JWSSNニュース(^з^)-☆

こちらはJWSSNニュースです。 情報提供お待ちしています。 我々JWSSNニュースは日本国内で起きたニュースはもちろん、世界で起きたニュースや小さいニュースなど180度様々な視点からお伝えします。 どうぞ、これからもJWSSNニュースを末永くよろしくお願いします。 ちなみに、JWSSNはジャワスンと読みます。 また、当ニュースの編集長は19歳の現役大学生ですのであしからず。

2011年05月

■「名もなき詩」の120.8万枚を15年4ヶ月ぶりに更新

 人気アイドルグループ・AKB48の21stシングル「Everyday、カチューシャ」(25日発売)がシングル史上最高の初週133.4万枚を売り上げ、6/6付週間ランキング首位に初登場した。Mr.Childrenの「名もなき詩」(1996年2月発売)が保持していた初週売上歴代1位の120.8万枚を12.6万枚上回り、15年4ヶ月ぶりとなる新記録を打ち立てた。

 これまで歴代シングル初週売上記録TOP5を占めていたのは、女優・和久井映見主演の月9ドラマ『ピュア』の主題歌として大ヒットした「名もなき詩」を筆頭に、宇多田ヒカル「Addicted To You」(106.8万枚/1999年11月発売)、「だんご3兄弟」(102.6万枚/1999年3月発売)などCD全盛期の90年代に発売された作品ばかり。CD不況が叫ばれて久しいなか、本作はそれらの初週売上を上回る快挙を達成した。

 AKB48のシングル首位は、自身初の首位獲得作品「RIVER」(2009年10月発売)から8作連続通算8作目。女性グループによる8作連続首位は、ピンク・レディー(1978年10/2付「透明人間」)以来、32年8ヶ月ぶりとなった。

 大記録を受けてメンバーの高橋みなみは「今まで全く想像をすることもできない133.4万枚という大きな記録を樹立できて、とても光栄に感じています。いつも応援し、支えてくださるファンの皆さんのおかげだと強く思っております」とファンに感謝。「もっともっと皆さん元気づけられるように、私たちは毎日全力で歌い続け、笑顔を届けられるように頑張っていきたいと思います」とコメントを寄せた。

 発売2日でミリオンを突破する快進撃をみせた本作は、22ndシングル(8月発売予定)を歌う21名の選抜メンバーをファン投票で決める「第3回AKB48選抜総選挙」(投票期間:5/24~6/8)の投票権付き。キングレコードによると、27日時点で累計出荷は165万枚を突破した。25日に発表された速報で大島優子が“連覇”に向けて首位発進した同選挙は、6月9日に東京・日本武道館で開票されることから、次週の売上も注目を集めそうだ。

■歴代シングル初週売上TOP5
1. AKB48「Everyday、カチューシャ」(2011年5月25日発売)…133.4万枚
2. Mr.Children「名もなき詩」(1996年2月5日発売)…120.8万枚
3. 宇多田ヒカル「Addicted To You」(1999年11月10日発売)…106.8万枚
4. 速水けんたろう、茂森あゆみ、ひまわりキッズ、だんご合唱団「だんご3兄弟」(1999年3月3日発売)…102.6万枚
5. GLAY「Winter,again」(1999年2月3日発売)…95.6万枚

 桑田佳祐を中心に、福山雅治ら芸能事務所アミューズ所属アーティスト・俳優総勢37組54人からなる“チーム・アミューズ!!”のチャリティーシングル「Let’s try again」(25日発売)が初週19.0万枚を売り上げ、6/6付週間シングルランキング2位に初登場した。

 “チーム・アミューズ!!”は東日本大震災被災地の復興支援のため、桑田の呼びかけによって、活動休止中のサザンオールスターズのメンバー、福山、ポルノグラフィティ、Perfumeらがレコード会社の垣根を超えて結集。NHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』に主演する上野樹里ら俳優陣も参加した。

 いち早くリスナーに届けるため4月20日に配信シングルとして発売したが、配信前からCD化の要望が殺到。生産工程の最短スケジュールで今月25日に発売された。同作から得られる利益全額は、アミューズ募金を通じて日本赤十字社および地方公共団体に寄付され、被災者救済のための救援活動、復興支援活動等の資金にあてられる。続きを読む

2012年3月卒業予定の大学生・大学院生を対象とした「絶対に就職したい企業ランキング」によると、男子では「NTTデータ」が1位となり、「ソニー」「日立製作所」が同率2位で続いた。女子では「三井住友銀行」と「三菱東京UFJ銀行」が同率1位だった。NTTデータは、女子でも8位に入っている。

一方、「絶対に就職したくない企業ランキング」は、男子では「モンテローザ」「東京電力」が1位と2位、女子では「楽天」と「野村證券」が同率1位となった。不人気で女子1位の「楽天」は男子4位、男子1位の「モンテローザ」は女子3位にもあがっている。

「就活のプロが選ぶ優良企業」ではランク外

この調査は企業クチコミサイト「キャリコネ」が、有名大学を中心とした学生1473人から回答を得たもの。調査元では「甘さの混じった学生のイメージ重視の結果」であり「寛大な心で受け止めていただきたい」としている。

人気ランキング上位には大手企業が多く、不人気ランキングには店舗勤務やノルマ営業で仕事がキツそうといった共通点も見られる。学生たちの「激務はイヤだ」「大手は安心」という考えの反映だろう。

