JWSSNニュース(^з^)-☆

こちらはJWSSNニュースです。 情報提供お待ちしています。 我々JWSSNニュースは日本国内で起きたニュースはもちろん、世界で起きたニュースや小さいニュースなど180度様々な視点からお伝えします。 どうぞ、これからもJWSSNニュースを末永くよろしくお願いします。 ちなみに、JWSSNはジャワスンと読みます。 また、当ニュースの編集長は19歳の現役大学生ですのであしからず。

こちらはJWSSNニュースです。

19歳の現役大学生が編集長ですが・・・・(笑)

 【ソウル時事】韓国検察は27日、朴槿恵前大統領の逮捕状を請求する方針を決めた。 


 【ソウル支局】韓国の朴槿恵パク・クネ)前大統領を収賄容疑などで捜査している検察は27日、朴氏の逮捕状を請求する方針を明らかにした。

 朴氏は親友の崔順実(チェ・スンシル)被告と共謀し、韓国最大の企業グループであるサムスングループから賄賂を受け取った疑いなど、少なくとも13の容疑が持たれ、朴氏は否認している。


韓国の検察は、朴槿恵前大統領について、収賄などの容疑で逮捕状を請求する方針を発表しました。友人の崔順実被告と共謀した国政介入事件に関するものです。

今後は、逮捕が認められるか、裁判所が審査し、判断することになります。


【ソウル聯合ニュース】韓国の検察特別捜査本部は27日、収賄や職権乱用などの容疑が持たれている朴槿恵パク・クネ)前大統領の逮捕状を請求する方針だと発表した。

 朴氏の容疑は収賄、職権乱用権利行使妨害、強要、公務上の秘密漏えいなど13件に上る。


 韓国検察は27日、朴槿恵(パククネ)前大統領(65)の逮捕状を請求したと発表した。検察は21日に朴氏に任意で出頭を求め、サムスン電子副会長らから約束分を含め総額433億ウォン(約44億円)の賄賂を受け取ったり、支援者のチェ・スンシル被告(60)に機密文書を流出させたりしたなどの疑いについて事情聴取していた。

 検察は27日、これまでの捜査内容や特別検察官から引き継がれた捜査記録、朴氏の供述について検討したとした。その結果、事案が重大であるにもかかわらず、朴氏がほとんどの容疑について否定し、証拠を隠滅するおそれがあると指摘。チェ被告らも逮捕していることから、逮捕状を請求しなければ公平性に反するとした。

 検察と特別検察官はこれまで朴氏と支援者のチェ被告らをめぐる事件で計39人を起訴した。起訴内容によると、収賄や機密文書流出のほかに、財団の設立資金として企業に計774億ウォン(約78億円)の拠出を強要したり、朴政権に批判的な芸術家や俳優らの「ブラックリスト」を作って政府の支援対象から外したりしたなど計13件で朴氏はチェ被告らと共謀したとされる。

 朴氏は国会からの弾劾(だんがい)訴追を受けて今月10日、憲法裁判所から罷免(ひめん)を宣告され、大統領を失職した。韓国では憲法の規定で大統領は在職中、刑事訴追されないが、朴氏は失職に伴ってこの特権も失っていた。

 韓国の大統領経験者が退任後に捜査を受けるのは、1995年の盧泰愚(ノテウ)氏と全斗煥(チョンドゥファン)氏、2009年の盧武鉉(ノムヒョン)氏に続いて4人目。逮捕されれば、盧泰愚氏、全斗煥氏以来になる。(ソウル=東岡徹)


 【ソウル=桜井紀雄】韓国検察は27日、罷免された朴槿恵前大統領(65)に対する逮捕状を裁判所に請求した。朴氏は収賄など13件に上る容疑が持たれているが、21日に行われた取り調べで容疑を全面的に否認。検察は、事案は重大で証拠隠滅の恐れがあるとして、逮捕状請求に踏み切った。韓国メディアによると、裁判所が29日にも発付の可否を審査し、30日未明には決定が出る見通し。

 逮捕状請求について発表した検察は「(朴氏が)強大な大統領の地位と権限を利用した」とし、「事案が非常に重大だ」と強調。贈賄側も逮捕された点に照らして、逮捕状を請求しなければ、「公平性に反する」と指摘した。

