JWSSNニュース

こちらはJWSSNニュースです。 情報提供お待ちしています。 我々JWSSNニュースは日本国内で起きたニュースはもちろん、世界で起きたニュースや小さいニュースなど180度様々な視点からお伝えします。 どうぞ、これからもJWSSNニュースを末永くよろしくお願いします。 ちなみに、JWSSNはジャワスンと読みます。 また、当ニュースの編集長は19歳の現役大学生ですのであしからず。

2011年01月

 11日にスタートした女優の松下奈緒(25)主演のフジテレビ系連続ドラマ「CONTROL~犯罪心理捜査~」(フジテレビ系、火曜21時~)の初回平均視聴率が18・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが12日、分かった。前クール(2010年10~12月)の同時間帯枠で人気を博した「フリーター、家を買う。」(二宮和也主演)を上回る好調な出だしとなった。

 本作は松下にとって民放連続ドラマ初主演作。松下演じる熱すぎて周囲にウザがられている熱血女刑事・瀬川里央が藤木直人(38)演じる偏屈な天才心理学者の南雲準とタッグを組み、"犯罪心理"と"行動分析"を駆使しながら難事件を解決していく刑事ドラマ。共演は関ジャニ∞の横山裕(29)、勝村政信(47)、泉谷しげる(47)、臼田あさ美(26)ら。

 11日の初回は10分拡大版で放送された。

 11日にスタートした女優の仲間由紀恵(31)主演のフジテレビ系連続ドラマ「美しい隣人」(フジテレビ系、毎週火曜22時~)の初回平均視聴率が14・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが12日、分かった。

 前クール(2010年10~12月)の同時間帯「ギルティ 悪魔と契約した女」(菅野美穂主演)の初回平均視聴率15・4%よりはやや下がったものの、まずまずの滑り出し。これからの展開に期待したい。

 「美しい隣人」は檀れい(39)演じる平凡な主婦の矢野絵里子の隣家に美しい女・マイヤー沙希(仲間)が引っ越してきたことで、思いもかけない恐ろしい事態に巻き込まれていく心理サスペンス。奥ゆかしく魅力的かつミステリアスな魔性の女を演じる仲間のこれまでにない"顔"が見られることで注目が集まっていた。

 初回の11日は22時10分から10分拡大版で放送された。

 女優の北川景子(24)主演の7日スタートTBS系連続ドラマ「LADY~最後の犯罪プロファイリング~」の初回平均視聴率が13・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが11日、分かった。

 本作はゴールデンタイムの連続ドラマ単独初主演作となる。アメリカのFBIアカデミーで犯罪プロファイリングを学んだ天才的な新人プロファイラーが犯罪行動分析室(CPS)のメンバーとともに、プロファイリングを駆使し、難事件を解決していく。共演は、木村多江(39)、平岡祐太(26)、ユースケ・サンタマリア(39)ら。

 初回は2時間15分という超拡大版で放送されていた。

■女性ボーカルグループのミリオンはt.A.T.u.以来7年ぶり

 人気ユニット・いきものがかり初のベストアルバム『いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~』(昨年11月発売)が1/10付週間アルバムランキングで累積売上104.0万枚となり、登場9週目でミリオンを突破した。彼らのミリオンセラーは、デビュー5年目でシングル・アルバムを通じて初めて。女性ボーカルグループでは、2003年6/30付にロシアの女性デュオ・t.A.T.u.がオリジナルアルバム『t.A.T.u.』(2003年3月発売)で記録して以来、7年半ぶりのミリオンとなった。

 週間売上は4.7万枚でランキング2位に再浮上、9週連続TOP5入りとなった。昨年発売されたアルバムのミリオン突破は、嵐が昨年10/18付で記録したオリジナルアルバム『僕の見ている風景』(昨年8月発売)に次ぎ2作目。今年初のミリオンセラーにリーダーの水野良樹は「100万人の方が聴いてくださっていると想像するとびびってしまいますが…。少しでも長く曲を愛してもらえたら嬉しいです」とファンに感謝。

 ギターの山下穂尊も「去年、京都の鈴虫寺にお参りに行った甲斐がありました。今年は御礼参りに行こうと思います」と喜び、ボーカルの吉岡聖恵は「初のベストを沢山の方々に聴いていただけているということ、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。ここからまた一歩ずつ、聴いてくれる皆さんに寄り添えるような曲たちを届けられたらいいな、と思っています」と抱負を語った。

 今作は、昨年大みそかの『第61回NHK紅白歌合戦』でも歌唱した朝ドラ『ゲゲゲの女房』主題歌の「ありがとう」をはじめ、2006年3月にメジャーデビュー以来、4年半のヒット曲を網羅したベスト盤。その「ありがとう」(累積売上17.3万枚)が同日付週間シングルランキングで15位に浮上し、30週ぶりにTOP20入りするなど、今後も“紅白効果”も予想されることから、シングル・アルバムともにさらなるロングヒットが期待できそうだ。

このページのトップヘ