JWSSNニュース(^з^)-☆

こちらはJWSSNニュースです。 情報提供お待ちしています。 我々JWSSNニュースは日本国内で起きたニュースはもちろん、世界で起きたニュースや小さいニュースなど180度様々な視点からお伝えします。 どうぞ、これからもJWSSNニュースを末永くよろしくお願いします。 ちなみに、JWSSNはジャワスンと読みます。 また、当ニュースの編集長は19歳の現役大学生ですのであしからず。

こちらはJWSSNニュースです。

19歳の現役大学生が編集長ですが・・・・(笑)

 南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報を廃棄したとしながら陸上自衛隊が保管していた問題で、稲田朋美防衛相が2月に行われた防衛省最高幹部による緊急会議で、保管の事実を非公表とするとの方針を幹部から伝えられ、了承していたことが分かった。複数の政府関係者が18日、明らかにした。防衛省・自衛隊の組織的隠蔽(いんぺい)を容認した形になる。

 稲田氏はその後の国会で、一連の経緯の報告を受けていないとし「改めるべき隠蔽体質があれば私の責任で改善していきたい」と答弁。国会でも虚偽の説明をしたことになり、防衛相辞任を求める声が強まり、安倍晋三首相も任命責任を問われるのは確実だ。

 稲田氏は18日、当該の会議で非公表の方針を了承したかどうかの事実関係について、共同通信の取材に「ご指摘のような事実はありません」と書面で回答した。


 複数の関係者によると、緊急会議は2月15日、防衛省で開かれた。稲田氏や事務方トップの黒江哲郎事務次官、豊田硬官房長、岡部俊哉陸上幕僚長、湯浅悟郎陸幕副長らが出席。情報公開請求に「廃棄済み」とした日報が陸自に電子データで残されていたことについて、事実関係を公表するか対応を協議した。


 陸自は1月17日、岡部幕僚長に保管されていたことを報告し公表の準備を始めたが、会議では、陸自のデータは隊員個人が収集したもので公文書に当たらないなどとした上で、「事実を公表する必要はない」との方針を決定。稲田氏は異議を唱えず、了承したという。


 3月に入り、報道によって陸自に日報が保管されていた事実が明るみに出た。稲田氏は同月16日の衆院安全保障委員会で、民進党議員から一連の隠蔽行為の報告を受けていないのか問われ「報告はされなかったということだ」と否定した。


 日報を巡っては、情報公開請求を不開示とした後、昨年12月に統合幕僚監部で発見。その後、陸自でも見つかったが、1月27日に統幕の背広組の防衛官僚が、報告に来た陸自の担当者に「今更陸自にあったとは言えない」と伝達。2月にデータは消去された。防衛省は2月6日、統幕で見つかった事実を公表し翌7日、一部を黒塗りで公開。陸自での保管の経緯は防衛相直轄の防衛監察本部が特別防衛監察を実施中で、近く結果を公表する見通しだ。


 【ことば】南スーダンPKO日報問題

 南スーダン国連平和維持活動(PKO)に、政府は2012年1月~17年5月、陸上自衛隊の部隊を派遣。首都ジュバで大規模戦闘が起きた昨年7月に現地部隊が作成した日報の情報公開請求を、防衛省は昨年10月に受理した。同12月2日に「陸自は廃棄済み」として不開示決定したが、12月26日に同省統合幕僚監部に電子データで保管されていたことが判明、今年2月に公開した。3月には陸自内部にも残っていたことが発覚。日報の「戦闘」との表現を巡って「武力衝突」としてきた政府見解との落差が国会で議論になった。(共同)

続きを読む

<アストロズ-エンゼルス>◇11日(日本時間12日)◇ミニッツメイドパーク

 アストロズ青木宣親外野手(35)が、日本人選手で史上7人目となる日米通算2000安打を達成した。

 6回の第3打席、無死から左前安打を放ち金字塔を打ち立てた。4回の第2打席で右中間への適時二塁打を放ち王手をかけていた。

 青木は1982年(昭57)1月5日、宮崎県生まれ。宮崎・日向高では投手、早大で外野手に転向した。大学3年秋に首位打者を獲得。03年ドラフト4巡目でヤクルト入団。04年イースタン・リーグ首位打者。05年にプロ野球2人目となる200安打を達成し、首位打者と最多安打獲得。タイトルは首位打者3度、最多安打2度、最高出塁率2度、05年新人王、06年盗塁王、ベストナイン7度、ゴールデングラブ賞6度。