 朴氏の友人、崔順実(チェスンシル)被告側への支援をめぐり、約433億ウォン(43億円)に上る贈賄容疑で、最大財閥、サムスングループ経営トップでサムスン電子副会長の李在鎔イジェヨン)被告が、政府から独立した「特別検察官」(特検)によって既に逮捕・起訴されている。

 朴氏はサムスン側からの収賄に加え、崔被告が実質支配した財団への計約774億ウォンの出資を企業に強いた職権乱用や強要、大統領府秘書官を通じて機密文書を崔被告に渡した公務上機密漏洩(ろうえい)などの容疑が持たれている。

 ソウル中央地検で21日に行われた取り調べは、22日早朝にかけ、調書の確認も含め、21時間半に及んだ。出頭した際、朴氏は「国民の皆さまに申し訳なく思う。誠実に聴取に臨む」と述べた。朴氏をめぐっては憲法裁判所が10日、罷免を決定し、不訴追特権を失っていた。大統領府からソウル市内の自宅に移った12日には、親朴派議員を通じて「真実は必ず明らかになると信じている」と疑惑を認めない立場を明らかにしていた。

 逮捕されれば、大統領経験者として盧泰愚(ノテウ)、全斗煥(チョンドゥファン)両氏に続き、3人目となる。

 27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町湯本の那須温泉ファミリースキー場から「雪崩が発生した」と110番通報があった。

 同町総務課によると、県内の高校生ら40~50人が利用中で、複数の安否が不明との情報がある。県警が詳しい状況を調べている。

 地元消防への現場からの連絡によると、3人が呼吸停止で見つかった。他に3人が行方不明という。

 同スキー場は町営で、茶臼岳山麓に位置し、ペアリフト2基、ゲレンデ3面、そり専用ゲレンデ、センターハウスなどの施設がある。同町によると、今季の営業は既に終了しているが、競技団体の依頼で県内の複数の高校の生徒らが利用していたという。


 27日午前9時20分頃、栃木県那須町湯本の「那須温泉ファミリースキー場」で雪崩が発生した。

 県警などによると、スキー場は今季の営業を終えているが、この日は、複数の高校から集まった生徒約50人らが春山登山訓練を行っていた。生徒数人と連絡が取れなくなっており、県警などが捜索している。


 27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町の那須温泉ファミリースキー場で雪崩があった。高校生が巻き込まれ、数人と連絡が取れないという。同スキー場には、高校生約50人がいたという。


 27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町湯本の那須温泉ファミリースキー場で雪崩が発生した。登山をしていた高校生らが巻き込まれ、地元消防によると、いずれも高校生の3人が心肺停止状態で、2人が行方不明、午前11時現在で1人を救助中だという。

 消防によると、スキー場のゲレンデ上部で登山中に雪崩に巻き込まれた。

 那須塩原署によると、25~27日、県体育連盟が主催し、県内の高校1、2年生57人が参加する登山訓練が行われていた。県警によると、現地は悪天候が続き、ヘリコプターが飛べない状況だ。

 栃木県教育委員会によると、巻き込まれた情報があるのは、県内七つの高校の山岳部による「春山講習会」。25日から3日間の日程で、1~2年生60~70人が参加していた。県教委によると、参加しているのは大田原高校、那須清峰高校、矢板東高校、矢板中央高校、真岡高校、真岡女子高校、宇都宮高校の7校。

 宇都宮地方気象台は26日午前10時半ごろ、栃木県北部に雪崩や大雪の注意報を発表し、注意を呼びかけていた。担当者は「未明からの約10時間で積雪となり、気温は比較的高い。雪崩が起きやすい環境だった」と話す。

 地元の温泉旅館の従業員女性(62)によると、スキー場は3月20日に閉まっていた。昨晩から雪が降り、20~30センチ積もったという。「1月くらいの感じで積もっていた。スタッドレスタイヤでないと来られないくらい雪が積もっていた」と話した。


 27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町の那須温泉ファミリースキー場で雪崩が発生したと110番があった。

 地元消防によると、7人が負傷し、心肺停止状態の人もいるもよう。スキー場にいた高校生らと連絡が取れていないという。県警などが詳しい状況を調べている。

 消防などによると、スキー場には県内の高校生の団体約50人がいた。高校の話では、複数の高校の山岳部員らが25~27日の日程で、県高校体育連盟の春山登山講習を受けていたという。

