JWSSNニュース(^з^)-☆

こちらはJWSSNニュースです。 情報提供お待ちしています。 我々JWSSNニュースは日本国内で起きたニュースはもちろん、世界で起きたニュースや小さいニュースなど180度様々な視点からお伝えします。 どうぞ、これからもJWSSNニュースを末永くよろしくお願いします。 ちなみに、JWSSNはジャワスンと読みます。 また、当ニュースの編集長は19歳の現役大学生ですのであしからず。

こちらはJWSSNニュースです。

19歳の現役大学生が編集長ですが・・・・(笑)

この記事では日テレ「金曜ロードショー」枠で放送された作品の視聴率を毎週更新していく。

地上波初放送やテレビ初放送の映画作品には作品名の後に(初)を記載。ドラマ企画やオリジナル企画の際には(ド)と記載。「金曜ロードショー」枠で放送していても映画・ドラマではない場合は特筆すべき場合を除き記載しない。色付きは「○週連続企画」などの時のみ。関東地区の視聴率は毎週ビデオリサーチ社が公式HPで記載しているため必ず分かるが、関西地区での視聴率はTOP20に入っていないと分からないため関西地区の視聴率が不明な時は記載していない。『』内は特筆すべき裏番組があった際にのみ記載。特筆がない場合には基本的には関東地区の視聴率となっている。

Twitterボタン

 


↓【2017年】

4月14日「名探偵コナン 純黒の悪夢

4月7日「名探偵コナン 迷宮の十字路

3月31日「ルパン三世 princess of the breeze〜隠された空中都市〜」

3月24日「おおかみこどもの雨と雪」 関東11.3%

3月17日「北風と太陽の法廷」(ド) 関東12.0%、関西12.3%

3月10日「塔の上のラプンツェル」 関東12.6%

3月3日「第40回日本アカデミー賞授賞式」 関東12.8%、関西15.3% 『テレ朝「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」 関東10.9%』

2月17日「さらば あぶない刑事」(初) 関東8.6%

2月10日「銭形警部」(ド) 関東12.5%

2月3日「ツナグ」 関東8.8%今年最低

1月27日「耳をすませば」 関東14.5%

1月20日「千と千尋の神隠し」 関東18.5%今年最高、関西18.9%

1月13日「風の谷のナウシカ」 関東12.7%

1月6日「天才バカボン2」(ド) 関東9.5%

↑【2017年】
↓【2016年】

12月23日「ベイマックス」(初) 関東8.9% 『フジ「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」 関東6.7%』

12月9日「名探偵コナン エピソード"ONE"小さくなった名探偵」(ド) 関東10.7%

12月2日「ハリー・ポッターと秘密の部屋」 関東10.2% 

11月25日「ハリー・ポッターと賢者の石」 関東9.9% 

11月18日「猫の恩返し」 関東12.4%

11月11日「紅の豚」 関東13.2%

11月4日「となりのトトロ」 関東14.2%

10月28日「デスノート 逆襲の天才」(ド) 関東9.1% 『フジ「ダ・ヴィンチ・コード」 関東9.4%』

10月21日「ルパン三世 ルパンvs複製人間」 関東8.7%

10月14日「ルパン三世 カリオストロの城」 関東12.4%

10月7日「ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE」 関東10.3%

9月30日「ヒロイン失格」(初) 関東8.3%

9月23日「がっぱ先生!」(ド) 関東7.2%

9月16日「ガードセンター24 広域警備司令室」(ド) 関東7.6%

9月2日「オール・ユー・ニード・イズ・キル」(初) 関東7.6%

8月26日「オブリビオン」(初) 関東9.2%

8月19日「ゴーストバスターズ」 関東8.9%

8月12日「コクリコ坂から」 関東9.6% 『フジ「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」 関東5.3%』