 WBCには世界一に輝いた06年、09年、4強入りした17年の3度出場した。

 ポスティングシステム(入札制度)を使って250万ドル(約2億円)で落札したブルワーズと2012年1月に2年契約を結んだ。

 14年にロイヤルズ、15年にジャイアンツ、16年にマリナーズと渡り歩き、今季からアストロズに移籍した。

 09年には当時テレビ東京アナウンサーの佐知さんと結婚し、11年10月には長女、13年6月には長男が誕生。175センチ、80キロ。右投げ左打ち。


 ◇ア・リーグ アストロズ―エンゼルス(2017年6月11日 ヒューストン)

 アストロズの青木宣親外野手(35)は11日(日本時間12日)、ヒューストンで行われたエンゼルス戦に「9番・左翼」で先発出場、2安打を放ち日米通算2000本安打を達成した。

 青木はこの試合、3回の第1打席で左飛、4回の第2打席で適時二塁打を放って王手を懸けると6回の第3打席で左前打を放ち、2000安打に到達した。球場全体が青木の快挙を祝福、ヘルメットを脱いで歓声に応えた。

 日米通算での2000安打達成はイチロー、松井秀喜、松井稼頭央、井口資仁、福留孝介中村紀洋に続いて7人目。

 青木は早大から2003年秋のドラフト4巡目でヤクルト入り。05年、10年にシーズン200安打を達成、3度の首位打者に輝くなど8年間で1284安打を記録。メジャーではブルワーズ、ロイヤルズなど5球団でプレーし、6年目で716安打を放った。


 【ヒューストン時事】米大リーグ、ヒューストン・アストロズの青木宣親外野手(35)は11日、テキサス州ヒューストンで行われたロサンゼルス・エンゼルス戦の六回に左前打を放ち、日米通算2000安打を達成した。 


<アストロズ-エンゼルス>◇11日(日本時間12日)◇ミニッツメイドパーク

 アストロズ青木宣親外野手(35)が、日本人選手で史上7人目となる日米通算2000安打を達成した。

 6回の第3打席、無死走者無しから左前安打を放ち金字塔を打ち立てた。4回の第2打席で右中間への適時二塁打を放ち王手をかけていた。

 過去の日本人達成者は以下の通り。

(1)※イチロー 1278安打(日本)+3045安打(米国)=4323安打

(2)※松井稼頭央 2073安打(日本)+615安打(米国)=2688安打

(3)松井秀喜 1390安打(日本)+1253安打(米国)=2643安打

(4)※井口資仁 1794安打(日本)+494安打(米国)=2243安打

(5)※福留孝介 1626安打(日本)+498安打(米国)=2124安打

(6)中村紀洋 2101安打(日本)+5安打(米国)=2106安打

(7)※青木宣親 1284安打(日本)+716安打(米国)=2000安打

(※は現役選手、記録は2017年6月11日現在)


アストロズ-エンゼルス>◇11日(日本時間12日)◇ミニッツメイドパーク

 2000安打の大台に到達し、重鎮ぞろいの「名球会」に名前を連ねたとはいえ、青木宣親はいわゆるエリート街道を歩んできたわけではない。むしろ、常に「つまずき」からスタートし、自ら結果を残し続けることで、大記録への道を切り開いてきた。

 宮崎・日向高時代は、全国的にほぼ無名の投手だったこともあり、名門・早大進学時はほとんど注目されていなかった。1学年上では、和田毅(現ソフトバンク)が絶対的なエースとして活躍。同学年でも、甲子園組の鳥谷敬(現阪神)らが、洗練された選手として、早くからチームの中心にいた。青木が打者に専念したのは、大学入学後。実力も違えば、立場も違った。「入ったばかりの頃は、本当の野球のことを知らなくて、練習にもついていけませんでした」。だが、打者としての可能性や伸びしろを感じていた青木は、常に「何とかなる」と自らに言い聞かせていた。入学時に歴然としていた差を埋めるには、ただ練習するしかない。人一倍のスイング量をこなし、徐々にその差を埋めていった。

