JWSSNニュース(^з^)-☆

こちらはJWSSNニュースです。 情報提供お待ちしています。 我々JWSSNニュースは日本国内で起きたニュースはもちろん、世界で起きたニュースや小さいニュースなど180度様々な視点からお伝えします。 どうぞ、これからもJWSSNニュースを末永くよろしくお願いします。 ちなみに、JWSSNはジャワスンと読みます。 また、当ニュースの編集長は19歳の現役大学生ですのであしからず。

こちらはJWSSNニュースです。

19歳の現役大学生が編集長ですが・・・・(笑)

 大本命のミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」が何部門を制するか? 26日(日本時間27日)に発表される米アカデミー賞の行方を映画評論家の渡辺祥子氏、芝山幹郎氏と占った。

 ここ数年、混戦が続いたオスカー争いだが、今年は久々に大本命が存在する。32歳の新鋭デイミアン・チャゼル監督の「ラ・ラ・ランド」。前哨戦のゴールデン・グローブ賞で候補となった7部門すべてで受賞。勢いは止まらず、13部門で14ノミネート(主題歌賞候補に2作品)となった。

 ロサンゼルスにやってきた女優の卵と売れないジャズピアニストのシンプルな恋物語。「雨に唄えば」「シェルブールの雨傘」など名作ミュージカルへのオマージュも随所に織り込む。

■「夢あり懐かしい」

 渡辺祥子氏は「ミュージカル映画ならではの夢があり、懐かしい。同時に現実と夢想を二重に見せるような斬新な方法もある」と評する。芝山幹郎氏も「地味でしんどい候補作が多い中、唯一明るい作品で、映画的幸福感に満ちている。多くの引用があるが、破綻せずに最後まで運んだ手腕は大したもの」と語る。

 作品賞の対抗馬はこちらも37歳と若いバリー・ジェンキンス監督の「ムーンライト」。すさんだ町の孤独な黒人少年の成長を少年期、青年期、成人後の3部構成でリアルに描く。芝山氏は「見る者に考えさせる類例のない映画。紋切り型の正義漢や悪漢は出てこないが、肉体、時間、運命を描いている」と評価する。

 監督賞も両作の争いになりそうだが「華やかさでチャゼルか」(芝山氏)。渡辺氏も「映画愛に満ちた監督が、古いものの良さを生かしつつ、新しい映画を目指した。そこがアカデミー会員に好感をもたれる」とチャゼルを有力視する。

■主演女優賞も有力

 主演女優賞も「ラ・ラ・ランド」の華、エマ・ストーンが強そう。芝山氏は「ケネディ夫人の既成のイメージを覆した」と「ジャッキー」のナタリー・ポートマンも高く評価する。名優イザベル・ユペールの「エル」での熱演も見逃せない。

 主演男優賞は「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のケイシー・アフレックが最有力。ニューイングランド出身のさえない男が、兄の死を機に故郷に戻り、心の傷と向き合う姿を繊細に演じた。ライアン・ゴズリングが候補の「ラ・ラ・ランド」に一矢を報いるか。

 助演男優賞は「ムーンライト」のマハーシャラ・アリ、助演女優賞は「フェンシズ」のビオラ・デイビスと共に黒人が有力。スタジオジブリ製作「レッドタートル」が狙う長編アニメ賞は「ズートピア」が強そう。

 他の作品では渡辺、芝山両氏とも「ハクソー・リッジ」を評価する。宗教上の理由で銃を持たずに沖縄戦に参加した衛生兵の実話だ。同じアンドリュー・ガーフィールド主演の「沈黙」は撮影賞の候補となった。

 各部門は接戦だが最終的に「ラ・ラ・ランド」独走の可能性もある。「アメリカ映画らしいアメリカ映画が少ないから」と芝山氏。作品賞受賞ならミュージカルとしては「シカゴ」(2002年)以来だが「舞台の映画化でなく、久々に映画オリジナルのハリウッドミュージカルであることへの評価が高い」と渡辺氏。

 焦点は受賞部門数。渡辺、芝山両氏とも「10部門くらい行きそう」と見る。過去最高は「ベン・ハー」(59年)、「タイタニック」(97年)、「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」(03年)の11部門で、これを抜くか。ただ「タイタニック」「リング」は俳優賞がない。作品、監督、主演男優、主演女優、脚本または脚色の主要部門5冠なら「羊たちの沈黙」(91年)以来だ。

(編集委員 古賀重樹)

[日本経済新聞夕刊2017年2月20日付]

