeeN『塩、コショウ』(09年6月10日発売)…同100.6万枚
2009年1/12付(4週目):Mr.Children『SUPERMARKET FANTASY』(08年12月10日発売)…同127.8万枚
同上(42週目):宇多田ヒカル『HEART STATION』(08年3月19日発売)…同101.1万枚



続きを読む

このページのトップヘ