JWSSNニュース

こちらはJWSSNニュースです。 情報提供お待ちしています。 我々JWSSNニュースは日本国内で起きたニュースはもちろん、世界で起きたニュースや小さいニュースなど180度様々な視点からお伝えします。 どうぞ、これからもJWSSNニュースを末永くよろしくお願いします。 ちなみに、JWSSNはジャワスンと読みます。 また、当ニュースの編集長は19歳の現役大学生ですのであしからず。

こちらはJWSSNニュースです。

19歳の現役大学生が編集長ですが・・・・(笑)

パプアニューギニアで2日間にわたって開催されたアジア太平洋経済協力会議APEC)首脳会議が18日に閉幕した。首脳宣言は文言を巡って合意できず、1993年の第1回首脳会議以降で初めて採択を断念した。通商問題を巡り米中間の対立が強まっていることがあらためて浮き彫りになった。

カナダのトルドー首相は18日、記者団に対し、21カ国・地域間の協議は困難だったと説明。「貿易を巡る特定の要素で意見の相違があることはさほど意外ではないと思う」と論じ、「そのため、首脳宣言の文言で完全なコンセンサスを得られなかった」と述べた。

協議に詳しい米当局者は、中国が貿易に関する文言に難色を示したことを明らかにした。協議が非公開であったことから匿名を条件に話した同当局者によると、「全ての」不公正な慣行と闘うとの文言を首脳宣言に盛り込むことに中国が反対した。ほかの20カ国・地域はその文言を支持したという。

パプアニューギニアのオニール首相は世界貿易機関WTO)改革の問題が意見相違の主な原因だったと説明。「米中だけ」が意見を異にしたわけではなく、WTO改革について「意見を表明したメンバーは他にもいた」と話した。同首相は正式なAPECの声明を後日、発表すると語った。



パプアニューギニアで開かれていたAPEC(=アジア太平洋経済協力会議)の首脳会議は、史上初めて首脳宣言の発表が見送られる異例の事態となった。

APECで首脳宣言の採択が見送られるのは、1993年に第1回の会議が開かれて以来、初めてのこと。

議長国のパプアニューギニアが、代わりに議長声明を発表することになったが、参加国のカナダのトルドー首相は、具体的な国名こそ挙げなかったものの、アメリカと中国の対立が今回の事態を招いたと示唆した。

カナダ・トルドー首相「貿易の特定の分野について異なる見方があり、それが首脳宣言の採択を妨げた」

米中は、首脳会議の前から貿易問題や中国が進める巨大経済圏構想「一帯一路」などをめぐって批判の応酬を繰り広げ、主張に大きな隔たりがあった。

このため、ほかの参加国は難しい対応を迫られ、異例の首脳宣言の断念に追い込まれたものとみられる。

また、オーストラリアメディアなどは、パプアニューギアの外務・貿易相の執務室に、中国政府の関係者が強引に入り、首脳宣言の文言の変更を迫ったと伝えている。

中国側は「事実ではない」と否定しているが、首脳宣言をめぐり、水面下で激しいやりとりがあったことがうかがえる。

米中の首脳は、来週、アルゼンチンで行われるG20の場で、首脳会談を行う予定で、ここで問題終結に向けた議論ができるのかが注目される。



 【ポートモレスビー=大柳聡庸】パプアニューギニアで開かれていた日米中など21カ国・地域が参加するアジア太平洋経済協力会議APEC)首脳会議は18日午後、首脳宣言を採択しないまま閉幕した。米中が通商問題で激しく対立し、それぞれの主張を盛り込むよう求め、調整がつかなかった。首脳宣言を出さないのは、1993年に首脳会議が開かれて以来、初めて。首脳宣言に代わり、議長国のパプアニューギニアが近く議長声明を公表する見通しだ。

 パプアニューギニアのオニール首相は閉幕後、首脳宣言断念の理由について米中を念頭に、「(反対したのは)部屋にいた二つの巨人だ」と話した。安倍晋三首相やペンス米副大統領らが首脳会議終了前に会場を後にしたことも合意形成を難しくしたとみられる。