 早大でレギュラーを獲得し、主軸として同校史上初の4連覇を遂げた黄金期を支えた実績もあり、2003年ドラフトではヤクルトから4位で指名された。だが、プロ入り後、すぐにカベにぶつかった。1年目はオーブン戦で1本の安打も打てず、開幕は2軍。結果的にイースタン・リーグで首位打者を獲得した一方で、1軍出場はわずか10試合にとどまった。成績は、15打数3安打6三振、打率2割。「バットに当たらなくて、三振ばかりしていました」。2年目に定位置を取るまでは、苦悩の日々が続いた。

 2011年オフ、ポスティング制度でメジャーへ移籍した際も、高額の入札金とは無縁だった。ブルワーズが交渉権を得たとはいえ、契約前にはトライアウトを「受験」。事実上のテストをクリアして入団が決まった。開幕後にしても、当初は代打、守備要員からスタートした。「1番右翼」の定位置を確保したのは、5月中旬だった。

 青木の野球人生は、最初からうまくいった試しがない。言い換えれば、目の前にレールが敷かれていたことがない。だからといって、無用なコンプレックスもなければ、力みもなく、常にプラス思考で壁を乗り越えてきた。

 青木にとって、最初の「つまずき」は、成長、発展するための第1歩-。

 大記録に到達しても、青木の根本にある生き様は変わらない。【MLB担当=四竈衛】

 【パリ時事】フランスで11日、マクロン大統領の安定政権樹立が懸かる下院選(定数577、小選挙区制)の第1回投票が実施され、仏メディアが伝えた開票開始直後の推計によると、大統領の中道新党「共和国前進」の候補が大半の選挙区で最多得票し、同党が過半数(289)を大幅に上回る400超の議席を獲得する見通しとなった。

 
 仏BFMテレビが伝えた予想獲得議席数は、共和国前進が415~445、共和党を含む右派・中道連合が80~100、社会党を含む左派連合が30~40、急進左派「不服従のフランス」が10~20、極右政党・国民戦線(FN)が1~4となった。

 ただ、第1回投票で50%以上の票を獲得できなければ、有権者数の12.5%以上の票を獲得した複数候補が18日の決選投票に進む。多くの選挙区で結果はまだ確定していないとみられ、共和国前進が決選投票まで勢いを維持できるかが焦点となる。

 第1回投票での各党の予想得票率は共和国前進が32.6%で首位。共和党が20.9%、FNが13.1%、不服従のフランスが11%、社会党が9%だった。 


【AFP=時事】(写真追加)フランスで11日、下院選の第1回投票が行われ、エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領の中道新党「共和国前進(REM)」が圧倒的多数を占める見通しであることが、投票終了直後に現地で発表された予測で明らかになった。

【関連写真】仏北部ルトゥケで投票するマクロン大統領

 これによると、共和国前進と、同じく中道政党で同盟関係にある「民主運動(MoDem)」の得票率が合わせて32.2~32.9%に達し、定数577のうち390~445議席を占める見通しとなった。

 仏下院選は2回投票制。決選投票は18日に行われる。【翻訳編集】 AFPBB News



 【パリ=作田総輝】フランスのマクロン大統領の政権運営を左右する仏国民議会(下院、定数577)選は11日、第1回投票が行われ、即日開票された。

 仏メディアが開票開始直後に伝えた出口調査によると、マクロン氏の中道新党「共和国前進」は30%を超える票を獲得し、圧勝する見通し。獲得議席数は過半数(289議席)を大幅に上回る400議席前後になると予想されている。

 国民議会選は小選挙区、2回投票制で実施される。第1回投票での当選には過半数の得票が必要で、当選者がいない場合は、有権者数の12・5%以上の票を獲得した候補者が1週間後の決選投票に進む。多くの選挙区では決着が持ち越される見込みで、最終的な議席は18日の決選投票後に確定する。

 英国総選挙(下院定数650)の投票が8日午後10時(日本時間9日午前6時)に締め切られた。英BBCは出口調査の結果をもとに、メイ首相率いる与党・保守党は改選前の330議席から314議席に減らして、第1党の座は保つものの過半数(326議席)を割り込む見込みだと報じた。ただ各選挙区で激戦が続いており、英BBCは保守党が単独過半数を維持する可能性もあるとも報じている。

