JWSSNニュース

こちらはJWSSNニュースです。 情報提供お待ちしています。 我々JWSSNニュースは日本国内で起きたニュースはもちろん、世界で起きたニュースや小さいニュースなど180度様々な視点からお伝えします。 どうぞ、これからもJWSSNニュースを末永くよろしくお願いします。 ちなみに、JWSSNはジャワスンと読みます。 また、当ニュースの編集長は19歳の現役大学生ですのであしからず。

2010年04月

【4月10日 AFP】ポーランドのレフ・カチンスキ(Lech Kaczynski)大統領夫妻を乗せた航空機が10日、ロシア西部スモレンスク(Smolensk)で墜落し、乗員乗客96人全員が死亡した。同機には大統領夫妻のほか、陸軍参謀長、Andrzej Kremer外務次官、ポーランド中央銀行の総裁、国会議員らが搭乗していた。

 ロシア緊急事態省は、墜落したロシア製旅客機ツポレフ(Tupolev)154には、ポーランドの公式訪問団88人を含む96人が乗っていたと発表した。これまで、搭乗人数についての情報は錯綜していた。

 スモレンスク州知事のSergei Antufiev氏によると、スモレンスク郊外の空港に向けて着陸準備に入ったところで、木の頂上部と接触して墜落し、機体はバラバラになったという。

 ロシアのテレビでは墜落現場からの生中継が放映されており、機体の破片が森に散乱し、一部で依然炎上する様子が映し出されている。

 Russia-24テレビの取材に対し、Antufiev州知事は電話で「木の頂上部と接触して墜落し、バラバラになった。生存者はいない」と語った。

 また、ポーランド政府高官は、カチンスキ大統領が同機に搭乗していたことを確認した。さらに、ロシアのテレビではカチンスキ大統領と大統領夫人がワルシャワ(Warsaw)で同機に乗り込む録画映像が放映された。

 大統領は、70年前に起きた旧ソ連軍によるポーランド兵大量虐殺事件「カチンの森事件」の追悼式典に出席するために現地に向かっていた。(c)AFP



ロイター通信によると、ポーランドのカチンスキ大統領が乗った航空機が10日、ロシア西部スモレンスクの空港に向け着陸体勢に入ったところ墜落した。大統領の安否は不明。

ポーランド当局者が明らかにした。タス通信によると、ロシア非常事態省当局者は同日、87人が死亡したと述べた。

大統領は、第2次大戦中にポーランド軍将校ら2万人以上が旧ソ連に虐殺された
ロシア西部の「カチンの森」事件から70年を迎えるのに合わせ、ポーランド側が
主催する追悼式に出席する予定だった。(共同)



 [ワルシャワ/スモレンスク 11日 ロイター] ポーランドのレフ・カチンスキ大統領夫妻ら97人が乗った政府専用機が10日、ロシア西部のスモレンスクで墜落し、乗客乗員全員が死亡した。事故当時、現場は濃い霧で視界が悪かったという。

 カチンスキ大統領は、第2次世界大戦中にポーランド軍将校らがスモレンスク郊外で旧ソ連軍に虐殺された「カチンの森」事件から70周年を迎える追悼式典に出席する予定だった。死者の中には、軍幹部や中央銀行総裁なども含まれている。

 墜落したのはツポレフ154型機で、運航を始めてから約20年が経過していた。インタファクス通信がロシア空軍関係者の話として伝えたところでは、管制官が悪天候のため着陸地を変更するよう求めたのに対し、同機のパイロットが着陸を強行したという。

 ポーランドとロシアは、事故原因を共同で調査する計画を発表した。

 カチンスキ大統領は旧共産党政権時代、自主管理労組「連帯」でワレサ元大統領の盟友として活動。その後、双子の兄ヤロスワフ氏と政党「法と正義」を結成し、2005年に大統領に就任した。




 【モスクワ大木俊治、ウィーン樋口直樹】ロシア西部スモレンスクで10日午前11時(日本時間同日午後4時)ごろ、ワルシャワからスモレンスクに向かっていたポーランド政府専用機(ツポレフ154)が墜落した。同機にはレフ・カチンスキ大統領(60)とマリア夫人ら96人が乗っていたが、全員死亡した。

