JWSSNニュース(^з^)-☆

こちらはJWSSNニュースです。 情報提供お待ちしています。 我々JWSSNニュースは日本国内で起きたニュースはもちろん、世界で起きたニュースや小さいニュースなど180度様々な視点からお伝えします。 どうぞ、これからもJWSSNニュースを末永くよろしくお願いします。 ちなみに、JWSSNはジャワスンと読みます。 また、当ニュースの編集長は19歳の現役大学生ですのであしからず。

2010年11月

 歌手で俳優の福山雅治 のベストアルバム『THE BEST BANG!!』(17日発売)が初週38.1万枚を売り上げ、11/29付アルバムランキングで首位に初登場。オリジナルアルバム『5年モノ』(2006年12月発売)から3作連続、通算8作目の首位を獲得した。

 男性ソロアーティストによる初週30万枚突破は、平井堅 のベストアルバム『Ken Hirai 10th Anniversary Complete Single Collection’95-’05 “歌バカ”』(2005年11月発売)以来、5年ぶり。福山自身にとっては『f』(2001年4月発売)以来、9年7ヶ月ぶりとなった。また、今年発売されたソロアーティストのアルバム初週売上としては、西野カナ 『to LOVE』(6月発売)の29.0万枚を上回り最高記録を樹立した。

 今作は、1990年3月にデビューした福山の20年間の音楽活動を集約した3枚組CDに、新曲3曲を収録したCDを付属した豪華版。これまで発表したシングル26作品、オリジナルアルバム10作品と企画盤の中から、本人セレクトによる楽曲を収録した。

 福山のベスト盤発売は『MAGNUM COLLECTION 1999“Dear”』(1999年12月発売)以来11年ぶり(バラードベスト盤は除く)となるが、所属レーベルを超えてヒット曲を集約した“オールタイム・ベストアルバム”は今作が初めて。主演するNHK大河ドラマ『龍馬伝』が28日に最終回を迎える「今年の顔」が、いよいよ来月からライブ活動を本格的に再始動する。

初日12.4万枚。続きを読む

 大みそかの「NHK紅白歌合戦」に、4人組ロックバンドBUMP OF CHICKENが初出場することが22日、ほぼ確実になった。現在、NHKと演出面や楽曲についての最終調整に入っている。BUMPは地上波の音楽番組にはほとんど出演しないが、今年はシングル3枚がチャート1位を獲得している。また、同じくテレビ出演は少ない沖縄出身の5人組バンドHY、また30周年を迎えた佐野元春(54)らも、出場交渉の終盤に入っており、今年の紅白はロック系のビッグアーティストがそろい踏みする。

 地上波の音楽番組ではなかなか見られない、BUMP OF CHICKENが、NHK紅白歌合戦の大舞台に出場することになりそうだ。BUMPは今年4月、シングル「HAPPY」と「魔法の料理~君から君へ~」を2週連続で発売し、それぞれオリコンランキング1位を獲得。異なる作品での2週連続1位は05年のオレンジレンジ以来、5年ぶりの快挙だった。

 また、「魔法の料理~」はNHK「みんなのうた」の4月、5月の放送楽曲でNHKへの貢献度も高い。10月発売の新曲「宇宙飛行士への手紙/モーターサイクル」も1位を獲得しており、1年を通してチャートをにぎわせた。

 関係者によると、既に出場することを前提に水面下で演出面や楽曲の交渉に入っているという。その交渉がまとまれば、地上波の音楽番組として最も高視聴率を獲得する紅白歌合戦の舞台に立つことになる。

 BUMP同様、地上波の音楽番組の露出が少ないHYも出場に向け交渉に入っている。HYは今年8月15日の終戦の日、NHKで初のドキュメント特集番組「僕らが伝えなきゃ~HY 沖縄から“命”を歌う~」に出演した。普天間基地の移転問題をはじめ、1年の締めくくりの番組の演出として沖縄を避けては通れないと判断したようだ。HYは今年、結成10周年の節目の年ということもあり、白羽の矢が立った。