 出口調査による予測通りに進めば、保守党内でメイ氏の責任を問う声が高まることは必至だ。欧州連合(EU)との離脱交渉に影響が出ることも避けられない。

 最大野党・労働党は改選前の229議席から37議席増やして266議席、自民党も改選前の8議席から14議席に増やす。スコットランド民族党(SNP)は34議席で改選前の54議席から20議席減らす予測だ。どの党も単独では過半数に届かない「ハングパーラメント」(宙づり議会)になる可能性が出てきた。

 今回の総選挙は、メイ氏が4月中旬、前倒し実施を突然表明したことで行われた。下院の安定多数を確保することで、EUとの離脱交渉に向けて政権基盤を固め、自らの交渉方針への信任を得ることが狙いだった。

 当初、保守党は労働党に支持率で20ポイント以上リードし、「歴史的大勝」ともいわれた。だが「認知症税」と猛批判を浴びた福祉公約の修正や、メイ氏のテレビ党首討論会の不参加などで支持を落とした。

 さらに選挙期間中に、中部マンチェスターとロンドンで2度、イスラム過激派によるテロが起き、治安対策も大きな争点に浮上。労働党のコービン党首は「テロとの戦いはうまくいっていない」と厳しく非難。保守党政権による警官2万人削減も「緊縮策による弊害」と批判して、保守党を猛追していた。

 大勢は9日未明(日本時間9日昼)ごろにも判明する見通し。(ロンドン=渡辺志帆)


 【ロンドン=森太】英BBCは、8日に投票が行われた下院総選挙(定数650)ついて、出口調査に基づき、保守党314、労働党266、スコットランド民族党34、自由民主党14とする獲得議席の予想を公表した。

 メイ首相率いる与党・保守党は、第1党を維持するものの、解散前(330議席)より減らして過半数を割り込むという。



 【ロンドン三沢耕平】英総選挙(下院選、定数650)は8日投票が行われ、即日開票された。英BBCなどテレビ局の合同出口調査によると、獲得議席予測は保守党314(改選前330)、労働党266(同229)、北部の地域政党スコットランド民族党SNP34(54)、自由民主党14(同9)など。メイ首相率いる保守党が議席を減らし、二大政党のどちらも過半数に届かないハング・パーラメント(宙吊り議会)になる可能性が出ている。


 【ロンドン時事】英下院(定数650)選の投票は8日午後10時(日本時間9日午前6時)に締め切られ、開票が始まった。

 BBC放送の出口調査によると、メイ首相率いる与党・保守党は議席を改選前の330から314に減らす見通し。首相は欧州連合(EU)離脱交渉に向け、政権基盤を強固にする狙いで前倒し総選挙に打って出たが、過半数を割り込む可能性が出てきた。

 最大野党・労働党は議席を改選前の229から266に、EU寄りの野党・自由民主党は9から14にそれぞれ増やし、スコットランド民族党は54から34に減らす見込み。出口調査通りの結果なら、どの政党も過半数に届かず、新政権の行方は不透明となりそうだ。 


【AFP=時事】(更新)8日投票の英総選挙は、テリーザ・メイ(Theresa May)首相が率いる与党・保守党が第1党を維持するものの、過半数の議席は維持できない見込みとなった。投票締め切り後、現地メディアが出口調査の結果を一斉に伝えた。

【写真】夫婦で投票所を訪れたメイ首相

 BBC、スカイニュース(Sky News)、ITVの調査によれば、政党別の獲得議席数は、保守党が314、労働党が266、スコットランド民族党(SNP)が34、自由民主党が14の見込み。

 今回の選挙は、メイ首相が英国の欧州連合(EU)離脱交渉に向けて足場を固めるため4月18日に実施を発表したもの。開票結果が出口調査通りとなれば選挙実施が裏目に出た形で、メイ氏にとって手痛い打撃となる。

 わずか2年余り前の前回選挙で選ばれた現在の議会では、首相は他党に17議席差をつけて安定多数を有している。

 過半数を獲得する政党がない場合、「ハング・パーラメント(宙づり議会)」が生まれ、第1党が過半数を形成するための交渉を始める。【翻訳編集】 AFPBB News



[ロンドン 8日 ロイター] - 英国放送協会(BBC)は8日実施された総選挙(下院、定数650)について、76議席が大接戦を演じており、勝敗の予測がつかない状態だと報じた。