 同機は着陸直前にスモレンスクの空港付近の森林地帯に墜落し、炎上した。インタファクス通信によると、当時、空港周辺は濃霧だったため、機長はベラルーシの首都ミンスクかモスクワに着陸するよう要請されたが、スモレンスクへの着陸を強行したという。ロシア捜査当局によると、着陸時に機体が木を引っかけて墜落した可能性が高い。タス通信によると、事故機は1990年のソ連製だった。

 カチンスキ大統領ら一行は同日、スモレンスク州で予定されていた、第二次大戦中にポーランド軍人ら2万人以上が当時のソ連秘密警察によって虐殺された「カチンの森事件」70年の追悼式典に出席するため現地に向かっていた。事故機にはポーランドの中央銀行総裁や外務次官、陸軍参謀長ら政府要人が搭乗していた。

 カチンスキ大統領は05年12月に就任。任期は5年で、今秋行われる次期大統領選で再選を目指して出馬する予定だった。大統領死去に伴い、コモロフスキ下院議長が大統領代行を務める。

 メドベージェフ露大統領は10日、ポーランドのトゥスク首相に電話で哀悼の意を表明し、事故原因の徹底調査を約束した。




 【モスクワ共同】インタファクス通信などによると、ポーランドのレフ・カチンスキ大統領(60)夫妻らロシアへの公式訪問団が乗ったワルシャワ発の政府専用機ツポレフ154が10日、ロシア西部スモレンスクの空港に向け着陸体勢に入ったところ墜落した。スモレンスク州の内務省当局者は、大統領夫妻を含む乗客乗員全員が死亡したと述べた。

 ロシア非常事態省は同機に訪問団員88人、乗員8人の計96人が乗っていたと説明。ポーランドの中央銀行総裁、下院副議長、軍首脳、国会議員らも死亡した。同州の知事は着陸前に機体が樹木と接触したのが原因とみられ、墜落して機体がバラバラになったと述べた。当時は霧で視界が悪かったという。テロの情報は伝えられていない。

 大統領は、第2次大戦中にポーランド軍将校ら2万人以上が旧ソ連に虐殺されたスモレンスク郊外の「カチンの森」事件から70年を迎えるのに合わせ、ポーランド側が主催する追悼式に出席する予定だった。

 ポーランドのトゥスク首相とロシアのプーチン首相は10日、現場に向かうと表明した。

 ロシアのメドベージェフ大統領はポーランドへの哀悼の意を表明し、ショイグ非常事態相らを現場に派遣。  




 ロシア西部で10日、ポーランドの大統領専用機が墜落し、カチンスキ大統領夫妻をはじめ少なくとも96人が死亡した。

 ロシア西部・スモレンスクの空港で10日午前、カチンスキ大統領夫妻を乗せた大統領専用機が墜落した。ロシアの非常事態省によると、この事故で少なくとも96人が死亡した。遺体の身元確認が行われているが、ロシア・インターファクス通信はカチンスキ大統領を含めた乗客・乗員の全員が死亡したと報じている。

 事故発生当時、現場は濃い霧が立ちこめていて視界が悪く、専用機は着陸する直前、滑走路手前の木に接触して大破したという。

 専用機は旧ソビエト製のツポレフ154型機で、搭乗者はポーランド軍将校が虐殺された「カチンの森事件」の追悼式典に向かう予定だった。




 ロシア西部で10日午前、ポーランドの大統領専用機が墜落し、カチンスキ大統領夫妻をはじめ、乗客・乗員計132人が死亡した。

 ロシア西部のセーベルニ空港で10日午前、ポーランドの大統領専用機が墜落した。専用機にはカチンスキ大統領夫妻をはじめ、乗客・乗員計132人が搭乗していたということだが、ロシア・インターファクス通信は全員が死亡したと伝えている。

 専用機は旧ソビエト製のツポレフ154型機で、着陸する直前、滑走路手前の木に接触して大破したという。搭乗者はポーランド軍将校が虐殺された「カチンの森事件」の慰霊祭に向かう予定だった。