8月5日「もののけ姫」関東15.1% 『フジ「BRAVE HEARTS 海猿」 関東8.5%』

7月29日「GODZILLA ゴジラ」 関東10.4%

7月22日「バケモノの子」(初) 関東10.9%、関西13.3% 『フジ「ONE PIECE FILM Z」 関東6.0%』

7月15日「ホットロード」(初) 関東6.3%2016年最低 『フジ「ファインディング・ニモ」 関東10.1%』

7月8日「マレフィセント」(初) 関東13.9%、関西14.7%

7月1日「ダイ・ハード4.0」 関東9.3%『フジ「アリス・イン・ワンダーランド」 関東8.1%』

6月24日「ハリー・ポッターと死の秘宝 Part2」 関東13.8%

6月17日「ハリー・ポッターと死の秘宝 Part1」 関東10.2%

6月10日「ハリー・ポッターと謎のプリンス」 関東10.4%『フジ「ゼロ・グラビティ」(初) 関東8.1%』

6月3日「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 関東11.7%

5月27日「ソロモンの偽証 後編・裁判」(初) 関東7.8%

5月20日「ソロモンの偽証 前編・事件」(初) 関東8.0%

5月6日「陽だまりの彼女」(初) 関東7.8%

4月29日「アメイジング・スパイダーマン2」(初) 関東10.2%

4月22日「アメイジング・スパイダーマン」 関東9.5% 『フジ「シュガー・ラッシュ」(初) 関東5.8%』

4月15日「名探偵コナン 業火の向日葵」(初) 関東10.5%

4月8日「名探偵コナン 時計じかけの摩天楼」 関東8.8%

4月1日「白ゆき姫殺人事件」(初) 関東8.1% 『フジ「エイプリルフールズ」(初) 関東7.9% ,テレ朝「映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語」(初) 関東10.8%』

3月25日「マン・オブ・スティール」(初) 関東8.8%

3月18日「さよならドビュッシー〜ピアニスト探偵 岬洋介〜」(ド) 関東8.4% 『フジ「映画 暗殺教室」関東10.0%』

3月11日「天才バカボン〜家族の絆」(ド) 関東12.2% 『フジ「モンスターズ・インク」関東9.0%』

2月26日「八日目の蝉」 関東9.0%

2月19日「ワールド・ウォーZ」(初) 関東11.6%

2月12日「ソルト」 関東9.6%

2月5日「Mr.&Mrs.スミス」 関東10.4%

1月29日「ジャックと天空の巨人」 関東10.9%

1月22日「魔女の宅急便」 関東18.8%2016年最高

1月15日「天空の城ラピュタ」 関東17.9%

1月8日「ルパン三世 イタリアン・ゲーム」(初) 関東10.7% 『フジ「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」関東7.4%』

↑【2016年】
↓【2015年】

12月25日「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」 関東10.8%

12月18日「スター・ウォーズ/新たなる希望」 関東14.1%

12月11日「ホーム・アローン」 関東9.9%

12月4日「007 スカイフォール」(初) 関東11.5% 『フジ「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」関東8.7%』

11月20日「視覚探偵 日暮旅人」(ド) 関東13.5%

11月13日「チャーリーとチョコレート工場」 関東11.3%

11月6日「るろうに剣心 伝説の最期編」(初) 関東12.3%

10月30日「るろうに剣心 京都大火編」(初) 関東14.3%、関西15.8%

10月23日「るろうに剣心」 関東10.5%、関西13.0%

10月16日「96時間/リベンジ」(初) 関東7.9%

10月9日「思い出のマーニー」(初) 関東13.2%

10月2日「ハウルの動く城」 関東15.5%、関西14.3%

9月25日「GODZILLA ゴジラ」(初) 関東11.3%

9月18日「磁石男2015」(ド) 関東8.7%

9月4日「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」 関東10.7%

8月28日「平成狸合戦 ぽんぽこ」 関東7.3%2015年最低

8月21日「おもひでぽろぽろ」 関東9.3%

8月14日「火垂るの墓」 関東9.4%

8月7日「アイアンマン3」(初) 関東8.3% 『フジ「ジュラシック・パーク」関東11.2%、関西13.7%』

7月31日「永遠の0」(初) 関東13.2%、関西15.2%

7月24日「ターミネーター3」 関東11.7%、関西13.5% 『フジ「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」9.7%』

7月17日「時をかける少女」 関東13.4%、関西13.6%

7月10日「おおかみこどもの雨と雪」 関東13.6%、関西14.1%

7月3日「サマーウォーズ」 関東11.8% 『フジ「トイ・ストーリー3」8.4% 』

6月26日「アベンジャーズ」(初) 関東9.4%

6月19日「ラストコップ」(ド) 関東12.9%、関西15.6%

6月12日「ハリーポッターと炎のゴブレット」 関東15.6%、関西15.8%

6月5日「ハリーポッターとアズカバンの囚人」 関東15.4%、関西15.7%

5月29日「ハリーポッターと秘密の部屋」 関東15.5%、関西16.1%

5月22日「ハリーポッターと賢者の石」 関東13.9%、関西15.7%

5月8日「トータル・リコール」(初) 関東9.2%

5月1日「ALWAYS三丁目の夕日'64」 関東12.1%

4月24日「寄生獣 特別版」(初) 関東10.3% 『フジ「塔の上のラプンツェル」11.7%』

4月17日「名探偵コナン 異次元の狙撃手」(初) 関東13.1%、関西13.2% 『フジ「ドラゴンボールZ 神と神」7.4%』

4月10日「メン・イン・ブラック3」(初) 関東12.7%、関西14.6%

4月3日「メン・イン・ブラック2 特別版」 関東11.4% 『フジ「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」7.9%』