 宇都宮地方気象台は26日、県北部で雪崩が発生する恐れがあるとして注意を呼び掛けていた。 


 27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町湯本の那須温泉ファミリースキー場で、雪崩が発生したと110番があった。地元消防に現場から入った連絡によると、高校生6人が心肺停止の状態で見つかったほか、3人が行方不明。3人が負傷しているという。

【付近のライブカメラの画像】

 県立大田原高の関係者によると、同スキー場では「春山安全登山講習会」を開催しており、大田原▽矢板中央▽宇都宮▽真岡▽真岡女子▽那須清峰▽矢板東--の県内計7校(約60人)の生徒らが参加していたという。同日午前9時35分ごろ、引率していた大田原高の教員から「安否の確認ができない生徒がいて、捜索している」と同校に連絡があったという。同講習会は25~27日の日程で行われ、参加者は事故現場周辺にいたという。

 那須温泉ファミリースキー場の運営会社「那須未来」によると、スキー場は20日に営業を終了し、リフトの運転はしていない。事故の一報は午前10時過ぎに入ったが、男性社員は「まだ詳しいことは全く分からない。上の者が現地に向かっている」と慌ただしく話した。

 栃木県北部では26日から降雪が続き、気象庁によると27日午前10時に那須高原で34センチの積雪を観測。宇都宮地方気象台は、同県北部に26日午前10時から雪崩注意報を発令していた。【田中友梨、金秀蓮】


 栃木県那須町のスキー場で起きた雪崩に高校生の団体が巻き込まれた。春の雪山で何が起きたのか。参加した生徒が通う高校は情報収集に追われた。

 団体は「春山安全登山講習会」の一環として、大田原▽矢板中央▽宇都宮▽真岡▽真岡女子▽那須清峰▽矢板東--の県内計7校が参加。関係者によると、25~27日の日程で那須温泉ファミリースキー場で行われ、約60人の生徒らが参加していたという。

 生徒が参加していた高校は確認に追われた。県立那須清峰高校(同県那須塩原市)からは、ワンダーフォーゲル部員4人が講習会に参加した。午前10時過ぎに引率した教員から連絡があり、全員無事が確認されたという。

 私立矢板中央高校(同県矢板市)からは、引率の教員2人と生徒5人が参加しているという。担当者は「警察から雪崩が起きたと連絡を受けたばかり。情報がない」と不安を募らせていた。

 県立矢板東高校(矢板市)から参加した山岳部の生徒8人と引率教員1人は無事だった。潮田康夫教頭は警察からの連絡で事故を知った。「とりあえず生徒が無事でホッとしたが、被害者もいるようで心配だ」と神妙な様子で語った。

 雪崩が起きたスキー場の近くにある大丸温泉の従業員によると、昨夜から雪が降り新たに20センチほど積もったという。従業員は「このあたりは4月にも雪が降るけれど、この時期にこれだけの積雪があるのは珍しい。道路はほとんど雪は解けた状態だったが、昨夜からの雪で除雪が必要な状態になっている」と話した。


 27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町湯本の那須温泉ファミリースキー場から「雪崩が発生した」と110番通報があった。

 同町総務課によると、県内の高校生ら40~50人が利用中だった。

 消防によると、雪崩はスキー場のゲレンデの上の方で発生した。

 心配停止の疑いが6人、行方不明が3人、負傷者が3人。負傷者は教員1人、生徒2人という。

 同スキー場は町営で、茶臼岳山麓に位置し、ペアリフト2基、ゲレンデ3面、そり専用ゲレンデ、センターハウスなどの施設がある。同町によると、今季の営業は既に終了しているが、競技団体の依頼で県内の複数の高校の生徒らが利用していたという。高校生は登山中に巻き込まれたろみられる。


 菅義偉官房長官は27日午前の記者会見で、同日午前9時20分ごろ、栃木県那須町のスキー場で雪崩が発生し、高校生が巻き込まれたと発表した。菅氏は「これまでに意識不明の方が3人、連絡が取れない方が3人との報告を受けている」とした上で、「引き続き被害状況の把握に努め、被災自治体と緊密に連携を図りながら被災者の救命救助を最優先に災害応急対策を行っていく」と述べた。


 3月末の雪山で何があったのか。高校生らが巻き込まれたとみられる栃木・那須の雪崩事故。生徒が巻き込まれた可能性がある高校では、関係者が不安を募らせた。

 栃木県矢板市の矢板中央高校からは山岳部の生徒5人と顧問の男性教諭2人が参加したという。生徒は1年生3人、2年生2人で全員男子生徒。橋本昭司副校長によると「午前10時過ぎに警察から連絡があり、教諭と生徒が参加したことを伝えた。その後、何も連絡がない。心配した保護者から学校に電話があったが、答えてあげられない」と話した。