 本年度アカデミー賞で『タイタニック』(1997)と並ぶ過去最多タイの14ノミネートを果たしたミュージカル『ラ・ラ・ランド』が20日時点で、世界の映画賞にて184受賞392ノミネートと、『タイタニック』の110受賞73ノミネートを大きく上回るぶっちぎりの記録で賞レースを独走していることが明らかになった。(『タイタニック』関連数字はIMDb調べ)

圧巻のミュージカル!『ラ・ラ・ランド』予告編

 『セッション』でその才能を見せつけたデイミアン・チャゼル監督がメガホンを取った本作は、ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンを主演に迎え、ロサンゼルスで恋と夢の狭間で揺れる若者の姿を描いたミュージカルだ。

 ゴールデン・グローブ賞では歴代最多の7部門受賞、そして第89回アカデミー賞では史上最多タイで『タイタニック』『イヴの総て』(1950)と並ぶ14ノミネート(作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞、脚本賞、撮影賞、編集賞、美術賞、衣装デザイン賞、作曲賞、歌曲賞二つ、音響編集賞、録音賞)を記録。日本時間27日にアカデミー賞受賞発表を迎えるが、どこまで受賞記録をのばせるかにも期待が高まっている。

 なお、アカデミー賞における歴代最多受賞作品は『ベン・ハー』(1959)、『タイタニック』、『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』(2003)で11部門を達成、ミュージカルというジャンルでは『ウエスト・サイド物語』(1961)が10部門受賞を果たしている。また、ミュージカル作品による作品賞受賞は14年前の『シカゴ』(2003)が最後となっている。これまで映画賞で圧倒的強さを誇ってきた『ラ・ラ・ランド』の大健闘を見守りたい。(編集部・石神恵美子)

映画『ラ・ラ・ランド』は2月24日よりTOHOシネマズみゆき座ほか全国公開

2月26日に発表される米アカデミー賞の、今年の最有力候補に挙げられる映画が「ラ・ラ・ランド」だが、興行収入の面でもこの作品は群を抜いている。

32歳のデイミアン・チャゼルが監督した「ラ・ラ・ランド」の作品の世界の興行収入は3億4,050万ドル(約386億円)。2位の「メッセージ(原題:Arrival)」の興収1億9,530万ドルを大きく引き離している。制作費が3,000万ドルの「ラ・ラ・ランド」は非常にコストパフォーマンスの高い作品とも言える。

アカデミー候補の9作品はこれまで世界で11億ドルの興収を生んでおり、4作品が1億ドルを超えている。選考委員らの目は作品のクオリティだけでなく、金の成る木を見出す能力にもたけている。

製作に4年を費やした「ラ・ラ・ランド」はエマ・ストーン演じる女優の卵と、売れないジャズピアニスト役のライアン・ゴズリングの二人が織りなす恋物語。「雨に唄えば」などの名作ミュージカルへのオマージュが随所に散りばめられている。

興行収入で「メッセージ」に次いで3位に入っているのがメル・ギブソン監督の歴史的戦争映画「ハクソー・リッジ」で興収は1億7,480万ドル。ギブソンは2006年に飲酒運転で逮捕された際、警官に対し反ユダヤ的暴言を吐いた事が問題化し業界から干されていたが、この映画でようやく復活を果たした。

4位は1960年代のNASAで活躍した黒人女性たちを描いた「ヒドゥン・フィギュアズ」で世界興収は1億6,450万ドル。この作品は米国だけで1億4,420万ドルを稼いでおり、アカデミー賞の前哨戦の一つ、米映画俳優組合員賞(SAG賞)のキャスト賞にも選ばれている。

黒人女性らを主人公にした「ヒドゥン・フィギュアズ」がここまでの人気を獲得したことは、現在の米国にとって非常に意義深い。監督のテオドール・メルフィは「この映画はほとんど口コミだけで全米に支持を拡大した」と述べている。

今回のアカデミーは「ラ・ラ・ランド」の受賞がほぼ確実視されているが、他の作品がどのような評価を受けるかにも注目したい。

第89回アカデミー賞授賞式が、現地時間2月26日(日)にロサンゼルスのドルビー・シアターで開催される。

【写真を見る】史上最多ノミネートを果たした『ラ・ラ・ランド』

これまで賞レースでしのぎを削ってきたそれぞれの候補のなかから、Indiewire、Goldderbyなどの媒体を参考に、主要部門の受賞予測をまとめてみた。

昨年の「白すぎるオスカー」から一転し、今年アフリカ系アメリカ人(以下黒人)が携さわった作品は、過去最多の18ノミネートという記録を樹立。

そんななかで期待されているのが、バリー・ジェンキンス監督作でブラッド・ピットがプロデューサーを務める『ムーンライト』(4月公開)だ。

人種の多様化を掲げ、アカデミー会員には新たなメンバーが多数加わり、若返りつつあると言われているが『それでも夜は明ける』(13)以来となる黒人監督作の受賞が期待される一方で、黒人の受賞はほかのカテゴリーに任せ、オスカーではハードルが高いミュージカル『ラ・ラ・ランド』(2月24日公開)が、『シカゴ』(02)以来となる受賞を果たすかに注目が集まっている。

