JWSSNニュース(^з^)-☆

こちらはJWSSNニュースです。 情報提供お待ちしています。 我々JWSSNニュースは日本国内で起きたニュースはもちろん、世界で起きたニュースや小さいニュースなど180度様々な視点からお伝えします。 どうぞ、これからもJWSSNニュースを末永くよろしくお願いします。 ちなみに、JWSSNはジャワスンと読みます。 また、当ニュースの編集長は19歳の現役大学生ですのであしからず。

2011年10月

 27日にスタートした市原隼人(24)主演のTBS系連続ドラマ「ランナウェイ~愛する君のために」(毎週木曜後9・00)の初回平均視聴率が12・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが28日、分かった。初回は2時間スペシャル版で放送された。

 本作は1990年10月から放送され、先月29日の放送で21年の歴史に幕を閉じた同局の人気ドラマシリーズ「渡る世間は鬼ばかり」の後番組として新設されたドラマ枠の“木曜ドラマ9(ナイン)”の第1弾。無実の罪で北九州刑務所に収監されていた4人の若者が脱獄を計画し、社会への反抗心、家族や愛する者のために、度重なる試練を乗り越えながらも北九州から1000キロ先の東京を目指す物語。2年ぶりのドラマ出演となる主演の市原は、無実の罪で刑務所に収監されている青年・葛城アタルを演じる。

 恋人(福田沙紀・21)との間に生まれた娘が余命3カ月の重い心臓病に侵されていることを知り、愛する娘のため、東京を目指す。市原にとってパパ役は今回が初挑戦となる。共演はアタルと同じく北九州刑務所を脱獄する若者を演じる塚本高史(28)、「KAT―TUN」の上田竜也(28)、菅田将暉(18)のほか、同局の連続ドラマ初出演で刑事役を演じる渡哲也(69)ら。

 10シリーズ、全500回(4本の単発含む)の平均視聴率は20・6%という国民的ドラマの後番組としてスタートした同作だが、やや寂しいスタートか。若者向けとして新設された枠だけに、今後、定番枠に成長できるか、見守りたいところだ。


 俳優の市原隼人さんが、約2年ぶりに主演を務める連続ドラマ「ランナウェイ~
愛する君のために」(TBS系)の初回が27日、2時間スペシャルで放送され、平均視聴率は12.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。同じ枠で10年10月~11年9月に放送された「渡る世間は鬼ばかり」第10シリーズの初回平均視聴率は13.3%(同)だった。

 同局が新設したドラマ枠「木曜ドラマ9(ナイン)」の第1弾。無実の罪で刑務所に収監されていた4人の若者たちが、理不尽な社会への反抗と家族のため、愛する者のために脱獄を計画。北九州から東京まで1000キロの脱獄劇を繰り広げる和製「プリズン・ブレイク」といったストーリー。

市原さんは無罪の受刑者・葛城アタルを熱演。元ヤクザの河島龍之介を塚本高史さん、元ホストの滝本空哉をアイドルグループ「KAT-TUN」の上田竜也さん、逃亡チームで一番年下の加賀美瞬を菅田将暉さんが務めるほか、映画「さや侍」などに出演した演技派子役の熊田聖亜(せあ)ちゃんが脱獄犯の4人と行動をともにする少女・宮本サクラ役を務める。

 第1話は、“ある事件”がきっかけで、無実の罪で九州北刑務所に収監された主人公・葛城アタルは、恋人・由紀からの連絡で、由紀との間に生まれた娘が重い心臓病を患っていると知って脱走を決意。ひょんなことから河島龍之介、滝本空哉、加賀美瞬の3人が脱走計画に加わる。

アタルと独居房が同室の山田(竜雷太さん)の知恵を借りながら、無事に脱獄を果たしたアタルたちは、福岡県警の鬼塚刑事(嶋田久作さん)たちに追われて逃げ込んだ民家で、親から虐待を受けている少女サクラと出会う……という展開だった。(毎日新聞デジタル)

 21日にスタートした神木龍之介(18)主演のテレビ朝日系連続ドラマ「11人もいる!」(金曜後11・15)の初回平均視聴率が11・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが24日、分かった。

 宮藤官九郎(41)脚本の本作は、仕事のない父、家庭的な妻、8人の子供たちの10人大家族に、末っ子にだけ見える"11人目"の幽霊を加え、コミカルに展開するちょっぴり切ないホームドラマ。4年ぶりの連ドラ主演となる神木は高校3年生にして大家族の問題を一人で背負い込む、長男の一男を演じている。末っ子(加藤清史郎・10)にだけ見える幽霊を演じる広末涼子(31)は3月に第2子の次男を出産後の女優復帰作となる。このほか、田辺誠一(42)、オアシズの光浦靖子(40)らが出演。

