JWSSNニュース(^з^)-☆

こちらはJWSSNニュースです。 情報提供お待ちしています。 我々JWSSNニュースは日本国内で起きたニュースはもちろん、世界で起きたニュースや小さいニュースなど180度様々な視点からお伝えします。 どうぞ、これからもJWSSNニュースを末永くよろしくお願いします。 ちなみに、JWSSNはジャワスンと読みます。 また、当ニュースの編集長は19歳の現役大学生ですのであしからず。

2008年05月

SMAPのリーダー、中居正広(35)と人気歌手、倖田來未(25)の神奈川・湯河原でのラブラブ温泉旅行を、30日発売の写真誌「フライデー」が報じている。

同誌によると、二人は今月下旬、神奈川・湯河原の高級旅館でお泊り。二人が泊まった高級旅館の宿泊料金は最低でも一泊2万5000円はするそうで、個室露天風呂付きなど条件が良くなると7万円程度になるという。続きを読む

 3日午前5時30分ごろ、愛知県豊田市生駒町切戸の畑で、同市駒場町東埜中の高校生、清水愛美さん(15)が、首にひものようなものを巻かれた状態で死亡しているのが見つかった。県警捜査1課と豊田署は殺人事件として捜査を始めた。

 調べによると、愛美さんが2日帰宅しなかったことから、家族が捜していたところ、父親が見つけて豊田署に通報した。愛美さんは制服姿で、通学に使っていたとみられる自転車と一緒に倒れていたという。


 3日午前5時半ごろ、愛知県豊田市生駒町の畑で、同町に住む高校1年の清水愛美さん(15)が倒れているのを家族が発見、県警豊田署に通報した。首にひものようなものが巻かれており、同署は殺人事件とみて捜査を始めた。

 調べでは、愛美さんはあおむけに倒れており、首にはひも様のものが巻かれていた。近くには自転車が倒れていた。4月に入学した同県刈谷市の高校から帰宅途中だったとみられる。 


 3日午前5時半ごろ、愛知県豊田市生駒町切戸の畑で、同市駒場町東埜中、愛知教育大付属高1年、清水愛美さん(15)が首にひものようなものを巻かれて死んでいるのを、清水さんの父親が見つけた。県警は豊田署に捜査本部を設置し、殺人事件として捜査を始めた。

【若い女性被害】 監禁:ブーツとバッグ発見…車内から尿反応

 調べでは、清水さんは畑の中であおむけに倒れ、首に絞められたような跡があった。近くには清水さんのものとみられる自転車も倒れていた。清水さんは2日朝に登校、同日夕に下校した後、夜になっても帰宅しなかったため、家族や知人が捜していた。

 3日午前5時35分ごろには、遺体発見現場の約15キロ南東の同県岡崎市稲熊町の小呂川土手で、散歩していた女性(58)が清水さんのショルダーバッグを見つけた。中には教科書や腕時計、電子辞書などが入ったままだった。

 現場は伊勢湾岸自動車道の豊田南インターチェンジから西約150メートルの田園地帯。清水さんの自宅は現場から北東約1キロ。


 3日午前5時半ごろ、愛知県豊田市生駒町の田で、同市駒場町、愛知教育大付属高校1年、清水愛美(まなみ)さん(15)が首にビニールテープを巻かれて死亡しているのを両親の知人の女性が見つけた。清水さんは2日の下校後行方不明となり、持っていたショルダーバッグが現場の南東約15キロの土手に放置されていたことから、県警捜査1課と豊田署は下校途中に殺害されてバッグを奪われたと断定、同署に特別捜査本部を設置し、強盗殺人容疑で捜査を始めた。

 司法解剖の結果、ビニールテープは緩く巻かれていたため、死因は口を圧迫されたか、顔などを殴られたことによる気道閉塞(へいそく)を原因とする窒息死とみられる。死亡推定時刻は2日午後7時25分から遺体発見時まで。

 調べでは、清水さんは高校の制服姿であおむけに倒れていた。争ったような跡があり、制服は泥だらけで、顔や頭に殴られたような傷が数カ所あった。首には幅約4センチ、長さ約3.8メートルのビニールテープが七重に巻かれていた。近くに通学用の自転車が横倒しになっていたほか、靴と携帯電話が落ちていた。