作品賞が『ラ・ラ・ランド』に、そして『ムーンライト』が脚色賞に、マット・デイモンがプロデューサーを務める『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(5月13日公開)が脚本賞に落ち着くのではないかとの見方が強いようだ。

監督賞も『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼルと、黒人監督としては4人目のノミネートとなった『ムーンライト』のバリー・ジェンキンスの一騎打ちになりそうだが、今回は史上最年少で全米監督組合賞を受賞し、『セッション』(14)に続いて高い評価を得ているチャゼル監督に軍配が上がるとの予測。

そして主演男優賞は、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』で悲しみに満ち、激しくも静かな素晴らしい演技を見せるケイシー・アフレックの一人勝ちと言われる。しかし米ドナルド・トランプ大統領誕生によって男尊女卑が今まで以上にクローズアップされるなか、ケイシーのもみ消された感がある2件のセクハラ疑惑がオスカー会員にどのような影響をもたらすのか。

その後を追う『フェンシズ(原題)』のデンゼル・ワシントンは、同じ役でブロードウェイの舞台にも立っている点ではマイナスだと言われているが、実力は折り紙付きで最後まで予断を許さない。

また主演女優賞は当初、オスカーでは実在の人物を演じるのが有利とあって、『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』(3月31日公開)のナタリー・ポートマンが有力視されていた。

しかし、すでに『ブラック・スワン』(10)でオスカーを受賞している上に、賞レース後半戦では『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーンと、実力派ながら初めてノミネートされた『エル(原題)』(夏公開)のイザベル・ユペールがぐいぐいと評価を上げている。

オスカーでは弱いと言われているミュージカル作品でエマが主演女優賞の栄冠を手にすることができるのか、もしくはオスカーの多様性につながるフランス人のベテラン女優イザベルが栄冠を勝ち取るのか、注目が集まっている。

助演男優賞は、『ムーンライト』のマハーシャラ・アリが断トツの強さを見せているが、その後を追う『LION/ライオン ~25年目のただいま~』(4月7日公開)のデーヴ・パテルの演技も圧巻。

助演女優賞は、『フェンシズ(原題)』のヴィオラ・デイヴィスが最有力候補ではあるものの、それを追う『ムーンライト』のナオミ・ハリスも侮れない存在だ。いずれにしても、同カテゴリーの受賞はアフリカ系の人物が受賞することになりそうだ。

ノミネートにも受賞にも多様性が見込まれる今年のオスカー。13部門14ノミネートを果たし、賞レースを席巻してきた『ラ・ラ・ランド』が、『ベン・ハー』(59)、『タイタニック』(97)、『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』(03)の11部門受賞に並ぶのか?それとも新たな金字塔を打ち立てるのか?もしくはほかの作品が席巻するのか?結果が楽しみだ。【NY在住/JUNKO】

【AFP=時事】米国で連邦レベルでの合法化を前に同性婚の権利を認めた州では、高校生の自殺および未遂の発生率が低下したとする調査結果がこのほど発表された。

【図解】同性婚をめぐる世界の情勢(2015年)

 同性婚を合法化した州では、ゲイ、レズビアン、バイセクシュアルの若者の自殺および未遂の件数が14%、全体では7%減少した。調査結果が20日、米国医師会(American Medical Association)小児科専門誌に発表された。

 調査では、2015年1月以前に同性婚を合法化した35州のうちの32州と、合法化していなかった州とを比較した。同性婚は最高裁の判決により2015年6月に全国レベルで合法化された。

 これらの同性婚を認めていなかった州では、自殺未遂率の低下は見られなかった。

 調査研究を率いたジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)のジュリア・レイフマン(Julia Raifman)氏は、「同性婚の承認は、性的指向に関連する社会的なスティグマ(レッテル貼り)を低減させる」と指摘。「平等の権利を持っているということと関連しているのかもしれない──たとえその権利をすぐに行使する計画がなかったとしても。これにより生徒たちの後ろめたさは低減し、将来への希望とつながる」と説明した。

 米国では、自殺が15~24歳の死亡原因の第2位となっている。

 研究者らは、1999年1月から2015年12月までの間に収集したデータを基に動向調査を行った。米国では2004年、マサチューセッツ(Massachusetts)州が州として初めて同性婚の権利を認めた。【翻訳編集】 AFPBB News


このページのトップヘ