◆「爆発物は自作」と供述

10日午前10時ごろ、山口県光市光井、県立光高(弘中幸雄校長、580人)で、授業中に同校3年の男子生徒(18)が校舎2階の廊下から、同階の3年1組の教室内に、火薬が入ったガラス瓶を投げ込んだ。ガラス瓶は爆発し、正午現在で生徒57人が市内の病院に搬送され、手当てを受けた。男子生徒1人が重傷。投げ込んだ男子生徒は別のクラスの生徒で、隣の教室で授業をしていた男性教諭が取り押さえ、県警が同10時10分、傷害の現行犯で逮捕した。

 県警の調べに対し、逮捕された男子生徒は落ち着いた状態で、「(爆発物は)自分で作った」と供述。県警は動機を追及している。

 同校などによると、当時、3年1組では37人が2時間目の数学の授業を受けていた。ガラス瓶は教壇付近で爆発。十数人が出血するなどし、教室内の生徒と、他のクラスの生徒16人も市立光総合病院と市立大和総合病院に運ばれた。耳をつんざくような爆音で、事件当時、教室内はパニック状態になったという。

 市病院局管理部によると、生徒たちは「耳鳴りがする」「目が痛い」などと訴えており、「爆発音による聴覚障害が多いようだ」としている。

 3年1組の男子生徒によると、ガラス瓶は長さ約20センチで、瓶は紙の筒に包まれていたという。

 県教委によると、事件直後、学校側は授業を中止し、生徒を体育館に集めて、動揺しないように指導し、午後から下校させた。

 学校側は同日午後7時から同校で保護者への説明会を開く。県教委は片山哲男・教育次長らを同校に派遣し、情報収集を急いでいる。

 現場は国道188号線の北側。光市中心部近くで、住宅地に隣接。周辺には光署のほか、消防署、中学校、小学校がある。

◆教室に爆発音、生徒ら悲鳴


爆発物が投げ込まれたのは午前10時ごろ。生徒たちは何が起きたか把握できず、教室内は「キャー」という悲鳴で騒然となった。間もなく、救急車数台が到着。負傷した生徒たちは市内の病院に搬送された。

 男子9人、女子20人が運ばれた市立光総合病院では、生徒たちが救急処置室前のソファに横たわり、口元に紙袋やビニール袋をあて、呼吸を落ち着かせるための処置を受けていた。体を震わせ、うめくように声を出す生徒もいた。

 肩と手に負傷した男子生徒は「黒板を見ていたら突然、火花のようなものが見え、その瞬間耳が聞こえなくなるような大きな音がした。何があったのか全く分からない」と話していた。別の男子生徒のTシャツの脇腹には血が付いていた。

 市立大和総合病院では、運ばれてくる生徒のため、入り口前で医師や教諭ら約10人が待機。数人の生徒が車いすに乗り、腕に包帯を巻いている生徒もいた。

 3年3組の女子生徒は「バンという音が聞こえて、ガラス窓がふるえた。今までに聞いたことがないくらい大きな音で、クラス中がパニック状態になった。泣き声や悲鳴が聞こえた。そのほかは、よく覚えていない」と話した。

 同病院に駆け付けた保護者の1人は「学校から『病院に行ってください』と連絡があり、あわてて来た。子どもの元気な姿を見て安心したが、腰が抜けるかと思った」と語った。

 学校にはテレビの速報を見た保護者らが続々と詰めかけた。しかし、校内で何が起きたか状況がはっきりせず、「様子が分からないので心配」「ニュースを見てびっくりした」と不安そうに事態を見守った。

 事件当時、別の教室にいた1年の女子生徒は「突然、女子の悲鳴が聞こえた。何が起こったのでしょうか」と青ざめた表情で話した。生徒たちの動揺が激しいため、県警は校内にテープを張って、報道陣を立ち入り禁止にしている。

 けがをしていない生徒らは午後0時55分ごろから、教師の指示を受けながら下校を始めた。心配して駆けつけた保護者の手をしっかり握って下校する女子生徒の姿も見られた。

 弘中幸雄校長は出張先から同校に戻り、記者会見。「生徒を体育館に集め、動揺しないように指導しているが、ショックを受けた生徒もいるようだ。生徒は午後から下校させる。病院に運ばれた生徒の状態は治療中で詳しく分からない」と話した。




 山口県立光高校の爆発事件で、傷害の現行犯で逮捕された男子生徒(18)が、同校のほかの生徒から殺虫剤の商品名の一部を取ったあだ名で呼ばれていたことが15日、関係者の話で分かった。

 同校は、あだ名を呼ぶなどのからかいを生徒が重く受け止めていた可能性があるとして、いじめの実態調査のため、担任教師による面談やアンケートの実施を検討する。

 生徒の代理人に選任された田畑元久弁護士は同日、接見後に取材に応じ「思っていたよりけが人が多く、生徒は明らかに驚いている様子だった」と語った。

 弁護士によると、生徒は口数が次第に増えてきている。県警の調べの中などで口が重いことを指摘されることがあり、つらそうな様子だという。

 関係者の話では、生徒は同学年の生徒の一部から、商品名のあだ名で呼んでからかわれることがあったが、不愉快な表情を浮かべたり抗議することはなく、ほとんどの場合は無言だった。




山口県光市の県立光高校(弘中幸雄校長)で10日午前、3年1組の教室に火薬入りの瓶が投げ込まれた事件で、瓶の中には大量のくぎが入れられていたことが県警の調べで分かった。また、傷害容疑で逮捕された同校3年の男子生徒(18)は「市販の花火をほぐして使った」と供述しているといい、県警は、花火の火薬にくぎを交ぜることで、爆発物の威力を高めようとしたとみている。

1組の教室には、透明なガラスの破片のほか、細かな金属の破片が大量に散らばっていた。県警が詳しく調べたところ、長さ1、2センチ程度の小さなくぎだとわかった。

調べでは、生徒は廊下を小走りにやって来て、開いていた窓から瓶を投げ入れた。瓶は前から2列目、中央付近の机脇に置いてあったカバンに入って爆発した。カバンも砕けていたという。すぐ後ろの席に座っていた男子生徒が、右手薬指の骨が折れる重傷を負った。この生徒を含め3人が1センチ大のガラス片が体に刺さっており、除去手術を受けた。

調べに対し、生徒は「市販されているおもちゃの花火を買って、ほぐして使った」と供述。県警は今後、使われた火薬の鑑定をすると共に、花火の購入先について捜査を進める。

生徒が勾留(こうりゅう)されている光署によると、取り調べは11日午前9時半から始まり、生徒はしっかりとした口調で受け答えしているが、事件の重大性に驚いた様子も見せているという。生徒は1組とは別の理系クラスに在籍しており、「1組の生徒に恨みがあった」と供述しているという。