 正副の顧問2人の携帯電話にかけ続けているが、「1人は呼び出し音が鳴っても答えず、1人は電波が届かないか電源が入っていない」という。
続きを読む

 原宿駅前に、一台のシルバーのベンツが停まった。このベンツ、元モデルのアレクサンダー(34)が、妻の「のんちゃん」こと川崎希(29)に買ってもらったもの。しかし、運転しているのはアレクだが、後部座席に乗っているのは川崎ではないロングヘア美女だ。

「アレクと元AKBでアパレルブランド『ANTIMINSS』社長の川崎は、13年2月に結婚。バラエティ番組『有吉反省会』(日テレ系)出演をキッカケに『"ゲス&ヒモ夫"キャラ』でブレイクしました」(芸能プロ幹部)

 昨年6月、川崎が不妊治療をしていることをブログで公表。二人のラブラブぶりを一日30回近くもアップするようになってからは「おしどり夫婦」として知られている。

 ベンツは原宿付近の裏路地にある薄暗いコインパーキングに入った。エンジンが止まり、運転席のドアが開く。ベンツを下りると―アレクはクルリと向きを変えて後部座席に移り、何やらゴソゴソやり始めた。ジャンパーを脱いで運転席にかけ、女性のコートを助手席にかけ、バスタオルのようなものを運転席と助手席の間に広げて、目隠しをして……って、まさか! 

 それから約15分後、アレクは片付けと駐車料金の精算を済ませてエンジンをかけた。

 果たしてこのロングヘア美女は何者なのか。アレクを知るミュージシャンは「それ、ファンのコですよ」と話す。

 実はこの日は、アレクと川崎の結婚記念日の前日だった。不妊治療中の、しかも結婚記念日前夜の「裏切りカーセックス」。FRIDAY最新号では"現場"の写真も掲載している。

撮影 川上孝夫


 元AKB48でアパレル会社社長、川崎希(29)が24日、ブログを更新。この日発売の「FRIDAY」で、夫でタレント、アレクサンダー(34)の不倫疑惑を報じられたことに言及。「アレク浮気したな!!」というタイトルで、「起きてネット見てたらアレクがスクープ??ん??後部座席には川崎ではないロングヘア美女??あ~?え~あ~しかもばっちり証拠写真まであるみたいじゃん」と動揺を隠せない様子。「まだ浮気ぐせなおってないのか~!!この変態ばか浮気男め覚えてろよ~とりあえずFRIDAY買ってから事情聴取だな」と激怒した。

 アレクも同日、ブログを更新し、「えっ? なにこれ 、、、、、違うよ、、、、俺じゃないよ 違うから」と完全否定した。

 「FRIDAY」によると、アレクは結婚記念日(2月22日)の前夜に、川崎からもらった愛車の中でロングヘアの美女と"密会"。相手は彼のファンで、2015年夏ごろに知り合ったという。

 アレクはヒモ夫キャラでブレークしたが、昨年6月に川崎が不妊治療中であることを告白してからは、ともにラブラブぶりをアピール。最近は、おしどり夫婦で知られていた。 


 元AKB48でタレントの川崎希(29)が24日、自身のブログを更新し、この日発売の写真週刊誌『FRIDAY』(講談社)で不倫が報じられた夫のアレクサンダー(34)に激怒した。

【写真】川崎希&アレク夫妻、お姫様抱っこで公開キス

 報道によると、アレクサンダーは結婚記念日の前日にファンの女性と都内で密会し、不倫行為に及んだ。これまでもバラエティー番組などで「浮気がバレた罰として、妻にニンジンをお尻の穴に挿入された」などと告白してきたが、写真付きで不倫が報じられたのは、今回が初めて。

 これを受け、川崎は「アレク浮気したな!!」というタイトルのエントリーで、怒りを表現する絵文字を多用しながら「まだ浮気ぐせなおってないのか~‼️この変態ばか浮気男め覚えてろよ~」と怒りを表現。

 一方のアレクも直後に「やべー のんちゃんまじブチ切れてる‼」と題したブログを更新し、「どーしよ、、、まぢで逃げたいよ もーやだよ、、」と弱音を吐き、「本当にごめんなさい‼ でも 違うからね! 誤解解くからちょっと待ってて 本当にちがうからね」と言い訳をつづった。