3月27日「君に届け」 関東9.1%

3月20日「ナイトミュージアム」 関東12.1%

3月13日「かぐや姫の物語」(初) 関東18.2%、関西15.5%

3月6日「結婚に一番近くて遠い女」(ド) 関東13.1%

2月27日「第38回日本アカデミー賞授賞式」 関東10.4% 『フジ「魔法にかけられて」8.5%』

2月20日「風立ちぬ」(初) 関東19.5%2015年最高、関西19.1%

2月13日「崖の上のポニョ」 関東15.2%

2月6日「センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島」(初) 関東10.5%

1月30日「ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE」(初) 関東14.9%、関西16.1%

1月23日「ルパン三世 Princess of the breeze」 関東11.4%

1月16日「ルパン三世 カリオストロの城」 関東14.5%

1月9日「映画 妖怪人間ベム」(初) 関東11.9%

↑【2015年】
↓【2014年】

12月26日「名探偵コナン 江戸川コナン失踪事件・史上最悪の二日間」(ド) 関東12.1%

12月19日「名探偵コナン 戦慄の楽譜」 関東10.1% 『フジ「カールじいさんの空飛ぶ家」8.6%』

12月12日「ダークナイトライジング」 関東8.6%【2014年最低】

11月28日「謝罪の王様」→「幸福の黄色いハンカチ」 関東15.1%(瞬間最高19.7%)