 米国は中国による不公正な貿易を、中国は米国の保護主義的な政策をそれぞれ批判し、対立が激化した。

 米国は中国が外資規制などを通じて進出企業に技術移転を強要する不適切な慣行を問題視。国営企業への巨額補助金といった優遇措置も市場をゆがめていると強く批判した。通商筋によると、こうした不公正な貿易慣行に歯止めをかけるため、米国は世界貿易機関(WTO)改革を宣言に盛り込むよう要求した。

 これに対し中国は鉄鋼に高関税を課す輸入制限など米国の「自国第一主義」を非難。保護主義を牽制(けんせい)する強い文言を宣言の中に入れるよう求めたという。



 【ポートモレスビー=杉目真吾、池田慶太】パプアニューギニアの首都ポートモレスビーで開かれていたアジア太平洋経済協力会議APEC)の首脳会議が18日、閉幕した。米国と中国が、世界貿易機関WTO)改革や一国主義を巡る文言で対立し、議長国のパプアニューギニアは共同首脳宣言の採択を断念した。首脳宣言を採択できなかったのは、1993年の第1回首脳会議以来初めてとなる。

 今回のAPECを巡っては、首脳会議に先立って行われた閣僚会議でも、18日夜現在で声明を発表できていない。首脳会議で首脳宣言を出せないという異例の事態となったことで、アジア太平洋地域での自由貿易に基づく経済安定を目指すAPECの存在意義が問われることになりそうだ。

 パプアニューギニアのオニール首相は首脳会議閉幕後、記者団に対し、首脳宣言をとりまとめられなかったことを明らかにした上で、米中両国を名指しせず、「WTO改革を巡る2国間の対立が原因だ」と述べた。オニール氏は、首脳宣言の代わりに、議長権限で会議内容をまとめる議長声明を発表する。

続きを読む

年内で解散する5人組バンドAqua Timez(アクアタイムズ)が18日、最後のライブ「last dance」を横浜アリーナで行った。ボーカル太志(38)は「緊張している自分を感じています」とあいさつ。3時間以上にわたって、ヒット曲「等身大のラブソング」「決意の朝に」などを披露した。

【別カット】解散前最後のライブを行った「Aqua Timez」ボーカル太志

途中、ベースOKP-STAR(オーケーピースター、41)は「皆さんにたくさんの夢をかなえていただきました。まさかアリーナに来られるなんて。最後の最後に、1番自信を持ってステージに立てています」。キーボードmayuko(41)は感極まって「あこがれの横浜アリーナだからさ。みんなと思い切りかみしめて最高です。ありがとうございます」と涙声になった。

チケットは即日完売。約1万3000人が見守った。アンコールの最後に太志は「アクアタイムズの曲はみんなと一緒に生きてきました。みんなはオレたち5人より、曲を理解してくれていたのではないでしょうか」とファンに感謝。ヒット曲「虹」を歌い終えると、感極まった表情で「みんな、本当にありがとう!」と絶叫した。メンバーは会場内を回って、ファンとハイタッチ。名残惜しそうにファンに別れを告げた。

同バンドは03年に結成し、06年にメジャーデビュー。同年と08年に、NHK紅白歌合戦に出演した。ファンの前に立つのはこの日が最後だが、年内までにラジオ番組出演などを行う。メンバーの今後について、現時点では未定だ。



 年内の活動をもって解散を発表していた5人組バンド、Aqua Timezが18日、横浜アリーナで解散前に最後となるライブ「last dance」を開催した。

 グループ史上最大規模のライブ会場となる同所で初開催。チケットは即完売で、開演前から場内は1万3000人のファンの熱気に包まれた。

 メンバーがステージ上に姿を見せると観客のボルテージはいきなり最高潮に。ボーカルの太志(38)は「横浜アリーナにAqua Timezがやって来ました!」と叫び、2006年のNHK紅白歌合戦初出場曲「決意の朝に」や、08年に日本テレビ系「ごくせん」の主題歌としてヒットした「虹」などWアンコールを含む25曲を熱唱した。