 これまでテレビ番組にそろって出演し、3年以上不妊治療に取り組んでいることを告白するなど、おしどり夫婦として人気を集めていた。


 元AKB48でタレントの川崎希が24日、ブログを更新。同日発売の写真週刊誌で車中不倫が報じられた夫のアレクサンダーに激怒した。事情聴取の後、浮気現場のコインパーキング(駐車場)にアレクと一緒に行き、現場検証した様子など、一部始終をブログで公開。この夫婦らしい"劇場型公開取り調べ"となっている。アレクは「20分以内でしたので200円しか使ってません」などと"容疑"を認めている。

【写真】川崎希も在籍…デビュー前日の初々しいAKB1期生

 24日発売の「FRIDAY」では、ファンの女性と原宿駅近くのコインパーキングで車中不倫に至る様子が証拠写真とともに生々しく報じられている。

 川崎はこの日午前、ブログで「しっかり証拠写真まであるみたいじゃん!」「まだ浮気ぐせなおってないのか~!変態ばか浮気男めおぼえてろよ」と激怒。午後に更新したブログではコンビニで同誌を購入し、カフェで熟読する写真をアップ。「結婚記念日の前の日ね、、よくも結婚記念日の前の日に浮気したよな!!」と2月22日の結婚日前日の浮気にさらに激怒。「そういえばアレクは入籍した翌日にも浮気したな」と思い返し、「このまま済むと思うなよ 私は本当にぶちぎれたからね」と怒りをぶちまけた。

 また、「ジム行くってウソついて浮気しやがったな」「浮気した当日は私のLINEにジムにいる写真までわざわざ送ってアリバイ作りまでしてたな」とアレクのウソとアリバイ工作に、怒りを倍増させた。

 一方のアレクは、当初「え?なにこれ、、、、違うよ、、、、俺じゃないよ 違うから」「誤解解くからちょっと待ってて 本当に違うからね」と"誤解"と強調していたが、フライデーを手に再現した駐車場での現場検証で一転、「20分以内でしたので200円しか使ってません」「200円は私が払いました」と"容疑"を認めた。現場検証では「あの日あった事、、、行動とかまるで証人喚問みたいだった」と厳しい取り調べがあったことを明かし、「のんちゃんこえー、、、」と書き込んでいた。


 写真週刊誌「フライデー」で女性ファンとの不倫疑惑を報じられたタレントのアレクサンダー(34)が、妻の元AKB48のアパレル会社社長の川崎希(29)にブログでお仕置きを受けていることをつづったことで25日、Amebaブログの総合ランキングで1位となった。川崎も2位にランクインしている。これまで不動の1位だった小林麻央を夫妻で抜いた。

【写真】レシピ本発売記念イベントに出席したアレクサンダーと川崎希

 アレクは「玉たたき1000回まぢ痛いからねえーんえーんえーんえーんえーん。パンパンに腫れてます。本当にごめんね。昨日からずっとお仕置きされっぱなしだよ」と激白。

 一方、川崎はアレクが土下座する写真をアップして「アレクのお仕置きずっとしてたよえーえーえー。疲れたな、、、謝っても済むと思うなよ」と怒りが収まらない様子だ。
続きを読む

 タレント、小倉優子(33)が、不倫騒動を起こした夫でカリスマ美容師、菊地勲氏(46)と3日に離婚したことが5日、分かった。関係者によると、別居中の菊地氏と昨年末から弁護士を立てずに話し合い、慰謝料はなし、子供2人の親権を小倉が持つことなどで合意した。昨年11月に次男を出産した小倉は、この日のテレビ番組の収録で仕事復帰。シングルマザーとして強く生きていくことを誓っていたという。

 夫の裏切り行為から1年-。ゆうこりんが、ついに離婚を決断した。

 関係者によると、別居中の小倉と菊地氏は、昨年末から弁護士を立てることなく話し合いを重ねてきた。4歳の長男と生後4カ月になる次男の親権を小倉が持つこと、養育費は菊地氏がサポートすることなどで合意。生活が落ち着いた今月3日に離婚届を提出した。

 不倫騒動は、妊娠中の昨年8月に「週刊文春」が報じたことで表面化。菊地氏が小倉の所属事務所の後輩だったアイドルグループのメンバー(26)と同3月に出会い、密会を重ねていた内容だった。