 一方、バッグは3日早朝、同県岡崎市稲熊町の小呂川土手に投げ捨てられているのを散歩中の女性が見つけた。中には教科書、腕時計、電子辞書などが入ったままだった。普段使っていた財布は自宅にあった。

 清水さんはサッカー部のマネジャーで、2日午後6時半ごろまで部活動に参加。同6時45分ごろに校門付近で友人と別れ、1人で自転車で帰宅した。通常帰宅する午後7時半を過ぎても帰らず、携帯電話にかけても応答しなかったことから、家族が知人らと捜すとともに、同署に捜索願を出した。携帯電話は最初、呼び出し音が鳴っていたが、途中から不通になったという。

 清水さんは団体職員の父、力さん(52)の長女で、母と兄3人の6人家族。

 現場は伊勢湾岸自動車道の豊田南インターの西約150メートルの田園地帯。清水さんは普段、現場を通学路に同県刈谷市井ケ谷町の同校まで約4キロを自転車で通っており、自宅まで南西にあと約1キロだった。近くに民家はなく、人通りは少ない。【飯田和樹、米川直己】


 愛知県豊田市の田んぼで、愛知教育大付属高校1年、清水愛美さん(15)の遺体が見つかった事件で、清水さんは首に粘着テープを何重にも巻かれ、窒息死した可能性が高いことが3日、愛知県警の調べで分かった。清水さんの財布が見つかっていないことから、同県警は強盗殺人事件とみて豊田署に捜査本部を設置した。

 調べでは、清水さんは制服姿であおむけに倒れ、顔に数カ所殴られたような跡があった。近くには清水さんの自転車が倒れていた。制服は泥だらけで、両足の靴と携帯電話も落ちていた。

 家族は清水さんが2日夜になっても帰宅しないため、携帯電話に連絡したが出ず、その後は着信もしなくなったという。 清水さんのかばんは、遺体が発見された約30分後の同日午前6時前、現場の約15キロ南東の土手で見つかった。教科書などは入っていたが、財布は見つかっていないという。

 捜査本部は犯人が、学校から帰宅途中の清水さんを襲った後、かばんを強奪して捨てたとみている。


 通学路で悲劇が起きた。愛知県豊田市で3日早朝、殺害された女子高生の遺体が見つかった。医療関係で働く夢を持っていた優しい女子高生は、高校入学からわずか1カ月で、15年の短い命を奪われた。友人は悲報を聞き、涙にくれた。【秋山信一、中井正裕】

 殺害された愛知教育大付属高校1年、清水愛美さん(15)=同市駒場町=の遺体発見場所。3日早朝、清水さんの母親から連絡を受け、別の高校1年の親友の女子生徒(15)は清水さんを捜して現場近くに来ていた。悲報を聞き、「自分を持っていて、尊敬できる存在だった」と声を震わせた。互いに「最も頼りになる存在」と認め合う仲だった。目が真っ赤になった。

 別々の高校に進路が分かれたため、3月半ばに、2人でブログを開設し、互いの近況を書き込んだ。先月27日には、清水さんから「学校で一番をとったよ」と、うれしそうな声で電話がかかってきた。2人の交わした最後の会話になった。女子生徒は3日、「あの子はあたしの中でずっと生き続けてるから……」と書き込んだ。

 他の親友たちは「ニュース見た?」とメールを送信して悲報を伝え合い、「なぜ」と涙をこぼした。

 清水さんは豊田市立前林中学校では卓球部に所属、生徒会副会長や学級長も務め、周囲を引っ張るリーダーだった。優しく、責任感の強いしっかり者と評判で、障害のある級友の進学相談にも、親身に応じた。

 3年の秋にはクラス対抗の合唱コンクールの指揮者を務めた。練習でまじめに歌わないクラスメートを見て「みんながちゃんと歌ってくれない」と、親友には弱音をこぼしていた。それでもあきらめず、一人一人に「頑張ろうよ」と声を掛けて引っ張った。6クラスで3位に入る成績を残し、喜ぶ輪の中心で泣きじゃくった。同中学の石川泰弘教頭(53)は「文系の科目が得意だった。明朗活発で友達から信望があった」と振り返った。