 前クール(7~9月期)の同枠ドラマ「ジウ」(黒木メイサ、多部未華子主演)は初回平均視聴率9・4%、最終回視聴率10・1%、全話平均で8・7%だった。 



今作「11人もいる!」は初回視聴率でいきなり前作の最高視聴率を上回りヒットが期待される。

 2008年から3年連続でレコード大賞優秀作品賞を受賞し、名実ともに日本を代表するダンス&ボーカルユニットとして名を馳せているEXILE。その活動は音楽だけにとどまらず、劇団、アパレルをプロデュースし、メンバー個々人では俳優やDJなど活躍は多岐に渡っている。仕事のみならず、プライベートも好調なようで、EXILEのリーダーで芸能事務所・LDHの社長でもあるHIROは上戸彩との熱愛が発覚し、ボーカルのTAKAHIROは佐々木希とパフォーマーのAKIRAは長澤まさみと交際が報じられたことも。飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍しているEXILEだが、メンバーのひとりにDV疑惑が浮上した。EXILEのパフォーマー・MAKIDAIからDVを受けたという女性の告白を 「週刊文春」(文藝春秋)が掲載したのだ。


 吉高由里子似のモデル風美女とされる元・恋人とMAKIDAIの出会いは飲み会。連絡先を交換した翌日にはMAKIDAIの住む目黒区の高層マンションで飲み、そのまま"半ば強引なカタチ"で男女の関係になったという。その際に発覚したMAKIDAIの性癖が、セックスの際に全身に噛み付くというものだった。SEXのたびに噛み付かれる彼女は、みるみるうちに青アザだらけになり、それは友人たちから心配されるほどひどいものだった、と記事は伝える。

 他のメンバーの前での「(この女は)俺のものだから」といった発言をするなど、グループ内でも公認の仲であったようだが、EXILEのメンバーが増え、人気が高まるに連れそのプレッシャーから来るストレスなのか、徐々に彼の噛み付きぐせが激しくなっていったそうだ。ある時、彼女が本気で嫌がると、MAKIDAIは「うるせぇ」と怒鳴り、彼女の髪の毛を掴みながら、20分ほど引きずりまわしたのだという。彼女は、顔面、耳、太もも、胸部にアザができ、病院に行くと、医師から「暴行」と診断されたという。記事には彼女が噛み付かれた跡と診断書の写真も掲載されている。これがきっかけになり、その後交際は自然消滅する形で終了している。

 MAKIDAIはEXILE初期メンバーで、ダンサーとしてだけでなく、昨年公開された映画『恋するナポリタン ~世界で一番おいしい愛され方~』には俳優として相武紗季と共演し、最近では『ZIP!』(日本テレビ系)の火曜メインパーソナリティーを務めるなど多方面で活躍をしている。

 この件は、もし彼女に、警察に届ける気があれば、傷害事件となってもおかしくない。EXILEの所属事務所は、「本人に確認したところ、そのような事実はない」と完全に否定しているようだが、DV疑惑を持たれたMAKIDAIの世間からの印象は著しく下がることは間違いないだろう。これは情報番組のメインパーソナリティーを務める彼にとって芸能人生の死活問題になりかねない。そして、この記事にはEXILE全体のスキャンダルも見え隠れするという。

「MAKIDAIのDVを中心に構成されていますが、記事中では、この元・彼女は"乱交"に誘われたと告白しており、その後に『EXILEの色んなメンバーと会えるのはうれしいけど』と続きます。これは、乱交がメンバー間で行われていたことを示唆しています。メンバーを呼んでの乱交が日常的に繰り広げられていたかは分かりかねますが、もしかすると、上戸、佐々木、長澤などのEXILEメンバーと交際していた女性たちまでもが乱交に参加していたのではないか、といかがわしいウワサのもとになる可能性も高いです」(雑誌編集者)

 EXILEは、雑誌のインタビューなどで"メンバー同士なら誰とでも飲みに行ける"と話すなど、仲間意識が高いことで知られているが、ファンならずとも、その結束の一端で"乱交"が繰り広げられているなんて信じたくはないだろう。今や「ジャニーズに対抗できうる唯一の男性グループ」とも言えるほど巨大な帝国を築いたEXILE。純粋に信じ続けるであろう熱狂的なファンのためにも、これ以上のスキャンダルが出ないといいのだが......。
(文=股介権三郎)


いっそ乱交をスタンダードに?



続きを読む

このページのトップヘ