 夫から不倫を告白された小倉は、同8月に長男を連れて自宅を飛び出し知人宅へ。以降、一度も夫婦が同居することはなく、5年5カ月の結婚生活にピリオドを打った。次男を出産した昨年11月には、ブログで「これから二児の母として、かけがえのない我が子達を大切に育てていきます」とつづっていた。

 一部週刊誌で小倉が慰謝料7000万円を請求していると報じられたが、関係者によると慰謝料はなし。小倉は離婚前日の2日付のブログで、「憶測だけが一人歩きしてしまい全く事実にない事が報道され、私自身本当にびっくりしています!!」とつづり、「色々ありますが元気に過ごしている私は強いなぁと感じます」と吹っ切れた様子だった。

 すでに菊地氏は自宅を出ており、小倉は子供たちと新生活をスタートさせている。彼女の様子について関係者は「元気で明るいです。『子供たちのために頑張らないと』と前向きですよ」と話す。

 この日、日本テレビ系「行列のできる法律相談所」(日曜後9・0)の収録で産休から仕事復帰。番組内でも離婚の経緯を報告し、シングルマザーとして強く生きていくことを誓ったという。困難を乗り越え、再出発したゆうこりんの姿は、26日に放送される。


 タレントの小倉優子(33)が、今月3日に夫でヘアメイクアーティストの菊池勲氏と離婚していたことが5日、わかった。所属事務所は「弁護士を立てずに本人同士で話し合い、円満に離婚に至った」とコメント。慰謝料はなく、親権が小倉が持つ。

【写真】挙式時…小倉優子、美容師の夫・菊地勲氏との2ショット

 昨年11月に第2子となる男児を出産した小倉は5日、日本テレビ系『行列のできる法律相談所』の収録で仕事に復帰。離婚直後ながら元気に収録に参加していたという。

 小倉は2日、自身のブログを更新し「なんだか、憶測だけが一人歩きしてしまい全く事実にない事が報道され、私自身本当にびっくりしています」と離婚についての週刊誌記事に言及。「皆さんに私の言葉できちんと伝えられるようにと事務所の方にお願いしています」とつづっていた。

 小倉は2011年菊池氏と結婚、翌年6月には長男、16年11月に次男を出産した。


 タレントの小倉優子(33)が、夫で美容師の菊池勲氏(46)と離婚したことが5日、分かった。

【写真】幸せだったのに…2011年、笑顔で婚約指輪を披露する小倉優子

 所属事務所によると、3日に関係者が都内の区役所に離婚届を提出。4歳と0歳の2男の親権は小倉が持つ。弁護士を立てずに本人同士の話し合いで円満に離婚に合意し、慰謝料はない。養育費については取り決めはしておらず、関係者によると「菊池氏が父親としてできる限りのことをしていく」という。

 2人は2011年10月に結婚し、翌年6月に長男が誕生。しかし、第2子を妊娠中だった昨年8月に、当時事務所の後輩タレントだった女性と菊池氏の不倫が発覚。小倉はブログで「ショックでした」と心境を吐露、「私も冷静になり、今後の結婚生活を見つめ直すいいきっかけにしたい」としていたが、裏切り行為による夫婦の溝の修復は難しかったようだ。

 同11月に次男が誕生。関係者によると、出産を無事に終えて、いったんはやり直そうと考えたが、年末までには離婚の意思を固めたという。元々、菊池氏は結婚後も女性の噂が絶えず、離婚危機と言われた時期もあった。小倉の知人は「後輩タレントとの不倫が離婚の一つの要因だったことは間違いないが、夫婦にしか分からないこともある。複合的なことが積み重なり、今までのことと向き合ってるうちに離婚の決意を固めたんじゃないでしょうか」と話した。

 小倉は先月末、ブログで3月からの仕事復帰を報告。5日は日本テレビ行列のできる法律相談所」の収録(26日放送)に臨んだ。第2子の産休以来、8カ月ぶりのテレビ出演で、番組関係者によると収録中に「離婚したんです」と明かし、「頑張っていきます」などと前向きに話していたという。今後は育児をしながらママタレントとして仕事をしていく。

 ◆小倉 優子(おぐら・ゆうこ)1983年(昭58)11月1日、千葉県生まれの33歳。高校生の時にスカウトされ芸能界入り。02年「日テレジェニック」に選ばれグラビアや、「笑っていいとも!」「さんまのSUPERからくりTV」などバラエティー番組などでも活躍。09年にはパンアドバイザーの資格を取得するなど料理上手で、レシピ本も多数出版。愛称は、ゆうこりん。血液型B。