11月21日「千と千尋の神隠し」 関東19.6%(瞬間最高24.8%)、関西20.8% 『フジ「南極物語」9.2%』

11月14日「シャーロック・ホームズ シャドウゲーム」(初) 関東8.8%

11月7日「Dr.ナースエイド」(ド) 関東8.7%

10月31日「ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]」 関東11.0%

10月24日「ヒガンバナ〜女たちの犯罪ファイル」(ド) 関東11.3%

10月17日「映画 ひみつのアッコちゃん」 関東9.3%

10月10日「映画 ホタルノヒカリ」 関東12.2%

10月3日「アイ・アム・レジェンド」 関東9.8%

9月26日「ベスト・キッド」 関東12.8%

9月19日「猿の惑星:創世記」 関東10.2%

9月5日「エヴァンゲリヲン新劇場版:Q」「巨神兵東京に現る」 関東10.0%

8月29日「エヴァンゲリヲン新劇場版:破 TV版」 関東11.8%

8月22日「エヴァンゲリヲン新劇場版:序 TV版」 関東9.5%

8月15日「硫黄島からの手紙」 関東9.2%

8月8日「トランスフォーマー」 関東11.0%

8月1日「るろうに剣心」 関東16.3%、関西15.9%

7月25日「ハリーポッターと賢者の石」 関東13.3%

7月18日「借りぐらしのアリエッティ」 関東17.2%、関西16.6%

7月11日「となりのトトロ」 関東19.4%(瞬間最高23.7%)、関西19.7%

7月4日「もののけ姫」 関東21.9%(瞬間最高25.6%)【2014年最高】、関西20.5%

6月27日「カイジ2 人生奪回ゲーム」 関東11.3%

6月20日「ガリバー旅行記」(初) 関東11.0%

6月13日「磁石男」(ド) 関東12.0%

6月6日「ダーク・シャドウ」(初) 関東11.7%

5月30日「藁の盾」(初) 関東13.0%

5月23日「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」(初) 関東11.8%

5月16日「ナルニア国物語 第3章:アスラン王と魔法の島」(初) 関東12.0%

5月9日「お家さん」(ド) 関東12.5%、関西22.1%

5月2日「悪夢ちゃんスペシャル」(ド) 関東9.9%

4月25日「アメイジング・スパイダーマン」(初) 関東14.0%、関西16.9%

4月18日「名探偵コナン 絶海の探偵」(初) 関東13.6%、関西14.1%

4月11日「GANTZ PERFECT ANSWER」 関東12.2%

4月4日「GANTZ」 関東10.6%

3月28日「ルパン三世 ルパンvs複製人間」 関東11.2%

3月14日「神様のカルテ」(初) 関東10.2%

2月28日「最高のおもてなし」(ド) 関東12.0%

2月21日「ツナグ」(初) 関東13.5%

2月14日「仮面ティーチャー」(ド) 関東9.4%

2月7日「名探偵コナン 14番目の標的」 関東16.0%、関西16.5%

1月31日「プレデターズ」 関東11.4%

1月24日「映画 怪物くん」 関東9.9%

1月17日「ゲド戦記」 関東12.4%

1月10日「ダイ・ハード4.0」 関東13.1%

↑【2014年】
↓【2013年】

12月27日「風の谷のナウシカ」

12月20日「おおかみこどもの雨と雪」

12月6日「ルパン三世vs名探偵コナン」

11月29日「おもひでぽろぽろ」

11月22日「火垂るの墓」

11月15日「ルパン三世 princess of the breeze〜隠された空中都市〜」

11月8日「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」

11月1日「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」

10月25日「ハリー・ポッターと謎のプリンス」

10月18日「釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった♪」

10月11日「舞子Haaaan!!!」

 毎日新聞は22、23両日、全国世論調査を実施した。安倍内閣の支持率は26%で、6月の前回調査から10ポイント減。不支持率は12ポイント増の56%だった。支持率が20%台になったのは2012年12月の第2次安倍内閣発足後、初めて。安倍晋三首相の自民党総裁任期が来年9月に終わることを踏まえ、「代わった方がよい」との回答は62%(3月調査は41%)で、3期目も「総裁を続けた方がよい」の23%(同45%)を大きく上回った。首相の政権運営は厳しさを増している。

 首相の友人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」による国家戦略特区を利用した獣医学部新設計画を巡り、政府のこれまでの説明を「信用できない」は76%に達し、「信用できる」は11%。内閣支持層でも「信用できない」(49%)が「信用できる」(36%)よりも多かった。首相は24、25両日、衆参両院予算委員会の閉会中審査で、加計学園の計画に自身が関与していないことを説明する考えだ。

 調査では「安倍1強」の政治状況についても聞いた。「自民党から安倍首相に代わる人が出てきてほしい」が31%で最も多く、「野党から首相に対抗できる人が出てきてほしい」は25%、「新しい政党や政治団体から首相に対抗できる人が出てきてほしい」は23%。「安倍首相が強いままでよい」は7%にとどまった。自民支持層では「安倍首相に代わる人」が51%を占め、「ポスト安倍」への期待をうかがわせた。

 支持率は2カ月連続で10ポイント下落し、与党内では憲法改正論議への影響を懸念する声も出始めた。今回の調査で、首相が目指す20年の改正憲法施行について、議論を「急ぐ必要はない」は66%、「急ぐべきだ」は22%。首相が5月に改憲方針を表明した後、慎重論は調査のたびに増えている。憲法9条の1項と2項をそのままにして、自衛隊の存在を明記する首相の改正案に関しては、「反対」が41%(前回比5ポイント増)、「賛成」が25%(同2ポイント減)、「わからない」が27%(同3ポイント減)だった。

 政党支持率は、自民25%▽民進5%▽公明3%▽共産5%▽維新2%--など。「支持政党はない」と答えた無党派は52%だった。【池乗有衣】

 ◇調査の方法

 7月22、23日の2日間、コンピューターで無作為に数字を組み合わせて作った電話番号に、調査員が電話をかけるRDS法で調査した。福島第1原発事故で帰還困難区域などに指定されている市町村と、九州北部豪雨で被害を受けた福岡、大分両県の一部市村の電話番号は除いた。18歳以上のいる1627世帯から、1073人の回答を得た。回答率は66%。


 毎日新聞の全国世論調査で内閣支持率が続落し、26%になったことを受け、菅義偉官房長官は23日、「謙虚に受け止めたい」と記者団に語り、経済再生に取り組んで政権の信頼回復に努める考えを示した。自民党の派閥会長の一人も「支持率回復は簡単ではない。一つ一つ努力を積み重ねるしかない」と述べた。

 ただ、安倍政権の経済施策「アベノミクス」は曲がり角を迎えている。安倍晋三首相が秋の臨時国会の重要課題に掲げる「働き方改革」は、一部の専門職を労働時間の規制から外す「高度プロフェッショナル制度」を巡って、連合の組織内の調整が難航。政労使合意が遅れそうな気配だ。公明党幹部は「政策はいっぱいいっぱいだ。経済で持ってきた内閣なので、今後どうすればいいのか」と漏らした。

