JWSSNニュース(^з^)-☆

こちらはJWSSNニュースです。 情報提供お待ちしています。 我々JWSSNニュースは日本国内で起きたニュースはもちろん、世界で起きたニュースや小さいニュースなど180度様々な視点からお伝えします。 どうぞ、これからもJWSSNニュースを末永くよろしくお願いします。 ちなみに、JWSSNはジャワスンと読みます。 また、当ニュースの編集長は19歳の現役大学生ですのであしからず。

1999年03月

 人気大爆発の「だんご3兄弟」(ポニーキャニオン)が、平成&CDシングル初の300万枚突破に向けて大爆進中だ。5日、追加注文が60万枚あり、総出荷枚数は発売3日目にして250万枚に達した。また発売翌日の4日、NHKへの問い合わせ電話が700本を突破するなど、「だんご3兄弟」のボルテージは上がる一方だ。



 だんご だんご だんご…。日本列島が“だんご狂騒曲”に沸いている。

 一般紙、スポーツ紙をはじめ、ワイドショー、ニュース番組まで「だんご3兄弟」のオンパレードだ。

 発売元のポニーキャニオンによると、発売から3日目の5日、60万枚の追加注文があり、これで実売と注文枚数は合わせてナント250万枚に達した。

 現在、2つの工場をフル稼働しているが、生産は全く追いつかず、うち110万枚が足りず、サンプル盤まで商品に回している状況。「こんなことはいまだかつてなかった」(同社)と目を白黒させている。

 発売わずか3日間で250万枚の達成でトリプル・ミリオン突破も射程距離に入った。

 シングルで300万枚を記録したのは過去に「およげ!たいやきくん」(453万枚)「女のみち」(326万枚)のわずか2曲だけ。「だんご3兄弟」が達成すれば、平成に入って初めて、CDとしても初の快挙となる。

 あまりの売れ行きに、街のCDショップのほとんどは品切れ状態で、週末は店頭から消えるという。

 週末には親子連れが、CDを求めて店頭に押し寄せることが予想され、同社ではパニック化することを危惧(きぐ)、「購入するためには、必ず予約してください」と異例の呼びかけをしている。それでも、手元に入るには1週間近くかかるそうだ。

 一方、ブームの火付け役となったNHKにも問い合わせが殺到。

 「教育テレビ40周年『だんご3兄弟』として、教育テレビと総合テレビでオンエアする回数を増やすなど、こちらも対応におおわらわだ。

 同局によると、東京の放送センターの交換台には発売前から子供を持つ親や幼稚園の先生などから問い合わせがあったが、当日には400本を超え、翌4日はナント722本に達した。

 その内容は「どこで買えるのか」「CDが手に入らないから、もっと放送してほしい」などだった。

 世をあげての“だんご狂騒曲”。しばらく続きそうだ。

 ★NHK「だんご3兄弟」の放送日程  
3・7  総合  前 10・55
  9  教育  後 3・55
  11 総合  前 9・50
  12 教育  後 3・10
  13 総合  後 0・40
  14 教育  前 8・55
     総合  前 10・55
  16 教育  後 3・55
  19 総合  後 2・35
  20 教育  前 11・40
  21 総合  前 11・49

 ★だんご屋さんも大繁盛!
 首都圏に約50店舗を展開する「追分だんご本舗」本店(東京・新宿区)では5日、「CDの発売前と後では売れ行きが2割増。サラリーマンの方が得意先や子供のおみやげとして買って行かれます。店の前で『だんご3兄弟』のCDを今朝からリフレインで流しているため、私もすっかり曲を覚えてしまいました」と嬉しい悲鳴を上げる。

 元プロボクシング世界チャンピオン輪島功一さん経営の「だんごの輪島」(東京・国分寺市)は「子供が行列作っちゃって大変なんですよ」とこちらも悲鳴。

 映画『男はつらいよ』シリーズのだんご店「くるまや」のモデルとなった「高木屋」(東京・柴又)も「もともと1串4個だったのを1串3個にして販売したら売れ行きがよく、お孫さんを連れた年配の方に大好評」とホクホク顔だ。

 日本列島、だんごの大合唱だ! 

3日に発売され、初日だけで100万枚を売り上げたシングル「だんご3兄弟」が、発売2日目の4日、“ダブル・ミリオン”を達成した。CDショップのほとんどが品切れ状態のため、東京・虎ノ門にある発売元のポニーキャニオンにまで購入希望者が押し寄せるなど、異様な盛り上がりを見せている。



 初回出荷80万枚で発売された「だんご3兄弟」。シングルCDとしては異例の初回枚数に加え、初日だけで20万枚の追加注文がありの、あっという間に100万枚をクリア。シングルCDの売り上げが伸び悩む最近の音楽業界にあっては、まさに記録的快挙だが、その勢いは止まらない。

 さらに発売2日目のこの日、新たに90万枚の追加注文があり、わずか2日間で190万枚を達成。同曲を収録したアルバム「いっしょにうたおう大全集40」も10万枚を超えており、併せれば“200万枚”突破となった。

 この状況に、発売元のポニーキャニオンは、工場をフル稼働して生産をしているが、「現時点では、追加分90万枚のうち20万枚しか用意できない」と、うれしい悲鳴を上げている。

 それだけではない。街のCDショップのほとんどは品切れ状態とあって、東京・虎ノ門にあるポニーキャニオン本社にまで、購入希望者が殺到するほどの異常人気。同社では、「CDショップでお求め下さい」と丁重に対応するとともに、同様の貼り紙をして対処しているが、「こんなことは今までになかった」と、あまりの反響の大きさに驚きの表情だ。

 17日には同曲を収録したビデオも発売される。子供だけでなく、大人まで巻き込み、社会現象となった「だんご3兄弟」ブームはさらに盛り上がりをみせそう。453万枚を売り上げて、シングルランキングの頂点に立つ「およげ!たいやきくん」の更新という夢も現実味を帯びてきた。

 一方、同曲の大ヒットは株式市場にまで飛び火。発売元ポニーキャニオンの親会社、ニッポン放送の株価が、4日の株式市場で、前日比500円高の5100円と値幅制限いっぱいまで急伸した。

 また、同曲はNHK教育「おかあさんといっしょ」で放送されて火がついたが、同局の海老沢会長によると、これまでに民放テレビ23社から「だんご3兄弟」の映像の使用許諾申請があり、食品会社など100社を超える企業から「ぜひキャラクターとして使わせてほしい」との申込みがあったという。

このページのトップヘ