 また、別のNHK関係者によると、大物目玉歌手として、30周年を迎えた佐野元春とも交渉の最終段階に入っているという。佐野が出演するNHK教育番組「佐野元春のザ・ソングライターズシーズン2」も好評で、来年にはアルバム発売が予定され積極的な音楽活動を行っていることが評価されたようだ。

 BUMP、HY、佐野ら人気歌手がそろって紅白出場すれば、音楽好きのファンにとっても見ごたえのある番組になりそうだ。

 カナダ出身の人気歌手アヴリル・ラヴィーン(26)と、同国のバンド「SUM41」のボーカル、デリック・ウィブリー(30)の離婚が成立していたことが18日、分かった。米メディアが伝えた。2人は2006年に結婚したが、ラヴィーンが昨年10月に離婚を申し立て、今月16日に成立した。2人の間に子供はいない。

[ 2010年11月20日 21:00]


 昨年9月に別居をし、10月に夫デリック・ウィブリーとの離婚を申請したアヴリル・ラヴィーンが晴れて独身となった。

 デリックは別居後、モデル兼デザイナーのハンナ・ベス・マージョスとの交際がウワサされ、アヴリルはMTVのリアリティー・ドラマ「The Hills ~カリフォルニア・ガールのライフ・スタイル」に出演しているブローディ・ジェナーと交際。お互いの名前をタトゥで入れるなど、真剣な交際に発展しているようだ。

 E!オンラインによると、離婚は二人が財産分与などで合意に達したことで成立したとのこと。アヴリルは、自分のギター・コレクション、ドラム・コレクション、その他楽器、自分の歌詞、歌、車、ビバリーヒルズの自宅、洋服、トロフィー、ジュエリーなどをキープし、デリックも同様に、自分のギター、自分のトロフィー、ジュエリー、洋服などを確保したとTMZ.comは報じている。二人は結婚時に婚前契約をしていたおかげで、比較的おとなしい離婚劇で済んだようだ。



ポップロックディーバ=アヴリル・ラヴィーンとSum 41のボーカル兼ギター、デリック・ウィブリーの離婚が正式に成立した。

【関連写真】複雑な三角関係? アヴリル・ラヴィーン、夜のデートに彼氏の母親も同行

昨年10月に"和解しがたい相違"を理由にアヴリルが離婚を申請していたが、ロサンゼルス裁判所は16日、二人の離婚を正式に受理。家やギター、トロフィーなどの財産は離婚後もそれぞれが所有、また相手方への慰謝料は発生していない。

古くからの友人だったアヴリルとデリックが結婚したのは06年7月。破局後もたびたび一緒にいるところが目撃されており、良い友人同士ではあるようだ。

アヴリルは現在、リアリティドラマ「ヒルズ」などに出演しているブロディ・ジェナーとの交際が噂されている。

 年末のNHK紅白歌合戦で司会を務めることが決定し、名実ともに国民的スターの座を手にしたアイドルグループ・嵐。二宮和也が主演を務めるドラマ『フリーター、家を買う』(フジテレビ系)は平均して17%超の高視聴率を継続しており、今期もっとも見ごたえのあるドラマと話題だ。8月に発売された2枚組オリジナルアルバム『僕の見ている風景』(ジェイ・ストーム)は2カ月で累積売上100万枚を達成し、2010年初のミリオンヒットを記録。まさに順風満帆である。

 その一方で、これまで「どちらかと言えば品行方正」と言われてきたメンバーたちの素行が問題視されつつある。

 嵐のみならず、ジャニーズ所属タレントのプライベート写真は、過去に何度も流出している。嵐では相葉雅紀が当時交際していたモデルの山野ゆりと裸で抱き合い、キスを交わすラブラブな写真や、二宮和也が当時アイドルだった椎名法子と顔を寄せ合う写真やキスショットなどが流出済み。だが、いずれも彼らがまだ現在ほどの人気アイドルに成長する前の出来事で、現在彼らを応援する多くの新規ファンにとってはさほど気にならないものだろう。また、KAT-TUNの赤西仁をはじめとする"ヤンチャ"な派閥が目立ったこともあって、嵐は比較的マジメで良い子の仲良しグループ、というイメージが確立されていった。