一方で、これまでの「安定性」「楽な仕事」を基準とする企業選びは意味が薄れたという人も少なくない。安泰な企業などないのだから、「成長している企業」に入って自らの「転職力」「市場価値」を上げる経験を積むべきであり、「キツイ仕事は嫌だ」という考え方に未来はないというのだ。

『就職活動完全ガイド』(晋遊舎)は、有名人事コンサルタントなど就活のプロ35人が選んだ「大学生は知らない優良企業辛口ランキング100」を掲載している。1位は「リクルート」、2位以下には「グーグル」「P&G」「サイバーエージェント」「ホンダ」が並んでいる。

ここには「キャリコネ」で学生の人気を集めた「NTTデータ」や「日立製作所」「三井住友銀行」の姿はなく、「ソニー」(31位)や「三菱東京UFJ銀行」(43位)も高評価とはいえない。

一方で、キャリコネ不人気1位の「楽天」は、優良企業の9位に入っている。「もはやネット系企業とは見られない人材層の厚さ」「成長性、展開性の大きさ」が、可能性を磨く職場として魅力的だということだ。

就活のプロ「風評に惑わされず、自分の基準で選べ」

「大学生は知らない優良企業辛口ランキング100」の作成に参加したブラック企業アナリストの新田龍氏は、キャリコネの不人気企業のような会社が抱かれがちな「激務で泥臭い」「理不尽な社風」というイメージは、あくまでも一面的だと指摘する。

「名前があがった会社には、各業界で顧客の支持を得て収益をあげている勝ち組も少なくありません。業界1位企業での勤務経験は、将来に活かせます。男子不人気5位の王将は、高級フレンチ『ひらまつ』と肩を並べる高収益企業で、他業界から参考にされることも多い。男子不人気9位のキーエンスは業界1位の高給企業です」

華やかな人気企業にも、ガッカリな内幕がある場合もある。不人気企業でも活躍して充実した社会人生活を送る人はいるし、人気企業に入りながら「すぐにでも辞めたい」と不満を募らせる人もいる。

「ネットに書き込まれている風評に惑わされ、『他人からバカにされるかも』と世間体を気にするのではなく、自分自身の判断基準で企業選びをすることが重要ですよ。就活生は20歳を超えた成人。大人の情報収集力、分析力で、主体的な判断をして然るべきです」
続きを読む

 人気アイドルグループ・AKB48の21stシングル「Everyday、カチューシャ」(25日発売・キングレコード)が発売2日目にして累計108.5万枚を売り上げ、5/25付オリコンデイリーシングルランキングでミリオンを記録した。本作は発売2日目にして、宇多田ヒカルの「Addicted To You」(1999年11/22付)が持つシングル初週売上女性アーティスト記録(106.8万枚)を更新する大記録を打ち立てた。なお、シングル発売初週でミリオンを達成したのは、宇多田の同作以来11年半ぶり。アイドルとしては史上初の快挙となった。

 AKB48にとってミリオン突破は、「Beginner」(昨年10月発売)、「桜の木になろう」(今年2月発売)に続き通算3作目。発売2日目での突破は、前作「桜の木になろう」の14日目を上回る自己最速記録となった。

 本作は、22ndシングル(8月発売予定)を歌う21名の選抜メンバーをファン投票で決める「第3回AKB48選抜総選挙」の投票権付き。24日より投票がスタートした同選挙は、大島優子が暫定首位となったことが大々的に報じられ、さらに話題性が高まっている。

■歴代シングル初週ミリオン作品
AKB48「Everyday、カチューシャ」(2011年5月25日発売)
宇多田ヒカル「Addicted To You」(1999年11月10日発売)
速水けんたろう、茂森あゆみ、ひまわりキッズ、だんご合唱団「だんご3兄弟」(1999年3月3日発売)
Mr.Children「名もなき詩」(1996年2月5日発売)

 人気アイドルグループ・AKB48の21stシングル「Everyday、カチューシャ」(25日発売)が店着初日の24日に94.2万枚を売り上げ、5/24付デイリーシングルランキング首位に初登場した。この初日売上は、オリコンが1日単位で売上枚数の発表を開始した2009年3月以降、全作品を通じて最高記録。AKB48としても、前作「桜の木になろう」(2月発売)で記録した初日売上65.5万枚を、約30万枚上積みする自己新記録となった。

 同シングルは、8月発売予定の22ndシングルを歌う21名の選抜メンバーをファン投票で決める「第3回AKB48選抜総選挙」の投票権付き。所属レコード会社のキングレコードによると、初回出荷枚数は同グループ史上最多の145万枚におよぶ。

 1年前に発売された前回の総選挙投票権付きシングル「ポニーテールとシュシュ」(初日売上35.4万枚/昨年5月発売)との初日売上比は、約2.7倍増。大島優子が速報で暫定首位となった「第3回選抜総選挙」の総投票数も大幅な増加が見込まれる。

 AKB48はこれまで、「Beginner」(昨年10月発売・ミリオン突破13週目)、「桜の木になろう」(今年2月発売・同3週目)の2作がミリオンセラーを記録。今作が発売2週目までに100万枚を突破すれば、自己最速のミリオン達成となる。

■AKB48 最近5作のシングル「初日」売上枚数
「Everyday、カチューシャ」(2011年5月25日発売)…94.2万枚
「桜の木になろう」(2011年2月16日発売)…65.5万枚
「チャンスの順番」(2010年12月8日発売)…47.1万枚
「Beginner」(2010年10月27日)…56.8万枚
「ヘビーローテーション」(2010年8月18日発売)…34.0万枚続きを読む

このページのトップヘ