 東京都議選中に失言したうえ、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣した陸上自衛隊の日報問題が再燃した稲田朋美防衛相を安倍首相が更迭しなかったことを指摘する声もある。ある閣僚経験者は「本人が辞表を出さない限りどうしようもないが、周りがなんとかすべきだった」と語った。

 野党は勢いづいている。共産党の小池晃書記局長は「安倍政権は持続できない状況だ」と述べ、早期の衆院解散・総選挙を要求。「野党の共闘を加速させていくことが急務だ」と強調した。

 民進党の山井和則国対委員長は、学校法人「加計学園」の問題を挙げ「国民には真相を究明してほしいという思いが強い」と指摘。24、25両日の国会の閉会中審査の内容次第では、さらなる審議や関係者の証人喚問などを与党に迫る考えを示した。【田中裕之、真野敏幸】

梅雨前線の活動が活発になっており、東北北部で強い雨が続いています。特に秋田県内は記録的な大雨となり、土砂災害などが発生しています。

◆観測史上1位の記録を更新
23日6時までの24時間の雨量は秋田空港で332.5mm、横手市で274.0mm、角館町で253.5mmなど観測史上1位の記録を更新。秋田空港と横手市は7月に降る雨の量の1.5倍を超える大雨で、すでに県内の一部では川の氾濫、土砂災害などが発生しています。

◆午前中ほど激しい雨の恐れ
23日(日)も午前中を中心に激しい雨の恐れがあり、午後にかけても雨の降りやすい状況が続きそうです。雨が落ち着いた後も川の増水はすぐには収まらず、地盤の緩んだ状況が続きますので、危険な場所には近づかないようにしてください。

◆2013年の大雨を上回る雨量に
秋田県内では2013年8月に大雨の被害が発生していますが、地域によってはこれを上回る雨量となっているため、厳重な警戒が必要です。


 秋田県は22日から局地的に大雨となり、由利本荘市では川が氾濫して住宅が浸水しました。

 由利本荘市の芋川は大雨の影響で、22日午後11時すぎに氾濫し、周辺の家屋が浸水しました。付近の69世帯には避難指示が発令され、住民が避難所に身を寄せました。

 秋田地方気象台は、由利本荘市の北部付近で22日午後8時までの1時間に、およそ100ミリの雨が観測されたとして、記録的短時間大雨情報を出しました。けが人の情報はありませんが、秋田県内ではこのほか、土砂崩れによる道路の通行止めや橋の一部が流される被害が出ています。(23日06:33)

 安倍晋三首相は8月3日に予定する内閣改造で、公明党の石井啓一国土交通相を留任させる調整に入った。総務相の在任期間が6月に歴代1位になった高市早苗総務相は交代の方向。岸田文雄外相は引き続き閣内か、自民党の要職で処遇する方針だ。首相は21日、公明党の山口那津男代表と首相官邸で会談し、「人心一新を図りたい」と人事の狙いを説明した。

 山口氏は会談後、「改造後の内閣を支えるにふさわしい適材を推したい」と記者団に語り、今月中に公明党の希望を首相に伝える考えを示した。ただ、党の幹部人事を決める党大会は今年は予定されておらず、石井氏の交代を求める意見は党内で出ていない。山口氏は石井氏について「国会答弁も国交省の所管事項も、極めて誠実に的確に対応した。内外の評価は高い」と述べた。

 首相は9日、「骨格をころころ変えるべきではない」と述べ、麻生太郎副総理兼財務相と菅義偉官房長官の続投を明言した。自民党役員人事では、二階俊博幹事長と高村正彦副総裁の留任が固まっている。2012年12月の第2次安倍内閣発足時から外相を務める岸田氏の処遇が今後の焦点だ。岸田氏は21日の記者会見で「党も政権も厳しい状況にある中、政権を支えなければならない」と述べた。

 首相は、「共謀罪」法を巡る国会答弁が不安定だった金田勝年法相や、東京都議選中に失言した稲田朋美防衛相を交代させる。政権内では、防衛相に関しては経験者を含めた手堅い人事を行うべきだとの声が出ている。

 ◇民進、野田幹事長の交代検討

 一方、民進党の蓮舫代表は都議選の惨敗を受けて、野田佳彦幹事長を交代させる検討に入った。蓮舫氏は続投する見通し。25日の党両院議員懇談会で都議選の総括をしたうえで、党役員人事を行う方針だ。【田中裕之、樋口淳也】

このページのトップヘ