 03年の結成から15年続いた道のりを振り返り、太志は「みんなに会えてよかった。今日のことを思い出して生きていきたい。またどこかで元気な顔で会えるように」と約束。最後は5人で場内を1周してファンに感謝を伝え、Aqua Timezの“ラスト・ダンス”は幕を閉じた。

 年内はラジオ出演などの活動が残っているが、解散後のメンバー個々の活動については未定となっている。

 【ロンドン=広瀬誠】英国の欧州連合(EU)からの離脱協定案を「支持する」割合が15%にとどまることが、世論調査会社ユーガブの調査で明らかになった。12月にも行われる協定案の議会採決で、議員は世論の動向を見ながら、賛否を決めるとみられるため、今回の調査結果は、協定案の議会承認を目指すメイ首相にとって打撃となりそうだ。

 ユーガブは、協定案が閣議了承を得たとメイ氏が発表した翌日の15日、英全土で1311人を対象に調査を行い、16日に結果を発表した。それによると、離脱協定案に「反対する」は51%、「分からない」は33%だった。EUからの離脱を決めた2016年の国民投票については、「正しくなかった」(47%)が「正しかった」(40%)を上回った。合意なき離脱の可能性が指摘される中、離脱の決定自体を疑問視する民意がうかがえる。

 【ワシントン=加納宏幸】米中間選挙(6日投開票)で大接戦となり、投票結果の再集計が実施された米南部フロリダ州知事選は17日、トランプ大統領が強く推した与党・共和党ロン・デサンティス前下院議員の勝利が決まった。民主党から同州初の黒人知事を目指した州都タラハシーのアンドリュー・ギラム市長がフェイスブックに投稿したビデオで敗北を認めた。

 フロリダ州では僅差となった知事選と上院選で機械による再集計が行われた。上院選の得票率差は手作業の再集計が義務づけられる0・25ポイント以下だったが、知事選は0・41ポイントだったため再集計が終わっていた。

 これにより、全米50州のうち36州で実施された州知事選は全ての勝敗が決まり、非改選の州を含めた新たな勢力は共和27、民主23となった。中間選挙前の勢力は共和33、民主16、無所属1だった。



(CNN) 米中間選挙で激戦となり、再集計が行われたフロリダ州知事選で、民主党候補のギラム氏(39)が17日、正式に敗北を認めた。

知事選では同州初の黒人知事を目指すタラハシー市長のギラム氏と、共和党のデサンティス氏が接戦を展開していた。

ギラム氏はフェイスブックに投稿したビデオに夫人と並んで登場し、デサンティス氏が次期知事となることを祝うと述べた。

ツイッターでは激しい戦いを振り返り、「フロリダを結束させる時がきた」と呼び掛けた。

フロリダ州では、得票率の差が小さい場合に集計をやり直すよう義務付ける州法の下、知事選と上院選、農業委員の選挙について機械による再集計が行われた。ギラム氏はこれを受けて「一票残らず数えることを断固求める」と述べ、いったん出した敗北宣言を撤回していた。

州法では機械の再集計で得票差が0.25ポイントを下回った場合、さらに手作業で再々集計を始めることになっている。上院選と農業委員選挙はこの対象となったが、知事選は15日に機械集計が終わった時点で対象から外れた。

ギラム氏はビデオの中で、「これは1回の選挙だけの問題ではない。一般市民が政府に抵抗の声を上げられるよう、変革を起こすための戦いだった」と述べた。




【AFP=時事】6日に投開票が行われ、僅差のため再集計にもつれ込んていたフロリダ州知事選は17日、同州初の黒人知事を目指していた民主党のアンドリュー・ギラム(Andrew Gillum)候補が共和党のロン・デサンティス(Ron DeSantis)候補の勝利を祝福するメッセージをツイッター(Twitter)に投稿し、事実上の敗北を認めた。その一方で、最後の1票が数え終わるまで選挙を戦うと言明した。