 ロシア西部で10日午後、ポーランドの大統領専用機が墜落し、87人が死亡した。専用機にはカチンスキ大統領が搭乗していたが、安否はまだわかっていない。

 ロシア西部のスモレンスク空港で10日午後、ポーランドの大統領専用機が墜落した。専用機には乗客・乗員計132人が搭乗していたが、少なくとも87人が死亡した。ロイター通信やロシアの複数のメディアは「専用機にはカチンスキ大統領夫妻が搭乗していた」と報じているが、安否はまだわかっていない。

 専用機は旧ソビエト製のツポレフ154型機で、搭乗者はポーランド軍将校が虐殺された「カチンの森事件」の慰霊祭に向かう予定だったという。




 【ベルリン=赤川省吾】ポーランドのレフ・カチンスキ大統領が搭乗したワルシャワ発の旅客機ツポレフ154型機が10日、ロシア西部のスモレンスクで墜落した。ロシア政府などの情報によると大統領を含む乗客全員が死亡したという。

 大統領は第2次大戦中にポーランド軍将校ら捕虜約2万人が旧ソ連の秘密警察に虐殺された「カチンの森」事件の追悼式典に夫人とともに出席する予定だったという。現職国家元首が航空機事故で死亡するのは異例。

 旅客機は濃霧の中、スモレンスク空港に着陸しようとしたが、滑走路の手前で墜落。着陸前に樹木に接触した可能性がある。テロなどの情報は今のところない。ロシア非常事態省によると同機には96人が搭乗。スクシュペク中央銀行総裁、シュマイジンスキ元国防相らもいた。

 事故を受け、日本の鳩山由紀夫首相は同日、ポーランドのトゥスク首相らに弔意を伝えるメッセージを出した。ロシアのメドベージェフ大統領とプーチン首相も哀悼の意を表明した。

 カチンスキ氏はワルシャワ市長などを経て2005年に大統領に就任。欧州連合(EU)の政策が独仏など大国主導で決まることに懸念を表明した論客だった。双子の兄のヤロスワフ氏は前首相。



続きを読む

俳優の伊藤淳史さん(26)主演の医療ミステリードラマ「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋(がいせん)」(関西テレビ・フジテレビ系)の第1回が6日放送され、平均視聴率が12.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。関西地区は14.5%。08年10月14日に放送された第1シリーズ「チーム・バチスタの栄光」の初回視聴率は関東地区が15.2%、関西地区17.0%だった。

 同ドラマは、累計800万部を突破した海堂尊さんの小説「チーム・バチスタの栄光」シリーズ3作目「ジェネラル・ルージュの凱旋」が原作。08年秋に1作目を原作にしたドラマ「チーム・バチスタの栄光」が伊藤さん主演で放送された。映画は竹内結子さん主演で、白鳥役に阿部寛さんを迎え08年に「チーム・バチスタの栄光」が、09年に同じコンビで「ジェネラル・ルージュの凱旋」が公開された。

 今回は救命救急センターを舞台に、ドラマオリジナルのストーリーやミステリー要素を加えて、1話完結で放送する。伊藤さん演じる、人のいい心療内科医の田口公平と俳優の仲村トオルさん(44)が演じる厚生労働省の官僚、白鳥圭輔のコンビが素性や病名が分からないまま搬送されてくる患者の病因を突き止めていく姿や、救命医療の現実を描く。また、映画版では堺雅人さんが演じた天才救命医で「ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)」との異名を持つ速水晃一を俳優の西島秀俊さん(39)が演じる。また同センターの医師役で女優の加藤あいさん、お笑いコンビ「TKO」の木下隆行さんも出演する。

 第1話は、勤務中に意識を失った客室乗務員が救命救急センターに搬送され、過去に診療経験のあった田口が救命チームの医師に呼び出される。患者は異常な発作を起こし、そこへ抜き打ち検査のために白鳥がやってくる……というストーリー。2話では、ミスコンテストの日本代表を目指してレッスンに励んでいた女性が過呼吸で倒れて搬送される。同センターの医師が女性の体の深刻な異常に気づくが、女性は病室から抜け出して階段から転落。一方、白鳥は速水と業者との癒着に疑惑の目を向ける……という内容。

 毎週火曜日午後10時から放送(13日は午後10時15分〜11時9分)。

このページのトップヘ