 4月から通う愛知教育大付属高校でも学級委員になり、「中学で一緒の子がクラスに多くて楽しい。ちょっと宿題は多いけど」と話していた。バーベキュー大会では、食べ物をとりやすいように他の人に席を替わり、気を配った。サッカー部のマネジャーになり、2日も午後6時半まで部活の練習に参加、その下校途中に悲劇が起きた。そばには通学に使っていた自転車が倒れていた。


 清水愛美さんが通う愛知教育大付属高校では、佐々木徹郎校長と山本建一副校長が3日午後記者会見し、「登下校時の指導を徹底していた。大変ショックを受けている」と沈痛な面持ちで語った。付近では不審者の目撃情報が相次ぎ、学校への防犯カメラ設置や不審者情報のメール伝送など児童・生徒の安全対策に力を入れていただけに、関係者や住民は衝撃を受けている。

 事件が起きた地域は田畑に交じってトヨタ自動車やアイシン精機、デンソーなどの工場が建ち、住宅も点在する。伊勢湾岸自動車道の豊田南インターが開通したことで、人の出入りも増えていた。

 山本副校長によると、学校周辺では4月30日午後4時半ごろ、校門の外や竹やぶで男が体を露出させ、同月中旬には下校途中の女子生徒が男に襲われかけた。学校はこれらの情報と、連休中の部活動中止を全校生徒に電話で伝えたという。

 清水さんの家がある愛知県豊田市によると、同月29日、現場近くの書店で男がトイレに女子を連れ込むなど、07年1月以降11件の不審事案が起きている。

 市が把握した以外にも、昨年12月ごろ現場近くの公園で不審者が複数回目撃され、清水さん自身も今月1日午後7時、自分のブログに「なんかこわいんだけど/お母さんおそいよお」と書き込み、2日正午すぎには「気持ち悪い/部活どうしよ」と書き最後の日記を終えている。

 相次ぐ事態に、豊田市は昨年度、生徒や保護者に不審者情報を一斉メールするシステムを導入。小中学校には警報装置を設置し、民間警備会社にパトロールを委託するなど防犯体制を強化していた。

 さらに、付属高の所在地・刈谷市でも、すべての市立保育園に監視用ビデオを設置したり、小中学校に鍵付き門扉を取り付ける対策を実施し、豊田市に隣接する岡崎市では3年で街路灯を2130本増設する防犯計画を実施に移していた。

 こうした自治体の努力にもかかわらず、今回事件が起きた。清水さんが住む地区の神谷幹夫区長(65)は「学校の防犯対策は向上している」としたうえで、今回のような事件を防ぐには自治体間の一層の連携が必要と訴えた。【式守克史、木村文彦、丸林康樹】


 3日午前5時半ごろ、愛知県豊田市生駒町切戸の田んぼで、同市駒場町の愛知教育大付属高校(同県刈谷市)1年の清水愛美さん(15)が首に粘着テープを何重にも巻かれ、あおむけに倒れ死亡しているのが見つかった。そばに通学用の自転車が倒れていた。

 愛知県警によると、首を絞められたことによる窒息死の可能性が高く、下校途中に何者かに殺害されたとみて、豊田署に捜査本部を設置。強盗殺人容疑で現場検証し、通学路周辺の聞き込み捜査をしている。

 捜査本部によると、清水さんは制服姿で、顔に数か所打撲のあとがあった。制服は泥だらけで、靴は両足とも脱げ、そばには携帯電話が落ちていた。前日夜、家族が携帯電話に連絡しても出ず、途中からは着信もしなくなったという。

 現場から約15キロ離れた川の土手の茂みで、清水さんの教科書や腕時計が入ったバッグが見つかり、捜査本部は犯人が清水さんを襲った後、バッグを奪って捨てたとみている。

 高校によると、清水さんは2日も普段通り登校。サッカー部のマネジャーで、午後6時半まで練習に参加し、同45分ごろ、マネジャー仲間の女子生徒と一緒に自転車で学校を出たという。

 清水さんは団体職員の父(52)、看護師の母(50)、3人の兄との6人家族。2日夜になっても帰宅せず、家族が捜索願を出し同署などが捜索。家族の知人が発見し、父が通報した。