 タレント小倉優子(33)が、ヘアメークアーティスト菊池勲氏(46)と離婚していたことが5日、分かった。小倉の所属事務所によると今月3日に離婚届を提出した。弁護士を立てず、本人同士で話し合いを重ねた協議離婚。4歳の長男と4カ月の次男の親権は小倉が持ち、慰謝料は発生していない。

【写真】11年、米ハワイ・オアフ島の教会での結婚式のショット

 小倉と菊池氏は共通の知人を介して知り合い、約3年間の交際を経て11年10月に結婚し、ハワイで挙式した。菊池氏はSMAPメンバーを始め、多くのスターを担当する人気ヘアメークアーティスト。小倉は「きくりん」と呼び、結婚報告会見で浮気の心配を聞かれると「100%ないと思っています」と笑顔で答えていた。翌年6月に第1子となる男児が誕生したが、小倉は出演番組で「出産後にけんかが増えた」と不満を口にしていた。不仲説は否定したが、寂しさも感じていると話していた。

 小倉が第2子を妊娠中だった昨年8月、菊池氏の不倫交際疑惑が報じられた。小倉の所属事務所の後輩タレント馬越幸子(26)の自宅に通っていると「週刊文春」が伝えた。同誌の取材に菊池氏は「浮気はしていない」と答えたが、馬越は所属事務所から契約を解除された。

 小倉は報道を受けてブログに「すごくショックでしたし、主人に腹立たしい気持ちでいっぱいでした」と感情を吐露。しかし離婚を心配する声には「主人もたくさんの方々から大変なお叱りをいただき、これまでにないほどの反省をしております。私も冷静になり、今後の結婚生活を見つめ直すいいきっかけにしたいと思います」と記していた。別居報道もあったが、所属事務所や菊池氏は否定していた。今月3日発売の写真週刊誌「フライデー」は、菊池氏が自宅に帰っていないと伝えた。

 小倉はこの日、26日放送分の日本テレビ系「行列のできる法律相談所」の収録に参加。関係者は「気持ちを切り替えて収録に挑んでいました」と話した。


 タレント小倉優子(33)が、ヘアメークアーティスト菊池勲氏(46)と離婚していたことが5日、分かった。小倉の所属事務所によると今月3日に離婚届を提出した。

【写真】小倉優子"こりん星キャラ"の罪悪感で「ズタボロ」

 ◆小倉優子(おぐら・ゆうこ)1983年(昭58)11月1日、千葉県生まれ。02年「日テレジェニック」に選ばれ、その後グラビアタレントとして活動。「こりん星から来たゆうこりん」と話す不思議系キャラクターで人気を得た。料理が得意でパンアドバイザーの資格を持ち、結婚後にレシピ本も出版。162センチ。血液型B。


 タレントの小倉優子(33)が夫でヘアメークアーティストの菊池勲氏(46)と3日に離婚していたことが5日、分かった。昨年8月、夫の不倫発覚後に別居。たび重なる離婚報道の間にも夫婦で前向きに話し合いを続けたが、修復はできなかった。慰謝料はなく、小倉が2児の親権を持つ。この日、離婚後初仕事となる26日放送の日本テレビ系「行列のできる法律相談所」(日曜、後9・00)の収録に参加した小倉は、番組で離婚を報告し、独身としての再スタートを切った。

【写真】小倉優子が自虐アドバイス

 夫の不倫騒動から7カ月、小倉が5年5カ月の結婚生活にピリオドを打った。

 今月3日に関係者が離婚届を提出。弁護士は立てずに夫婦で今後について話し合いを続けたが、やり直すことはできなかった。慰謝料はなく、親権は小倉が持つ。関係者は「別れても父であることは変わらないので、サポートはしていくのでは」と夫が今後も家族と会うことや養育費などで支援するとした。

 2人は交際3年を経て11年10月に結婚。「浮気は100%ない」と信頼を寄せたパートナーとの間に12年6月に第1子の長男が誕生、16年11月に次男を迎えて幸せな家庭を築いていくはずだった。

 だが、小倉が第2子妊娠中の昨年8月、夫と、自身の所属事務所の後輩タレントとの浮気が報じられ、状況は一変。小倉はブログで「凄くショック。主人に腹立たしい気持ちでいっぱい」と怒りをあらわに。相手の女性は所属事務所を解雇となった。