【関連写真】州知事選を戦う共和党のデサンティス氏

 米中間選挙の一環で行われたフロリダ州知事選は、結果が僅差だったために再集計となり、最終結果が18日までに判明することになっていた。

 同様に同州の上院選も、州知事を退任する共和党のリック・スコット(Rick Scott)氏と、再選を目指す民主党のビル・ネルソン(Bill Nelson)上院議員との激戦となり、再集計が行われている。非公式の暫定結果によれば約820万票中、1万2562票差でネルソン議員がスコット知事を追う展開となっている。2人の得票差は0.15ポイントだ。

 1回目の投票結果が僅差だったことから、記入に問題のある投票用紙も集計できるよう再集計は手作業で行われており、結果は20日に明らかになる見通し。【翻訳編集】 AFPBB News




 【ワシントン共同】米南部フロリダ州知事選で、同州初の黒人知事を目指していた民主党候補のアンドリュー・ギラム氏が17日、再集計の結果を受け、敗北を認めるビデオをフェイスブックに投稿した。「ミニトランプ」と呼ばれる白人の共和党候補、ロン・デサンティス氏が勝利した。

 6日に実施された中間選挙で、フロリダ州当局は10日、知事選と上院選の再集計を行うことを決定。AP通信によると、知事選は再集計の結果、デサンティス氏が3万票以上多く得票していた。上院選の勝敗は決着していない。



 【ワシントン=海谷道隆】6日投開票された米中間選挙で、36州で改選された知事選の結果が17日出そろった。共和党は所属知事の州を改選前の26から20に減らしており、2020年の大統領選でトランプ大統領の再選戦略にも影響を与えそうだ。

 南部フロリダ州で行われていた知事選の再集計では、共和党候補のロン・デサンティス氏の得票数が、民主党候補のアンドリュー・ギラム氏を上回った。ギラム氏は17日、敗北を宣言した。南部ジョージア州の知事選では、大量の不在者投票が集計されていないと訴えていた民主党候補が16日、共和党候補の勝利を認めた。結果判明が遅れていたフロリダ、ジョージア両州の知事選の共和党候補は、トランプ氏との近さを前面に出す「ミニ・トランプ」候補として注目され、トランプ氏がてこ入れを図っていた。
続きを読む

 千葉県浦安市の東京ディズニーランド(TDL)で、ミッキーマウスのキャラクター誕生からちょうど90周年となった18日、人気アトラクション「ミッキーの家とミート・ミッキー」に多くの来園者が訪れ、最大で11時間待ちとなった。運営会社オリエンタルランドは「公式な記録はないが、11時間の待ち時間は聞いたことがない」としている。

 同アトラクションでは、ミッキーが暮らす家の台所やリビングで遊んだり、一緒に記念撮影や握手したりできる。ミッキーが映画でデビューした1928年11月18日が「誕生日」とされるが、このアトラクションでは特別なイベントはなく通常通りの営業だった。



 ミッキーマウスが最初に登場した短編映画が上映されてから90年となった18日、東京ディズニーランド(千葉県浦安市)には大勢のファンが祝福に駆けつけた。ミッキーにまつわるアトラクションでは待ち時間が最大11時間になった。

 運営会社のオリエンタルランドによると、この日は特別なイベントはなく通常の営業だったが、開園前からファンが殺到。ミッキーが住む家という想定の施設を散策し、記念撮影や握手ができる人気アトラクション「ミッキーの家とミート・ミッキー」では午前、待ち時間が11時間と表示されたという。

 同社の担当者は「過去最長かは確認できないが、相当珍しい時間であることは間違いない」としている。



 ミッキーマウスが登場してから90年となった18日、東京ディズニーランド(千葉県浦安市)の人気アトラクション「ミッキーの家とミート・ミッキー」に多くの来園者が集まり、最大約11時間待ちとなった。運営会社のオリエンタルランドでは「公式な記録はないが、これほどの待ち時間は聞いたことがない」としている。

 ミッキーマウスの誕生日は映画でデビューした11月18日とされる。このアトラクションではミッキーマウスと触れ合い、写真撮影などができるため、来園者が集中したとみられる。大きな混乱はなかったという。
続きを読む

このページのトップヘ