投票終了後に明らかになった出口調査によると、メイ首相率いる与党保守党が314議席を獲得し、過半数には届かないものの最大政党の座を維持する見込み。

BBCはウェブサイトで「多くの議席が大接戦となっているため、現在のところ結果の予測がつかない」としている。


 【ベルリン=宮下日出男】8日の英総選挙の行方は欧州連合(EU)も注視している。選挙後の政権のあり方は近く始まる英国との離脱交渉に影響を与えかねないためだ。

 「強い指導者を望む」。EU筋は英選挙を控え、欧州メディアにこう語り、欧州議会のある議員も「われわれに必要なのは安定したパートナーだ」と漏らした。EUは表向き加盟国の選挙に中立の立場だが、これらの言葉からはメイ氏率いる保守党の大差の勝利を望む内心がうかがえる。

 交渉では、英国に在住するEU加盟国の市民の権利保護やEUが英側に求める清算金の問題などで、激しい折衝が予想される。

 EUはすでに交渉準備を終え、選挙後は速やかに調整し、19日にも最初の交渉を開きたい考え。だが、首相や政権の交代となれば、予定がずれ込むことになる。このため、EUにとってはメイ氏の十分な勝利が「円滑な離脱に最善」(ロイター通信)とされる。

 ただ、選挙戦中はメイ氏とユンケル欧州委員長が離脱をめぐり舌戦を繰り広げるなど、EUと英国との緊張が高まった。英側が「悪い合意ならしない方がまし」などとトーンを強める中、EU関係者からはメイ氏が続投した場合でも「本当の脅威は英側が交渉を放棄することだ」との声も上がっている。


 【ロンドン=岡部伸】英国で8日、総選挙(下院定数650)が行われた。欧州連合(EU)からの完全離脱を掲げるメイ首相の方針に国民の審判が下される。当初、与党・保守党の圧勝が予想されていたが、最大野党・労働党が最終盤で猛追し、選挙結果は予断を許さない状況だ。大勢判明は9日早朝(日本時間同日午後)の見通し。

 7日公表の世論調査結果は大きく割れた。調査会社サーベーションによると、労働党が保守党に1ポイント差にまで迫り、保守、労働両党が半数(325)を割り込み「ハング・パーラメント(宙づり議会)」になる可能性がある。

 一方、ICM社は保守党46%、労働党34%、コムレス社も保守党44%、労働党34%と、保守党がサッチャー政権時代以来の大きな差で勝利すると予想。ユーガブ社の調査では保守党のリードが7ポイントに拡大した。

 選挙結果は、選挙から11日後に始まるEU離脱交渉を大きく左右する可能性がある。

 英世論調査協議会会長を務めるストラスクライド大のジョン・カーティス教授(63)は「労働党を支持する傾向にある若年層が実際にどう投票するかがポイント」とした上で、予想されるシナリオを次のように指摘。保守党が過半数を80席上回った場合、国民の信任を得たメイ氏はEUと想定通りの離脱交渉に入る。30席程度しか上回らなければ、保守党内の権力基盤が弱いメイ氏は最強硬派を抑えられずEUとの妥協が困難となり、交渉に十分指導力を発揮できない事態に陥る。

 一方、半数を割り込み320議席前後の場合、メイ氏が退任、ジョンソン外相が新首相に就任して北アイルランドの小政党と連立する少数与党政権が誕生し、交渉開始が遅れる。

 過半数を大幅に下回った場合、労働党がスコットランド民族党(SNP)と連立して政権交代となり、方針決定まで交渉開始が大幅に遅れる可能性がある。

 航空自衛隊美保基地によると、9日午前、鳥取県境港市の米子空港で空自のC2輸送機が誘導路を外れ、草地に突っ込んだ。 


 9日午前6時45分頃、鳥取県の米子空港で、離陸のため滑走路に進入しようとしていた航空自衛隊のC2輸送機が、曲がりきれず滑走路を逸脱し、停止しました。

 輸送機は訓練のため離陸しようとしていたということです。けが人は今のところないということですが、滑走路は閉鎖中です。自衛隊で原因などを詳しく調べています。(09日07:48)

このページのトップヘ