 その後、2人は別居。関係者は「(不倫は)離婚のきっかけの一つとしてありますが、いろいろなことがある中で前向きに話し合った結果」と説明したが、信頼が戻ることはなかった。

 離婚前日の2日には、ブログで4カ月ぶりに髪を切ったことを報告、「スッキリ」とつづっていた小倉。この日は離婚後初仕事となる「行列-」の収録で、自らの口で離婚したことを報告。心機一転、明るく再スタートを切っていた。


 タレントの小倉優子(33)が、3日に夫でヘアメイクアーティストの菊地勲氏(46)と離婚したことが5日、分かった。昨年8月の第2子妊娠中に、週刊誌報道で夫と後輩タレントの不倫が明らかになっていた。2人は11年10月に結婚。長男(4)と昨年11月に生まれた次男の親権は小倉が持つ。関係者によると、慰謝料はないという。

 夫の裏切りによって生じた夫婦間の亀裂は、あまりに深かった。不倫報道直後から別居。関係者によると双方とも弁護士などの代理人を立てることなく、別居期間中も直接会って離婚に向けた話し合いを重ね、3日に協議離婚が成立した。

 一部では小倉が慰謝料7000万円を求めたとも報じられたが、直後のブログで「皆さんが全てを信じないでほしい」と否定。離婚の詳細は明らかではないが、2人の子供の養育費を支払うことなどで双方が納得したとみられる。

 菊地氏はSMAP堤真一らを担当したことのある人気ヘアメイクアーティスト。東京・南青山で人気サロンを経営している。

 小倉は結婚してから芸能活動は休業状態だったが、この日、日テレ系「行列のできる法律相談所」(日曜・後9時)の26日放送分の収録で仕事復帰。現場では吹っ切れた様子で、離婚した心境も語っていたという。先月24日のブログでは「三月からは、少しずつですがお仕事を再開していきますので、子育てとの両立を楽しみながら一生懸命頑張りたい」とつづっていた。2人の子供と心機一転、再出発する。

 ◆小倉 優子(おぐら・ゆうこ)1983年11月1日、千葉県生まれ。33歳。2001年に芸能界入り。02年、日テレジェニックに選ばれ、グラビアで人気に。その後、バラエティー番組を中心に活躍。愛称はゆうこりん。11年10月に結婚後は料理本も出版。パンアドバイザーの資格を持つ。身長162センチ。血液型B。


 「ゆうこりん」の愛称で知られるタレントの小倉優子さん(33)が離婚していたことが6日、分かった。今月3日に離婚届を提出したという。

 6日付サンケイスポーツが「ひな祭り離婚」の見出しで報じている。

 小倉さんは平成23年10月、カリスマ美容師の菊地勲氏(48)と結婚。同24年に長男、昨年に次男を出産した。

 昨年8月、菊地氏が、小倉さんの所属事務所の後輩タレントと不倫していると週刊文春が報じ、以降は長男を連れて別居。慰謝料はなく、4歳の長男、生後4カ月になる次男の親権を小倉さんが持つことで合意したという。

 次男を出産した昨年11月、ブログで「これから二児の母として、かけがえのない我が子たちを大切に育てていきます」とつづっていた。

 小倉さんは、5年5カ月の結婚生活にピリオドを打った。26日に放送される予定の日本テレビ系「行列のできる法律相談所」(日曜後9・0)で、離婚の経緯を自ら話すという。(WEB編集チーム)

 【ソウル時事】韓国軍によると、北朝鮮は6日、日本海に向け飛翔体を発射した。 


【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は6日午前7時36分ごろ、北西部の平安北道・東倉里一帯から東海に向け未詳の飛翔体を発射した。


 菅義偉官房長官は6日午前、北朝鮮によるとみられるミサイル発射情報について「情報は入っている」と述べた。

 首相官邸に入る際、記者団の質問に答えた。これに関し、菅長官は直ちに記者会見する予定。 


 韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は6日午前7時36分ごろ、北西部の平安北道(ピョンアンプクト)東倉里(トンチャンリ)から日本海に向かって飛翔(ひしょう)体を発射した。

 飛翔(ひしょう)体は弾道ミサイルの可能性があるが、詳しい種類や飛距離などは明らかになっていない。(ソウル=東岡徹)
続きを読む

このページのトップヘ