 現場は高校から約4キロ離れた、清水さんの通学路で、自宅からは約1キロ。伊勢湾岸自動車道豊田南インターチェンジのすぐそば。


 三日午前五時半ごろ、愛知県豊田市生駒町切戸の田んぼで、同市駒場町東埜中、愛知教育大付属高校(同県刈谷市)一年の清水愛美さん(15)が首に粘着テープを何重にも巻かれ、あおむけに倒れ死亡しているのが見つかった。そばに通学用の自転車が倒れていた。

 愛知県警によると、首を絞められたことによる窒息死の可能性が高く、下校途中に何者かに殺害されたとみて、豊田署に捜査本部を設置。強盗殺人容疑で現場検証し、通学路周辺の聞き込み捜査をしている。

 捜査本部によると、清水さんは制服姿で、顔に数カ所打撲のあとがあった。制服は泥だらけで、靴は両足とも脱げ、そばには携帯電話が落ちていた。前日夜、家族が携帯電話に連絡しても出ず、途中からは着信もしなくなったという。

 現場から約十五キロ離れた川の土手の茂みで、清水さんの教科書や腕時計が入ったバッグが見つかり、捜査本部は犯人が清水さんを襲った後、バッグを奪って捨てたとみている。

 高校によると、清水さんは二日も普段通り登校。サッカー部のマネジャーで、午後六時半まで練習に参加し、同四十五分ごろ、マネジャー仲間の女子生徒と一緒に自転車で学校を出たという。

 清水さんは団体職員の父(52)、看護師の母(50)、三人の兄との六人家族。二日夜になっても帰宅せず、家族が捜索願を出し同署などが捜索。家族の知人が発見し、父が通報した。

 現場は高校から約四キロ離れた、清水さんの通学路で、自宅からは約一キロ。伊勢湾岸自動車道豊田南インターチェンジのすぐそば。


 3日午前5時半ごろ、愛知県豊田市生駒町の田んぼで、同市駒場町の団体職員清水力さん(52)の長女で愛知教育大付属高1年の愛美(まなみ)さん(15)が、首にビニールテープを何重にも巻かれた状態で死亡しているのが見つかった。学用品などを入れた所持品のバッグは奪われていた。県警は下校途中に殺害されたとみて、強盗殺人事件の特別捜査本部を設置した。

現場近くの歩道には花が供えられていた=3日午後5時40分、愛知県豊田市生駒町、遠藤啓生撮影

女子高生が死亡していた現場付近を調べる捜査員=3日午前10時23分、愛知県豊田市生駒町、遠藤啓生撮影

  

 調べによると、女子高生は2日午後6時45分ごろに部活動を終えて、自転車で1人で学校を出た。普段なら自宅に到着する午後7時半ごろになっても帰宅しないことから、両親が豊田署に捜索願を出し、夜通し署員や知人らと行方を捜していた。早朝になって家族の知人が遺体を発見した。

 死因は窒息死とみられる。首には、幅約4センチの黒いビニール製の粘着テープが7重に巻かれていた。テープは当初、口から首にかけて巻かれていたとみられ、それがゆるんだような状態だったという。テープの長さは4メートル近い。顔には殴られたような跡が複数あったという。

 制服姿の遺体の脇には、通学に使っていた自転車が倒れていた。ブレザーやスカート、靴下などには泥が付いていた。近くで靴と携帯電話も発見された。

 捜索中に家族が携帯電話に電話すると、最初のうちは呼び出し音は鳴ったが応答に出ず、その後はつながらなくなったという。

 一方、所持品の黒いショルダーバッグは、約15キロ先の同県岡崎市稲熊町の道路沿いを流れる小呂川の土手で3日午前6時ごろ、近くの住民が見つけ、通報した。無造作に捨てられた状態で、中の教科書や参考書計22冊、電子辞書などがはみ出ていたという。

 遺体が見つかった現場は、同県刈谷市にある高校から約3キロ先で、水田が広がる地区。人家がまばらな伊勢湾岸自動車道の豊田南インターチェンジそばで、バッグの発見場所までの公共交通機関もないため、特捜本部は犯人が徒歩ではなく車などを使っていたとみている。続きを読む

このページのトップヘ