JWSSNニュース(^з^)-☆

こちらはJWSSNニュースです。 情報提供お待ちしています。 我々JWSSNニュースは日本国内で起きたニュースはもちろん、世界で起きたニュースや小さいニュースなど180度様々な視点からお伝えします。 どうぞ、これからもJWSSNニュースを末永くよろしくお願いします。 ちなみに、JWSSNはジャワスンと読みます。 また、当ニュースの編集長は19歳の現役大学生ですのであしからず。

2009年10月

人気ロックバンド・Mr.Childrenが、映画『ワンピース フィルム ストロングワールド』(境宗久監督、12月12日公開)の主題歌を務めることが20日、わかった。初めてアニメ映画主題歌を手掛けるボーカルの桜井和寿は「(主人公の)ルフィの体みたいに好奇心と探究心、そして無邪気さとをグングン、グングン伸ばして出来上がった曲」と、主題歌「fanfare」に"少年の心"を込めた。

『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の人気漫画『ワンピース』の記念すべき10作目で、原作者の尾田栄一郎氏が自ら製作総指揮を執ったことでも話題の同作。映画版の主題歌はこれまでDREAMS COME TRUEや、BUMP OF CHICKEN、氣志團、NEWSら人気アーティストが担ってきたが、今作は尾田氏自身の熱烈なラブコールによりミスチルの起用が決定した。

 尾田氏が桜井に手紙で今作の内容などを伝え、「航海」「宝物」「帆」といった、『ワンピース』にまつわるキーワードが主題歌の歌詞に盛り込まれた。桜井は「グングン伸びて 映画を観た人、音楽を聴いた人に届くと良いなぁ」と期待を寄せている。

 映画には競泳男子平泳ぎで五輪2大会連続2冠を達成した北島康介選手や、俳優・竹中直人、キャスター・皆藤愛子らも声優として出演。北島選手は「信じられないくらい、本当にうれしくて、キャラクターまで作っていただいて。漫画で感動をもらって、仕事でも感動をもらった」と喜びを語っている。

1990年「太陽のKomachi Angel」以降、43作連続首位獲得

 B’zの通算47枚目のシングル「MY LONELY TOWN」が、発売1週目で18.1万枚を売り上げ、10/26付シングルランキングの首位に初登場。これにより、彼らのシングルの首位獲得は1990年6月発売の「太陽のKomachi Angel」以来43作連続通算43作目で、自身の持つ歴代記録「連続首位獲得作品数」「通算首位獲得作品数」を更新 した。また、TOP10入りは1990年5月発売の「BE THERE」以来44作連続となり、今回、通算のTOP10獲得数記録においても、浜崎あゆみSMAPと並ぶ歴代1位となった。

 同作は今夏開催の公演『B’z SHOWCASE 2009 -B’z In Your Town-』、『SUMMER SONIC 09』で未発表の新曲として披露されていたナンバー。初回限定盤の特典DVDには、今年の4月末から一般観光客の上陸が35年ぶりに解禁となった通称・軍艦島(長崎県・端島)で撮影した同曲のミュージックビデオが収録されている。

話題の現役大学生ユニット・新選組リアン、デビュー作がTOP3入り

 なお同日付ランキングの3位には、タレント・島田紳助が司会を務める人気バラエティ番組『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)から誕生した、カシアス島田がプロデュースした5人組ユニット・新選組リアンのデビューシングル「男道」(1.8万枚)も登場。島田が地元・京都の観光人気を復活させたいと同番組内で企画をスタートさせ、京都市及び近郊の大学生2,518通の応募者の中からメンバーが選ばれた。
続きを読む

8月1日から土曜23時枠で放送が始まった岡田将生と夏帆主演の連続ドラマ「オトメン(乙男)」(フジテレビ系)。同枠では第8回(9月26日)までの放送を終え、この秋からはテレビの連続ドラマとしては初の試みとして、火曜21時枠に“引っ越し”することが発表されていたが、10月13日に“引っ越し”後の最初の回が放送され、視聴率は8.2%(ビデオリサーチ調べ)だったことが明らかになった。

「オトメン」は土曜23時枠(第8回まで)での平均視聴率が6.3%と、前クールの「魔女裁判」(平均7.3%)よりもやや低調。それだけに、土曜23時枠よりも良枠である火曜21時枠に“引っ越し”することで、視聴率のアップも期待されていた。

実際、火曜21時枠初回の8.2%という数字は、土曜23時枠最後の放送(第8回)の5.1%よりもアップ。通しで見ても、第1回の9.6%に次ぐ数字で、「オトメン」としては“引っ越し”の効果が現れている格好だ。ただ、前クールに火曜21時枠で放送された「救命病棟24時」が平均19.2%と高視聴率を記録しているだけに、それと比べてしまうと、少し寂しい視聴率となっている。

11月10日からは火曜21時枠で「ライアーゲーム シーズン2」が始まるため、同枠での「オトメン」の放送はわずかな期間だが、低空からの再スタートから最終回に向けてどこまで視聴率を上げられるか、注目しておきたいところだ。

 11日よりスタートしたTBS系ドラマ『JIN-仁-』(日曜・後9時~初回は2時間SP)の初回視聴率が16.5%(関東地区・番組平均)だったことが13日、ビデオリサーチの調べでわかった。大沢たかおが演じる脳外科医の南方仁が、幕末の江戸時代にタイムスリップするという物語で、村上もとかさん原作漫画のドラマ化。

 主人公の仁は、21世紀の医療技術と知識で江戸の人々を救おうと努力奮闘。第一話から、坂本龍馬、勝海舟ら幕末の英雄たちも登場し、シリアスさとコメディの要素をあわせもった展開がストーリーを盛り上げる。

 仁を演じる大沢の連ドラ出演は、2001年の『昔の男』(同局系)以来8年ぶり。次回の予告編では、現代の設定で仁の恋人を演じた中谷美紀が、幕末の花魁の姿で登場した。中谷の連ドラ出演も02年の『おとうさん』(同局系)以来、7年ぶりとなる。

  このほか、人気グループ嵐の相葉雅紀主演のテレビ朝日系『金曜ナイトドラマ・マイガール』(9日・後11時~)の視聴率は9.6%(関東地区・番組平均)だった。



同時間帯首位は日テレ「行列のできる法律相談所」で19.8%。

テレ朝「日曜洋画劇場・007/カジノロワイヤル」11.2%。

フジ「エチカの鏡 」9.2%。

このページのトップヘ