 ところが、2008年、リーダーである大野智に「大麻吸引疑惑」が持ち上がる。プライベートで泥酔していると思われる大野が、女性2人とイチャつく痴態をバッチリ写された写真も雑誌に掲載され、いよいよ立場は危うくなったかと思いきや、このスキャンダルは深く追及されることなく闇に葬られた。

「爽やかなイメージで売っている嵐は、女性だけでなく子どもや老人世代にも人気を博している。大麻や乱交などはもってのほかで、深く究明されるべき事件だったにもかかわらず、ジャニーズ事務所は徹底して緘口令を敷いた」

 だが今になって、再び彼らのモラルが問われる事態に発展している。先月亡くなった元タレントでAV女優のAYAが、生前渡していたと見られる写真や証言が「週刊文春」に取り上げられ、あらためて注目を集めているからである。

「松本潤が中学二年生の時に、肉体関係を持ったこと。その場に櫻井翔も居合わせ、別の女性とイチャイチャしていたこと。大野と恋愛関係にあったこと、その後、相葉とも家族ぐるみの真剣なお付き合いをしていたこと。また、二宮とはセフレ状態で、急に電話で呼び出されて駅のトイレで行為に及んだことがあるなど、かなり赤裸々な告白でした。もちろん、証言だけなら『嘘だろ~?』とも思いますが、実際に嵐メンバーと親しくしている写真が何枚も出ていますし、大野とはキス写真までありますからね......。それにしても、同じグループ内で四人も穴兄弟なんてよくやるなあと」(芸能記者)

 さらに今度は、メンバーの中でも良家の子息でひときわ「マジメ」なイメージの強い櫻井翔が、撮影現場でファンに「来てんじゃねーよ」「目ざわりなんだよ」などと悪態をついたり、出待ちしていたファンに向かってツバやガムを吐いたなどというファンの証言をもとにした記事が「週刊女性」(主婦と生活社)で報じられた。総務省官僚の父を持ち、現在は情報番組『ニュースZERO』(日本テレビ系)でキャスターを務めるなど品行方正なところが彼のウリだったが、一体どうしてしまったのだろうか。

 そもそもジャニーズ事務所のタレントは、上下関係が厳しく、いくら私生活でヤンチャな遊びをしていても、仕事場では礼儀がきちんとしていると評判だった。まして、自他ともに認める国民的アイドルとなった今、このような暴力的な側面を人前でさらすだろうか。

「一昨年あたりから今年にかけて、彼らは殺人的なスケジュールをこなしている。今年だけでも6枚ものシングルをリリースしており、テレビ収録や個々のソロ仕事を合わせると全員ほとんど休む暇はないのでは。ストレスや疲労は全員相当たまっていると思いますよ。だからといって、暴言が許されるものではないでしょうが、現場スタッフへの対応は相変わらず礼儀正しく問題視されるようなことはない」(テレビ局関係者)

 

続きを読む

 人気ユニット・いきものがかりの初のベストアルバム『いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~』(3日発売)が、11/22付週間アルバムランキングで2週連続首位を獲得した。2週目に20.7万枚を売り上げ、累積売上は66.4万枚。今年発売の女性ボーカル作品としては、西野カナ『to LOVE』(6月発売)の累積63.5万枚を抜いてトップとなり、全体でも嵐の『僕の見ている風景』(8月発売)の累積104.5万枚に次ぐ2位となった。

 今作は、2006年3月にデビューしたいきものがかりの4年半のヒット曲を網羅した初のベスト盤。NHK連続テレビ小説 『ゲゲゲの女房』の主題歌「ありがとう」、江崎グリコ『ポッキー』CMソング「じょいふる」、初CD化となる「今走り出せば」や新曲など、メンバー選曲による31曲を2枚組CDに収録した。続きを読む

このページのトップヘ